Large thumb shutterstock 515308861

無印良品敷きパッドの口コミは?おすすめのオーガニックコットン商品は?

更新:2021.01.20

シンプルで心地よい肌触りに定評のある無印良品の寝具。寒い時期は特に暖かいベッドが恋しくなりますよね。今回は敷きパッドの口コミを調査しました。実際に使用した感想をもとに、改めて使い方や選び方を見直してみませんか。また、無印で人気のオーガニックコットンを使用したおすすめ寝具もあわせて紹介します。

無印良品の敷きパッドの選び方は?

無印良品の敷きパッドの選び方①素材

無印良品の敷きパッドの選び方1つ目は、素材で選ぶ方法です。敷きパッドとは、敷布団やマットレスの上に敷くもので、主に寝ている間の汗を吸収・発散する役割を持ちます。無印良品で扱う敷きパッド素材は、大きく分けると綿・麻・マイクロファイバーです。それぞれ特徴があり、質感の好みも分かれます。

吸水性や通気性が一番高いのは麻です。ざらざらとした感触で、汗をかいても肌に張り付きにくく、夏でも快適に過ごしやすいといった特徴があります。綿は麻に比べると吸水性は落ちるものの、人気はかなり高め。自然素材ということ、そして何よりもその柔らかな肌触りが好まれる理由です。

マイクロファイバーは合成繊維ですが、綿と同等の吸水力に加え、優れた速乾性が支持を得ています。軽くて暖かいといったメリットもあるため、寒い時期に好まれやすい素材です。季節や使い方に合わせて、好みの感触のものを選んでみてはいかがでしょうか。

無印良品の敷きパッドの選び方②ベッドのサイズに合わせる

無印良品の敷きパッドの選び方2つ目は、サイズで選ぶ方法です。無印良品の敷きパッドサイズは4種類あります。以下の表を参考に、持っているベッドのサイズと照らし合わせてみましょう。

無印良品敷きパッドサイズ表

SS(スモール) 幅:83.00 長さ:200.00
S(シングル) 幅:100.00 長さ:200.00
SD(セミダブル) 幅:120.00 長さ:200.00
D(ダブル) 幅:140.00 長さ:200.00

無印良品の敷きパッド:口コミ人気ランキング5位~3位!

口コミ人気5位:シンカーパイル起毛敷きパッド

View this post on Instagram

コットン100%敷きパッドに新色登場 タオルのようなきもちいい肌触りで良質な睡眠を♪ . . . ずっと触れていたくなるようなサラサラとした肌触りが特徴の敷きパッド。 . 一般的に睡眠中にかく汗は、 およそ「コップ1杯分」といわれています。 . こちらの敷きパッドは、吸水性・吸汗性に優れた天然素材のコットン100%を使用。 . コットンのもつ高い吸水性を活かした肌触りは、 汗ばむ夏はべたつかずさらさら♪ 起毛立ったパイル地で、冬場のヒンヤリ感も少なく、 オールシーズン快適にご使用いただけます。 . . . 『天然素材コットン100% 敷きパッド シングルサイズ』 . . ▼お買い物はプロフィールのURLからアクセスしてください @airrhizome_official . . . #エアリゾーム #エアリゾームインテリア #AirRhizome #interior #interiordecor #インテリア #暮らしを楽しむ #インテリアを楽しむ #インテリアデザイン #ベッド #ベッドカバー #ベッドシーツ #bed #ベッドルーム #敷きパッド #コットン敷きパッド #コットン #天然素材 #キルティング #敏感肌 #安眠 #睡眠 #快眠 #部屋 #マイルーム #bedroom #myhome . . https://www.air-r.jp/products/detail.php?product_id=7461

A post shared by エアリゾームインテリア (@airrhizome_official) on

無印良品の敷きパッド口コミランキング5位は、シンカーパイル起毛敷きパッドです。綿のパイルに起毛を施した、やわらかで暖かい敷パッドです。「ひんやりせず、肌に触れても気持ちが良い」「化繊特有のツルツルや毛玉が苦手なので良かった」「季節の変わり目に使えて良い」といった声が多くありました。

合成繊維に比べると暖かさは若干劣るものの、綿の起毛素材が心地良いと感じている人が多く見受けられます。一方で、「ホコリが舞いやすい」といった辛口な意見もありました。これはシンカーパイル生地ならではの悩みといったところでしょうか。それでもこの質感が好きな人は、一度洗濯をしてから使用しているようです。

