Large thumb shutterstock 305302817

花札のルールとは?簡単なこいこいの遊び方や雨四光の点数も

更新:2019.06.21

日本ならではの遊びである「花札」は12ヶ月の美しい草花が描かれた48枚の札を使って遊びます。その中でも人気の高い「こいこい」のルールを紹介します。遊び方はもちろん役の種類や点数についても紹介します。珍しい役の「雨四光」や「五光」をぜひ狙ってみましょう!

花札の歴史は?

花札の歴史とはそもそも安土桃山時代にさかのぼる

花札やカルタをはじめとするカードゲームが初めて日本に伝来したのは安土桃山時代です。ポルトガルの宣教師によって日本に伝えられました。今の花札やカルタはこの頃にできた「天正カルタ」が元になっています。武士の間で広まり始めたカルタは娯楽の域を超え、賭博に使われるようになります。

カルタが禁止されたことで花札が考案された

カルタが賭博に使われ始めると、幕府はカルタを使用した賭博を禁止するようになります。しかし、なんとかその禁止の目をかいくぐってカルタを楽しみたいと考えた人々は数字や記号を使用しない「花札」を江戸時代頃に作り出します。しかし、すぐに花札も禁止されてしまいます。この禁止令は明治時代初期まで続きます。

禁止されていてもなんとか花札をしたいと考えていた人々は、「花札」の花という字を「鼻」という言葉で表現していました。こっそり花札ができる店には「鼻」が印象的な「天狗のお面」をぶら下げて、暗号として提示していたとも言われます。「鼻をこする」という動作で「花札をしよう」という意味にもしていました。

花札への禁止令が解けて販売・製造が本格的にスタート

明治時代初期まで続いた花札への禁止令はやがて撤廃されます。現在の任天堂である「山内商店」を始めとして様々な花札屋たちが製造・販売をして大ブームを引き起こしました。そのうち花札を始めとするカルタに関税がかけられるようになり、多くの花札屋が店をたたむことになります。

しかし、そこで山内商店だけは生き残ります。なくなっていく花札を守り、製造・販売を続けていったのです。そのうち山内商店は任天堂として大企業になります。そして任天堂の人気キャラクターである「マリオ」とコラボレーションした「マリオ花札」を販売するようになるなど、今なお花札を守り続けているのです。

こちらの「マリオ花札」は昔ながらの花札の絵柄をしっかり守りつつ、人気のキャラクターたちを随所に忍び込ませています。花札を守り抜いた山内商店の精神をしっかり大事にし、それを現代に活かすというこだわりが見受けられますね。子供も大人も見ていて楽しい「マリオ花札」は税込2,700円(定価)です。

花札(こいこい)のルール・遊び方は?

簡単な花札(こいこい)のルール・遊び方①花札を配る

花札(こいこい)のルール・遊び方を紹介します。まずはじめに花札を配っていきます。花札で人気のこいこいは、2人でやる遊びです。そのためまず「親」と「子」を決めていきます。花札を裏向きにして1枚ずつめくります。めくった花札の月が早い方が親です。カス札以外が親、カス札が子というように決める地域もあります。

花札を配るのは親の役目です。子の手札・場・親の手札の順に2枚ずつ配っていきます。この時手札は裏向き、場の花札は表向きにしておきます。手札がそれぞれ8枚ずつ・場の花札が8枚になったら残りの花札は山札として裏向きに置いておきます。4枚ずつ配る地域もあるので、それぞれのやり方で行うようにします。

簡単な花札(こいこい)のルール・遊び方②花札を引いていく

花札(こいこい)のルール・遊び方2つ目は、親から順に花札を引いていきます。まず自分の手札から1枚を場に出します。この時場にある花札と同じ月のものであれば「合札」となり、自分の札になります。面を向けて自分の前に並べておきましょう。合札にならなければ、出した手札は捨てます。

次に山札から花札を1枚引きます。場に同じ月の花札があれば合札として自分の前に置き、なければ引いた花札は捨てます。これで親の番が終わります。次に子の番になり、今やったことと同じことを繰り返していきます。花札の月は草花の種類で見分けることができるので覚えておきましょう。

月別・花札に描かれている草花の種類

1月 松(まつ)
2月 梅(うめ)
3月 桜(さくら)
4月 藤(ふじ)
5月 菖蒲(あやめ)
6月 牡丹(ぼたん)
7月 萩(はぎ)
8月 芒(すすき)
9月 菊(きく)
10月 紅葉(もみじ)
11月 柳(やなぎ)
12月 桐(きり)

