INDEX

軽い筋トレとハードな筋トレの違いは?

軽い筋トレとハードな筋トレの違い①毎日できる

女性

軽い筋トレとハードな筋トレの違い1つ目は「毎日できる」ことです。ハードな筋トレは毎日出来ないような過酷メニューを行い、軽い筋トレは毎日でも簡単にでき、確実に筋力を付けたりダイエットに向いている程度の筋トレを行います。

人によってはハードな筋トレも毎日こなすという方もいますが、軽い筋トレは筋トレしたことのない人でも、簡単に毎日続けることができるようなメニューとなっています。

軽い筋トレとハードな筋トレの違い②筋肉痛にならない

女性

軽い筋トレとハードな筋トレの違い2つ目は「筋肉痛にならない」ことです。筋トレをすることは筋肉痛になるというイメージが付いていますが、気イントレをして筋肉痛になるのは、ハードな筋トレを行うからです。軽い筋トレなら筋肉痛になることはありません。

軽い筋トレとハードな筋トレの違いを見分けるには、トレーニングメニューでも見分けがつきますが、筋肉痛にならない程度の筋トレをするということも、軽い筋トレとハードな筋トレの違いを見分ける方法の一つです。

軽い筋トレとハードな筋トレの違い③身体に大きな負荷がかからない

女性

軽い筋トレとハードな筋トレの違い3つ目は「身体に大きな負荷がかからない」メニューをする筋トレです。軽い筋トレは身体に大きな負荷がかからない筋トレメニューを行います。反対にハードな筋トレは、重たいダンベルや器具などで筋肉に負荷を掛けながら鍛えるメニューを行います。

軽い筋トレとハードな筋トレの違い④ダイエット目的か筋力増量目的

女性

軽い筋トレとハードな筋トレの違い4つ目は「ダイエット目的か筋力増量目的」です。軽い筋トレとハードな筋トレの大きな違いを見つけるのは難しいですが、目的の違いを考えると軽い筋トレとハードな筋トレの違いが分かります。

ダイエット目的に行う筋トレは筋力増強に行うメニューではないので、無理のないメニューとなっています。筋力増量目的ならばキツイハードメニューを行います。

毎日できる軽い筋トレのメニューは?

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー①腹筋

女性

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー1つ目は「腹筋」です。腹筋は筋トレ器具などいらず、筋トレできるスペースがあれできるトレーニングメニューです。腹筋自体は簡単ですが、数を重ねると実はかなりキツイトレーニングメニューとなっています。

また、腹筋は方法によって「腹直筋」「外腹斜筋」「内腹斜筋」「腹横筋」の大まかに分けて四つの金幾が鍛えることができます。筋トレに詳しくない人でも良く知っているノーマルの腹筋では、腹直筋を鍛えることができます。

鍛える腹筋によってシックスパックやくびれなどを作ることができます。シックスパックなどは腹直筋を鍛えることができます。くびれを作りたいという方は外腹斜筋を鍛えるトレーニングは避けましょう。外腹斜筋を鍛えることによってくびれ部分に筋肉が付き、くびれができなくなります。

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー②腕立て伏せ

女性

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー2つ目は「腕立て伏せ」です。腕立て伏せは腹筋同様場所や器具のいらないお手軽にできる自重トレーニングです。腕立て伏せは簡単にでき、筋力のない方でも続けることができます。

筋力がないという筋トレ初心者の方は5回3セットを行いましょう。慣れてくれば10回3セットなど、自分のできる範囲で回数を増やしていきましょう。ただし、無理にするのはやめておきましょう。手首に負荷がかかりケガの恐れがあります。

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー③スクワット

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー3つ目は「スクワット」です。スクワットは有酸素運動よりも効率よく痩せることが出来る筋トレの王さまと呼ばれている、筋トレには欠かせないメニューとなっています。

筋力のないスクワットを初めての方には回数を多くこなすのは厳しいので初めは、15回3セットなどがおすすめです。慣れてくれば腕立て伏せ同様に回数を増やしていきましょう。スクワットは正しい方法で行わなくては膝を痛めることとなる意外と危険なトレーニングとなっています。十分に注意しましょう。

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー④懸垂

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー4つ目は「懸垂」です。懸垂は筋力なある人がするイメージの強いトレーニングメニューと思われていますが、実は初心者でもできる内容となっています。懸垂を1回するだけでもかなりの負担が腕にかかるので、ダイエット目的なら多くの回数は必要ありません。

懸垂をダイエットメニューに加えたいという方で、筋力がないという方や自信がない方は3回3セットがおすすめです。かなりきつくて初めは身体が上がらないと思いますが、毎日積み重ねることで、身体を持ち上げることが出来るようになります。

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー⑤ステップアップ

女性

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー5つ目は「ステップアップ」です。ステップアップは階段や段差を使った簡単トレーニングメニューです。ステップアップは筋力アップを目的としたトレーニングではなく、ダイエットなどの目的の人におすすめです。