シンカーパイル起毛敷きパッド

価格 4,490円~
おすすめ度 ★★★☆☆

口コミ人気4位:あたたかファイバーベロア敷きパッド

無印良品の敷きパッド口コミランキング4位は、あたたかファイバーベロア敷きパッドです。マイクロファイバーを起毛させ、毛足を短くした素材で、薄手なのに暖かいといった特徴があります。「すごく肌ざわりが良く、まるで毛布のよう」「体の下に敷いていても不自然ではない厚み」と、口コミも好感触です。

薄手なので洗濯がしやすいことをメリットに挙げている人も多数いました。しかし、「はじめは冷たく、肌に馴染んでくるのに時間がかかる」といった意見もあるように、真冬の寒い時期には物足りないと感じることもあるようです。秋口の肌寒くなってきた時期など、時期を選んで使うと良いのかもしれませんね。

あたたかファイバーベロア敷きパッド

価格 4,490円~
おすすめ度 ★★★☆☆

口コミ人気3位:麻平織麻わた敷きパッド

無印良品の敷きパッド口コミランキング3位は、麻平織麻わた敷きパッドです。吸・放湿性に優れている麻を表面と中綿に使用しています。表面が少し硬めで、ざらっとした感触が心地よく、湿気の多い夏には特に重宝する素材です。この風合いを好み、寝具はすべて麻で揃えている人もいるほど、麻のファンは多くいます。

「肌あたりが、サラッとひんやりして気持ちいい」「洗濯しても、乾くのが早い」という口コミからも、暑い夏にぴったりだということがわかります。一方、通気性は良いものの、保温性には欠けると言わざるを得ません。冬に向けて暖かい敷きパッドを探しているなら、起毛素材など、厚みのあるものを選ぶと良いでしょう。

麻平織麻わた敷きパッド

価格 7,490円~
おすすめ度 ★★★☆☆

無印良品の敷きパッド:口コミ人気ランキング2位~1位!

口コミ人気2位:あたたかファイバー敷きパッド

無印良品の敷きパッド口コミランキング2位は、あたたかファイバー敷きパッドです。毛足の長いマイクロファイバー生地は空気を含み、じんわりと温かい肌触りになります。4位のあたたかファイバーベロア敷きパッドと素材は同じですが、毛足が長いため、厚みがあってふかふかした触り心地です。

「素肌に触れてもひやりとしにくい」「優しい暖かさが良い。冬の必需品になりました」「ふわふわで寝心地が良い」と、暖かさに満足したという声が多数ありました。ただ、「色にホワイトがあったら良かった」という不満の声もちらほら。近い色ではベージュがありますが、どちらかというと薄茶色といったイメージです。

ほかの色もチャコールグレーとブラウンで、暖かい色味のカラーバリエーションですが、ホワイト派としては残念だったということですね。ホワイトを希望する声は多数あったので、今後の改善にも期待が高まります。

あたたかファイバー敷きパッド

価格 5,490円~
おすすめ度 ★★★★☆

口コミ人気1位:オーガニックコットン洗いざらし敷きパッド

無印良品の敷きパッド口コミランキング1位は、オーガニックコットン洗いざらし敷きパッドです。洗い加工がされているので、肌触りが柔らかく、心地良いとして高く評価されています。自然素材という点では麻の敷きパッドと人気を2分していますが、柔らかさや暖かさを好む人はコットン派が多い傾向です。

「リラックスできるベッドタイムになった」などといった心地よさのほかにも、扱いやすさも高く評価されています。「ふわっとして、洗濯してもすぐ乾く」「洗濯しても縮みにくい」といった声が多くありました。毎日使うものですから、頻繁に洗濯しやすいことは大事なポイントですよね。

オーガニックコットン洗いざらし敷きパッドはカラーバリエーションがなく、生成り、つまり素材そのものの色のみです。色味としてはオフホワイトといったところでしょうか。いわば無印良品のシンボルともいえる生成りの風合いが好きで、愛用しているという人も少なくありません。

オーガニックコットン洗いざらし敷きパッド

価格 2,990円~
おすすめ度 ★★★★★

敷きパッド以外におすすめな無印良品の寝具は?