何月の花札か分からなくても、「同じ花同士が揃ったら合札になる」と覚えておくといいですね。様々なキャラクターとコラボレーションした花札も多く販売されていますが、どれも描かれている花に変わりはありません。ルールも花札の意味も変わらないので自分のお気に入りの花札で遊ぶのもおすすめです。

花札(こいこい)のルール・遊び方③役が揃ったら「こいこい」か「終了」

花札(こいこい)のルール・遊び方3つ目は、先に役を作った方が勝ちということです。自分の前に並べた合札の役が揃ったら「こいこい」か「終了」を宣言します。「こいこい」は、今できている役よりもさらに大きな役を期待して「次のターンも引く」という選択をすることです。「終了」は「この役で点数をもらう」です。

大きな役を狙って「こいこい」をしても、次の人が役を揃えて「終了」を選択すれば自分は負けることになってしまいます。それぞれ合札は表向きになっているので、相手の札も見つつ考えて「こいこい」をする必要があります。お互いに手札をすべて出し終わっても役が揃わない場合は引き分けとして点数を加算せず終わります。

簡単な花札(こいこい)のルール・遊び方④点数を数える

花札(こいこい)のルール・遊び方4つ目は、点数を数えます。自分の作った役の点数をメモしておきましょう。そして、役ができた方が次の親になります。こいこいはこれを12回繰り返し、最終的な合計点数で勝敗を決めていきます。「こいこい」をしてさらに大きな役を狙うか、無難に点数を重ねていくかがポイントです。

12回繰り返す意味は、花札が「12ヶ月分ある」というところからきています。12ヶ月分、こいこいを繰り返すということです。12回もやるのは長いと感じるなら、3回・6回に縮めてみてもいいですね。ただし3回ならば短期戦になるので、点数の高い役を狙う必要もあります。

相手が「こいこい」をしている最中で、もう一方に役ができ「終了」を選択した場合はその役の点数を2倍にするというルールもあります。また、役の点数が7点以上であれば2倍に計算するというルールもあります。どちらも花札を始める前に取り決めをしておくといいですね。

【前半】花札の役一覧

花札の役一覧①簡単に揃えやすい!「カス」(1点)

花札の役一覧1つ目は、カスです。点数は1点です。カスとは「カス札」と呼ばれる花札を10枚集めると成立する役で、それ以降増えたカス札は1点として数えます。カス札は草花のみ描かれている札のことです。一見点数が低く見られがちですがカス札11枚で2点、17枚だと8点加算されることになる役です。

花札は12ヶ月ごとの花にわかれており、それぞれの月で4枚ずつ札があります。カス札は48枚ある花札の中で半分の24枚を占めます。1番引くことの多い札なので、役も揃いやすく点数も低めに設定されていることになります。

花札の役一覧②他の役と絡めて成立させたい「短冊」(1点)

花札の役一覧2つ目は、短冊です。タンと呼ばれることもあります。点数は1点です。短冊は「短冊札」を5枚集めると成立する役で、それ以降増えた短冊札は1点として数えます。短冊札とは短冊の絵が書かれた札全てを指します。後ほど紹介する「赤短」「青短」と絡めて狙う人の多い役です。

短冊札の名前一覧

  • 松に赤短
  • 梅に赤短
  • 桜に赤短
  • 藤に短冊
  • 菖蒲に短冊
  • 牡丹に青短
  • 萩に短冊
  • 菊に青短
  • 紅葉に青短
  • 柳に短冊

花札の役一覧③動物の絵が特徴的な「タネ」(1点)

View this post on Instagram

花猫札 芒に雁 #花札

A post shared by ナントカ花札鑑賞会 (@hanafudamania) on

花札の役一覧3つ目は、タネです。点数は1点です。タネは「10点札」を5枚集めると成立する役で、それ以降増えた10点札は1点として数えます。10点札は「動物・杯・物体」が描かれています。「鶴・鳳凰・人」の描かれた札は20点札なので混同しないよう注意します。

10点札の名前一覧

  • 梅に鶯(うぐいす)
  • 藤に鶯(うぐいす)
  • 菖蒲と八橋(やつはし)
  • 牡丹に蝶
  • 萩に猪
  • 芒に雁(がん)
  • 菊に盃
  • 紅葉に鹿
  • 柳に燕(つばめ)

花札の役一覧④知名度の高い「猪鹿蝶」(5点)

花札の役一覧4つ目は、猪鹿蝶(いのしかちょう)です。点数は5点です。猪鹿蝶は名前の通り「猪・鹿・蝶」の描かれた札を集めるとできる役です。10点札が1枚増えるごとに、1点が加算されていきます。花札の役の中でもかなり知名度が高く、タネを狙いつつ猪鹿蝶を揃えるという人も多い役です。

花札の役一覧⑤美しい役として有名な「赤短」(5点)

