INDEX

1週間でマイナス2キロ痩せる短期間ダイエットの難易度は?

1週間でマイナス2キロ痩せる短期間ダイエットの難易度①難しめ

難しめ

1週間でマイナス2キロ痩せる短期間ダイエットの難易度一つ目は、難しめということになります。1週間という短期間で、2キロ痩せようと思うとそれ相応のプランが必要になります。そのため長期間かけて行うダイエットより難易度はかなりあがります。

元々の体重が標準体重程度の人である場合は、特に減る脂肪が少ないため難易度はさらに上がります。もしも本気で1週間で2キロ痩せたいと思っている場合は、少し無茶をする程度のダイエットが必要です。

1週間でマイナス2キロ痩せる短期間ダイエットの難易度②本気でやれば可能

本気でやれば可能

1週間でマイナス2キロ痩せる短期間ダイエットの難易度二つ目は、本気でやれば可能ということになります。1週間で2キロ痩せることは、確かに難易度が高いです。しかし本気で集中して行えば、現実的に可能です。

しかしそのためには、ある程度の食事制限や運動を欠かさず行わなければいけません。さらに短期間で急に痩せるため、リバウンドしやすい体になります。そのためリバウンドしにくく痩せるためにも、ポイントを抑えたダイエットが必要になります。

1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法3選【食事】

食事で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法①晩御飯を抜く

晩御飯を抜く

食事で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法一つ目は、晩御飯を抜くということになります。晩御飯を抜くというダイエットは、最も効果が表れやすいダイエット方法です。しかし晩御飯を抜くことで、必要な栄養が補えないことがあるため注意しましょう。

まず晩御飯を抜く場合は、朝と昼にある程度の栄養を摂取する必要があります。また昼ご飯を遅くしたりおやつの時間にカロリーを摂取することで、栄養不足を防ぐことができます。晩御飯を抜く場合は、できるだけ他でしっかりご飯を食べるようにしましょう。

食事で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法②主食を抜く

主食を抜く

食事で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法二つ目は、主食を抜くということになります。食事で効果的にダイエットしようと考える場合、主食を抜くことも非常におすすめです。晩御飯を食べない場合より体重減少はゆるやかですが、リバウントしにくくなります。

しかし三食全て主食を抜くことは、継続できないことも多いです。そのような場合は、昼か夜抜くことがおすすめです。特に夜は、これから寝るだけのため過剰なカロリーを摂取しなくてすみます。そのため効果が表れやすくなります。

食事で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法③20時までに食事する

20時までに食事する

食事で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法三つ目は、20時までに食事するということになります。起きている時間と寝ている時間では、基礎代謝で消費されるカロリーが変わってきます。もちろん起きている時間の方が消費カロリーが大きいです。

そのため食後起きている時間を少しでも長くするために、早めに食事を行うことが非常に効果的になります。本来は18時までが好ましいですが、仕事を行っていると難しいことも多いですよね。そのため遅くても20時までに食事をとるようにすることがおすすめです。

ダイエットにおすすめの食材の一つが、コンビニに売っているサラダチキンになります。しかしサラダチキンを買っても、どのように調理したらいいか分からないという方も多いですよね。こちらの記事では、そんなサラダチキンのアレンジ方法について紹介しています。サラダチキンを活用したい方は、参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 603570005
関連記事 サラダチキンの食べ方アレンジ15選!サラダチキンがダイエットに良い理由

サラダチキンの美味しい食べ方知っていますか?サラダチキンは、発売されて

1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法3選【運動】

運動で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法①1日30分歩く

1日30分歩く

運動で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法一つ目は、1日30分歩くということになります。実はダイエットにおいて、運動におけるカロリー消費は非常に少ないです。しかし運動はカロリー消費のためではなく、基礎代謝を上げるために必ず必要になります。

