INDEX

気温別で洋服を選ぶ際の参考となる服装指数とは?

服装指数はその日の温度にぴったりの服装を教えてくれる

シャツ姿の女性

服装指数とは、その日の温度に応じてぴったりな服装を知る目安になります。例えば寒い日と暖かい日が交互に移り変わるような春や秋には、服装を選ぶのがかなり難しく困る人も多いですよね。そんな時は服装指数を参考にすることで、「長袖」「半袖」のどちらが最適か知ることができます。

服装指数はスマホで簡単に調べることができる

スマホを見る女性

日本全国の都道府県の服装指数は、スマホで簡単に調べることができます。朝起きて、服を選ぶときにいつでもどこでも参考にできます。旅行に行く時、どんな服を着ればいいのかわからない時もサイトで旅行先を調べれば簡単に服装指数がわかります。こちらのサイトで紹介されているので、ぜひ毎日の服選びに活用しましょう。

最高気温26度以上の服装・レディースコーデ4選!

最高気温26度以上の服装①Tシャツワンピースコーデ

最高気温26度以上の服装1つ目は、Tシャツワンピースコーデです。夏の天気なので、さらりと着こなせる服装を選ぶのがおすすめです。Tシャツワンピースは通気性もよく蒸れにくいので、汗をかいてもサラサラ快適に過ごせます。肌をきれいに見せてくれるオレンジやブラウンは、大人っぽさも高まります。

サンダルを合わせることでカジュアルな印象も強まりますが、ピアスやレザーのバッグで引き締めてあげると子供っぽくなりすぎません。爽やかで夏らしい服装です。

最高気温26度以上の服装②タンクトップコーデ

最高気温26度以上の服装2つ目は、タンクトップコーデです。白のタンクトップは清潔感もしっかりあるので、暑さを感じさせません。スキニーデニムはくるぶし丈を選び、ウエストインすることでスタイルアップ効果も抜群です。

レディライクなショルダーバッグときれいめサンダルで、シンプルな服装にも上品な色気をプラスできます。タンクトップの色を変えたり、靴の雰囲気を変えれば着回しもいろんなバリエーションで楽しめますね。

最高気温26度以上の服装③フレアスカートコーデ

最高気温26度以上の服装3つ目は、フレアスカートコーデです。かごバッグや麦わら帽子で夏らしさもしっかり取り入れられています。ベージュやブラウンは肌や髪の色に近いので、ヌーディで柔らかい雰囲気を作り上げることができます。

Tシャツの赤いロゴが差し色としてコーデのアクセントになってくれているので、可愛らしさも追加されています。そのためコーデが上品過ぎないようにうまくまとめることができています。ロングヘアの方はまとめ髪にしてすっきり見せるとバランスが取れておすすめです。

最高気温26度以上の服装④フリルワンピースコーデ

最高気温26度以上の服装4つ目は、フリルワンピースコーデです。ガーリーな印象を作りたい時は、フリルやレースがたっぷり使われたワンピースを1枚シンプルに着こなすのがおすすめです。デートにもぴったりで、女の子らしさが溢れています。

ピンクやラベンダーなども可愛い暖色カラーでもいいですが、あえてグレーの寒色を全身に取り入れることで知的な印象も加わります。また、爽やかさもあるので夏の暑い日にはぴったりです。

最高気温21~25度の服装・レディースコーデ4選!

気温21~25度の服装の目安①レギンスコーデ

気温21~25度の服装の目安1つ目は、レギンスコーデです。トレンドのレギンスは、ビッグサイズのTシャツをワンピース代わりに着たい時にとても便利なアイテムです。ストリート風なスタイルを演出でき、おしゃれな印象のコーデを作ることができます。

黒のビッグサイズTシャツにグレーのレギンスというモノトーンの組み合わせで、かっこよさもしっかりあります。ブラウンとホワイトのサコッシュが柔らかさをプラスし、程よく甘辛ミックスなコーデに仕上がっていますね。

気温21~25度の服装の目安②Tシャツコーデ

気温21~25度の服装の目安2つ目は、Tシャツコーデです。トレンドのブランドロゴTシャツは、ハイウエストのボトムスとも相性抜群です。特に白いTシャツであればどんな色のボトムスともよく合うので、きれいめな色味のグリーンのパンツを爽やかに着こなすことができます。