ステップアップは階段や段差を昇り降りするだけの簡単メニューで、誰でもできることですが、意外と続けることが難しい内容です。ステップアップを行うだけで太もものシェイプアップやお尻の筋肉を鍛えることが出来る、女性には嬉しいトレーニングメニューとなっています。

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー⑥腹筋ローラー

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー6つ目は「腹筋ローラー」です。腹筋ローラーは初心者には難しいと言われているトレーニングメニューですが、実は必要なのは筋力ではなくコツです。コツをつかむだけで、筋力のない方でも効率よく鍛えることが出来るメニューです。

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー⑦ダンベルカール

女性

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー7つ目は「ダンベルカール」です。ダンベルカールはダンベルを使用して行うトレーニングです。ダンベルカールはダンベルを持ち腕を折り曲げるだけの筋トレに詳しくない方でも知っている方法です。

ダイエット目的で行う方がダンベルカールを行う場合のおすすめの回数は、10回3セットがおすすめです。ただし、重たいダンベルではなく軽めのダンベルを使用しましょう。ダイエット目的の方なら2㎏までのダンベルがおすすめです。もしダンベルがないという方は、500mlペットボトルに水を入れて使用しましょう。

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー⑧スーパーマン

毎日できる軽い筋トレで痩せるダイエットメニュー8つ目は「スーパーマン」です。スーパーマンは名前の通りスーパーマンのポーズで行うトレーニングです。見た目や名前は効果がありそうには感じないメニューですが、続けることでかなり効果があります。

ダンベルなどの器具がなかったり、腕立て伏せやスクワットといったトレーニングが出来ないという方は、柔らかく安定した場所で、スーパーマンをしましょう。スーパーマンは全身に効果のあるトレーニングですので、ダイエット目的の方にはおすすめです。

痩せるために軽い筋トレと合わせてやりたいことは?

痩せるために軽い筋トレと合わせてやりたいこと①有酸素運動

女性

痩せるために軽い筋トレと合わせてやりたいこと1つ目は「有酸素運動」です。有酸素運動は筋トレは筋力を着あることが出来るトレーニングですが、無酸素運動だけでは痩せるには難しいものがあります。筋トレで痩せるダイエットを効率よく行うには有酸素運動が必要となってきます。

体力に自信があり走るのが得意という方は、ランニングがおすすめですが、走ることが苦手という人は、無理のないジョギングや水中ウォーキングがおすすめです。

痩せるために軽い筋トレと合わせてやりたいこと②食事制限

女性

痩せるために軽い筋トレと合わせてやりたいこと2つ目は「食事制限」です。筋トレだけ行い全く痩せないという方に多いのが、筋トレしているからと言い、筋トレで消費したカロリー以上に摂取してしまうことで、痩せることなく、太ってしまいます。

筋トレで痩せたいという方には食事制限も必要です。食事制限ダイエットは食事量を抑えるだけの無理のない方法です。食事量を制限することによって、健康的にダイエットを成功させることができます。

痩せるために軽い筋トレと合わせてやりたいこと③炭水化物抜きダイエット

女性

痩せるために軽い筋トレと合わせてやりたいこと3つ目は「炭水化物抜きダイエット」です。食事制限ダイエットがキツイという方におすすめするのが、炭水化物抜きダイエットです。食事をする中で1番体系に影響するのが、炭水化物です。炭水化物を抜きいつも通りの食事を行うだけでも十分な効果が見えます。

炭水化物抜きダイエットは、他のダイエットメニューに比べるととても楽にできる内容となっています。簡単に楽して健康的に痩せたいという方は炭水化物抜きダイエットがおすすめです。

痩せるために軽い筋トレと合わせてやりたいこと④ストレス解消

女性

痩せるために軽い筋トレと合わせてやりたいこと4つ目は「ストレス解消」です。太ってしまう原因に大きく影響しているのがストレスです。ストレスが影響で太ってしまう人にとっては、ストレスがあることで痩せにくくなってきます。

いつもしない筋トレは軽いトレーニングメニューといってもストレスとなる場合があり、ストレスで痩せることが難しくなることもありますので、軽い筋トレでダイエットを行い時はストレスフリーな環境を作りましょう。

痩せる軽い筋トレメニューを知ろう

軽い筋トレとハードな筋トレの違いや痩せることのできる簡単トレーニングメニューなどは参考になったでしょうか。筋トレでダイエットを行いたいと思う方は、厳しいトレーニングメニューは必要ありません。日頃のカロリーを消費できるだけの内容を行い続けることが重要となってきます。

Small thumb shutterstock 242603446
関連記事 筋トレをするタイミングはいつ?食事法12選!プロテイン/亜鉛/頻度

男性のイメージがある筋トレですが美しい身体を作るのに効果的です。適切な

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。