そのためできる限り、7日間毎日30分歩くようにしましょう。歩く際はただ歩くのではなく、膝をしっかりと上げ有酸素運動を行うことが必要です。ウォーキングの形をとることで、効果的な運動を行うことができます。

運動で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法②本気で筋トレ20分

本気で筋トレ20分

運動で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法二つ目は、本気で筋トレ20分行うということになります。筋トレは基礎代謝を上げるだけではなく、身体を引き締めてくれる効果もあります。

そのため2キロ痩せた後も、筋トレしていると綺麗に痩せることが可能です。また筋肉量の増加は、基礎代謝を増加させ他の運動での消費カロリーを上げてくれます。ですのでできる限り、毎日20分は本気で筋トレを行うようにしてください。

運動で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法③寝る前のストレッチ

寝る前のストレッチ

運動で1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット方法三つ目は、寝る前のストレッチを行うということになります。寝る前のストレッチは、ストレッチの部位ごとに効果を発揮してくれるためおすすめです。

また運動の中でもきつくない、続けやすい運動になります。他の運動ができなかった場合でも、ストレッチを行うだけでできなかったという罪悪感も少ないです。そのため痩せたい部位に効果のあるストレッチをぜひ続けてみてください。

運動は継続して行いたいけど、何が効果的か分からないという方も多いですよね。こちらの記事では、ダイエットに特に効果的であるスクワットの方法や効果について紹介しています。本気で運動を行いたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 714513946
関連記事 スクワットの効果5選!回数別消費カロリーやダイエットに効くやり方は?

スクワットの効果というのをみなさんはご存知でしたでしょうか。スクワット

1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット!減量成功のコツは?

マイナス2キロ痩せるダイエットの減量成功のコツ①とにかく食事に注意する

とにかく食事に注意する

マイナス2キロ痩せるダイエットの減量成功のコツ一つ目は、とにかく食事に注意するということになります。マイナス2キロを1週間で痩せたい場合、食事に注意することが一番早く痩せることができます。

しかし1週間という短期間であるため、1食でも気を抜かないことが必要です。カロリー制限をしすぎる必要はありませんが、決めたことを毎日行うことが減量を成功させるコツになります。

マイナス2キロ痩せるダイエットの減量成功のコツ②無理をしてでも取り組む

無理をしてでも取り組む

マイナス2キロ痩せるダイエットの減量成功のコツ二つ目は、無理をしてでも取り組むということになります。長期間のダイエットと異なり7日間という短期間の場合、諦めそうになっても無理をしてでも続けることが必要です。

もしも諦めそうになったら、あと何日で終わりかをカウントするようにしましょう。7日間という期間であるため、終わりまでの日にちを実感しやすくモチベーションアップにつながります。

マイナス2キロ痩せるダイエットの減量成功のコツ③なぜ痩せたいのか明確に

なぜ痩せたいのか明確に

マイナス2キロ痩せるダイエットの減量成功のコツ三つ目は、なぜ痩せたいのか明確にするということになります。1週間で痩せたいと思う場合、必ずその先には目標があると思います。

その目標を明確にすることで、諦めそうになっても続けることができます。また日々のモチベーションをアップしてくれるため、ダイエットにも効果的です。必ず減量を成功させたいと思っている方は、痩せたい理由を明確にすることがコツになります。

1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット!7日間のNG行動は?

マイナス2キロ痩せるダイエットの7日間のNG行動①1日でも気を抜く

1日でも気を抜く

マイナス2キロ痩せるダイエットの7日間のNG行動一つ目は、1日でも気を抜くということになります。1週間で2キロ痩せるダイエットの場合、1日でも気を抜くことは命取りになります。そのため1日気を抜くことは、NG行動の一つです。

7日間という短期間のダイエットであるため、毎日気を引き締めてダイエットに取り組むようにしましょう。継続するためにも、自分に合ったダイエットプランを作成する必要があります。続かないようなプランは逆効果なため、注意してください。

