INDEX

広島弁の女の子のかわいい告白の言葉4選

女の子のかわいい広島弁告白言葉①ばりかっこええね

カップル

女の子が使うとかわいい広島弁の告白の言葉1つ目は「ばりかっこええね」です。標準語に訳すと「すごくかっこいいね」になります。「ばり」というのは「すごく」や「とても」にあたる強調する言葉です。ラーメンのバリカタの「バリ」とほとんど同じ意味だと思ってもらって大丈夫です。

「かっこいい」は広島風に言うと「かっこええ」となります。「あの先輩ばりかっこええね(あの先輩すごくかっこいいね)」「昨日のカープの試合見た?新井さんばりかっこえかったけん(新井さんがすごくかっこよかったんだから)」のような感じで女性もよく使っています。

直接的に好きと言うのはまだ恥ずかしい方は「ばりかっこええね」と誉め言葉から使ってみてはいかがでしょうか?自身が出てきたら「一緒におるとばりおちつく(一緒にいるととても落ち着く)」「うちらってばり相性良いよね!(私たちってとても相性が良いよね)」など「ばり」を応用してみましょう。

女の子のかわいい広島弁告白言葉②あなたの事が好きなんよ

カップル

女の子が使うとかわいい広島弁の告白の言葉2つ目は「あなたの事が好きなんよ」です。標準語にすると「あなたの事が好きです」という意味になります。広島弁のイントネーションの特徴では「あなた」の「な」の部分のみ上がります。「あんた」や「わたし」の場合も同じで真ん中だけ高くなります。

標準語と比べるとイントネーションが特徴的ですが、広島のイントネーションが使えるようになればネイティブな広島女子に引けを取らないかわいい喋り方ができます。広島弁では語尾によく「じゃけん」がつきますが、じゃけんは大体「だから」のような意味で使うのでこの場合は「なんよ(です・なんです)」の方が自然です。

「好きじゃけん」でもいいですが「好きなんよ」の方が響きがかわいいので、女性からの告白には「なんよ」の方が向いています。逆に男性は「俺お前の事好きじゃけん、付き合おーや」と男っぽく告白するとかっこいいです。

女の子のかわいい広島弁告白言葉③うちを彼女にしてくれんとはぶてるよ

恋人

女の子が使うとかわいい広島弁の告白の言葉3つ目は「うちを彼女にしてくれんとはぶてるよ」です。標準語にすると「私を彼女にしてくれないとすねちゃうよ」という意味になります。「はぶてる」は「すねる」「いじける」「腹を立てる」などの意味があります。

「まーたはぶてて(またすねてる)」と広島県民の私も子供のころ両親から言われておりました。ツンデレじゃないですが彼女になれないならすねちゃうくらい好きと間接的に思いの強さを表現したかわいい告白の言葉です。逆に男性だったら「はぶてた顔もかわええのぅ」なんてからかってみるのもいいですね!

女の子のかわいい広島弁告白言葉④いっつもかっつも一緒におりたい

手を握る

女の子が使うとかわいい広島弁の告白の言葉4つ目は「いっつもかっつも一緒におりたい」です。標準語にすると「いっつも一緒いたい」という意味になります。広島弁では「いつも」にあたる「いついき」という言葉がありますが、いつもをより強調した言葉が「いっつもかっつも」です。

「いっつもかっつも」と強い気持ちを表現することで彼に思いが伝わりやすくなります。また「おりたい」は「いたい」という意味です。この告白で恋を成就させて「いっつもかっつも一緒におれる仲のええカップル」を目指してくださいね!

広島弁以外にもかわいい方言と言えば京都弁は必ずランキング入りしてくる方言ですよね!普段は標準語で喋ているのにしっとりした京都弁がぽとっと出ちゃったりすると、男子簡単にキュンとしちゃいます。京都弁について書いている記事があります。恋愛にも役に立つ京都弁を勉強してみませんか?

Small thumb shutterstock 201622223
関連記事 いけずの意味とは?京都人が使う京言葉・京都弁を標準語に変換すると?

京都人が使う京言葉・京都弁で耳にする「いけず」とはいったいどのような意

広島弁男子のかっこいい告白の言葉4選

男の子のかっこいい広島弁告白言葉①ぶちまばいい

寄り添うカップル

男の子が使うとかっこいい広島弁の告白の言葉1つ目は「ぶちまばいい」です。標準語にすると「とてもまぶしい」という意味です。「ぶち」は最初に紹介した「ばり」と同じように「とても」「すごく」などの強調する言葉です。近年では広島弁を使わなくなっている広島の若者も「ぶち」と「ばり」はよく使っています。

「ぶち」は使いやすい広島弁なので「ぶちうまい(とてもおいしい)」「ぶちたいぎい(すごく面倒くさい)」など中高生もよく使います。「まばいい」は「まぶしい」の意味です。「〇〇ちゃんはぶちまばいいよ」と気恥ずかしくなるようなキザな表現も広島弁で言えば面白がって興味を持ってくれるかもしれませんね。

