Large thumb shutterstock 540890020

【100均】の自作ステッカーの作り方9選!透明シールなどで簡単ラクラク♪

更新:2020.12.24

DIY初心者の方のなかには「シールを自作してみたい!」という方も多いことでしょう。実は、100均の材料を使えば、シールは簡単に自作できるのです。今回は、100均の材料を使った、自作ステッカーの作り方をご紹介します。材料もまとめていますので、ぜひご覧ください!

【初級編】100均の材料を使った自作ステッカーの作り方3選!

①手描きタックシール

1つ目は「手描きタックシール」です。ダイソーで買える「タックシール」とペンを使えば、印刷機がなくても簡単にシールが作れます。日付や一言コメントを書くことで、スケジュール帳用のタグシールとしても使えますよ!

「手描きタックシール」の材料

  • タックシール(ダイソー)…1枚
  • oppテープ(ダイソー)…1本
  • お好きなペン…数本

「手書きタックシール」の作り方

  1. シール1枚1枚がバラバラになるように、カットしていきます。
  2. シールの白い部分に、お好きなペンで絵を描きます。
  3. イラストが描けたら、oppテープをシール全体に貼り付けます。
  4. イラストの形に沿って、シールをはさみでカットしたら完成です。

②フレークシール

2つ目は「フレークシール」です。100均で高い人気を集めている、マスキングテープをDIYすれば、可愛いシールに変身します!マスキングテープ自体を、シール用紙代わりに使っている点がポイントです。

マスキングテープのデザインを、そのままシールに使えるため「絵を描くのが苦手」という方にも挑戦しやすいですよ!専用のシール台紙や、印刷機も使わないため、ハンドメイド初心者にもおすすめの簡単アイデアです。

「フレークシール」の材料

  • マスキングテープ(お好みのデザインでOK)…適量
  • カッティングボード…1枚
  • 定規…1本
  • はさみ(またはカッター)…1本
  • クッキングシート…1本

「フレークシール」の作り方

  1. クッキングシートを適当な大きさにカットします。
  2. クッキングシートの表面に、シールにしたいマスキングテープを貼り付けていきます。
  3. シートが曲がらないように、定規で押さえながら、シールにしたいデザインの部分を、はさみやカッターで切り取ったら、完成です。

③キルティングシール

3つ目は「キルティングシール」です。モダンな見た目が可愛い、キルティングシールは、100均のはぎれを使うことで、簡単に自作できます。はぎれの素材によって、見た目の雰囲気が大きく変化する点も魅力です。

「キルティングシール」の材料

  • 100均のはぎれ…適量
  • 両面テープ…1本
  • カッター…1本
  • はさみ…1本
  • カッティングマット…1枚
  • 定規…1本

「キルティングシール」の作り方

  1. はぎれの裏側に、両面テープの片面を貼り付けます。
  2. 定規ではぎれを押さえながら、カッターではぎれの余分な部分をカットします。
  3. 同様の行程を複数回行い、1枚の太いテープにします。
  4. 作ったテープを、はさみで好きな形にカットしたら完成です。

【中級編】100均の材料を使った自作ステッカーの作り方3選!

①シンプルステッカー

1つ目は「シンプルステッカー」です。100均でも人気の、フリーカットシール用紙を活用することで、自由なサイズのシールを自作できます。スマホやパソコンに入っているイラストを、用紙に印刷するだけで作れますよ。

また、デザインを変えるだけで、ラベルシールにも、フレークシールにもアレンジできる点もポイントです。ハンドメイド初心者にも、挑戦しやすいアイデアといえます。

「シンプルステッカー」の材料

  • イラストを印刷したコピー用紙(またはイラストのデータ)…1つ
  • プリンター…1台
  • フリーカットシール用紙(ダイソー)…1枚
  • はさみ…1本

「シンプルステッカー」の作り方

  1. ステッカーにしたいイラストの用紙・データをプリンターに取り込み、用紙からはみ出さないように印刷します。
  2. イラスト部分をはさみで切り取ったら、完成です。

②ラミネートシール

2つ目は「ラミネートシール」です。ダイソーやセリアで買える、ラミネート用フィルムをベースにすることで、本格的なシールが自作できますよ!フィルムは樹脂製で、厚みもあるため、傷や汚れが付きにくい点がポイントです。市販のシールを思わせる光沢も出せます。