花札の役一覧5つ目は、赤短です。点数は5点です。赤短は「文字入りの赤い短冊が描かれた札」を3枚集めると成立する役で、それ以降に増えた他の短冊札は1点として数えます。先ほど紹介した1点の役である短冊と合わせて狙いたい役です。花札の役の中でも美しい役として知られています。

花札の役一覧⑥短冊と一緒に狙いたい「青短」(5点)

花札の役一覧6つ目は、青短です。点数は5点です。青短は「青の短冊札」を3枚集めると成立する役で、それ以降に増えた他の短冊札は1点として数えます。短冊の役を狙いつつ作ることのできる役で、赤短・青短・短冊の3つが揃えばかなりの点数を得ることができます。なかなか難しいですが、狙ってみたい役ですね。

【後半】花札の役一覧

花札の役一覧①比較的揃えやすい「三光」(5点)

View this post on Instagram

花猫札 芒に月 #花札

A post shared by ナントカ花札鑑賞会 (@hanafudamania) on

花札の役一覧1つ目は、三光です。点数は5点です。三光は「雨以外の20点札」を3枚集めると成立する役です。雨の札とは、傘をさした男性が描かれている「柳に小野道風」の札です。これ以外の20点札「松に鶴」「桜に幕」「芒に月」「桐に鳳凰」の中から3枚あれば三光という役になります。

花札の役一覧②こいこいして狙いたい「雨四光」(7点)

花札の役一覧2つ目は、雨四光です。点数は7点です。雨四光は「雨の札を含めた20点札」を4枚集めると成立する役です。雨四光は、「柳に小野道風」の札がないと成立しないので覚えておきましょう。先ほど紹介した三光に、雨の札が揃えば成立するので「こいこい」して狙ってみてもいいですね。

花札の役一覧③なかなかお目にかかれない「四光」(8点)

花札の役一覧3つ目は、四光です。点数は8点です。とても点数が高い役です。四光は「雨の札を含めない20点札」を4枚集めたら成立する役です。「柳に小野道風」の札があれば「雨四光」、なければ「四光」になります。先ほど紹介した「雨四光」同様、三光の役ができたらぜひ「こいこい」して狙いたい役ですね。

花札の役一覧④高得点だがリスクが伴う「五光」(10点)

花札の役一覧4つ目は、五光です。点数は10点です。1番点数の高い役ですが、なかなか揃わない珍しい役として知られています。五光は「20点札」を5枚集めて成立する役です。四光の役ができて、さらに「こいこい」をして運が良ければ揃う役です。しかし、負けてしまうリスクも背負っています。

20点札の名前一覧

  • 松に鶴
  • 桜に幕
  • 芒に月
  • 柳に小野道風
  • 桐に鳳凰

花札の役一覧⑤月見で一杯(5点)

花札の約一覧5つ目は、月見で一杯です。点数は5点です。こいこいをする際、この役は入れても入れなくても構わないと言われているので事前に決めておくといいですね。月見で一杯は「芒に月」と「菊に盃」の2枚で成立する役です。風情溢れる役で、美しさが魅力的です。

花札の役一覧⑥花見で一杯(5点)

花札の役一覧6つ目は、花見で一杯です。点数は5点です。この役も先ほど紹介した「月見で一杯」と同様に事前に役として入れるか入れないか決めておきましょう。花見で一杯は「桜に幕」と「菊に盃」の2枚で成立する役です。日本の風景らしい風情溢れる役なので、月見に一杯と合わせて揃えるととても美しいですね。

花札の役一覧⑦特別な札・菊に盃

花札の役一覧7つ目は、特別な札である「菊に盃」について紹介します。10点札である「菊に盃」は、カス札の代わりとしても使うことができます。カス札9枚に「菊の盃」が1枚あれば、それで「カス」の役が成立するので覚えておきましょう。このルールを適用するかどうかも花札を始める前に決めておきましょう。

花札(こいこい)が遊べるおすすめのアプリは?

花札(こいこい)が遊べるおすすめのアプリ①初心者向け定番花札ゲーム

花札(こいこい)が遊べるおすすめのアプリ1つ目は、初心者向け定番花札ゲームです。初心者の方でも気軽に花札を始められるアプリです。ルールも分かりやすく説明してくれます。いつでも役一覧を確認できるので、役を覚えてなくてもこいこいを楽しむことができます。

対戦相手はコンピューターで、強さを調節できるのも嬉しいポイントです。映像も綺麗で操作も分かりやすいので、実際に花札をやる前のトレーニングとしても活用できます。隙間時間の暇つぶしにもぴったりです。ですがこちらは、Androidのみの対応なのでiPhoneの方は以下で紹介するアプリをお試しください。

