Large thumb shutterstock 1089930728

【優秀だから?】異動が多い・少ない人の特徴は◯つ。人事異動の決まり方や回避法も

更新:2020.12.29

あなたの周りに、人事異動が多い人や少ない・しない人はいませんか?もしくはあなた自身がそうではありませんか?一体どうしてだろうと気になるはずです。この記事では、人事異動が多い・少ない人の特徴や、人事異動の決まり方をご紹介します。異動したくない場合に異動を回避する方法も解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

異動が少ない・異動しない人の特徴5つ

異動が少ない人の特徴①仕事が極端にできない

仕事が極端にできない

異動が少ない人の特徴1つ目は、仕事が極端にできないためです。仕事ができない人、言い方は悪いですが「使えない人」は異動しない場合があります。仕事ができない人は部署内でも煙たがられていることがありますが、かといって部署の外に出してクレームが出ても困るので、異動しないままということがあります。

ただしあまりにもミスが多かったりお荷物になるようであれば、本人の能力以上の部署へ異動になることがあります。会社側は法律上、従業員の首を切りづらい立場です。そのため、本人が自主退職をするように、誘導する目的で異動を行うことがあります。異動先を見た本人はとてもおどろくことでしょうね。

異動が少ない人の特徴②仕事が優秀すぎて上司が手放したくない

仕事が優秀

異動が少ない人の特徴2つ目は、仕事が優秀すぎて上司が手放したくないからです。部下の仕事ぶりが優秀すぎる場合、上司が自分の元から異動させたくないと考える場合もあります。自分の元に置いておくことで、上司の評価に良い影響があるためです。ただ部下にとっては経験を積めないので、少し困るかもしれません。

優秀な部下の出世のためにさまざまば部署を経験できるよう、自分の元からはばたかせるのが、本来の上司の役目です。しかし、上司も人間ですから、自分の成績の方が気になるのも無理はありません。ですから、優秀な部下ほど同じ部署や上司から異動させたくない部下と思われることも十分あり得ることです。

異動が少ない人の特徴③上司と仲がいい

上司と仲がいい

異動が少ない人の特徴3つ目は上司と仲がいいことです。何らかの理由で上司と良好な関係を築いている部下は、異動しないことが多いです。上司としても仲のいい部下がいれば仕事がしやすいので、手放そうとも思いません。そのため、関係が良好な上司を持つ人は異動しないことが多いです。

もちろん仲がいいからと言って、絶対異動しないとは限りません。異動があるかどうかは本人や上司の意見だけではなく、会社の都合が大きく関わるからです。しかし、上司と仲がいい人の方が、その会社で仕事がしやすく、異動があってもなくても、上手くいきやすいことは確かでしょう。

異動が少ない人の特徴④代わりに仕事ができる人がいない

代わりがいない

異動が少ない人の特徴4つ目は、代わりに仕事ができる人がいないからです。その人にしかできないから、ずっと異動がないということもありえます。代わりに務まる人がいないため、特に異動させる理由も利点もないということです。むしろ異動させると困るから、同じ部署にいるという会社の都合の可能性もあります。

仕事の内容にも寄りますが、代わりにできる人がいないということは、会社にとって希少価値が高い人材だと思われているかもしれません。その人がいないと仕事が回らない、ということもあります。その場合は、会社から必要とされているという証でもあるので、何だかやりがいを感じますよね。

異動が少ない人の特徴⑤特に問題のない人物

問題のない人物

異動が少ない人の特徴5つ目は、特に問題のない人物だからです。トラブルも起こさず、真面目で素直で特徴は特にないけど、問題もない人物の場合も、異動がないことがあります。会社にとって重要ではないように感じてしまいますが、問題なく仕事をする以上、辞められては困る戦力でもあるのです。

また上司とって、逆らわずに真面目に指示を聞いてくれる部下は、自分の味方と同じですから、いないよりは断然いる方がいいのです。多少仕事ができなくても、コントロールできない部下よりは良いです。特別に問題を起こさずに無難に仕事をしてくれる人材も、会社にはもちろん必要です。

異動が多い人の特徴2つ|異動が少ない人と違いは?

異動が多い人の特徴①仕事ができず部署間でたらい回しや転勤が多い

仕事ができない人

異動が多い人の特徴1つ目は、仕事ができず部署間でたらい回しや転勤が多いことです。仕事ができない人は、どこの部署でも厄介者扱いで、異動や転勤がやたら多い場合があります。異動の多さで能力を判断することはできませんが、仕事ができない人も異動が増える傾向にあります。

仕事ができない人を抱えていると、その部署の上司の成績も下がる可能性があります。そのため、人事評価の記録で、いかにも良さそうな人材風に書き、ほかの部署へ厄介払いすることもあるそうです。異動先でも同じことが繰り返されるため、異動や転勤が増えるというからくりになっているようです。

異動が多い人の特徴②出世コースのため色んな部署で経験を積んでいる

出世コース

異動が多い人の特徴2つ目は、出世コースのため色んな部署で経験を積んでいるということです。仕事ができる人も異動が多く、いろんな部署に異動になります。出世コースということはもちろん、仕事もできるということなので、重宝されながら異動や転勤をすることがほとんどでしょう。