「ラミネートシール」の材料

  • イラストを印刷したコピー用紙…1枚
  • 光沢シール用紙(ダイソー)…1枚
  • 手貼りラミネートフィルム(ダイソー)…1枚
  • プリンター…1台
  • カッティングボード…1枚
  • カッター…1本

「ラミネートシール」の作り方

  1. プリンターにシール用紙・イラストを印刷したコピー用紙をセットし、プリントアウトします。
  2. プリントアウトした用紙の印刷面に、ラミネートフィルムを貼っていきます。
  3. カッターを使い、シールにしたい部分を、フィルムごと切り取ったら完成です。

③切手風シール

3つ目は「切手風シール」です。100均のクラフトはさみでアレンジを加えることにより、本物の切手のような質感になりますよ!作り方では、コーヒー染めをしていますが、クラフト用紙や紙袋を使えば、もっと簡単にアンティーク風アレンジができます。

「切手風シール」の材料

  • ラバースタンプ(セリア)…1つ
  • ラベル用紙(ダイソー)…1枚
  • コーヒーの粉…スプーン2~3杯分
  • お湯…200ml
  • お好みの形のクラフトはさみ…1本
  • カッティングボード…1枚
  • スポンジ…1個

「切手風シール」の作り方

  1. 小さな器のなかに、コーヒーの粉・お湯を入れ、よく溶いておきます。
  2. ステンシル用スポンジにコーヒーをつけたら、ラベル用紙の全体にコーヒーをなじませます。
  3. コーヒーをなじませたラベル用紙を、よく乾かします。
  4. ラバースタンプにインクをつけたら、ラベル用紙に押し付けます。
  5. お好みのスタンプを押したら、クラフトはさみでカットして、完成です。

【上級編】100均の材料を使った自作ステッカーの作り方3選!

①透明シール

1つ目は「透明シール」です。100均で買える、幅広タイプの透明セロハンテープを使えば、手描きイラストも簡単にシールにDIYできます。水に浸すことで、和紙のような見た目の透明シールが作れますよ!

クッキングシート部分が、剥離紙や台紙の代わりになるため、印刷機やシール用紙もいりません。「手軽におしゃれなシールを作ってみたい」という方に、おすすめのアイデアです。

「透明シール」の材料

  • クッキングシート…1本
  • はさみ…1本
  • セロハンテープ…適量
  • 定規…1本
  • 水…適量
  • イラストを印刷したコピー用紙…1枚

「透明シール」の作り方

  1. イラストを印刷したコピー用紙は、イラストの縁から少し余白を残してカットしておきます。
  2. イラストの両面にセロハンテープを貼り付けます。
  3. 定規でテープの内側に出来た気泡を外側に押し出すようになくしていきます。両面やっておくと、綺麗に仕上がります。
  4. 水に表面を軽く浸したら、イラストの表面を指でこすります。
  5. イラスト全体が半透明になったら、乾燥させます。
  6. クッキングシートをイラストの大きさより、少しゆとりを持たせた長さにカットします。
  7. クッキングシートの上にイラストを置き、セロハンテープを表面に貼り付けます。
  8. 定規で気泡を抜いたら、はさみでイラストの形にカットして完成です。

②封蝋風シール

2つ目は「封蝋風シール」です。手紙のシールに使われる封蝋をイメージした、おしゃれなシールも100均グッズで自作できます。ダイソーでは、多彩な色のワックスやスタンプが販売されているため、イメージに合わせて作ってみましょう!

「封蝋風シール」の材料

  • お好みの色のシーリングワックス…1本
  • グルーガン(ダイソー)…1台
  • シーリングスタンプ…1本
  • 両面テープ…1本
  • クッキングシート…1本
  • 保冷剤…1個

「封蝋風シール」の作り方

  1. シーリングスタンプは保冷剤で冷やしておきます。
  2. グルーガンにシーリングワックスをセットします。
  3. グルーガンが温まったら、シーリングワックスをクッキングシートに垂らします。
  4. 十分な量のワックスを垂らしたら、上からシーリングスタンプを押し、数秒待ちます。
  5. シーリングスタンプを離したら、少しワックスを冷まします。
  6. クッキングシートからはがしたワックスの裏側に、両面テープの片面を貼り付けたら、完成です。

③ぷっくりシール

3つ目は「ぷっくりシール」です。立体感があるおしゃれなシールも、100均のレジンで簡単に自作できますよ!ダイソーやセリアでは、カラータイプのレジンも販売されているため、自分の好きな色で作ってみましょう。

