INDEX

好きな人の前だと顔がにやける女性心理5選

好きな人の前だと顔がにやける女性心理①会えてラッキーという気持ち

ハッピーな女性

好きな人の前だと顔がにやける女性心理1つ目は、会えてラッキーという気持ちが考えられます。好きな人に偶然会えると、誰でも嬉しい気持ちがこみ上げてくるものです。とくに予期せずに会った時は自分の感情が顔にストレートに出てしまいます。会った瞬間に女性がにやけた場合は、好意を持っていることが多いと言えます。

好きな人の前だと顔がにやける女性心理②嬉しすぎて我慢できない

満点の笑み

好きな人の前だと顔がにやける女性心理2つ目は、嬉しすぎて我慢できないことが考えられます。好きな人と会うことが事前にわかっていても、どうしても気持ちが溢れてしまって感情をコントロールできなくなります。もともと感情が豊かな女性は、嬉しすぎて堪えられなくなり、ずっとニヤニヤしてしまうことがあります。

好きな人の前だと顔がにやける女性心理③好きな人に会えて恥ずかしい気持ち

恥ずかしい気持ち

好きな人の前だと顔がにやける女性心理3つ目は、好きな人に会えて恥ずかしい気持ちです。好きな人を目の前にすると、恥ずかしく照れてしまうのでつい頬が緩んでしまいます。まともに目線を合わせることができずにうつむき、しかし頬が緩んでにやけている場合には、女性が照れて恥ずかしがっていると言えます。

好きな人の前だと顔がにやける女性心理④自分のことを気にして欲しい気持ち

かまって欲しい女性

好きな人の前だと顔がにやける女性心理4つ目は、自分のことを気にして欲しい気持ちが考えられます。好きな人の前で笑顔になったりにやついてしまうのは、自分のことをかまって欲しい気持ちの表れでもあります。自分の方をなかなか見てくれない時に、振り向いて欲しい、好きな気持ちをわかって欲しいと思っているからです。

好きな人の前だと顔がにやける女性心理⑤彼との出来事を思い出している

思い出し笑いの女性

好きな人の前だと顔がにやける女性心理5つ目は、彼との出来事を思い出していることが考えられます。好きな人と会った時に、嬉しい言葉を言われことや、二人で出かけた時のことを思い出してにやけてしまうことがあります。好きな人と過ごしたハッピーな時間がフラッシュバックしたり、ふと妄想にふけってしまうからです。

好きな人の前じゃなくても顔がにやける女性心理3選

好きな人の前じゃなくても顔がにやつく女性心理①からかっている

からかっている女性

好きな人の前じゃなくても顔がにやつく女性心理1つ目は、男性のことをからかっている場合があります。仲良くしている男性なら、面白いことを言ってやろう、ちょっとからかって楽しもうと考えている時ににやけてしまうことがあります。楽しいことや面白いことが好きな女性に多いパターンです。仲の良い証拠でもあります。

好きな人の前じゃなくても顔がにやつく女性心理②上目線でバカにしている

上目線の女性

好きな人の前じゃなくても顔がにやつく女性心理2つ目は、上目線でバカにしている場合にも、にやつくことがあります。例えば、相手が仕事で失敗してしまった時などに、どうしてこんなこともできないの?と呆れてバカにしている時に含み笑いをすることがあります。とても頭が良く自信家の女性によく見られるパターンです。

好きな人の前じゃなくても顔がにやつく女性心理③意地悪な気持ち

意地悪な女性

好きな人の前じゃなくても顔がにやつく女性心理3つ目は、意地悪な気持ちでにやける女性がいます。相手に対して嫌なことをしてやろうと悪巧みをしている時に、わざとにやけてしまう女性がいます。普段から意地悪をしてくる女性がにやつく場面を目にしたら、意地悪なことを近いうちにされないか用心しましょう。

顔がにやける・にやつく女性を男性はどう思う?

顔がにやけてしまう女性を男性はどう思うか①感情豊かで可愛らしいと思う

好意を持つ二人

顔がにやけてしまう女性を男性はどう思うか1つ目は、感情が豊かで可愛らしいと思う男性が多いようです。笑顔になったりにやけたりすることは、感情表現が豊かな証拠です。自分に会った時に女性がにやつくのは、男性側からするとわかりやすいのです。自分に好意を持ってくれているのがわかり嬉しい気持ちになります。

顔がにやけてしまう女性を男性はどう思うか②好意的に捉えられない

不思議な二人

顔がにやけてしまう女性を男性はどう思うか2つ目は、好意的に捉えられない場合もあります。真剣な会議なのににやついて話に集中していなかったり、自分の方をずっと見てニタニタしていると気持ちが悪いと思われる場合もあります。場面や相手にも寄るので、好意的に捉えられない場合もあることを理解しましょう。