会社によっては、出世コースでもずっと同じ部署で異動しないことがあります。出世と異動には深い関係がありますが、異動が多い人・異動しない人だけでは実態を判断できません。自分の勤めている会社はどういう人が出世の道を歩むのか調べたり、それとなく聞き出したりして確認するのが確実でしょう。

異動が多い人と少ない人の違い①仕事ができるかどうか

仕事ができる

異動が多い人と異動しない人との違いと1つ目は、仕事ができるかどうかです。異動の理由はさまざまですが、本人の能力が大きく関わっているのは間違いありません。仕事は部署の評価に直結するため、異動の理由になりやすいのです。そのため、異動が多い人と異動しない人の違いは、仕事能力にあるでしょう。

異動が多い人と少ない人の違い②上司からの印象の良し悪し

上司からの印

異動が多い人と異動しない人との違い2つ目は、上司からの印象の良し悪しです。仕事のしやすさや出世など、さまざまなことは上司の印象が大きく関わります。上司の評価一つで、異動も決まるのです。そのため、上司の印象が悪い人は他の部署の異動になりやすいですし、逆に良い場合も理由の一つとなるでしょう。

人事異動の決まり方|異動する・しない人の選び方の流れや特徴は?

人事異動の決まり方①人事部が各所の要望を調整してまとめる

要望を調整

人事異動の決まり方1つ目は、人事部が各所の要望を調整してまとめるということです。いきなり幹部などが人事異動を決めるのではありません。会社にもよりますが、人事部が各部署や本人の希望などの意見をまとめて考慮し、調整しながら人材を異動する案をまとめています。

人事異動の決まり方②最終的に幹部が人事部の案を判断し承認する

幹部

人事異動の決まり方2つ目は、最終的に幹部が人事部の案を判断し承認することです。人事部が各部署や本人の意見を調整して案をまとめたら、会社の幹部に提出します。最終的に承諾して決定を下すのは、幹部の仕事です。幹部が頷いてから、私たちの元に異動の知らせか届くのです。

異動する・しない人の選び方と流れ①品行方正かどうかが判断基準

品行方正

異動する・異動しない人の選び方と流れ1つ目は、品行方正かどうかが判断基準なことです。品行方正とは、上司の言うことに素直に従い、熱心かつ真面目に仕事に取組んでいるか、遅刻や欠勤がないかということです。仕事が多少できなくても、真面目であれば、煙たがられて異動になることはあまりないでしょう。

逆に欠勤が多かったり、あまり真面目に仕事をしていない、上司の言う通りにしなかったり、ミスが多いとなると、他の部署への異動する候補になりやすいでしょう。会社としては、仕事を真面目にしてくれる人材の方が好ましいのは、言うまでもありません。そのため、品行方正かどうかは一つの判断基準となります。

異動する・しない人の選び方と流れ②本人の希望も選ぶ基準

本人の希望

異動する・異動しない人の選び方と流れ2つ目は、本人の希望も選ぶ基準だということです。異動や転勤は会社の都合が大きいですが、もちろん本人の意思も考慮の内に入ります。また、本人の申し出の場合があった場合も選ぶ基準になります。自分の希望が通るかは分かりませんが、功績が良ければ尊重はしてくれるでしょう。

ほかには上司の評価や推薦、信頼、会社内での実績なども異動に関わってきます。また、会社の経営方針や人手不足なども理由になります。会社で起こっている全てのことが考慮されたうえで、異動は決まります。基本的に異動には逆らえないため、異存がなければ従い、異議があれば転職する人もいます。

頻繁に異動させられる人が異動したくない時に大切なことは?

異動を避ける方法①仕事ができなくても真面目に

真面目に仕事

異動させられるのを止めたいときに大切なこと1つ目は、仕事ができなくても真面目に、ということです。仕事の手際の悪さが異動の原因として考えられます。しかし、熱心に取り組んでいる人ならあまり邪険にはできないものです。「今は仕事ができなくても、これだけ真面目に取り組んでいるならいずれ優秀になるかもしれない」と思ってもらえるかもしれません。真面目に仕事に向き合うことで、「異動させたくない部下」に近づきましょう。

ただし、もしかしたらその真面目さがうまく伝わらず、むしろ厄介に思われていることもあります。真面目なフリをしているだけに見えないよう、上司の前で形だけ演じるのではなく、真摯に仕事に取り組むようにしましょう。

異動を避ける方法②上司の言うことを素直に聞く

素直に聞く

異動させられるのを止めたいときに大切なこと2つ目は、上司言うことを素直に聞くことです。頻繁な異動の原因は、上司が手に余ると感じているからかもしれません。自分が統制できない部下を上司は嫌うことがほとんどです。もし心当たりがあるなら、素直に上司に従うことを心掛けるとよいでしょう。

異動はさまざまな理由が考慮されて行われる

以上が異動しない人・多い人の特徴や異動の決まり方などでした。会社の方針や上司の評価、本人の希望など、さまざまな要素を考慮した上で異動が決定します。異動しない人、多い人の特徴としては能力面が理由として挙げられます。ですが、基本的に真面目にしていれば、悪いようにはならないでしょう。

ほかにも人間の特徴についてや、美容・ファッション、お役立ち知識など多数まとめております。どれも見ごたえがありますので、ぜひご覧ください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。