INDEX

色黒の肌に合うファンデーションの選び方は?

小麦肌のファンデの選び方➀明るい光の下でファンデーションの色を見る

色黒肌や小麦肌の人がファンデーションを選ぶときのコツの一つ目は、明るい光の下でファンデーションの色を見るというものです。暗い光の下では、ファンデーションは普通よりも暗く見えてしまいます。肌色に合わせて買ってきたはずのファンデーションが白浮きしてしまうのは、明るい光の下で色を見ていないからでしょう。

肌が色黒の人は特に、きちんと明るい光の下でファンデーションの色を見極めなければいけません。ドラッグストアでファンデーションを見るときには、窓際の方でテスターを使うなどの工夫をしてみてくださいね。もっとも、デパコスならフロアの明るい光の下で見ることができるので、特に気にする必要はありません。

小麦肌のファンデの選び方②地黒の人はワントーンアップに騙されない

色黒肌や小麦肌の人がファンデーションを選ぶときのコツの二つ目は、ワントーンアップのファンデーションに気を付けるというものです。塗った後に肌色がワントーン上がって見えるものは、ボディとの違いが露になる可能性があります。日焼け肌で顔だけ黒いのなら良いですが、地黒という方は、十分に気を付けてください。

小麦肌のファンデの選び方③暗めの色があるかカラーバリエーションを見る

色黒肌や小麦肌の人がファンデーションを選ぶときのコツの三つ目は、暗め色が多いファンデのブランドを探すというものです。使い心地が気に入っても、黒い色が少ないというブランドでは、肌になじむ色を探すことができません。まずはカラーバリエーションが豊富なブランドを見つけると、がっかりすることが少なくなります。

小麦肌のファンデの選び方④ファンデのタイプも選ぶと浮かない

色黒肌や小麦肌の人がファンデーションを選ぶときのコツの四つ目は、色だけではなく、ファンデーションのタイプにもこだわるというものです。艶が出るものやマットな質感のものなどたくさんありますので、自分の肌に合って、少しでも肌がきれいに見える質感を選びましょう。そうすると、地黒が気にならなくなりますよ。

小麦肌のファンデの選び方⑤暗め肌に合うものがなければ輸入を考えて

色黒肌や小麦肌の人がファンデーションを選ぶときのコツの五つ目は、海外輸入に頼るというものです。現在は、インターネットで買い物をすることができるようになりましたので、簡単に個人で海外から輸入できるようになりました。海外製品は怖いと思われるかもしれませんが、日本展開をしているブランドもありますよね。

海外の化粧品は、日本よりもカラーバリエーションが豊富です。様々な人種の方が入り乱れているため、より多くの方に合うように、様々な色が作られているのです。日本では購入できない暗めの色や黒い色のファンデーションが欲しければ、海外ブランドのホームページを見て、オンラインで購入するのが良いかもしれませんね。

色黒の肌におすすめのファンデーション10選│前半

【色黒】おすすめファンデーション➀シュウウエムラ

色黒肌の方におすすめのファンデーションの一つ目は、シュウウエムラのリキッドファンデーションです。複数の種類があるのですが、どれもすべて11色から13色のカラーバリエーションです。かなり暗めの色もありますし、何より素肌感のある肌馴染みの良さなので、白浮きすることもなく使うことができるはずですよ。

【色黒】おすすめファンデーション②アネッサ

色黒肌の方におすすめのファンデーションの二つ目は、アネッサのパウダータイプのファンデーションです。アネッサといえば日焼け止めというイメージですが、日焼け肌の方のためのフェイスパウダーはかなり黒いため、地黒の方の味方となってくれているのです。特にオークル40は、かなり暗い色で使いやすいですよ。

【色黒】おすすめファンデーション③BOBBIBROWN

色黒肌の方におすすめのファンデーションの三つ目は、BOBBI BROWNのリキッドファンデーションです。BOBBI BROWNのファンデーションは全9色で、暗めの色がそろっているのが特徴ですね。色名に「ウォーム」とついているものは暗めで、オークル系、ナチュラル系と選ぶことができるのが魅力です。

【色黒】おすすめファンデーション④レブロン

色黒肌の方におすすめのファンデーションの四つ目は、レブロンのリキッドファンデーションです。レブロンのリキッドファンデーションは、6色とカラーバリエーションはありません。ですが、一番暗めの色が日焼け肌にはぴったりのサンタンベージュなので、イエローベースの地黒の肌になじみやすい色なのではないでしょうか。

【色黒】おすすめファンデーション⑤メイクアップフォーエバー

色黒肌の方におすすめのファンデーションの五つ目は、メイクアップフォーエバーのリキッドファンデーションです。こちらは何と、21色ものカラーバリエーションがあります。一番黒いのはブラウンで、そのまま塗るのは難しいかもしれませんが、他の色と混ぜると自分にぴったりな色が見つかるのではないでしょうか。

色黒の肌におすすめのファンデーション10選│後半

【色黒】おすすめファンデーション⑥MAC

色黒肌の方におすすめのファンデーションの六つ目は、MACのファンデーションです。色は4色から9色まであります。カラーバリエーションは少なめですが、MACのファンデーションの魅力は質感も様々に種類があるというところでしょう。暗めの色で、質感が変われば肌馴染みの良い色を見つけやすいかもしれません。

【色黒】おすすめファンデーション⑦NARS

色黒肌の方におすすめのファンデーションの七つ目は、NARSのリキッドファンデーションです。こちらは18色のカラーバリエーションですが、極端に黒い色はありません。ですが、暗めの色も豊富にそろっていますし、日焼け肌のトーンのための色も用意されています。絶妙な色合いを探している方にはおすすめです。

NARSのリキッドファンデーションには色々な種類がありますが、このファンデーションについて知りたい方は、ぜひ以下の関連記事をご覧ください。ファンデーションの色について詳しく知ることができますので、暗めの色を探している方にもぴったりですよ。

Small thub shutterstock 401799376
関連記事 NARSのファンデーションおすすめ色11選!口コミや付け方は?

