INDEX

人事異動が多い人の特徴6選

人事異動が多い人の特徴①他人に厳しく自分に甘い性格

拒否する人

人事異動が多い人の特徴の1つ目は、他人に厳しく自分に甘い性格の人です。他人に厳しいという攻撃性が、会社の風潮に合わない人はどうしても部署内で浮いてしまいます。会社の輪を乱すと判断されると、上司からの評価によってステップアップを名目に転勤や異動を命じられることも少なくはありません。

もちろん、業務上大切なことにおける自己主張は良いものですが、自分の利益や自分の都合だけを押し付けるような、他人に厳しく自分に甘い性格の人は、一般的に見てみると人事異動が多い特徴のように見受けられます。

人事異動が多い人の特徴②要領が悪く仕事ができない

仕事ができる人とできない人

人事異動が多い人の特徴の2つ目は、要領が悪く仕事ができない人です。なかなか要領を得ず仕事ができない人というのは、意外と世の中にたくさんいます。上司はそうしたことも、見ていないようで見ているものです。転勤は、この部署よりも違う部署の方が、あの人には合っているという気持ちも込めて行われることもあります。

そういった忖度によって行われる場合もまた、ステップアップなどを理由にして異動・転勤を命じられることがあります。また、自分は仕事ができないと感じているならまだいいですが、人によってはそうした自覚すらない場合もあります。そうした人は、他人への攻撃性も持ち合わせていることもあるため、注意が必要です。

人事異動が多い人の特徴③集中して仕事に取り組むことができない

会議に集中していない人

人事異動が多い人の特徴の3つ目は、集中して仕事に取り組むことができない人です。どこの職場にも、集中力がない人はいます。そのため、仕事もおろそかになるばかりか、おしゃべりばかりでなかなか仕事が進まない、そんな人もまたステップアップのための異動や転勤を命じられることがあります。

集中して仕事に取り組むことができない人は、時に自分だけでなく周りをも巻き込んで仕事をないがしろにさせてしまうことがあります。おしゃべりに無理やり巻き込んでしまったり、仕事以外のことを強要してきたりと、他人へ害を与えることがあるため、こちらも注意が必要です。

人事異動が多い人の特徴④人間関係の築き方に問題がある人

職場での人間関係

人事異動が多い人の特徴の4つ目は、人間関係の築き方に問題がある人です。職場の人間関係を乱す人もまた、異動を命じられることが多い人の特徴です。攻撃的な性格はもちろんのこと、ついついオフィス内で恋愛関係を結び、こじらせてしまう人など、様々です。

こうした健全な人間関係を築けない人というのもまた、色々な理由をつけて転勤させられやすい傾向にあります。また、世の中には浮気や不倫などが明るみに出てしまい、処分を受ける人も少なくありません。処分の中には、異動や転勤も含まれることが多いため、注意が必要です。

人事異動が多い人の特徴⑤上司への態度ができていない人

偉そうな人

人事異動が多い人の特徴の5つ目は、上司への態度ができていない人です。上司と部下の上下関係がわからない空気が読めない人もまた、異動や転勤を命じられやすい傾向にあります。上司と言えど人間ですので、はっきりとした理由を明かすことはありませんが、やはり自分に対して生意気な態度を取る社員を良しとはしません。

そうした心情が人事評価に影響しないとは100%言えないため、移動や転勤も裏にはそういった理由が隠されていることも少なくありません。上司への態度ができていない人は、自分を過大評価しやすい人でもあるため、うぬぼれが強い社員ほどこういった傾向が強いと言えます。

ちなみに、上下関係がわからない人中には、生意気な後輩であることも少なくありません。そんな部下に困らされているという人は、次の記事がおすすめです。次の記事では、職場でむかつく偉そうな部下・後輩への対処法を紹介していますので、ぜひ参考に対応してみてください。

Small thumb shutterstock 472821505
関連記事 生意気な後輩の対処法10選!職場でむかつく偉そうな部下の理由も

あなたの会社にも、生意気な後輩っていませんか?むかつく態度や偉そうな態

人事異動が多い人の特徴⑥仕事ができて色々な部署を仕切ることができる人

仕事ができる人

人事異動が多い人の特徴の6つ目は、仕事ができて色々な部署を仕切ることができる人です。まるでドラマのような話ではありますが、仕事ができる人もまた部署の改革を名目に、様々な部署を転々とすることがあります。

こういった人は、他の特徴とは異なり会社にとってプラスとなる明確な理由を持って転勤させられているポジティブな特徴でもあります。実績はもちろん、評価もしっかりしているが故に、会社のために異動や転勤をしていることが多いです。

ちなみに、ポジティブな意味で転勤が多い人は、尊敬される人間であるということが多いです。尊敬される人間とはどんな特徴があるのでしょうか。次の記事ではその答えを提示していますので、尊敬される人間を目指している人は是非、参考にしてみましょう。

Small thumb shutterstock 376872226
関連記事 尊敬される人間の特徴3つ|注目される尊敬できる人物になる方法も

世間では、多くの人から尊敬される事ができた人が実在します。そして、1度

人事異動しない人の特徴は?人事異動が多い人との違いは?

