Large thumb shutterstock 409251184

自分から話しかけてこない人の心理13選|待っている時の態度や対応法も

更新:2020.06.27

自分から話しかけてこない人っていますよね。実はそれにはある特有の心理があるのです。ここでは、男性の場合と女性の場合に分けたケースでも、詳しくご説明して参ります。また、待っている人の態度や対応法についても、あわせて見て参ります。

自分から話しかけてこない人の心理5選

自分から話しかけてこない人の心理①何を話せば良いのかわからない

外で会話をする二人

自分から話しかけてこない人の心理の1つ目は、『何を話せば良いのかわからない』ということです。話したくても、どんな話題を持ち出せば良いのかわからないという人がいます。相手を退屈させてはいけないと焦れば焦るほど、何を話せば良いのかわからなくなってしまうのです。このタイプの人は、内心はかなり焦っています。

言い換えるなら、このタイプの人は「気を遣う人」と言えるでしょう。過剰に気を使いすぎて、話題が思い浮かばなくなってしまっているのです。その為、誰かが話を振ってあげれば、その話題について話し始めることができます。

自分から話しかけてこない人の心理②相手が苦手

笑顔で話をする男性

自分から話しかけてこない人の心理の2つ目は、『相手が苦手』ということです。「この人は苦手だな」と思う人には、こちらから話しかけにくいものです。何故なら、苦手意識は相手に伝わってしまうからです。こちらが苦手だと感じていることは、その人の言動や仕草などから、相手に伝染してしまいます。

相手に苦手意識が伝染すると、お互いがお互いのことを苦手だと認識していますから、当然会話は盛り上がりません。また、勝手に相手の考えていることや感じていることを勘ぐってしまう為、何をどんなふうに話せば良いのかも分からなくなってしまうのです。

自分から話しかけてこない人の心理③自信がない

自信がない女性

自分から話しかけてこない人の心理の3つ目は、『自信がない』ということです。自分に自信のない人は、自分から誰かに話しかけようとは思いません。自分から話しかけて相手に嫌な思いをさせるのが怖いからです。また、自分の話題が相手にとって面白くなくて退屈させてしまう、ということも極端に恐れています。

相手を楽しませる能力が自分にはない、と思っているのです。相手を退屈させてしまうくらいなら自分から話しかけない方が良い、と感じている人もいるでしょう。このタイプの人は、こちらから話しかけても反応がいまいちになります。自分の反応にさえも自信がない為、あいまいになってしまうのです。

自分から話しかけてこない人の心理④相手の反応が怖い

談笑する4人

自分から話しかけてこない人の心理の4つ目は、『相手の反応が怖い』ということです。「自分が持ち出した話題で相手に嫌な思いをさせたらどうしよう」という不安があります。また、「相手を怒らせてしまったらどうしよう」という思いを抱いている人もいるでしょう。嫌な思いや怒らせるくらいなら黙っていた方が良いのです。

このように考える人は、過去にそのような経験をした可能性があります。自分が良かれと思って持ち出した話題で、誰かを傷つけたり怒らせたりしたことがあるのかもしれません。その時のことがトラウマになってしまい、自分から話しかけるということができなくなっているのかもしれません。

自分から話しかけてこない人の心理⑤誰かに遠慮している

お互いを意識する二人

自分から話しかけてこない人の心理の5つ目は、『誰かに遠慮している』ということです。これは、相手のことを好きな人を知っている可能性があります。誰かがその人のことを好きなのでしょう。その人の思いを知っているのですが、その人は本人に話しかける勇気がありません。それを知っているので遠慮しているのです。

これは相手が異性の場合に限ります。自分が積極的に話しかけて、その人の気持ちが自分に向いてしまったら、とても気まずい思いをすることになります。また、「気持ちを知っていてわざと話し掛けた」などのように妬まれる可能性もあります。そのようなことにならないように、話し掛けないようにしているのです。

自分から話しかけてこない男性特有の心理4選

自分から話しかけてこない男性の心理①考えに集中している

考える男性

自分から話しかけてこない男性の心理の1つ目は、『考えに集中している』ということです。男性は、自分の考えに集中すると、周りが見えなくなります。目の前に相手がいても、思考が考え事の方に集中してしまうのです。すると、相手のこともまったく見えなくなります。男性本人はそんな自分に気付いていません。