にやけてしまいそうな時の女性心理を抑える方法3選

にやけてしまいそうな時の女性心理を抑える方法①顔を手で隠す

顔を隠す女性

にやけてしまいそうな時の女性心理を抑える方法1つ目は、顔を手などで隠す方法です。思わずにやついてしまった顔を手で覆い隠したり、書類や本などで隠すと一時的に冷静になることができます。にやつくとどうしても口角が上がるので、口元を隠すだけでもにやつく表情を隠して、感情を抑えることができます。

にやけてしまいそうな時の女性心理を抑える方法②窓や外を見る

窓を見る女性

にやけてしまいそうな時の女性心理を抑える方法2つ目は、窓や外を見る方法です。好きな人を見て思わずにやついてしまった時には、窓の外や天井、床など人がいない場所を見て気をそらしましょう。好きな人や気になる人が視界に入るだけでにやけてしまうので、視界に入れないようにすることが大切です。

にやけてしまいそうな時の女性心理を抑える方法③別のことに集中する

仕事をする女性

にやけてしまいそうな時の女性心理を抑える方法3つ目は、別のことに集中する方法です。どうしても嬉しい気持ちが抑えられない時には、仕事に集中するようにしたり、悲しかった出来事を思い出すのが効果的です。また、暖かい飲み物で気持ちをリラックスさせたり、目薬をさして気持ちをリフレッシュするのが良いでしょう。

我慢出来ずにやけてしまった時の言い訳方法3選

我慢出来ずにやけてしまった時の言い訳方法①嬉しい出来事があった

ウキウキする女性

我慢出来ずにやけてしまった時の言い訳方法1つ目は、嬉しい出来事があったからにやけてしまったという言い訳です。仕事で商談がうまくいったからニヤニヤしてしまった、好きなサッカーチームが勝ったので嬉しかったなど、嬉しい出来事が会ったのでハッピーな気持ちが笑顔にさせていることをアピールしましょう。

我慢出来ずにやけてしまった時の言い訳方法②会えて嬉しかった

気持ちを伝える女性

我慢出来ずにやけてしまった時の言い訳方法2つ目は、男性に会えて嬉しかったことを正直に言う方法です。好きな人に会った時に、会えて幸せな気持ちだったから、ついにやけてしまったと言うことも男性としては嬉しいものです。下手に言い訳せずに、ずっと会えるのを楽しみにしていた気持ちがストレートに伝わります。

我慢出来ずにやけてしまった時の言い訳方法③面白いことを思い出した

思い出す女性

我慢出来ずにやけてしまった時の言い訳方法3つ目は、つい面白いことを思い出してしまったという言い訳です。一緒に話している最中にふとにやついてしまった時などにおすすめの言い訳です。この間、テレビで面白いことを見た、珍しいものを見つけたなど、相手を嫌な気持ちにさせることもなく会話もはずむ言い訳です。

女性心理を誤魔化す!にやける顔を自然な笑顔にする方法は?

にやける顔を自然な笑顔にする方法①鏡で笑顔を練習する

鏡でチェックする

にやける顔を自然な笑顔にする方法1つ目は、鏡で笑顔を練習する方法です。にやけた時に鏡が見れるようであれば、自分のにやける顔をチェックしてみるのがおすすめです。気持ち悪い笑顔なら可愛らしい笑顔になれるように、いろいろな表情を作って練習しておくのが大事です。覚えておいた笑顔が自然に身についていきます。

にやける顔を自然な笑顔にする方法②写真をチェックする

自撮りする女性

にやける顔を自然な笑顔にする方法2つ目は、自分のにやついた写真をチェックするのがおすすめです。スマホで自撮りした笑顔をチェックしてみたり、雑誌のモデルさん風の自然な笑顔を真似してみるのも良い方法です。笑顔を写真にして残しておく事で、どんな笑顔が自然に見えるのかを客観的に観察することができます。

にやけてしまいそうな時は自然な笑顔を心がけよう!

綺麗な笑顔

ここまで、にやけてしまう女性の心理について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?好きな人の前でにやついてしまうことは、女性だけではなく男性も同じはずです。相手に不快感を与えないように、なるべく自然な笑顔になれるよう日頃から笑顔の練習をしておくのが良いですね。

今回お伝えした思わずにやついてしまう心理以外にも、接客業に活かせる自然な笑顔の作り方を説明した記事や、いつもニコニコ笑っている人の心理を紹介した記事がありましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 134640413
関連記事 接客業に活かせる自然な笑顔の作り方|表情トレーニング・練習方法も

爽やかで素敵な笑顔は周囲を明るくするパワーがあります。笑顔の作り方を練

Small thumb shutterstock 524899408
関連記事 いつもニコニコ笑ってる人の心理15選!笑顔の効果でハッピーに!

いつもニコニコ笑っている人ってなんだか羨ましいですよね。そんないつもニ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。