人事異動しない人の特徴と違い①家族がいて転勤が難しい人

家

人事異動しない人の特徴と違いの1つ目は、家族がいて転勤が難しい人です。持ち家のある人は、会社がその人の心情を汲み、転勤や異動を考慮する場合があります。一方、独身で持ち家がない場合には、会社としても動かしやすい人であると認識しやすい傾向にあるため、会社によっては異動や転勤の機会が増えることがあります。

人事異動しない人の特徴と違い②異動や転勤が難しい理由がある人

祖父母

人事異動しない人の特徴と違いの2つ目は、移動や転勤が難しい理由がある人です。例えば、実父母の介護など、異動や転勤によって不利益が生じる理由を持っている人は、会社が考慮してくれることがあります。こうした理由がない人は逆に、会社によって動かしやすい人であると判断されることがあると言えます。

人事異動しない人の特徴と違い③部署にとって必要となる重要人物

仕事ができる上司

人事異動しない人の特徴と違いの3つ目は、部署にとって必要となる重要人物です。例えば、この人がいないとこの部署は回らないとか、この人にしかできない仕事があると言った場合は、会社としても敢えてこの人はこのままの環境で働いてもらいたいと考えます。逆に、とくに重要でない人は異動や転勤しやすい傾向にあります。

人事異動しない人の特徴と違い④会社に貢献していると評価されている人

人事評価をする人

人事異動しない人の特徴と違いの4つ目は、会社に貢献していると評価されている人です。部署で重要な立ち位置になると期待されていることが伺えます。そのため、この部署での仕事を覚えてもらいたいと上司が判断することがあります。逆に、特に努力もしていない人は色々な理由によって異動させられることがあります。

人事異動しない人の特徴と違い⑤営業成績が非常に優秀な人

成績優秀な人

人事異動しない人の特徴と違いの5つ目は、営業成績が非常に優秀な人です。例えば営業職の場合、たくさんの顧客を持っています。そういった人は、この部署でも信頼できる人だと外から評価されているため、異動させづらい傾向にあります。逆に、顧客が少ない人ほど、異動や転勤もしやすいと判断されやすいです。

人事異動の理由や決め方は?

人事異動の理由と決め方①転属・異動希望

異動希望を作成する人

人事異動の理由と決め方の1つ目は、転属・異動希望によってです。会社によって、転属希望や異動希望を採用しているところがあります。そうした場合、人事部や人事課がこうした希望や届をもとに、人事異動を決定することがあります。

転属希望や異動希望を出すには、明確な理由を求められることがあるため、人事評価によってこの人は異動や転属に値すると判断されることにより、人事異動が決められることがあります。ちなみに、異動希望や転属希望は、出したすべてが受理されるわけではないため、絶対ではありません。

人事異動の理由と決め方②ステップアップ

ステップアップ

人事異動の理由と決め方の2つ目は、ステップアップです。昇進するためには、経験というものが必要となります。こうした昇進による場合には、ステップアップを理由に異動や転勤が命じられることも少なくありません。

ただし、このステップアップは必ずしも昇進が約束されると言えばそうではありません。明確な理由がなく、ただ単にステップアップのための異動や転勤が命じられる場合には、もしかするとあなたの性格や態度などが影響を及ぼしている可能性もあります。

人事異動の理由と決め方③勤続年数

勤続年数が長い人

人事異動の理由と決め方の3つ目は、勤続年数です。会社によっては、勤続年数によって転勤を命じることがあります。この場合、ステップアップと同様にその人の能力アップのためにそうした制度を設けていることがあります。

この場合、大体が入社間もない頃の社員に多いです。この例では、新入社員への研修的な意味合いを込めて行われていることが多く、ある程度の勤続年数に到達した時点で、本来希望している場所へ本格的に転属されるといったことも少なくありません。

頻繁に異動させられる人が異動したくない場合はどうすればいい?

頻繁に異動させられる事を回避する方法①営業評価を上げる

自信を持っている人

頻繁に異動させられる事を回避する方法の1つ目は、営業評価を上げる人です。これは言い換えれば、その部署にとって必要な人になるということでもあります。営業評価が上がれば、必然的に顧客も増え、上司としても転属や異動させたくないと考えてくれるはずです。

頻繁に異動させられる事を回避する方法②態度を改める

改心する人

頻繁ににどうさせられる事を回避する方法の2つ目は、態度を改めることです。今までの行いを振り返ってみましょう。そうした時、周りから嫌われる要素がなかったか検証し、改めることで必要とされる人物に転換することができます。

頻繁に異動させられる事を回避する方法③異動を拒否する

NOと言う人

頻繁に異動させられる事を回避する方法の3つ目は、異動を拒否することです。異動が頻繁に多い業種によっては、ある回数まで異動を拒否することができるという制度を設けていることがあります。そうした場合には、異動を拒否することができます。しかし、基本的には異動は回避できるものではないと理解しておきましょう。

人事異動が多い人の性格を知ろう!

理解している人

人事異動が多い人の特徴を理解すれば、自分がいざ異動や転勤が多いと感じたときに、自分を客観的に見ることができます。また、頻繁に異動している人が周りにいれば、特徴を判断することもできるため、対応方法もわかります。ぜひみなさんも、人事異動が多い人の特徴を理解してみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。