INDEX

ありがとうをよく言う男性の心理7選

ありがとうをよく言う男性の心理①感謝の言葉を言うのは礼儀だと思っている

手を握る男性

ありがとうをよく言う男性の心理1つ目は、感謝の言葉を言うのは礼儀だと思っていることが考えられます。いつもきっちりしている礼儀正しい男性の場合には、人に何かをしてもらったらすぐにありがとうと言うのは当たり前たど思っているからです。どんな小さなことでも人に対して感謝の気持ちを忘れない律儀な性格なのです。

とくに職場の男性であれば、同僚に対してありがとうを言うことはとても大切だと思っています。職場でのコミュニケーションを円滑にしたいので、感謝の言葉を伝えることを心がけているのです。

ありがとうをよく言う男性の心理②滅多に人にしてもらうことがないから

会話する2人

ありがとうをよく言う男性の心理2つ目は、滅多に人にしてもらうことがないからという理由が考えられます。人に優しくされたり、何かをしてもらう機会が少ない男性は、ちょっとしたことでも人にしてもらうと感激して嬉しくなります。滅多に優しくしてもらえないので、感動して「ありがとう」を連発してしまうのです。

内向的な男性や自分に自信がない男性の場合に多く見られます。男性のことを恋愛対象として見ていない場合には、あまり優しくしすぎて「自分のことを好きなのでは?」と男性に勘違いされないように気をつけましょう。

ありがとうをよく言う男性の心理③女性にモテたい気持ち

花を渡す男性

ありがとうをよく言う男性の心理3つ目は、女性にモテたい気持ちが隠されています。大したことでもないのに大げさにありがとうと言ってくる男性は、実は女性にモテたいという安易な下心があるのです。どんな時でも女性に優しくしておけば、自分にとってメリットがあるかもしれないと思っているからなのです。

女性を気分良くさせておけば、あわよくばエッチな関係になれるかもしれないというやましい気持ちを隠しているのです。些細なことなのに大げさなほどありがとうと言ってきて、お礼に食事でもどう?と何かにつけて軽く誘ってくる男性は要注意と言えます。

ありがとうをよく言う男性の心理④好きな人にデレデレで舞い上がっている

抱きよせる男性

ありがとうをよく言う男性の心理4つ目は、好きな人にデレデレで舞い上がっていることが考えられます。好きな女性からよくしてもらったので、本当に嬉しくてしょうがないからです。デレデレの気持ちを抑えきれないので、ありがとうと何度も言ってしまうのです。屈託のないクシャクシャの笑顔でありがとうと言ってきます。

惚れている女性から何かをしてもらったら、男性は誰でも嬉しくなるものです。本当はハグしたりキスしたいのですが、女性に嫌われたくないので言葉で表現しています。「ありがとう」と言う言葉にありったけの愛情を込めているのです。

ありがとうをよく言う男性の心理⑤とりあえず癖になって言っているだけ

会議をしている男性

ありがとうをよく言う男性の心理5つ目は、とりあえず癖になって言っているだけという理由が考えられます。「ごめん」や「すいません」とよく言う人がいるように、「ありがとう」とよく言ってしまう癖がついているのです。人に何かをしてもらったら、「ありがとう」と自然に口から出てしまうだけで深い意味はないのです。

女性に対してだけではなく、男性でも誰にでもありがとうをすぐ言う人は、軽い感謝の気持ちで言っているだけなのです。センキュー、助かったよ!悪いね!というくらい軽い雰囲気でさらっと言っているだけなのです。

ありがとうをよく言う男性の心理⑥自分の印象をアップしたい気持ち

サングラスをかけている男性

ありがとうをよく言う男性の心理6つ目は、自分の印象をアップしたい気持ちが考えられます。周りの人に何かしてもらった時にはとりあえず「ありがとう」と言っておけば、自分の評価が上がると思っているのです。いつもありがとうと言ってくれる人だから、優しくて礼儀正しい人だと良く思われたいのです。

相手に対しての感謝の気持ちよりも、自分がどう思われるかを考えているので自己中心的な人なのです。自分のイメージが今よりもアップするように、自分の評価が下がらないように良い状態をキープしたいと目論んでいるのです。誰からも「良い人」とレッテルを貼られたいからです。

ありがとうをよく言う男性の心理⑦本当は余計なお世話だと思っている

睨み合う2人

ありがとうをよく言う男性の心理7つ目は、本当は余計なお世話だと思っている場合があります。相手にしてもらったことは、実は迷惑だった場合にも「ありがとう」と言ってくることがあります。「こんなことぐらい自分1人でできるのに、自分勝手だな、ウザイな」と思っている場合もあるのです。

