INDEX

暗い曲が好きな心理・理由10選

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理①寂しいと感じている

寂しい女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理の1つ目は、寂しいと感じているということです。自分が寂しさを感じている時に無理に明るい音楽を聞こうとは思いませんよね。寂しくて暗い音楽の方がより自分の心に寄り添ってくれる印象を受けます。慢性的な心細さや人恋しさを感じている人は暗い曲が好きな人が多いです。

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理②スローテンポが好き

お風呂に入る女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理の2つ目は、スローテンポが好きだということです。暗い曲は全体的にテンポがゆっくりであることが多く、音楽を穏やかに楽しみたいと思っている人は好きな傾向が強いです。いつでもゆったりとした気持ちになれるために、暗い曲も必要なのです。

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理③ノスタルジックな気分になる

寂しい女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理の3つ目は、ノスタルジックな気分になることです。暗い曲を聞いているとだんだん感傷的な気持ちになってきます。それは懐古や望郷の記憶を思い起こさせて、懐かしさを生み出します。過去の記憶や感情を蘇らせることで、聞いていると情緒的な気分になってくるのが好きです。

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理④安心感を感じる

安心する女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理の4つ目は、安心感を感じることです。暗い曲は「元気でいなくてはならない」と急かすことはありません。自分のペースで悲しみ、喜び、そして落ち込んでもいいと教えてくれます。無理に明るい気持ちにならなくてもいいと曲を通して諭されるということは、それだけで安心感があります。

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理⑤現実逃避になる

走る女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理の5つ目は、現実逃避になることです。悲しい曲を聞くことで、自分の中のもう1人の自分に涙を流させます。すると本来の自分の心がデトックスされて、聞く前よりも元気になれることがあるのです。ドラマチックなまでに悲しい曲は、現実を忘れさせてくれます。

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理⑥ひとりじゃないと思える

手を握り合う姿

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理の6つ目は、ひとりじゃないと思えることです。暗い曲は往々にして暗い歌詞であることが多く、それを聞くことで「自分だけが辛いわけじゃない」と感じられます。どんなに辛くて報われないと思った時にでも、みんなも辛い中で頑張っているのだから自分も頑張ろう!と思えるのです。

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理⑦感情移入がしやすい

寂しい女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理の7つ目は、感情移入がしやすいということです。人間は誰しも二面性がありますから、時にはネガティブな自分の部分が顔を出します。その時に暗い曲を聞くと、明るい曲よりもすんなりと心に入ってきてくれます。曲への感情移入ができることで、音楽の魅力をより深く感じられます。

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理⑧明るい音楽が嫌い

寂しい女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理の8つ目は、明るい音楽が嫌いだということです。ポジティブすぎるメッセージはどこか現実離れをしていて、商業用らしさが出ていて心に響きません。なので消去法的に暗い曲を選んでいるということになります。最初から暗い音楽が好きではなかったものの、相対的に選ばれているパターンです。

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理⑨想像力が掻き立てられる

寂しい女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理の9つ目は、想像力が掻き立てられることです。暗い曲は明るい曲と比べて、物事を遠まわしに表現したりなどで「聞き手の想像力に委ねる構成」になっていることが多いです。その曲を聞いて自分なりに解釈をすることで楽しめつつ、自分自身の想像力の成長にも繋がります。

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理⑩心が綺麗になる

手を繋ぐカップル

悲しい音楽や暗い曲が好きな心理の10つ目は、心が綺麗になることです。暗い曲を通して悲しい過去や嫌な感情と向き合うことで、自分の中の素直な気持ちが浮き彫りになってきます。

心で涙を流し、嫌な感情を流しきることで、また新しく美しい心に生まれ変わることができます。「ネガティブな感情と向き合う」ことは、ポジティブに生きていくために欠かせないことなのです。心が繊細な人ほどこの傾向は強まります。

\ POINT /

人によって「元気が出る曲」は違う!

人によって食べものの好みが違うように、音楽の好みも違います。アップテンポの明るい曲で心が元気になる人もいれば、悲しい音楽や暗い曲だからこそ心が安定するという人もいるのです。

暗い曲が人の感情に与える影響は?

