Large thumb m keep aspect %e3%83%af%e3%83%83%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87

女性教師の服装の正解って?スーツ・ジャージなどアイテム別にお手本コーデをご紹介!

更新:2020.12.23

教員になって間もない方のなかには「普段の服装選びに困る…」という方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、女性教師におすすめのコーデ例を紹介していきます。スーツやジャージをはじめとした、アイテムの種類別にまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください!

【スーツ編】女性教師の服装!おすすめコーデ例一覧

①シンプルな黒スーツコーデ

1つ目におすすめするのが「黒スーツ」を使ったコーデです。シンプルなデザインのスーツは、普段の勤務にはもちろん、参観日や三者面談などの学校行事がある日にも便利ですよ。小学校や中学校、高校など、校種問わずマッチする点も魅力的です。

「堅苦しい雰囲気に見えてしまわないか不安」という場合には、白やライトグレー系のブラウスやシャツを併せてみましょう。スカートでは上品に、パンツスーツではキッチリとした雰囲気にまとまりますよ。特に子ども達と一緒に活動することが多い小学校では、ストレッチ素材のパンツスーツがおすすめです。

②ネイビーパンツスーツコーデ

2つ目におすすめするのが「ネイビースーツ」を使ったコーデです。フォーマルスーツのなかでも定番のネイビーは、若々しい雰囲気のファッションにまとまりますよ。入学式をはじめとした、フォーマルな学校行事にもおすすめです。

「新卒っぽく見せたくない」という場合には、靴やトップスに白やベージュをアクセントで入れてみましょう。大人っぽいレディースコーデに仕上がりますよ。

③グレー系スーツコーデ

3つ目におすすめするのが「グレー系スーツ」を使ったコーデです。レディースフォーマルスーツのなかでは明るい色味であるため、新卒っぽく見えにくい点が魅力といえます。ジャケットやパンツと併せるだけで、こなれ感のあるキッチリコーデになりますよ。

トップスは黒にするとキッチリとした雰囲気に、白にするとより入学式向けの華やかな印象にまとまります。「シーン問わず活用しやすいコーデが良い」という方におすすめです。

④スーツジャケットコーデ

4つ目におすすめするのが「スーツジャケット」を使ったコーデです。セットで着るイメージを持たれがちなスーツですが、中には単体でコーデできるものもあります。特に無地や大きめの柄が入ったジャケットは、ブラウスやチノパンなどと合わせることで、おしゃれな教諭コーデになりますよ!

セットアップでのコーデよりもおしゃれの幅が広く、オフィスカジュアルのようなラフ感がある点が魅力的です。コーデの自由度が広がる、中学校や高校での勤務にもおすすめですよ。

ここで紹介しているコーデ方法以外にも、シーンや職場の雰囲気に合わせて使える、様々なスーツコーデのアイデアが存在します。関連記事では、おすすめのレディーススーツコーデをまとめた記事を掲載していますので、ぜひご覧ください。

【ブラウス編】女性教師の服装!おすすめコーデ例一覧

①プリーツブラウス×ベージュスーツ

1つ目におすすめするのが「プリーツブラウス」を使ったコーデです。首元にプリーツが入ったブラウスは、シンプルなクルーネックよりもエレガントに演出してくれますよ。単体で使うのはもちろん、落ち着いた色味のジャケットなどのアクセントとして使うのもおすすめです。

特に白のプリーツブラウスは、ベージュ系スーツやカーディガンなどにもよくマッチします。入学式などの学校行事用ファッションとしても使えますよ!「優しい雰囲気のコーデにしたい」という方におすすめです。

②レイヤードブラウス×スーツジャケット

2つ目におすすめするのが「レイヤードブラウス」を使ったコーデです。複数の生地が層になっていることから、コーデ全体にほどよいラフ感を演出できますよ。裾部分がファッションのアクセントになるため、シンプルなジャケットやパツと併せるだけでも、おしゃれに決まります。

春~夏はクルーネック、秋~冬はハイネック系のレイヤードブラウスのように、季節に合わせてデザインを変えてみましょう。カジュアル感とフォーマル感のバランスが良い服装であるため、「堅すぎる雰囲気のコーデになるのが嫌」という方におすすめです。

③シフォン系ブラウス×ベージュパンツ

3つ目におすすめするのが「シフォン系ブラウス」を使ったコーデです。軽やかなシフォン素材を採用したブラウスは、スーツやジャケットなどに併せることで、上品でフェミニンな雰囲気にまとまります。また、全体にプリーツをあしらったブラウスを併せることで、ナチュラルに体型カバーができる点も魅力的です。

白やライトベージュなどの色をチョイスすることで、入学式などの学校行事ファッションのアクセントにもなりますよ。「キッチリ感も華やかさも捨てがたい!」という方に、おすすめのコーデです。

④ネイビーブラウス×黒パンツ

4つ目におすすめするのが「ネイビーブラウス」を使ったコーデです。ネイビーのブラウスは、シンプルでありながら、デザインや組み合わせ方によって雰囲気を大きく変えられます。先生コーデの場合は、ライトグレーなどの明るめのジャケットと併せることで、華やかな印象を与えられますよ。

