INDEX

上司から誕生日メールをもらった!お礼メールの基本的なマナー

上司からの誕生日祝い!失礼のない感謝のお礼メール

お誕生日祝い

会社の上司から誕生日のお祝いをされたとき、正しい感謝のメールの書き方はどういったものがあるのでしょうか。一社会人のビジネスマン・ビジネスウーマンとしてきちんとお礼のメッセージを伝えましょう。ただ「ありがとうございます」というだけではやはり物足りませんし、冷たい印象になってしまいます。

基本的なマナーを知って、正しいお礼メールをする

感謝する女性

上司から誕生日のお祝いメールをもらって、普段よりさらに親密な関係になるという人も多いでしょう。しかしうれしい気持ちのまま返信すると、マナー違反になることもあります。「私の誕生日を覚えていてくださってうれしく思います。ありがとうございます」ときちんとした敬語とマナーを守ってお礼しましょう。

忙しい時間の合間にメッセージをくれた上司へ感謝のメール

ありがとうの気持ち

会社の上司にLINEや会社のパソコンメールから「誕生日おめでとう」とメッセージをもらったら、すぐに返信しましょう。メールを見ているはずなのに返信がないと、上司も悲しい気分になってしまいます。「ありがとう」の伝え方は「お忙しい中誕生日のお祝いメッセージをいただき感謝します」と伝えましょう。

感謝の気持ちを伝える際の方法やお礼の言葉についてどのように表現すればよいのか、以下の記事でも感謝の例文一覧を参考になれます。

Small thumb shutterstock 570268582
関連記事 感謝の気持ちを伝える方法6つ|ありがとうの伝え方は?お礼の言葉も

感謝の気持ち、きちんと伝えることができていますか?自分では伝えているつ

上司から誕生日メールをもらった!感謝を伝えるお礼文例集10選

上司からの誕生日祝いメール!お礼の仕方や書き方①ビジネスとは違う

ビジネスメールを送る女性

誕生日祝いのメッセージ返信の仕方1つ目は、ビジネスライクになりすぎないということです。上司から誕生日おめでとうとメッセージが来るというのは、よりあなたと親密になって上司部下の関係の溝を縮めたいという意思表示でもあります。かしこまり過ぎずフレンドリー過ぎない程度にお礼のメッセージを送りましょう。

「お祝いをしていただきありがとうございます。いつもご指導ご鞭撻の程ありがとうございます。○○課長のご指導の元とても働きやすい環境で仕事ができ光栄です。今後とも何卒よろしくお願いいたします。と言った日ごろの感謝のメッセージも合わせてメールすると尚良いでしょう。

上司からの誕生日祝いメール!お礼の仕方や書き方②エピソードを述べる

会社仲間と飲む

お誕生日メールの返信の書き方2つ目は、上司とのエピソードを書くということです。日ごろから叱咤激励を受けているなら、うれしかったことや学んだことのエピソードを一つメッセージにしたためましょう。

たとえば「○○の際には助け舟を出していただいて嬉しかったです。」「大事なアポイントの時は的確なアドバイスをいただけたおかげで契約に結べました。」といった話のネタを考えておきましょう。そしてそれを活かせるようにさらに邁進していきたいという気持ちを述べると良いですね。

上司からの誕生日祝いメール!お礼の仕方や書き方③抱負も述べる

マルチタスクなことができる男性

上司からの誕生日祝いメールの返信例3つ目は、抱負です。「お祝いメッセージをありがとうございます」という感謝の気持ちを伝えるとともに、今後自分がどういう社会人になりたいか、先輩になりたいかという豊富も伝えましょう。上司としてもあなたがどんなことを日ごろから考えているのか気になるのです。

「○○課長のようにマルチタスクに仕事ができるように日々精進します」とその上司を尊敬していることを伝えるとさらに良いでしょう。自分がどのような人間になりたいのか、あるいは何か資格に挑戦したいのかなどを明確に伝えると、自分自身の目標になり戒めにもなりますよ。