人気のデパコスブランドNARS(ナーズ)のファンデーションについて特集

【色黒】おすすめファンデーション⑧コフレドール

色黒肌の方におすすめのファンデーションの八つ目はコフレドールです。コフレドールのパウダーファンデーションは、暗めのくすんだ色もあるのが特徴です。はっきりとしたブラウンなどではなく、くすみカラーの暗めのファンデーションを探している方は、コフレドールの色合いを試してみると良いでしょう。

【色黒】おすすめファンデーション⑨RMK

色黒肌の方におすすめのファンデーションの九つ目はRMKのリキッドファンデーションです。8色のファンデーションなので、それほど色が豊富にあるわけではありません。ですが、カフェブラウンという茶色があるので、自分好みの色を作るのに適しているでしょう。

単色で見つからなければ、色を作らなければいけないという点は大変ですが、逆に微妙な色でも作ることができるのが魅力なのではないでしょうか。RMKのファンデーションはリキッド意外にもありますので、気になるという方は、ぜひ以下の関連記事をご覧くださいね。

Small thub shutterstock 345666785
関連記事 RMKのファンデーションの違いは?色選びのコツや口コミも

優秀なコスメと手に取りやすい価格のデパコスブランド、RMK(ルミコ)。

【色黒】おすすめファンデーション⑩エスティ―ローダー

色黒肌の方におすすめのファンデーションの十個目は、エスティーローダーのリキッドファンデーションです。こちらは何と25色という色の豊富さなので、小麦肌の方でも黒肌の方でも合う色が見つかるでしょう。ブルーベース、イエローベースに関わらず、選択肢が豊富にあるというのはとても魅力的ですよね。

色黒の人のファンデーションの上手な使い方は?仕上げのコツは?

色黒肌のメイクのコツ➀白めの輪郭部分と黒い首の境目はぼかして薄く

色黒肌のメイクのコツの一つ目は、フェイスラインの部分をぼかすというものです。顔の部分はきちんとスキンケアをしているものですし、化粧の時にはライトを当てているため、地黒の肌よりも少し明るめに見えているでしょう。ですが、首の部分は暗めのままになっているため、その間には色のコントラストができています。

ファンデーションを塗ると肌がきれいに見えますし、そう言った意味でも、フェイスラインにしっかりファンデーションを塗ってしまうと、首との差が大きくなるでしょう。トーンアップ系のファンデを使っているのならなおさら、フェイスラインのぼかしは気をつけなければいけません。しっかり鏡でチェックしてくださいね。

色黒肌のメイクのコツ②コントロールベースは白浮きしないように

色黒肌のメイクのコツの二つ目は、カラーコントロールベースを白浮きさせないようにするというものです。カラーコントロールベースは、肌の色むらを押さえることができ、透明感も与えることができる便利なメイクアップツールです。ただし、これは地黒の人はもちろん、日焼け肌の人などにも注意が必要です。

カラーコントロールベースを顔全体に使ってしまうと、顔だけが白浮きしてしまう可能性があります。ファンデーションを塗る前にカラーコントロールベースを多量に使うのはやめましょう。また、そもそもカラーコントロールベースの色が合わなければ、そこだけ白浮きする可能性もあるので、肌馴染みの良い色を選んでください。

色黒肌のメイクのコツ③黒い日焼け肌にはブロンサーを混ぜて色を調整

色黒肌のメイクのコツの三つ目は、ブロンサーを混ぜるというものです。ブロンサーは肌に日焼けをしたような艶を出してくれるものです。暗めの肌にブロンサーを塗って、さらに黒い肌になってしまったら困ると思ってしまうかもしれませんが、ブロンサーの与える艶は、むしろ暗めの肌色を綺麗に見せてくれますよ。

パウダータイプのブロンサーであれば、ファンデーションを塗って白っぽくなってしまった肌の色を整えるためにも使うことができます。合う色のファンデーションを探すより、ブロンサーを最後に塗った方が肌馴染みが良く見えるという方もいますので、自分の肌色にぴったりのブロンサーを探して見ると良いでしょう。

色黒でも綺麗に見えるファンデーションを選ぼう!

日本においては色白の肌の方が好かれるということもあり、地黒の肌である人や、小麦肌、日焼け肌の人がコンプレックスに感じてしまうこともあるでしょう。コンプレックスを隠すために、トーンアップ系のファンデーションを塗っている方もいるかもしれません。ですが、これでは肌がきれいに見えることはないでしょう。

色黒の肌の方は、できれば自分に合った色のファンデーションを塗って、肌をきれいに見せる方が得です。肌がきれいな人は、色白でも色黒でも魅力的に見えますし、顔が白浮きしているのは不自然で、素敵なメイクとは言い難いからです。おすすめのファンデーションの中から、自分にぴったりのものを見つけてくださいね。

以下の関連記事では、色黒の方にぴったりのアイシャドウの選び方についてご紹介しています。小麦肌の方は、ファンデーションだけではなく、アイメイクでも似合うものが見つからずに困っているのではないでしょうか。少し暗めの肌に映えるようなアイシャドウを、ぜひ見つけてみてくださいね。

Small thub shutterstock 279612911
関連記事 色黒さんにおすすめのアイシャドウ13選!似合う色の選び方も

雑誌では色白向けのメイクが多く、色黒さんに似合うアイシャドウやメイク方

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。