それだけ真剣に考えることがある、ということです。声をかけても反応が薄い場合は、この可能性が高いと言えるでしょう。何か一生懸命に考えなければならないことがあるということですから、そっとしておいてあげる方が親切かもしれません。

自分から話しかけてこない男性の心理②恥ずかしい

笑顔で話す男性

自分から話しかけてこない男性の心理の2つ目は、『恥ずかしい』ということです。これは男性に多く見られる心理の人です。特に好きな女性に対しては、恥ずかしくて自分から話しかけられないという男性が多いと言えます。本当は話したくて堪らないのです。ですが、恥ずかしいという気持ちの方が大きくて行動に出せません。

多くの男性はプライドが高いからです。「自分から話しかけて、相手の女性に見つめられたらどうしよう』と考えると、恥ずかしくて話しかけるという行動が出せなくなってしまいます。また、「無視されたらどうしよう」などのように不安や恐れの感情も対象あるのです。

自分から話しかけてこない男性の心理③忙しい

忙しい男性

自分から話しかけてこない男性の心理の3つ目は、『忙しい』ということです。特に仕事が大好きな男性は、仕事が忙しいという心理が多く見られます。仕事が大好きな男性は、他の人よりも多くの仕事を抱える傾向があります。大変仕事ができる人でもありますから、集まりやすいということも一つの要因です。

仕事が目の前に山積み状態になると、「それらを早く片付けよう」という気持ちになります。また、期限がある仕事もたくさん抱えている可能性もあります。雑談をしている暇はないのです。そのようなことに割いている時間があるのなら、仕事を一つでも片づけたいという気持ちがあるのということです。

自分から話しかけてこない男性の心理④話すことが好きではない

パソコン画面を見つめる男性

自分から話しかけてこない男性の心理の4つ目は、『話すことが好きではない』ということです。男性の多くは無口です。話すことが好きではないという男性は、想像以上に多くいます。相手によって話題に気を遣ったり、相手の顔色を窺ったりすることが面倒だと感じているからです。それなら話さない方が良いと考えます。

また、もともと雑談が好きではないという男性も多くいます。「実りのない話はするだけ時間の無駄」と考えているのです。無駄話に時間を取っている暇があるのなら、自分を成長させる為に時間を使いたいと思っています。このように考えている男性は、自分から話しかけるようなことはあまりしません。

自分から話しかけてこない女性特有の心理4選

自分から話しかけてこない女性の心理①興味がないから

笑顔で仕事をする女性

自分から話しかけてこない女性の心理の1つ目は、『興味がないから』ということです。女性は好き嫌いが大変はっきりしています。中には、人間関係を大切にするという意味で、自分から積極的に話しかける女性もいます。ですが、多くの女性は興味がなければ、あまり自分から話しかけるということはしません。

特に大人になってからは、興味のない人には話し掛けないということが顕著になります。また、相手が男性になると更に顕著になります。興味のない男性に思いを寄せられても迷惑、と考える女性が多いということです。

自分から話しかけてこない女性の心理②彼氏に遠慮している

ハイタッチをする二人

自分から話しかけてこない女性の心理の2つ目は、『彼氏に遠慮している』ということです。近くに彼氏がいる女性は、特に男性に対して自分から話しかけることを控えることがあります。彼氏に勘違いされては困る、と思っているからです。自分から男性に話しかけて、それが原因で彼氏と喧嘩になったら困るからです。

特に彼氏が大切だと思っている女性は、自分から話しかけるようなことはしません。彼氏しか見えていないという可能性もあるからです。また、彼氏が大変なやきもちや気の場合も、女性から話しかけるようなことはしないでしょう。

自分から話しかけてこない女性の心理③プライドが高い

プライドが高い女性

自分から話しかけてこない女性の心理の3つ目は、『プライドが高い』ということです。プライドが高い女性は、自分から話しかけるということをしないことがあります。自分から誰かに話しかけることは、自分が相手にこびへつらうことと思っているのです。こびへつらうという行動は、プライドが高い女性が最も嫌う行動です。