上司からの誕生日祝いメール!お礼の仕方や書き方④上司の心遣いに応える

上司

感謝のメッセージ例文4つ目は、上司の心遣いに応えたメールを送りましょう。会議や稟議書の作成、部下の指導といった仕事に日々追われている上司から、わざわざ誕生日のメールが来たのです。そうした心遣いや気配りにきちんと応える必要があります。誕生日を覚えていてくれたことに感謝し、お礼を伝えましょう。

たとえば「この度は、私の誕生日を覚えていてくださりありがとうございます。お忙しい中温かいメッセージをいただいてとてもうれしいです。○○部長のお心遣いに感謝いたします。」という上司の気配りや心遣いに対してお礼のメッセージを送ります。とても丁寧で柔らかい書き方になりますよ。

上司からの誕生日祝いメール!お礼の仕方や書き方⑤末尾まで気を付ける

メールを送る

誕生日祝いのメール返信の例文5つ目は、文章の最後まで丁寧さを忘れないことです。文頭に必ず「お祝いメッセージをいただきありがとうございます」と伝えますが、その後にエピソードや今後頑張りたいことを述べた末尾に、再度感謝の気持ちを伝えるとより心のこもったメールに変わります。

「今後○○に向けて日々邁進していく所存です。ご指導ご鞭撻の程なにとぞよろしくお願いいたします。メッセージをいただき本当にありがとうございました。」ときれいに結びの言葉も用意しておきましょう。

上司からの誕生日祝いメール!お礼の仕方や書き方⑥件名にも感謝の気持ちを

感謝の気持ちを伝える

上司からの誕生日祝いメールの書き方で大切なこと6つ目が件名です。ビジネスメールでよくある簡潔に書かれた件名。こちらもメッセージありがとうございますという件名に変えましょう。上司からのメールはおそらく「お誕生日おめでとう」という件名になっているでしょう。そのままREのまま返信するのはNGです。

「誕生日祝いのメッセージをありがとうございます」「誕生日メッセージのお礼」といった件名に変えて、上司がパソコンを開いたときにすぐわかるようにしておくと良いです。メールは文面で残ってしまうので、細部まで気を付けて丁寧さを欠けないように気を配りましょう。

上司からの誕生日祝いメール!お礼の仕方や書き方⑦取り急ぎはNG

間違いを犯す男性

お礼メッセージの書き方・文例で、7つ目に注意することは「取り急ぎ」という文面を書かないことです。多くの社会人が使ってしまいがちな「取り急ぎ」という言葉ですが、慌てている様子やとりあえず返信するという様子が見て取れます。忙しい合間をぬって、誕生日祝いのメールをくれたのです。

「取り急ぎお礼を」とつけてしまうともう今後誕生日メッセージは送りたくない気持ちになってしまいます。マナーをしっかりとわきまえて返信するようにしましょう。携帯から送る場合も同様です。「末筆ながら」「短文ながら」という言葉も避け、きちんと感謝の心を伝えるのがビジネスマナーです。

上司からの誕生日祝いメール!お礼の仕方や書き方⑧挨拶や敬語に気を付ける

上司と話をする男性

上司への感謝のメッセージ文例8つ目を紹介するのが挨拶と敬語です。二重尊敬になっていないか間違った謙譲語を使っていないか、メールだとどのように伝えればよいのか悩む人も多いでしょう。文頭には「お疲れさまでございます」と伝えるのが正しい挨拶です。間違ってもご苦労様ですと書かないようにしてくださいね。

「ご苦労様です」という挨拶は上司が部下に伝える言い方です。また「承知しました」「拝見しました」という謙譲語も合わせて覚えておくと良いです。「お~する」「ご~する」という言葉にも気を付けて丁寧な表現を身に付けましょう。正しい日本語・敬語を知っておくと便利ですよ。以下の記事を参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 444923386
関連記事 「いただきたく存じます」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