マイナス2キロ痩せるダイエットの7日間のNG行動②外食や飲み会

外食や飲み会

マイナス2キロ痩せるダイエットの7日間のNG行動二つ目は、外食や飲み会になります。これはダイエット期間中絶対にやってはいけないことの一つです。特に1週間の内1日でも外食をしてしまうと、減った分が元に戻ることもあるため注意してください。

マイナス2キロ痩せるダイエットの7日間のNG行動③夜中にご飯を食べる

夜中にご飯を食べる

マイナス2キロ痩せるダイエットの7日間のNG行動三つ目は、夜中にご飯を食べるということになります。どれだけ糖質やカロリーに気を付けていても、夜遅くにご飯を食べてしまっては意味がありません。

寝ている間はカロリーが吸収されやすいため注意しましょう。夜中にどうしてもお腹が減ってしまった場合は、豆腐や鶏肉などヘルシーな食材を少量取るようにしてください。

1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット!見た目はどのくらい変わる?

2キロ痩せるダイエットで見た目はどのくらい変わるのか①あごの肉が減る

あごの肉が減る

2キロ痩せるダイエットで見た目はどのくらい変わるのか一つ目は、あごの肉が減るということになります。2キロ痩せる場合は、ちょっと顔が小さくなったかなと感じられる程度になります。ですが周囲から見ても、あまり分からない程度の変化です。

2キロ痩せるダイエットで見た目はどのくらい変わるのか②ほとんど変化なし

ほとんど変化なし

2キロ痩せるダイエットで見た目はどのくらい変わるのか二つ目は、ほとんど変化なしということになります。2キロ痩せても、客観的に見てもほとんど変化がないように見えてしまいます。

また自分自身も、痩せたことを実感しにくい程度の減少です。しかし2キロ痩せることで、確実にウエストは細くなります。また体脂肪率も減少するため、達成感を得られることができます。

1週間でマイナス2キロ痩せるダイエット!リバウンド防止方法は?

マイナス2キロ痩せるダイエットのリバウンド防止方法①急に暴食しない

急に暴食しない

マイナス2キロ痩せるダイエットのリバウンド防止方法一つ目は、急に暴食しないということになります。ダイエット後一番リバウントしやすいのは、急激な食事量の増加です。今まで節制していたため、特に吸収しやすくリバウントの原因になってしまいます。

そのためダイエット後も必ず暴食はしないようにしましょう。リバウントしないためには、食事量を少しずつ増やすことがおすすめです。特に夕食を抜いていたという人は、夕食をサラダにするところからはじめるようにしてください。

マイナス2キロ痩せるダイエットのリバウンド防止方法②食事を抜きすぎない

食事を抜きすぎない

マイナス2キロ痩せるダイエットのリバウンド防止方法二つ目は、食事を抜きすぎないということになります。これはダイエット中の食事をということです。減量している過程で食事を抜きすぎると、身体が飢餓状態になってしまいます。

そのためダイエット終了後の食事がとても吸収されやすくなり、リバウントしやすいです。リバウントしにくい体を作るためにも減量中の食事は、一定のカロリーや栄養を摂取するように心がけてください。

マイナス2キロ痩せるダイエットのリバウンド防止方法③継続した運動をする

継続した運動をする

マイナス2キロ痩せるダイエットのリバウンド防止方法三つ目は、継続した運動をするということになります。リバウンドする原因の一つは、運動を止めた後の基礎代謝の低下です。

そのため運動を継続的に続けることで、リバウンドすることなく体重を維持していくことができます。しかし運動だけでは限界があるため、食べすぎにはもちろん注意するようにしましょう。その上で継続した運動がおすすめになります。

1週間でマイナス2キロ痩せるダイエットを本気で成功させよう!

1週間で2キロ痩せるダイエット方法や成功のコツ、リバウントしないためにはということについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。1週間で2キロ痩せるためには、本気で取り組まなければいけないということを知っていただけたと思います。短期間で本気のダイエットをしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。