麦わら帽子やブラウンのパンプス、女性らしいショルダーバッグでしっかりドレスアップしています。シンプルなTシャツとボトムスの組み合わせでも、おめかしスタイルに格上げされていますね。

気温21~25度の服装の目安③ブラウスガーリーコーデ

気温21~25度の服装の目安3つ目は、ブラウスガーリーコーデです。レースがふんだんにあしらわれたガーリーなブラウスは、デートにもぴったりのアイテムです。白は暑い日差しを反射するので熱がこもりにくいのも特徴です。

グレーのミニスカートを合わせることで、ガーリーなブラウスを上品に着こなしています。可愛すぎることもなく上品さをまとうことができ、周りからも好印象なファッションです。

気温21~25度の服装の目安④オールホワイトコーデ

気温21~25度の服装の目安4つ目は、オールホワイトコーデです。爽やかな白で全身を揃えると、見た目にも爽快感たっぷりです。光を反射するおかげで肌もきれいに見えるので、アンチエイジング効果もあります。ゆったりとしたシルエットでもカッコよく着こなせるので、体型カバー効果も得られます。

アクセサリーもホワイトやシルバーで揃えていて、とても統一感がありますね。バッグと靴にブラウンを持ってくることでしっかり引き締めています。どんなにシンプルなアイテム同士の組み合わせでも、小物の揃え方次第で高級感がしっかり出せます。

最高気温16~20度の服装・レディースコーデ4選!

最高気温16~20度の服装①ロングスカートコーデ

最高気温16~20度の服装1つ目は、ロングスカートコーデです。背中が多く開いたトップスは色気たっぷりで、大人の女性らしさをぐっと引き上げてくれます。セクシーになりすぎないポイントは、合わせるボトムス選びで決まります。ボリュームたっぷりのフリルスカートのおかげで、エレガントな印象に寄せてくれますね。

スカートの下にレギンスを履くことで、露出を抑えています。肌見せのポイントを背中だけにしておくのもセクシーにしすぎないコツです。下半身の防寒対策もバッチリなので、少し肌寒く感じた時でも安心です。

最高気温16~20度の服装②スキニーコーデ

最高気温16~20度の服装2つ目は、スキニーコーデです。くるぶし丈のスキニーはパンプスを合わせると脚長効果があります。そのため、低身長で悩んでいる人にはオススメの組み合わせです。ブラウンのブラウスが上品な印象を高めてくれています。

どうしてもカジュアルになりがちなデニムでも、上品なブラウスにレザーのバッグを組み合わせればきれいめスタイルにチェンジすることができます。大人っぽさの溢れる素敵なコーデですね。

最高気温16~20度の服装③ボーイフレンドデニムコーデ

最高気温16~20度の服装3つ目は、ボーイフレンドデニムコーデです。ワンショルダーのトップスはトレンドのデザインで、薄手のものを選べば肌寒い日にアウターやカーディガンを合わせても着膨れしません。女性らしいワンショルダーのトップスには、メンズライクなボーイフレンドデニムを合わせるのがおすすめです。

ボーイフレンドデニムのおかげで女性らしさをうまく中和することができています。全体の色味を明るく揃えることで統一感もしっかりあり、肌の色もワントーンアップして見えますね。

最高気温16~20度の服装④ワンピースコーデ

最高気温16~20度の服装4つ目は、ワンピースコーデです。春や夏の薄手のワンピースも、アウターを重ねれば着こなすことができます。ショート丈のアウターはどんな丈のワンピースとも相性が良いので1つあると助かりますね。

ベージュとホワイトで全身のトーンを揃えているので、爽やかさも感じられます。特に春から夏にかけておすすめのファッションです。

最高気温11~15度の服装・レディースコーデ4選!

春や秋の天気・気温11~15度の服装①プリーツスカートコーデ

春や秋の天気・気温11~15度の服装1つ目は、プリーツスカートコーデです。風に揺れると美しいシルエットを作ってくれるプリーツスカートは、女性らしいアイテムとして人気です。暗めの色で揃えることで、秋にぴったりのコーデになります。

バッグにメッシュ素材を取り入れているので、初秋の頃にもおすすめです。デニムジャケットは肌寒い時に羽織ることができてかさばらないので、このころのアウターに最適です。

春や秋の天気・気温11~15度の服装②シャツワンピースコーデ

春や秋の天気・気温11~15度の服装2つ目は、シャツワンピースコーデです。デニムのシャツワンピースはカジュアルでとても可愛いアイテムです。ビッグサイズでボリューム感があるワンピースは、レギンスを合わせてすっきり着こなすとバランスが取れます。