「いただきたく存じます」は舌をかみそうな敬語ですね。これはマナー違反の

上司からの誕生日祝いメール!お礼の仕方や書き方⑨引用文に気を付ける

メールをする

誕生日祝いの返信メール文例9つ目に気を付けることは引用文です。よく会社のパソコンメールに見られることですが、返信ボタンをおすと送られてきたメール内容がそのまま引用文として残ることがあります。この引用文はそのまま残して返信するのはビジネスマナー違反となるのです。

まれに、企業や会社形態によっては残しておかないといけないこともありますが、通常のマナーとしてはNGです。新しく新規メールを作成して感謝のメールを送るようにしてください。

上司からの誕生日祝いメール!お礼の仕方や書き方⑩あえて少し砕けたメール

ビジネスパートナー

誕生日祝いの返信文例10個めは、少し砕けたメッセージを送る方法です。いつもお世話になっている上司だからこそできることですが、たまには部下の自分から甘えた内容にするのも関係性がより縮まって良いですよ。「お誕生日祝いのメッセージをありがとうございます。また飲みに連れていってください」と伝えてみましょう。

よく面倒を見てくれる先輩や上司だと、すでにどのような性格でどのような人柄なのか承知のはずですよね。ビジネスマンらしいかしこまった言い方ではなく、少しフレンドリーな文面にすると、より距離が縮まります。

上司から誕生日メールをもらった!他にも個性が出るおすすめお礼文例5選

ユニークなお礼文例とメッセージ①あいうえお作文

作文

ユニークでおもしろい返信文例1つ目に紹介するのが、あいうえお作文です。仲の良い先輩や上司に自分の名前であいうえお作文をすると、おもしろいと好評になりますよ。あいうえお作文で今後の目標を伝えたり、お礼を言ったりすると喜んでもらえるでしょう。少し変わった返信メールですが、しばらく話題になりそうですね。

もちろん、逆のパターンでも使えます。友人や上司の誕生日祝いをする時にも使えるので、ぜひ活用してみてくださいね。考えている時間も楽しい一時になります。

ユニークなお礼文例とメッセージ⓶自虐ネタ

おもしろいことを考える男性

誕生日おめでとうメールの返信文例2つ目は、自虐ネタを入れることです。年齢を自虐ネタに入れたり、モテないことを自虐したり、なにかしら自分をいじって笑いをとると面白い返信になりますよ。あまりにもしつこい自虐ネタが続くと上司も疲れてしまうので、端的に1文だけでも入れてみましょう。

そしてそのほかの文面では丁寧に失礼のないように、上司の心遣いに感謝したお礼メールを送ると素敵なメッセージに変わりますよ。

ユニークなお礼文例とメッセージ③ポエムにする

ポエムを考える女性

上司からの誕生日祝いメールをもらったときのお礼文例3つ目は、ポエムです。詩を書いて返信をすると面白さがアップします。少し難しいかもしれませんが、普段しないことをメールでおくるのも印象深く手素敵です。感謝と言う気持ちを伝えらるよう、日ごろからお世話になっていることを伝えてみましょう。

ユニークなお礼文例とメッセージ④かわいいスタンプを送る

LINEする女性

ユニークなメール返信例文・書き方4つ目がスタンプです。最近ではLINEでの社内連絡や業務連絡が普及してきました。部署内のグループLINEも多いと聞きます。上司からお祝いメッセージをいただいたら、音の出るかわいいスタンプを送るのもおすすめです。

もちろんスタンプだけで対応するのはご法度です。しっかりと感謝の気持ちを丁寧に伝えてから最後にかわいいスタンプでLINEの内容をやわらかいユニークな形に変えましょう。ノリのいい上司ならさらに面白いスタンプを返してくるでしょう。