「私と話がしたければ、そっちから話しかけてきなさい」ということです。内心では、いろいろな人と話がしたいと思っています。ですが、自分から話しかけることは、自分のプライドを激しく傷つける行動になると思っているのです。このように考えている女性は、自分から話しかけることを我慢しています。

自分から話しかけてこない女性の心理④特定の好きな人がいる

額を寄せ合う二人

自分から話しかけてこない女性の心理の4つ目は、『特定の好きな人がいる』ということです。特定の好きな人がいる女性は、他の人に自分から話しかける事はあまりしません。行為を抱いている男性に勘違いされたくないからです。ただ、このタイプの女性は好意を寄せている男性にも自分から話しかけられない可能性があります。

自分から話しかけてこないのは好き避け!待っている人の態度3選

好き避けの理由で待っている人の脈あり態度①よく視線が合う

視線

好き避けの理由で待っている人の脈あり態度の1つ目は、『よく視線が合う』ということです。それだけ相手のことを見ている、ということです。嫌いな人のことを目で追う人は稀でしょう。遠くから見つめて満足しているのです。

好き避けの理由で待っている人の脈あり態度②笑顔を向けてくれる

笑顔の女性

好き避けの理由で待っている人の脈あり態度の2つ目は『笑顔を向けてくれる』ということです。これは女性が男性に行なう行動です。好意を寄せている男性と目が合うと、女性は飛び切りの笑顔を向けることがあります。笑顔を向けることで、自分の行為を男性に伝えているのです。

好き避けの理由で待っている人の脈あり態度③視線が合うとそらす

顎に手を当てる男性

好き避けの理由で待っている人の脈あり態度の3つ目は、『視線が合うとそらす』ということです。これは男性が好意を寄せている女性にする態度です。本当は好意を寄せている女性と視線を合わせたいのです。ですが、恥ずかしいという気持ちの方が大きくなる為、男性は視線をそらせてしまいます。

脈ありサインには、他にもいろいろあります。どんな脈ありサインがあるのか興味がある方は、こちらもあわせてチェックしてみてください。

自分から話しかけてこないのは好き避け!待っている人への対応法4選

好き避けの理由で待っている人への対応法①二人きりで話す

資料を見つめる二人

好き避けの理由で待っている人への対応法の1つ目は、『二人きりで話す』ということです。大勢の人の前では恥ずかしい、という可能性があります。その場合は、二人きりで話せるようにするという対応法を取ると、相手も会話に応じてくれるでしょう。

好き避けの理由で待っている人への対応法②別の方法でコンタクトを取る

メールを送る人

好き避けの理由で待っている人への対応法の2つ目は、『別の方法でコンタクトを取る』ということです。例えば、メールなどはとても良い対応法と言えるでしょう。直接話をすることが恥ずかしい、と感じている相手にはメールの方が変に緊張せずに、素直な気持ちを伝えることができます。

好き避けの理由で待っている人への対応法③仕事などの口実を作る

仕事で協力する二人

好き避けの理由で待っている人への対応法の3つ目は、『仕事などの口実を作る』ということです。仕事を手伝うなどの口実を作るという対応法があります。これなら「仕事」という名目が立ちますから、恥ずかしいと思うこともなく二人きりになったり、気兼ねなく話をすることもできます。

好き避けの理由で待っている人への対応法④相手を褒める

褒められる女性

好き避けの理由で待っている人への対応法の4つ目は、『相手を褒める』ということです。褒められて嫌な思いをする人はいません。また、褒められると相手もあなたのことを褒めてくれます。お互いに褒め合うことで話題が広がり、距離間も縮まります。心を開くという点では良い対応法と言えるでしょう。

自分から話しかけてこないのはさまざまな理由がある

考える女性

自分から話しかけてこないのには、さまざまな理由があります。その人の様子をじっくり観察してみましょう。すると、忙しかったり誰かに遠慮していたりなどのような心理状態が見えてきます。また、観察することでアプローチの方法も見えてきますから、じっくり相手を観察してみましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。