INDEX

元彼から電話がかかってくる原因や心理

元彼から電話がかかってくる原因や心理①やり直したい

やり直したい

元彼から電話がかかってくる原因や心理の1つ目はやり直したいと考えていることです。電話がかかってきた女性の大半はそう考えるでしょう。別れた彼女に急な要件もないのになぜ元彼から電話をかけてくるのかなんて復縁したい以外に思い浮かびません。嬉しいような戸惑ってしまうように複雑な心境です。

あなたも復縁したい気持ちがあれば話も盛り上がってスムーズにいきますが、やはり一度別れてしまった関係なので、なぜ喧嘩になったのか・どこが嫌で離れることになったのかなどしっかり話しあう必要があります。また同じ過ちを繰り返さないためにも洗いざらい打ち明けることも必要です。

元彼から電話がかかってくる原因や心理②恋愛相談をしたい

恋愛相談をしたい

元彼から電話がかかってくる原因や心理の2つ目は恋愛相談をしたい場合です。今まで恋愛関係にいた2人ですので一番お互いのことをわかっているでしょう。元カノ・元彼に恋愛相談をする人は結構多いのです。新しい恋人とうまくいくようにアドバイスを求めています。お互いさまなので真剣に答えてあげましょう。

「別れた恋人は一番の親友」とい人もいます。長年付き合いのある親友よりもお互いの素の部分までわかりあっています。なんでも言える仲なので付き合っていた時には我慢していた部分や、ここは直した方がいい等話してあげましょう。しかし今彼や今カノに見つかってしまうと関係を怪しまれてしまうので注意が必要です。

元彼から電話がかかってくる原因や心理③昔を思い出したから

昔を思い出したから

元彼から電話がかかってくる原因や心理の3つ目は昔を思い出したからかけてくるパターンです。男性と女性は恋愛感覚が違います。女性は別れてすぐは悲しみのどん底にいますが、数日で立ち直れる人もいます。しかし男性は別れた直後はすっきりした心境にいます。その後日が経つごとに実感がわいてきます。

一か月したころに自分を見つめ直しながら「思い切った決断をしたけど後悔」と感じてしまう人も多いようです。昔の思い出に浸りながら、元気にしているかなど気になり元彼から電話してくる時もあります。もちろん過去にとらわれず今までご縁のあった人を大切に思ってかけてくるケースもあります。

元彼からの電話を無視する時のポイント

無視する時のポイント①今彼がいる・モラハラや怖い元カレは無視

今彼がいる・モラハラや怖い元カレは無視

無視する時のポイントの1つ目は今彼がいる・モラハラや怖い元カレは無視することです。もうすでに今彼ができている人はわざわざ連絡を取る必要はありません。もしやり直そうなんて内容の連絡を今彼に知られてしまったら、相手を不快にさせてしまいます。今彼との新しい恋愛を大切にしましょう。

始まりに理由はなくても、終わりには必ず理由があります。どんなことがきっかけで破局に至ったのかは本人たちにしかわかりません。その中でもモラハラがあったり、元彼を怖いと感じて別れを決意した人もいます。必死な思いで関係を解消したのであれば電話は完全に無視しておいた方が無難です。

電話に出ないことが怖くなってしまい無視できない人もいるでしょう。しかしきっかけを作ってしまうとまた深みにはまります。その場は優しく諭してくれるかもしれませんが、すぐに前の関係に逆戻りしてしまいます。心を鬼にしてきっぱり断ち切りましょう。もっと素敵な恋愛を見付けましょう。

無視する時のポイント②友達にも対応してもらう準備をする

友達にも対応してもらう準備をする

無視する時のポイントの2つ目は友達にも対応してもらう準備をすることです。最近はSNSが普及しているので自分からあえて発信していなくても友達からなどいくらでも詮索することができます。元カノに直接連絡する前に友達にリサーチをしてくる男性もいます。その時は友達にも根回しが必要です。

共通の友達がいれば恋愛関係も筒抜けになってしまいます。関係をやり直す気持ちがないのであれば、自分自身が連絡を取らないことはもちろん、友達にもその旨を話しておいてください。友達を味方につけて説得されると断り切れなかったり、なぜか一緒に食事をすることになることもあります。