ユニークなお礼文例とメッセージ⑤プレゼントの写真を添付する

プレゼント

上司への誕生日祝いの返信メール5つ目は、写真の添付です。誕生日メッセ―ジとともにプレゼントをもらうこともあるでしょう。男性ならネクタイ、女性ならハンカチといった品物をいただいたとき、単に「大事に使います」と言うのではなく使っている写真を添付すると好感度も上がります。

「心のこもった品物をお送りいただきありがとうございます。大事に使います。」という返事だけだと何か物足りません。もらったものを開けて、身に付けて写真をとったり、プレゼントを持った写真を添付すると、渡した側もうれしくなります。

親しき中にも礼儀あり!仲の良い上司でもふざけすぎない!

交流の深い上司でもタメ口はNG!

上司をからかう部下

「頻繁に飲みに行く上司だから」「カラオケでいつもノリが合う上司」と言っても、やはり社会的・会社的に立場は上なのです。いつものノリで「誕生日おめでとう」というメッセージが来たんだ!と思わず、日ごろの感謝の気持ちを伝える良い機会と思い「素敵なメッセージをありがとうございます」と伝えましょう。

よく若者が使う「あざーす」といったタメ口は使ってはいけません。お礼の気持ちが全くこもっていないので「です」「ます」調の丁寧語・敬語を使いましょう。

上司をからかったメッセージを送らない

いじめ

「誕生日おめでとう」と上司からお祝いメッセ―ジをもらったら、いくら仲が良くても上司をからかったメールは送らないようにしましょう。例えば「○○歳になりました。そろそろ課長を見習って体型維持し始めます(笑)」といった、課長の体型をからかったような言い回しです。

パッと見わかりにくいとしても、嫌味なのかな?と思われるような言い方や伝え方はやめましょう。年齢や体のこと、見た目に関することはシビアなので絶対に話題にしてはいけません。

上司からのメール!感謝を伝えるビジネスメール基本のお礼文例は?

上司からのお祝いメールに返事をするときの文例集①オーソドックスな文例

誕生日お祝い

上司から誕生日おめでとうとメールをいただいたときに返事をするとき、失礼のないようにビジネスマナーを守って送る書き方をいくつか紹介してきました。ここでは、定型文として活用できる文例集を紹介していきます。まず一つ目はオーソドックスな一番シンプルな返事とお礼の書き方です。

件名には必ず「誕生日祝いのお礼」と書きましょう。「お疲れ様でございます。この度は、お祝いのメッセージをいただきありがとうございます。私の誕生日を覚えていただき大変光栄に思います。」と素直に率直に感謝の気持ちと文頭に挨拶を書きましょう。

感謝と文頭の挨拶を伝えたら「いつも○○部長の元で、楽しく有意義に仕事ができております。今後ともご指導ご鞭撻の程なにとぞよろしくお願いいたします。」と日ごろからの感謝を述べましょう。末尾には「お祝いのメッセージを本当にありがとうございました。」と伝えると気持ちがさらに伝わります。

上司からのお祝いメールに返事をするときの文例集②エピソードを盛り込む

上司との飲み会

2つ目に紹介するのが、エピソードを盛り込んだ書き方です。文頭には必ず挨拶から導入しお礼メッセージを書きます。その後の話題として「いつも飲み会に誘っていただきうれしくおもっております。」や「いつも的確なアドバイスをいただき感謝しています」といった話をしましょう。

だらだらと長い文章にならないよう気を付けながら、日ごろ上司が自分に何をしてくれているか思い浮かべてお礼の思いを伝えると良いでしょう。

上司からの誕生日メッセージのお礼の仕方はマナーを守る

上司から「お誕生日おめでとう」とメールをもらったら、できれば30分以内に返事をしましょう。もし忘れてしまっても当日中に返事をするのがマナーです。忙しい時間の合間で誕生日メッセージを送ってくれたのですから、社会人らしくきちんとした挨拶と敬語を使って返信しましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。