無印良品のおすすめ寝具①オーガニックコットンボックスシーツ

無印良品のおすすめ寝具1つ目は、オーガニックコットンボックスシーツです。環境に配慮されたオーガニックコットンの寝具ラインナップは8種類。織り方や加工によって風合いや肌触りが違います。なかでも綿本来の肌触りを楽しめる「洗いざらし」タイプは寝具にぴったり合うおすすめ素材です。

オーガニックコットン洗いざらしボックスシーツ

価格 1,990円~
おすすめ度 ★★★★★

コットンは通気性・保温性どちらも適度に備える優れた素材です。シーズン通して使うこともできますし、特に寒い時期は温かい敷きパッドを重ねる使い方もできます。無印良品のシーツについては以下の記事で詳しく紹介しています。自分に合ったシーツを探してみてはいかがでしょうか。

無印良品オーガニックコットンの寝具ラインナップ

オーガニックコットン洗いざらし 洗い加工を施したやわらかな肌ざわり
オーガニックコットンサッカー織 縦に波状のうねりがあり、さらりとした肌触り
オーガニックコットン天竺 Tシャツのような肌ざわり
オーガニックコットンワッフル 凹凸があり、さらりとした肌ざわり
オーガニックコットン混シンカーパイル 吸湿性と清涼感を併せ持つ肌ざわり
オーガニックコットン高密度織 ホテルライクな上質感と滑らかな肌ざわり
オーガニックコットン二重ガーゼ 夏は涼しく、冬は暖かい
オーガニックコットン三重ガーゼ 二重ガーゼよりさらにふっくら

無印良品のおすすめ寝具②暖かい毛布

敷きパッド以外におすすめな無印良品の寝具2つ目は、暖かい毛布です。こちらもラインナップは豊富にあります。なかでもランキング上位を占めるのはいずれも「あたたかファイバー厚手毛布」です。やはり毛布といえば秋・冬をメインに使うことが多いアイテムですから、暖かさを重視した結果といえるでしょう。

あたたかファイバー厚手毛布

価格 4,990円~
おすすめ度 ★★★★☆

多くのユーザーがファイバーの肌ざわりと暖かさを絶賛しています。無印の毛布やタオルケットについて詳しく書かれた記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。季節に合わせてお気に入りの一枚を探してみましょう。

敷パッドの正しい使い方は?

敷きパッドの正しい使い方①シーツの上に敷く

敷きパッドの正しい使い方1つ目は、シーツの上に敷いて使う方法です。敷きパッドはベッドの上、つまり直接寝る部分に装着します。簡単に脱着できるので洗濯がしやすいうえ、シーツ交換の頻度も減って一石二鳥です。寒い時期は特に、このシーツとのダブル使いが功を奏します。

敷きパッドは起毛などの暖かい素材を選び、その下に敷くシーツは通気性の良い素材を選べば、汗をかいても不快に感じにくく、おすすめです。

敷きパッドの正しい使い方②シーツなしで敷く

敷きパッドの正しい使い方2つ目は、シーツなしで敷く方法です。マットレスに直接敷きパッドを装着するか、マットレスとの間に「ベッドパット」という薄いマットを敷いておきます。ベッドパットとは、マットレスに直接汗などがしみ込まないように保護するものです。

敷きパッド自体の吸収能力が優れていれば、シーツもベッドパッドもなしで、マットレスに直接敷ける場合もあります。暑い時期などは優れた涼感素材の敷きパッド1枚あれば、快適に過ごせるというわけですね。敷きパッドの使い方については以下のリンクで詳しく紹介されています。

快眠タイムズ

無印良品の寝具でベッド周りを快適に

無印良品で人気の敷きパッドと、その他のおすすめ寝具を口コミと共に紹介しました。無印で不動の人気を誇るのはオーガニックコットンシリーズの寝具です。しかしながら、寒い時期は保温性の高いマイクロファイバー素材にも人気が集まっています。季節によって適切な素材を選び、素敵なベッドタイムを過ごしましょう。

無印良品の寝具でベッドをコーディネートしてみませんか。以下の記事では、枕についての口コミが紹介されています。大事な睡眠をとるための寝具ですから、よく検討して、ベストな寝具を探してみてはいかがでしょうか。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。