復縁したい場合の元彼からの電話の対応5選

復縁したい場合の元彼からの電話の対応①なぜ電話したのか相手の話を聞く

なぜ電話したのか相手の話を聞く

復縁したい場合の元彼からの電話の対応の1つ目はなぜ電話したのか相手の話を聞くことです。まずはどう思っているのか、なぜ電話を掛ける心境になったのかをゆっくり聞いてあげましょう。別れるときはお互いの気持ちがぶつかり合うだけで冷静な判断ができていません。お落ち着いて元彼の気持ちを理解するチャンスです。

後悔している、どういうところが嫌で別れることになったのか、やり直すためにはお互いどう変わっていくのかを話しあいましょう。自分ばかり話をしてしまうと電話ではまとまらなくなります。せっかく元彼から電話を掛けてきてくれたのでまずは相手のいいたいことを受け止めてから言葉を返すとスムーズです。

復縁したい場合の元彼からの電話の対応②酔っている状態で話さない

酔っている状態で話さない

復縁したい場合の元彼からの電話の対応の2つ目は酔っている状態で話さないことです。お酒の席だからと言えることもありますが、お酒を飲んでいることによって真剣だと感じてもらえないこともあります。意を決して電話をしてきてくれたのに、お酒に酔っている状態ではまともな話ができません。

酔っているということはその場に誰か同席している場合がほとんどです。復縁したい元彼との大切な電話ですので、にぎやかな場所だと声も聞きにくく話が進みません。それだけでなく酔っていると気が大きくなってしまってなぜか思ってもいないことが口から出てしまうことこともあります。

真剣な気持ちを伝えるためにもお酒が少しでも入っている場合は「今は出先なのでかけ直す」と伝えて改めてこちらから電話をする約束をしましょう。ちゃんとした準備をして話をすることができます。できるだけ電話は1人の時に対応できるのが理想的です。

復縁したい場合の元彼からの電話の対応③近況を報告しあう

近況を報告しあう

復縁したい場合の元彼からの電話の対応の3つ目は近況を報告しあうことです。元彼から電話がかかってかかってきたからといってすぐに復縁の話は避けた方がいいです。まずはお互いの近況を報告しあいましょう。元気だったか、仕事は順調か、今彼・今カノはいるのかなど、とりとめのない話から恋愛に持っていきましょう。

恋人だった2人なので恋愛関係に触れないことはまずないでしょう。「最近いい人できた?」と聞かれたらそれはチャンスです。自分に新しい人ができていないか気になっているわけなので、少し焦らしてもいいですし、素直に答えてもいいでしょう。ちょっと余裕を持って答えるぐらいの気持ちでいてください。

復縁したい場合の元彼からの電話の対応④すぐに会う約束をしない

すぐに会う約束をしない

復縁したい場合の元彼からの電話の対応の4つ目はすぐに会う約束をしないことです。電話をかけてきたからといって元彼も復縁したいと考えている保証はありません。人肌さみしくなった・体だけの関係を求めている可能性高いです。お酒を飲んでいる雰囲気があればますます怪しいと言えるでしょう。

女性もそうですが、男性においてもどんな状況で電話をかけてくるかに心境が現れています。にぎやかな居酒屋などでかけてきた場合は本気だとは考えられません。お酒を飲んで気分が盛り上がったのか、友達にけしかけられていい格好をしたくて掛けてきている可能性もあります。

1人の時間が多くなればなるほど人恋しくなります。そんなとき自分にまだ気持ちが残っている元カノであれば一番の候補にあがってくるでしょう。いくら好きな気持ちを伝えても、体だけの関係になってしまったらもうそれ以上を望むことはできません。自分の価値を下げないように都合のいい女にはならないでください。

復縁したい場合の元彼からの電話の対応⑤自分からかけ直す

自分からかけ直す

復縁したい場合の元彼からの電話の対応の5つ目は自分からかけ直すことです。電話がかかってきて嬉しい気持ちをぐっとこらえて一度は無視したふりをしましょう。あまり喜んですぐに出てしまうと相手の思うつぼになることがあります。「やっぱり俺のことがまだ好き」と思われてしまうのはちょっと悔しいですよね。