中に着込んでも着膨れにしにくいので、暖かさもしっかり得られます。大判のマフラーやストールを巻けば、寒い天気の日でも防寒対策をおしゃれにすることができますね。スニーカーがよく合うコーデです。

春や秋の天気・気温11~15度の服装③ショートトレンチコーデ

春や秋の天気・気温11~15度の服装3つ目は、ショートトレンチコーデです。スタイルアップコーデに使えるショート丈のトレンチコートは、スキニーパンツと合わせることでよりスタイルを良く見せることができます。

女性らしいベージュ色のトレンチコートに、辛口なレザーアイテムを合わせることで大人の甘辛ミックスコーデに仕上がっていますね。レインブーツと合わせてもおしゃれに着こなせるので、雨の日にもぴったりのコーデです。

春や秋の天気・気温11~15度の服装④ロングトレンチコートコーデ

春や秋の天気・気温11~15度の服装4つ目は、ロングトレンチコートコーデです。足元まであるロング丈のトレンチコートもトレンドのアウターです。ガーリーで女性らしい雰囲気がしっかり出せるので、あえてデニムを合わせるのがおすすめです。

ブラウスにデニムというシンプルな組み合わせに、レオパード柄のパンプスを合わせるとアクセントになってとても可愛いですね。デートにもおすすめのガーリーファッションです。

最高気温6~10度の服装・レディースコーデ4選!

気温6~10度の服装の目安①ライダースコーデ

気温6~10度の服装の目安1つ目は、ライダースコーデです。寒い季節のアウターとしてぴったりなのがライダースです。風を通さないので、冷たい風が吹く日でも安心です。辛口なアイテムなのでスカートと合わせてバランスをとるのがおすすめです。

また、ライダースの色に合わせてモノトーンで揃えてあげるとスタイリッシュにまとまります。上品でおしゃれな印象がぐっとアップしますね。

気温6~10度の服装の目安②ニットカーディガンコーデ

気温6~10度の服装の目安2つ目は、ニットカーディガンコーデです。ニットカーディガンだけだと寒さを感じる気温です。風を通さないデニムジャケットをレイヤードすることで、防寒対策をしっかりすることができます。おしゃれ上級者の組み合わせなので、雑誌から飛び出してきたようなハイセンスさも伺えます。

アウターにボリュームが出るので、ボトムスはコンパクトにするのがおすすめです。全身のバランスをとることで、スタイルアップが叶います。モノトーンで揃えた時は、インナーのタートルネックを白にして抜け感を作りましょう。コーデ全体が重くなりすぎずにまとまります。

気温6~10度の服装の目安③ロングトレンチ×デニムコーデ

気温6~10度の服装の目安3つ目は、ロングトレンチとデニムのコーデです。先ほどは白いブラウスにデニムの組み合わせでロングトレンチコートを着こなしましたが、もう少し寒くなるとブラウスでは耐えられなくなります。黒のニットに変えてあげましょう。

暖かさをしっかりプラスしながら、おしゃれな印象はそのままにファッションを楽しめます。すっきりとしたシルエットのコーデなので、髪の毛もアップにしてすっきりさせるとより全体がきれいにまとまります。

気温6~10度の服装の目安④きれいめコートスタイル

気温6~10度の服装の目安4つ目は、きれいめコートスタイルです。ウエストマークすることでワンピースのように着こなせるコートは、女性らしさをアップしてくれるアイテムとして大人気です。大人っぽさもあり、エレガンスな印象です。

濃い色のコートは、足元を明るくして軽さを出すのがポイントです。ネイビーのコートならライトブルーのデニムとパンプスを合わせるのがおすすめです。おかげで足元が華奢に、大人っぽく見えますよね。

最高気温5度以下の服装・レディースコーデ4選!

