Large thumb shutterstock 516959743

【ダイソー】不良品・開封済みの場合は返品・交換できる?他店の場合も含め解説!

更新:2020.10.26

いまや全国どこにでもあるダイソーのお店。いくつか買ってみたけれど返品したいと思うことありますか?様々な商品が揃い、思わず欲しくなって買った物でも、ダイソーでの返品・交換は可能なのか。返品・交換が可能なら、返品期間や他店での場合・不良品の返品はどうなるのか。知っておくと便利な知識を調べてみました。



ダイソーは返品や返金・商品交換は可能?

ダイソーでの返品・交換は可能

買い物をカードでする女性

ダイソーは、購入した商品の返品・交換が可能です。ただし、返品や交換には条件があります。100円の物だし、今更返品や交換なんで、と諦めてしまわない方が良い場合もあります。ここでは、返品・交換の仕方についてご紹介します。

実はダイソーは、返品や返金・商品の交換は可能なのです。返品などには条件を満たしていれば受け付けてくれます。諦めることなどせず、お店に行き問い合わせてみるとよいでしょう。条件がそろえば、比較的快く返品などに応じてくれるようです。

返品や返金・商品の交換にはいくつかのルールがあるので、それに従えば何も難しいことはありません。ほかの小売店と同じようにごく一般的なルールがあります。100円の商品だから、と諦めていた方、特に商品が不良だった方など、100円と思わず問い合わせてみてください。

交換は同額商品の交換ならOK!

カードで返品・交換をする女性

商品の返品・交換は、同額商品の交換のみ可能なようです。200円商品の場合、100円商品×2個は交換不可となるようですのでご注意ください。返品の時に、代金を返金してもらうこともできますので、その旨を店員さんに伝えましょう。

ただ、返金してもらうこともできますが、他の商品との交換をお願いをされることもあるようです。その際も、上記の同額商品の交換となるでしょう。

ダイソーには様々な魅力的な商品があります。以下に、ダイソーの便利グッズに関する記事もございますので、併せてごらんください。

他店での返品や返金・商品交換は可能?

ダイソー他店での返品や返金・交換は可能

返品をお店でしてもらう女性

ダイソーで購入した商品を、他店舗で返品することは可能です。購入した店舗が遠かったなど、返品に行きづらい場合もありますので有難いサービスですね。ただし、他店での返品の際は必ずレシートや領収証が必要です。レシートがない場合は返品を受け付けてもらえませんので注意しましょう。

ダイソー他店で返品する際に伝えること

会話を楽しむ女性たち

他店だと、返品に応じてもらえるのか?とご心配な方もいらっしゃるでしょう。他店で商品を返品する時に、店員さんに「遠くの店舗で買い、あまり行けないのでこちらで返品か交換ができますか?」と伝えれば問題ないでしょう。他店でも返品に応じてもらえるのが、ダイソーの便利なサービスです。

このように、ダイソーは全国どの店舗でも返品・交換を受け付けてくれるのです。例えば、A店舗で購入した商品は、B店舗でも返品を受け付けてくれるといった具合です。購入者にとっては、とても便利なサービスなのです。

ダイソーの返品可能期間はいつまで?

【いつまで】ダイソーの返品期間は1週間(7日)以内

返品の可能な期限に支払う

ダイソーの場合は、返品可能期間は1週間(7日)以内となっています。いつまでも返品可能ではないので、商品を購入したら、早めに商品を確認しましょう。1週間(7日)という期間以内なら、全てではありませんが、あらゆるものが返品が可能とされています。

返品可能期間を過ぎてしまったら

返品期間はいつまで

返品可能期間が過ぎてしまった場合は、原則的にルールに則り、返品は受け付けてもらえません。ただし、どうしても期間内に行けなかった理由がある場合もあると思うので、そういう場合は購入店舗に相談をしてみましょう。

不良品だけどレシートなしの開封済み!ダイソーで返品は可能?