どうしても復縁したいと考えている人は特に焦ってしまうでしょう。しかし元彼から電話をかけてきているのですから、相手も必死なのです。電話に気がつかなかったふりをしてこちらから改めてかけ直してください。その時は余裕を持って話ができるように話す内容を考えておいてください。

なぜか女性は愛された方が幸せになると言われますが、男性も追いかけられるより追う方が好きと言われます。うまく連動するような関係になっているようです。尽くすだけではなく男性を転がしてあげるぐらいの感覚でいいのです。追われる女性になれるように自らを磨いていきましょう。

元彼に電話したい時のポイント

元彼に電話したい時のポイント①誕生日にかける

誕生日にかける

元彼に電話したい時のポイントの1つ目は誕生日にかけることです。電話を掛けるタイミングが一番重要です。別れ方や今までの関係性にもよりますので2人にしかわからないこともあります。学生で同じクラスであるとき、社内恋愛の場合であれば毎日顔を合わせるので誕生日など特別な日に連絡を取りましょう。

元々同級生だったり友達関係から発展した人であれば共通の友達がいるので、たまに連絡してもいいでしょう。しかし記念日など付き合っていた時を思い出すような特別な日を選ぶのはやめましょう。お互いの誕生日や、試験を受けることがわかっていたなど相手を思いやる日にかけることをおすすめします。

誕生日を覚えていてくれた、お祝いの言葉をもらって嫌な気分になる人いないでしょう。しかし家族と過ごしている場合もあれば、すぐに新しい彼女ができて2人でお祝いしていることもあります。その可能性があるなら夕方ゴールデンタイムははずしてお昼休みなどにかけるのがいいです。

元彼に電話したい時のポイント②彼女がいないか確認しておく

彼女がいないか確認しておく

元彼に電話したい時のポイントの2つ目は彼女がいないか確認しておくことです。お互いに言えることですが、SNSで簡単に把握することができます。復縁したいときはもちろんですが、男性に電話を掛けるのですから相手の人間関係を壊さないような配慮が必要です。

電話が迷惑にならないか、出てもらいやすい時間などは把握していると思います。しかし会話に入る前に今時間があるか、電話できる状況なのかなどお伺いを立てましょう。恋人関係のときほど相手を縛ることはできません。一般常識として一言添えることでこれからもいいお友達でいることができます。

元彼に電話したい時のポイント③頻繁にかけ過ぎない

頻繁にかけ過ぎない

元彼に電話したい時のポイントの3つ目は頻繁にかけ過ぎないことです。これが一番おさえておいてほしいことです。まずは別れてすぐにかけないことです。2人の関係が破たんしてしまってからあまり時間が経たない間に連絡を取ってしまうと未練あるように感じられます。

別れたすぐの男性は解放感にあふれていて、未練がましいように感じると復縁できる可能性も完全に摘み取ってしまいます。タイミングが大切なのですが、冷却期間は短くても1か月はおきましょう。なぜならお互いが自分を見つめ直す時間が必要だからです。喧嘩別れは特に頭を冷やしておいてください。

付き合っているカップルでも1週間に一回程度しか連絡を取らない人もいます。頻繁な連絡をしてしまうと嫌がる男性は多いので、どうしても電話しないといけない用事を作ってからにしましょう。忙しい彼であれば電話ではなくメールを入れておくのもおすすめです。

気持ちがないのであれば元彼からの電話は完全無視しよう

元彼からの電話は完全無視しよう

別れた元彼からの電話には複雑な心境になるでしょう。もう二度と顔を見たくないと思う人もいれば、復縁できるチャンスかもと心が高鳴る人もいます。電話に出るかどうかは元彼とどういう関係になりたいかで決まります。今彼がいる、気持ちが全くないのであれば完全無視を貫くことが賢明です。

しかしやり直したい気持ちが強いのであればきちっと心の準備をしてから話し合いに望んでください。元彼からかけてきているので相手も復縁を望んでいる可能性があります。感情的にならず余裕を持って話ができることが理想的なので駆け引きができるように準備しましょう。男性心理が知りたい人はこちらの記事もご覧ください。

Small thumb shutterstock 533093401
関連記事 思わせぶりな態度をとる男性の心理とは?気を持たせる素振りやメールも

本命と勘違いさせる行動をとる男性を「思わせぶりな男」だと言いますよね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。