冬の天気・最高気温5度以下の服装①タートルニットコーデ

冬の天気・最高気温5度以下の服装1つ目は、タートルニットコーデです。タートルニットは冬にぴったりのトップスです。首元にボリュームがあるものを選べば、かなり暖かく過ごすことができます。

チェック柄のスカートに黒のコートを合わせれば、全体的にきれいめな印象のコーデになります。色味を黒かグレーで統一しているので、上品さも溢れていますね。オフィスカジュアルにもぴったりです。雨や雪の日には、足元をブーツに変えても似合います。

最高気温5度以下の服装②キャメル色コートコーデ

冬の天気・最高気温5度以下の服装2つ目は、キャメル色コートコーデです。女性らしさのたっぷりあるキャメル色のコートは、真っ黒なファッションでも柔らかくまとめあげてくれます。そして、明るい色のミニバッグが冬の景色を華やかに演出してくれますね。

ロング丈のコートにロング丈のスカートで足元までしっかり隠れるため、下半身の冷えも防止できます。ショートブーツがうまくバランスを取っていますね。

最高気温5度以下の服装③ボアアウターコーデ

冬の天気・最高気温5度以下の服装3つ目は、ボアアウターコーデです。トレンドのボアアウターは熱を逃がさず、ポカポカ暖かく着こなすことができます。モコモコとした素材感もとても可愛いですよね。全身の色味を揃えてナチュラルに着こなすとガーリーな印象を高めることができます。

グレーのマフラーに白のワンピース、ベージュのニットレギンスと淡い色味で揃えたおかげで柔らかい女性らしさのあるガーリーコーデになっています。カジュアル感もあるので、可愛すぎるコーデはちょっと苦手という方にもおすすめです。冬の景色に、明るい色味がよく映えます。

最高気温5度以下の服装④ショート丈ダウンコーデ

冬の天気・最高気温5度以下の服装4つ目は、ショート丈ダウンコーデです。冬の防寒アウターの代表といえばやはりダウンです。ボリュームたっぷりで保温効果もあるダウンは、ショート丈を選ぶとどんなボトムスとも相性よくガーリーに合わせることができます。

ブラウンのミニスカートをショート丈ダウンと合わせることで、冬の装いにチェンジしています。トップスもブラウンのボーダーを使用しているため、暖色でまとめられているのもコーデの特徴です。女の子らしい柔らかさと上品さを感じさせることができて、デートや女子会にもぴったりのコーデに仕上がっていますね。

最高気温と最低気温の差が大きい季節の変わり目の服装は?

季節の変わり目の服装①冬から春は首元を守るマフラー

マフラーを付けた女性

季節の変わり目の服装1つ目は、冬から春へ変わるときの服装です。ポカポカ陽気の昼間から、急激に冷え込む夜を乗り越えるために首元を守るマフラーがおすすめです。肩にかけてストールとして楽しむこともできるので、上半身を温めたい時にもぴったりです。

持ち運びもしやすいので、邪魔にならないのもポイントです。無地やチェック柄など様々ありますが、春に移り変わっている途中なのでパステルカラーを取り入れると季節感をしっかり維持できます。

季節の変わり目の服装②夏から秋は持ち運びやすい薄手のジャケット

ジャケットを着た女性

季節の変わり目の服装2つ目は、夏から秋へ変わるときの服装です。持ち運びやすい薄手のジャケットがあると安心です。真夏のジリジリとした暑さから、風の冷たい秋の夜は体を芯から冷やします。そうならないために、ジャケットでしっかり体を覆うようにしましょう。

特に半袖のトップスを着ていることの多い時期なので、長袖のアウターで腕を守ってあげるのがおすすめです。デニムジャケットやトレンチコートはもちろん、カーディガンでもいいのでファッションに合わせたものを選びましょう。

気温に合わせた服装を心がけよう

ワンピースの女性

気温に合わせた服装をそれぞれ最高気温ごとに紹介しました。服装指数も目安として参考にしながらぴったりの服装を心がけることで、快適に過ごすことができます。トレンドも取り入れつつおしゃれな着こなしをぜひ楽しんでくださいね。

服装に関するおすすめの記事を紹介します。春の気温でもある20度前後の服装は、秋にも参考になるのでぜひチェックしておきましょう。また、重ね着することで寒い日もおしゃれに乗り切ることができます。ぜひ併せて読んでみてくださいね。

Small thumb shutterstock 718695400
関連記事 気温20度の服装13選|天気別のレディース春・秋服は?最高・最低気温コーデも

気温20度は春や秋の季節の気温です。春や秋は時間帯によって気温の差があ

Small thumb shutterstock 303136862
関連記事 今日の重ね着はこれ!服装やファッションは気温によって変化させよう♪

今日の重ね着に迷っているという方もいるでしょう。どんな服装をしていけば

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。