開封済みでも未使用品であれば返品可能

相談の電話をしている女性

購入して開封してみたら不良品だった!そんな残念なこともあるかもしれませんね。そうした場合、ダイソーは開封済みの商品でも返品を受け付けてくれます。返品可能な7日以内の期間を過ぎても、お店に相談してみてください。たとえ100円の物であっても、特定商品を除き、返品を受け付けてもらえます。

タグを取ってしまっていても、一緒に持参するとダイソーの商品とわかりますので捨てないでおきます。また、他店の購入でも相談してみると良いです。ダイソーの物と確認できれば、受け付けてもらえる可能性があります。タグやパッケージなども、あればそれに入れて持っていきます。

返品なんてちょっと申し訳ない気もしますし、返品できるかどうか気になりますが、思い切って相談してみてください。7日を過ぎても受け付けてもらえるのは、買って使用してから不良と気づく場合もあるからです。レシートがあればなおさら、お店に相談をすることをおすすめします。

不良品であればレシートがなくても返品可能

買ってみて不良と分かった

不良品の場合は仮に、レシートがない場合でも早めにお店で相談してみましょう。購入店なら、レシートがなくても受け付けてくれます。購入店の場合クレームになるため、受け付けてくれます。また、タグを取ってしまっていても良いそうですが、タグやパッケージもなるべく持参します。

けれど、他店で購入した商品が不良だった場合は、レシートは必ず必要です。他店ではレシートがないと難しいそうで、基本的には受け付けてはくれないと思った方が良いです。この他に、店員さんに見せて不良と確認できることも大事です。こうして不良と分かった時のために購入したものはすぐに動作確認をしてみましょう。

開封してしまった不良品の返品可能な条件

  • できればレシート又は領収証がある(他店での場合あることが必須)
  • 食品や印鑑以外の物
  • 店員さんに不良品を見せた時に、不良と確認できること
  • できれば買った時の店舗だが他店でも相談してみる

開封済みの不良品じゃない商品の返品は可能?返品できない条件は?

開封済みの不良品じゃない商品の返品は不可

返品できず悩む女性

もし、購入した後に開封して、やっぱり返品したい。そんな時返品は可能でしょうか?残念ですが、開封してしまった商品や、一度でも使用した商品は返品は不可能なのです。不良品は開封済みでも可能ですが、良品の場合、新品未開封未使用品でないと、返品・交換はできないことになっています。

また、開封していなくてもタグを取ってしまった場合も、返品・交換は不可となります。タグを取った商品は、開封済みと同様と考えられます。要は、まだ売り場にそのまま出せるかどうかです。再度売り場に出して販売するためであるからなのです。

返品可能でも購入はよく考えてから

買い物は間違えてないか購入するときに気を付ける

いくら返品に気軽に応じてくれるといっても、あまりに何でも返品では、お店側としても困ってしまうかもしれません。購入する側のモラルも必要なのです。ルールを踏まえながらも、お互いに嫌な思いをせずに買い物ができると良いですね。

そのため、購入はやはりよく考えてからにしましょう。買い物かごに入れる際によく確認をし、慌てて購入したりしないことが肝心です。購入後も、間違った物を購入していないか、確認の上、開封することが大事になってきます。

自己都合でも返品が可能な場合の条件4選

自己都合で返品が可能な条件①購入してから1週間(7日)以内

100円の商品で返品で迷う

ダイソーで購入した商品で、不良品ではなくとも、返品は可能なのでしょうか?購入者側にも、いくつか返品したい理由がありますよね。サイズや色を間違えた、頼まれた物と違うものを間違って購入した、帰宅後ほかの物がよかったと思った、似合わなかった・部屋に合わない、などの都合があります。

そんな場合でも、ダイソーでは返品に応じてもらえます。購入後1週間(7日)以内という原則は、必ず守ってください。返品の際にも、返品理由を添えて伝えるとよいですね。


自己都合で返品が可能な条件②新品未使用品で未開封の物

靴類も未使用品ならOK!