パンツと併せるとスタイリッシュに、スカートと組み合わせると上品な雰囲気になる点も魅力的です。お好みでベルトなどを使って、シルエットにメリハリを付けるのもおすすめです。

【カーディガン編】女性教師の服装!おすすめコーデ例一覧

①ワッフルカーディガン×黒パンツ

1つ目におすすめするのが「ワッフルカーディガン」を使ったコーデです。細かい凹凸が特徴的なワッフル編みのカーディガンは、見た目にふんわり感があるため、春シーズンの先生コーデにマッチします。

より華やかさをプラスしたい場合には、ボトムスやインナーをシックな色でまとめてみるのもおすすめです。カーディガン自体にほどよいラフ感もあるため、「堅すぎるコーデは苦手」という方にもおすすめですよ!

②ロングカーディガン×白トップス

2つ目におすすめするのが「ロングカーディガン」を使ったコーデです。縦ラインを意識した長めのカーディガンは、スラリとしたシルエットにまとまります。トップスやボトムスは、できるだけシンプルにすることで、こなれ感のあるコーデにもなりますよ。

薄手のデザインを選ぶことで、動きやすさも確保できるため、幅広い校種でのコーデにマッチしますよ。「カッコよさを演出できるコーデにしたい」という方にもおすすめです。

③ピンクカーディガン×黒パンツ

3つ目におすすめするのが「カラーカーディガン」を使ったコーデです。カーディガンは春シーズンを中心に活躍してくれることから、季節を意識したパステルカラーをミックスさせるのも良いですよ。特にピンクやライトグリーンなど、明るい色をチョイスすることで、華やかな印象を与えられます。

【ジャージ編】女性教師の服装!おすすめコーデ例一覧

①ジャージパンツ×襟付きシャツ

1つ目におすすめするのが「ジャージパンツ」を使ったコーデです。普段の活動はもちろん、体育の授業にも必須のジャージパンツですが、組み合わせによっては様々なトップスにマッチします。特にコーデの自由度が高い無地デザインは、チノパン感覚で使える点が魅力です。

また、ライン入りのジャージパンツの場合は、襟付きシャツなどと併せることで、スポーティーな雰囲気を抑えることもできますよ。他のボトムスに比べると、お手入れもしやすいため「チョークの粉の汚れが気になる」という方にもおすすめのコーデです。

②レギンス×ジャージ

2つ目におすすめするのが「レギンス」を使ったコーデです。厚手で足にぴったりフィットするレギンスは、スポーティな見た目と動きやすさから、レディースジャージとよくマッチします。

アンクル丈をチョイスすれば、裾が地面に擦れないため、体育の時間でも安心して着用できますよ!「長いジャージは動きにくい」と感じる方におすすめです。

③ウインドブレーカー×クルーネックTシャツ

3つ目におすすめするのが「ウインドブレーカー」を使ったコーデです。風よけとして便利なウインドブレーカーは、ジャージの上から着用することでおしゃれにまとまります。

動きやすさもあることから、体育の授業にはもちろん、小学校教員の方にもおすすめのコーデですよ。ラインデザインやカラーも、多彩なものが販売されているため「上下ジャージで揃えるだけでは物足りない」という場合に便利です。

【ユニクロ編】女性教師の服装!おすすめコーデ例一覧

①カシミヤニット×グレー系パンツ

1つ目におすすめするのが「カシミヤニット」を使ったコーデです。ユニクロのカシミヤニットは、落ち着いた色味とシンプルなデザインであるため、秋~冬のコーデにマッチします。シンプルなパンツやスカートと併せるだけで、先生らしい落ち着いた印象になりますよ!

②ハイネックニット×テーラードジャケット

2つ目におすすめするのが「ニット+ジャケット」というコーデです。ユニクロで人気のタートルネックニットは、シンプルである分、単品でのコーデでは地味に感じる場合があります。そんな時には、テーラードジャケットをチョイスすることで、品のある、大人っぽいスタイルになりますよ!

③カラーシャツ×パンツ

3つ目におすすめするのが「カラーシャツ」を使ったコーデです。カラーシャツのなかでも、明るめの色味のアイテムは、顔周りを明るく見せてくれますよ。「コーデ全体をもっとすっきりまとめたい」という場合には、ボトムスに、モノトーンカラーをチョイスするのがおすすめです。

女性教師のおすすめ服装コーデ例を参考にしてみよう!

女性教師におすすめの服装は他にも、様々なコーデ方法が存在しています。「どんな服装を着たらいいか悩む」という新任の学校の先生は、ぜひ今回ご紹介したコーデ例を参考に、自分らしいコーデ方法を探してみましょう!

学校の先生になると、受け持ったクラスの生徒達が卒業する時に「卒業メッセージ」の作成を求められることも少なくありません。関連記事では、卒業メッセージやお祝いの言葉の例に関する情報を掲載しています。校種ごとにまとめていますので、ぜひこちらもご覧ください。

WRITER

avatarImage
ゆきのひと

「推し」とグルメ・ファッションを愛する隠れオタクWebライター。読者の皆様の日常が楽しくなる雑学・情報を提供できるよう心がけています。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。