花札アプリ 初心者向け定番花札ゲーム
花札アプリ 初心者向け定番花札ゲーム
花札アプリ 初心者向け定番花札ゲーム
開発元:Cross Field Inc.
posted withアプリーチ

花札(こいこい)が遊べるおすすめのアプリ②花札MIYABI

花札(こいこい)が遊べるおすすめのアプリ2つ目は、花札MIYABIです。とにかく綺麗な映像で花札を楽しみたいという方におすすめのアプリです。今までの累計ダウンロード数も130万回を超える人気の花札アプリになっています。また、連勝数を重ねると浮世絵をコレクションすることができる楽しみもあります。

連勝数を重ねて浮世絵をコレクションできるだけでなく、自分自身のランクも上がっていきます。連勝数や浮世絵のコレクション数は全国のユーザーとランキングで競うこともできるので、楽しみが盛りだくさんのアプリですね。綺麗な映像で再現された花札の絵にもうっとりすること間違いなしです。

花札MIYABI
花札MIYABI
花札MIYABI
開発元:Sorairo,inc.
posted withアプリーチ

花札(こいこい)が遊べるおすすめのアプリ③花札Online

花札(こいこい)が遊べるおすすめのアプリ3つ目は、花札Online(オンライン)です。全国の花札ユーザーと対戦をすることのできるアプリです。演出も綺麗で、対戦画面がとても華やかなのも特徴です。スタンプ機能があるため、対戦相手とスタンプでやり取りができるというのもオンラインならではの楽しみ方ですね。

獲得した点数を競うランキング機能もあるので、オンライン対戦だけでなく全国のユーザーと点数で競うことも出来ます。友達同士で合言葉を設定すれば、友達と対戦することも可能です。対戦したユーザーとも、友達登録をすれば何度も対戦することができます。よりリアルな花札を楽しみたい人におすすめです。

花札Online
花札Online
花札Online
開発元:Sorairo,inc.
posted withアプリーチ

花札のルールを知らない人におすすめの書籍は?

おすすめの書籍①マンガで覚える図解花札の基本

花札のルールを知らない人におすすめの書籍1つ目は「マンガで覚える図解花札の基本」です。この本の特徴は「子供でも理解しやすい」という点です。漢字にはふりがながついており、マンガを読み進めて花札の知識を深めていきます。小学校低学年の子供でも花札のルールを知り、遊ぶことができるようになります。

花札の絵柄が全てフルカラーで載っているので、実際の花札と見比べても分かりやすいのもポイントです。また、今回紹介した「こいこい」だけでなく「花あわせ」「八八」「おいちょかぶ」「京かぶ」「引きかぶ」「きんご」といった遊び方も紹介されています。こいこいだけでない花札の遊び方も広げることができますね。

花札のルールを知ることができるだけでなく、ルールを知って遊べるようになった後も新しい遊び方に挑戦することができるため家族みんなで楽しめる一冊になっています。価格は単行本で税込469円(定価)、ソフトカバー付きで税込1,382円(定価)です。

おすすめの書籍②花札をはじめてやる人の本

花札のルールを知らない人におすすめの書籍2つ目は「花札をはじめてやる人の本」です。花札のルールを知らない初心者の方はもちろん、ある程度知識がある人でもじっくり読める一冊です。「こいこい」や「花合わせ」はもちろん、15種類もの遊び方について解説されています。

また、遊び方だけではなく「花札で使用される用語の解説」「花札をする際の約束事」にまで触れられています。更には花札のイカサマについても書いてあるので、様々な花札の知識を深めることができます。大人にぜひ読んでほしい一冊です。価格は税込1,080円(定価)です。

花札の「こいこい」で遊ぼう!

日本の遊びの一つでもある花札の遊び方や役の種類を紹介しました。人気の「こいこい」はぜひ覚えておきたい遊び方の1つです。特に年配の方であれば遊び方を知っている人も多いので、お正月などに子供と祖父母が遊ぶきっかけを花札によって作ることもできます。それぞれの絵も美しく、素敵なものばかりですよね。

「こいこい」は遊び方も簡単で、子供も大人もすぐに楽しむことができます。簡単でありながらもどちらが先に役を成立させることができるか、より高い点数を得ることができるかというスリルも味わうことができる奥深いゲームでもあります。ぜひ遊び方を覚えて、花札に親しんでみてくださいね!

花札の他にも面白いカードゲームはたくさんあります。中でも人気なのはトランプゲームですね。こいこいのように2人で遊べるトランプゲームをこちらの記事で紹介しているのでぜひ読んでみてください。また、お正月にやることも多い花札のように定番のお正月遊びについても紹介しています。合わせて読んでみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。