男の子のかっこいい広島弁告白言葉②お前の事ばかり考えてしもうてやれん

抱き合うカップル

男の子が使うとかっこいい広島弁の告白の言葉2つ目は「お前の事ばかり考えてしもうてやれん」です。標準語にすると「君の事ばかり考えてしまってまいっちゃうよ」という意味です。「やれん」は「大変だ」「困った」「参った」などの意味にあたり、「あつーてやれんわ(暑くてやってらないよ)」という使いかたをします。

つまり「お前の事ばかり考えてしもうてやれん」は彼女に首たっけな状態を表現した広島弁です。標準語で言うのはちょっと抵抗ある他県民の方、広島弁で言えばすぐには理解できないので告白しやすいのではないでしょうか?後に彼女がネットで調べて意味を知ったらキュンとなっちゃいますね!

男の子のかっこいい広島弁告白言葉③「げに、俺は真剣に思っとるけん」

花を贈る恋人

男の子が使うとかっこいい広島弁の告白の言葉3つ目は「げに、俺は真剣に思っとるけん」です。標準語にすると「本当に、俺は真剣に思っています」という意味です。「げに」は「本当に」という意味で使います。「げに、はよー勉強せんと怒るよ(本当に、早く勉強しないと怒るよ)」とお母さんが叱る時などで使います。

広島弁で語尾と言えば「じゃけん」「じゃぇけ」のイメージが強いですが、この告白の言葉の場合「思っとるじゃけん」とは言いません。主に「~する」のように語尾がラ行の場合は「けん」をつけ「今から行くけん(行くよ・行くから)」のような形で使うのが特徴です。

「げに」は告白ではあまり使わないですが告白を冗談のように取られた場合、キリっと表情を変えて仕切り直し「げに、俺は真剣に思っとるけん付き合ってほしい」と言ったら、女の子は男らしいセリフとギャップにハートを射抜かれてしまいます。

男の子のかっこいい広島弁告白言葉④まいたんび会えるのを楽しみにしょーる

会話する恋人たち

男の子が使うとかっこいい広島弁の告白の言葉4つ目は「まいたんび会えるのを楽しみにしょーる」です。標準語では「毎回会えるのを楽しみにしている」の意味です。「まいたんび」が「毎回」の意味になります。あなたと会えることが楽しみなのだと間接的に好意を示す言葉ならさりげなく使えますし、思いも伝わります。

広島弁で男らしく告白するもの魅力的ですが、モテる男性の要素が備わっていなければ彼女の心も離れて言っちゃいます。女子力に続いて男子力という言葉があることをご存知ですか?男子力について書いてある記事がありますので、女性が男性に求めているものを学んで「ぶちモテる男子」に成長していきましょう!

【番外編】広島が舞台のおすすめの漫画は?

広島が舞台のおすすめ漫画①特徴的な語尾がいっぱいの「カバチタレ!」

Amazonで商品の詳細を見る

広島が舞台のおすすめ漫画その1は「カバチタレ!」です。広島が舞台の漫画と言えば「カバチタレ!」と代表的な漫画であります。広島の行政書士事務所に入社した主人公と仲間たちが様々なトラブルを解決していく物語です。主人公以外の事務所で働く仲間たちはばりばりの広島弁で喋ります。

特徴的な語尾でメジャーな「じゃけん」「じゃけぇ」をはじめたくさん広島弁と、広島の熱くてかっこいい男たちの雰囲気が楽しい漫画です。フジテレビで常盤貴子さんと深津絵里さん、TBSでは櫻井翔さんでドラマ化されているほど人気の漫画なのでぶちおすすめです!

広島が舞台のおすすめ漫画②イントネーションも注目な「この世界の片隅に」

Amazonで商品の詳細を見る

広島が舞台のおすすめ漫画その2は「この世界の片隅に」です。広島と戦争をテーマに描いた作品で、ささやかな幸せから戦時中の激動の時代をたくましく生き抜く主人公すずの姿に胸を打たれる作品です。胸キュンや切ない気持ちや感動がいっぱいの作品なので特に女性におすめです。

時代背景が戦時中なので広島弁で喋る割合が高く、広島弁に興味がある方は漫画を読みながら勉強ができて一石二鳥です。アニメ映画やドラマ化もされているので、広島弁のイントネーションは映像作品から学べます。

広島弁を使いこなしてグッとくる告白をしよう!

手をつなぐカップル

広島弁での告白を紹介しましたが、広島県民でも若い人たちはそんなに広島弁は使わなくなっているので「ぶち」「ばり」や語尾に使う「~じゃけん」「~けん」のような取り入れやすい言葉を使えば自然な広島弁になります。でもあえてがっつり広島弁を取り入れた告白はインパクトがあって記憶にも残りやすいです。

広島弁の男性は男らしく女性はかわいらしく聞こえる特徴を生かし、ご紹介した告白の言葉をご参考に広島弁で彼や彼女の心をグッと掴んでみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。