暗いBGMや歌が人の感情に与える影響①悲しくなる

寂しい女性

暗いBGMや歌が人の感情に与える影響の1つ目は、悲しくなることです。暗い曲を聞いて悲しい気持ちになるのは当たり前のことかもしれませんね。暗いBGMのスケールや歌のメロディーラインには、人間がネガティブなイメージを感じられるマイナーコードなどが巧みに使用されています。悲しくなる方が正常なのです。

暗いBGMや歌が人の感情に与える影響②素直になれる

元気な女性

暗いBGMや歌が人の感情に与える影響の2つ目は、素直になれることです。暗い音楽を聴くと、自分の悲しい気持ちが素直に受け取ることができます。明るい曲で無理して元気を出すことなく、暗い曲や悲しい歌で自分の心の闇と向き合うことで、自分が何に落ち込んで悲しんでいるのかに対して真っ直ぐに受け止められます。

暗いBGMや歌が人の感情に与える影響③心が安定する

リラックスする女性

暗いBGMや歌が人の感情に与える影響の3つ目は、心が安定することです。暗い曲はスローテンポかミドルテンポであることが多く、リズム感で気持ちを焦らせません。メロディーなどは暗くても店舗はゆっくりなので、精神的に焦燥感を感じることなくメンタルを落ち着かせることができます。これは速い曲には無い魅力です。

また心を安定させる方法は音楽以外にも数多く存在します。自分に合った方法を探すためにも、色々な種類の方法を知っておくことは必要です。心が落ち着く方法や精神をコントロールする方法を纏めた記事がありますのでご紹介します!あなたならではのメンタルケアの方法を見つけ、精神的に自立をしていきましょう。

Small thub shutterstock 504503110
関連記事 心が落ち着く方法9つ|不安な精神をコントロールして落ち着かせる術は?

心が落ち着く方法を知っていると大変便利です。心を落ち着かせると、精神的

\ POINT /

暗い曲ならではのメロウさは精神安定にも役立つ!

明るい曲が好きな人にとっては、なぜわざわざ暗い曲を聞くのかと不思議に思うかもしれません。ですが、暗い曲ならではのメロウさはメンタルコントロールにも役立つのです。

暗い曲が好きな人の性格は?

悲しい音楽や暗い曲が好きな人の性格①自分のペースを大事にする

リラックスする女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな人の性格の1つ目は、自分のペースを大事にすることです。世間的には「元気になるには明るい曲を聞くべき」とされますが、暗い曲を好む人はその先入観や通念に惑わされません。自分にとって最も効果的な音楽や行動は何なのかを理解して、「普通」に流されずにそれを選択することができます。

悲しい音楽や暗い曲が好きな人の性格②感受性が高い

ヨガをする女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな人の性格の2つ目は、感受性が高いことです。暗い曲を暗い曲としてだけでは受け取らず、その奥にある切なさや情緒深さなども感じることができます。曲から感じられる悲しみだけではなく、その悲しみの前提にある愛情や優しさなどの尊い感情を見つけて、自分なりに楽しむことができます。

悲しい音楽や暗い曲が好きな人の性格③想像力が高い

眠る前の女性

悲しい音楽や暗い曲が好きな人の性格の3つ目は、想像力が高いことです。暗い曲の表面的な歌やメロディから、自分なりに光景をイメージすることができます。暗い曲のままで価値を終わらせないでいられるのは、自分なりの想像力でその曲に付加価値を付けられるからです。作品の魅力を自分の感性で濾過して昇華できます。

\ POINT /

一見明るい人でも暗い音楽が好きな人は多い!

暗い曲が好きだからと言って、根暗な性格だとは限りません。むしろ一見明るい性格の人ほど二面性があることも多いので、アップテンポの曲が好きそうな人ほど実は暗い曲が好みということも充分ありえます。

暗い曲が好きな心理をもっと知ろう!

いかがでしたか?暗い曲が好きな人の心理や理由、そして性格の特徴などをご紹介しました。あえて暗い曲を選ぶことで気分が落ち込むこともありますが、心をフォーマットしてくれるツールとしても利用することができるのです。暗い曲ならではの魅力を理解して、メンタルコントロールに上手に使っていきたいですね。

また、あなたは音楽を聴きたいと思った時にどのような方法を使っていますか?今は無料の音楽アプリも非常に充実していますよね。そこで「無料音楽アプリランキング」を纏めた記事をご紹介します。あなたのお気に入りの暗い曲をぜひ見つけてみてくださいね!もちろん明るい気持ちになれる曲もたくさん展開されています!

Small thub shutterstock 109042721
関連記事 無料音楽アプリランキングTOP21|iPhone・Androidのおすすめは?

iPhoneとAndroidで使える人気の無料音楽アプリにはどのような

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。