「ぷっくりシール」の材料

  • ラベル用紙(ダイソー)…1枚
  • プリンター…1台
  • UVレジン液…1本
  • はさみ…1本
  • つまようじ…1本

「ぷっくりシール」の作り方

  1. ラベル用紙をプリンターにセットし、お好みのイラストを印刷します。
  2. イラストの形に沿って、はさみでラベル用紙をカットします。
  3. カットした用紙からはみ出さないように、UVレジン液をたらします。
  4. レジン液の表面に出来た気泡を、つまようじで潰します。
  5. 太陽光に当てて硬化させたら、完成です。

自作シールが手軽に作れるとして人気の「シール用紙」ですが、実は用紙がなくても、身近な材料でシールは自作できますよ!関連記事では、様々な材料を使ったシールの作り方をまとめた記事を掲載しています。スマホやアイコスなど、貼りたい物別にまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

100均の材料を使った自作ステッカーの貼り方とコツは?

①汚れに気をつける

掃除をする女性

1つ目は「汚れに気をつける」という点です。一見きれいに見えても、物には皮脂やほこりなどといった、細かな汚れが付着しています。

シールをそのまま貼り付けてしまうと、汚れが付いてしまい、ヨレや凹凸ができてしまうこともあるのです。そのため、シールを貼りたい場所はあらかじめ、クリーナーや水拭きなどで、しっかり掃除しておきましょう。また、掃除後にしっかり乾燥させておくことで、貼る時にシールがヨレにくくなります。

②気泡が入らないようにする

多彩なシール

2つ目は「気泡が入らないようにする」という点です。シールをよりきれいに貼り付けたい時の、最大の敵といえるのが「気泡」です。シールを貼り付ける時に、空気が入ってしまうと、シール全体にシワがついてしまうことがあるのです。

そのため、シールを貼り付ける時には、必ず片側の端から貼り始め、手で押さえながらゆっくり貼り付けていきましょう。ラミネートフィルムを使う場合には、気泡が出来た部分を針で突いて、空気を抜くのも良いでしょう。

【ダイソー編】自作ステッカーに使える100均の材料一覧!

①フリーカットシール用紙

1つ目は「フリーカットシール用紙」です。カラーインクジェットに対応しており、プリント時に鮮やかに発色する点が魅力の、シール用紙となっています。カットラインが付いていないため、自分の好きな形にカットできる点もポイントです。用紙自体は柔らかい素材であることから、ラベルシールとしてもおすすめですよ!

②フリーカットラベル用紙

2つ目は「フリーカットラベル用紙」です。ファイルや本、ボトルなどといった、様々な物のラベリングに使える、ラベルシール専用紙となっています。インクジェット用紙を採用しており、用紙全体が薄く作られているため、触った時に段差が目立ちにくい点が特徴です。

【セリア編】自作ステッカーに使える100均の材料一覧!

①光沢シール用紙 A4

1つ目は「光沢シール用紙 A4」です。印刷面に光沢があるのが特徴的な、A4タイプのシール用紙となっています。用紙はノーカット仕様なため、自分の好きな形に切り取れる点が特徴です。インクジェットプリンタにも対応しており、写真のような高級感のある仕上がりになりますよ!

②セルフラミネートフィルム

2つ目は「セルフラミネートフィルム」です。カードのような分厚さが特徴的な、シールタイプのラミネートフィルムとなっています。台紙をはがし、直接貼り付けるだけで、簡単にシールを自作できますよ!汚れや傷に強いため「自作シールは長く楽しみたい」という時に、おすすめのアイテムです。

100均の材料を使ってステッカーを自作してみよう!

100均で買える材料を使えば、今回ご紹介したアイデア以外にも、様々なデザインや、質感のステッカーを自作できるのです。「オリジナルのステッカーを作ってみたい!」という方は、ぜひ今回ご紹介した作り方や、100均の材料を使って、世界に1つだけのステッカーを作ってみましょう。

100均の材料で作れるのは、普通のシールだけではありません。実は昨今、水に濡れても平気な「防水ステッカー」の自作アイデアが注目されていますよ。関連記事では、100均グッズでできる、防水ステッカーの作り方をまとめた記事を掲載しています。

WRITER

avatarImage
ゆきのひと

「推し」とグルメ・ファッションを愛する隠れオタクWebライター。読者の皆様の日常が楽しくなる雑学・情報を提供できるよう心がけています。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。