また、7日以内でも開封してしまったものは返品・交換対象とはならないので注意してください。返品可能期間内で、新品未使用未開封の物に限ります。開封して使用してしまったものはNGです。

そして、タグは必ずついている物がOKです。新品未使用品でも、タグを取ってしまった物は開封済みと考えるためです。購入して帰宅して見た時に、タグをつけた状態で確認してみるのが良いでしょう。そのままで販売できる状態の物かどうかが大切です。

自己都合で返品が可能な条件③レシートや領収証があること

返金してもらったお金

返品は、購入した時のレシートや領収証があることが大事です。購入して返品期間以内かどうか、ダイソーの商品かどうか、どこの店舗で購入したかがレシートからわかります。購入してから1週間(7日)以内の物が返品・交換の対象となります。レシートがあれば、返品作業もスムーズです。

もしレシートを無くしてしまったとしても、とりあえず購入した店舗にて相談してみてください。ダイソーの商品と分かれば対応してくれる可能性もあります。ただ、他店での購入の場合や返品可能期間以内かどうかもありますので、できるだけレシートは取っておいたほうが間違いありません。

自己都合で返品が可能な条件④食品や印鑑以外の物であること

食品の返品はNG!

最後の返品・交換の条件として、食品や印鑑以外の物であることです。いずれも、返品・交換しにくい性質のものです。普通のスーパーなどでも、食品は交換ができないものですね。

ダイソーで返品が不可能な商品区分は?

ダイソーで返品が不可能な商品区分①食品

ダイソーで返品不可は食品

ダイソーで返品不可能な商品区分1つ目は、食品です。基本的に多くのものが返品できるですが、特定の商品は、どんな場合でも返品はできないとされています。

食品が返品不可能なのは、購入されて以降、その食品の保管状態(高温の車内に置かれていた・異物混入の危険)や、購入後に賞味期限が切れてしまったなど、劣化や破損が心配されるからです。購入後の保管状態は、店舗側の管理下にないためとなります。確かに、食品は口に入れるものと考えると納得ですね。

ダイソーで返品が不可能な商品区分②印鑑

疑問に思う女性

ダイソーで返品不可能な商品区分2つ目は、印鑑です。印鑑が返品できない理由は、トラブルを防ぐためとなっています。ここで紹介したように、食品・印鑑はこのように返品不可なのですが、その他の商品は可能です。

ダイソーでの返品・返金・交換のポイント

購入した商品のレシートは捨てないで取っておく

返品交換をしてもらう男性

基本的には、未開封の商品で自己都合なら、返品・交換の際の条件は同じです。違うのは、不良品の場合です。不良品ですと、開封済みの商品でも、返品・交換を受け付けてもらえます。返品・交換などを受け付けてもらえる条件は、どのダイソー店舗で購入しても同じなのも便利でありがたいです。

もしもの時のために、購入した時のレシートや領収証は捨てずに取っておいて、7日間は保管しておきましょう。返品や交換の処理に手間どらず、スムーズに対応してもらうためにも必要です。商品を買うときは、注意してかごに入れる習慣をつけておくことも必要ですね。

購入してからも不良品ではないか気を付けてみる

たくさん買った女性

不良品は、買って開封してみないとわからない場合もあります。そんな時、レシートがあれば返品処理も、ない場合よりラクに済むでしょう。基本的には、レシートがあること、商品のタグやパッケージなどはできるだけ取っておくこと、購入して7日以内であること、などが返品・交換の時のために必要となります。

返品するというのは、ダイソーばかりではないこともありますね。以下に、ダイソーではないお店でも返品ができるかという記事もございますので、併せてごらんください。

ダイソーでの返品の仕方を知って上手に買い物をしよう!

ダイソーで楽しく購入しよう!

もはや全国に店舗があり、生活に身近になったダイソーです。そうした全国の店舗のおかげか、どこの店舗でも返品に応じてもらえるのはありがたいです。こうしてみると、ダイソーでの返品や返金・交換は、ルールも意外と簡単で、応じてもらえそうなのがわかりますね。

多くの商品が揃っていて、サイズや色違い・類似商品も多いダイソーの商品は、見ていても楽しいものばかりで思わず買ってしまいそうです。けれど、返品したいと思うとき、さすがにちょっとためらう気持ちもあります。

ダイソーで間違って買ってしまった時など、快く返品に対応してもらえるとホッとします。特に不良品があった場合、レシートを捨ててしまってない場合でも、受け付けてもらえるのはありがたいですね。あまり多くの返品は好ましくないですが、返品ルールを知ったうえで、上手に活用し買い物ができるようになりましょう!

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。