その場合には、ありがとうと口では言っていても目が笑っていなかったり顔が引きつっていることがあるのですぐにわかります。不自然なありがとうを言われた時には、男性は迷惑だった可能性があるので必要以上に踏み込み過ぎないように気をつけましょう。

ありがとうをよく言う男性は脈ありな理由3選

ありがとうをよく言う男性は脈ありな理由①女性に嫌われたくないから

振られる男性

ありがとうをよく言う男性は脈ありな理由1つ目は、女性に嫌われたくないからという理由が考えられます。好きな女性から何かをしてもらった時にお礼を言わないと、相手を怒らせてしまうかもしれません。そのため好きな女性には、ありがとうをしっかり伝えておきたいのです。

どうでも良い相手ならお礼を言わなくても、嫌われても構わないからです。好きな相手には絶対に嫌われたくないので、どんなに忙しかったとしても「ありがとう」を伝えることは欠かしません。

ありがとうをよく言う男性は脈ありな理由②好きだから何でも嬉しい気持ち

ラブラブな2人

ありがとうをよく言う男性は脈ありな理由2つ目は、好きだから何でも嬉しいと感じることがあります。ちょっとしたことでもありがとうと言うのは、女性に惚れているからです。好きな人から気を使ってもらえただけで、胸がドキドキしてしまうのです。恋愛に奥手な男性や嘘をつけない正直な男性に多く見られます。

真面目な男性が真剣に目を見て「ありがとう」と言ってきたら、女性に対して好意を持っていると言えます。チャラチャラした男性とは違って、言葉と態度に誠意を感じることができます。

ありがとうをよく言う男性は脈ありな理由③好きな気持ちをアピールしている

花を渡す男性

ありがとうをよく言う男性は脈ありな理由3つ目は、好きな気持ちをアピールしていることが考えられます。好意を持っている女性から優しくされたら、好きだよと言う代わりにありがとうと言って気持ちを伝えているのです。恥ずかしくて好きと言えないけれど、ありがとうなら相手にも迷惑にならないので言いやすいのです。

ありがとうと優しく言いながら、男性から熱い視線を向けられたら女性に対して本当に好きな気持ちを表現していると言えます。口ではありがとう、心の中では好きだよと言っているのです。

男性が女性に惚れてるサインは?

男性が女性に惚れてるサイン①何かと視線がよく合う

挨拶する2人

男性が女性に惚れてるサイン1つ目は、何かと視線がよく合うことがあります。男性と何度も目があったり見つめられていると感じる場合には、男性が好意を持っていると言えます。好きな女性のことを自然と目で追ってしまい何度も目が合うのです。目が合うのにすぐそらしたりする場合には、恥ずかしがっている証拠と言えます。

男性が女性に惚れてるサイン②メールの回数が多い

メールをする男性

男性が女性に惚れてるサイン2つ目は、メールの回数が多いことがあります。好意を持っている場合には自分からメールを送る回数が多い、メールの内容が長い傾向があります。好きな相手には、メールの文章の中に絵文字を入れたり「綺麗だね」「可愛いね」と言う言葉を言ってきます。メールでは褒め言葉を使いやすいのです。

男性が女性に惚れてるサイン③積極的にデートに誘ってくる

カフェでお茶する2人

男性が女性に惚れてるサイン3つ目は、積極的にデートに誘ってくる場合があります。絶対に彼女にしたいと思って「会いたい」「一緒にいたい」と言って積極的に誘ってくるのです。「今日は会える?」と予定を聞いてきたり何かと都合をつけて会う約束をしてきます。とにかく一緒の時間を過ごしたいと思っているからです。

ありがとうをよく言う男性の優しさを素直に受け取ろう!

笑顔のカップル

ここまでありがとうをよく言う男性心理について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?ありがとうと言うのは、感謝の気持ちや好きな気持ちを伝えているだけではなく、好感度を上げるためやモテたい気持ちで言うことがわかりました。

今回お伝えしたありがとうを言う男性心理以外にも、優しくしてくれる男性心理について説明した記事や、本当に優しい男の特徴について説明した記事がありましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 533911549
関連記事 優しくしてくれる男性心理5つ|誰にでも優しい人は本命?下心あり?

「好きな人が優しくしてくれた!」そんな時は嬉しくて、私こそ本命女子候補

Small thumb shutterstock 246844750
関連記事 本当に優しい男の特徴8つ!好きな女性にだけ見せる脈ありサインは?

あなたの近くの優しい男は、本当に優しい男ですか?本当に優しい男の見分け

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。