INDEX

インスタおばさんとは?

インスタグラムは30代、40代以降のおばさんのSNSツールに大変身

インスタグラムは30代、40代以降のおばさんのSNSツールに大変身

ニールセンの調べでは2017年時点で29歳以下の女性インスタグラムユーザーは360万人、30歳以降は600万人以上と30歳以降のいわゆる中高年世代が若者をはるかに追い越していて、今やインスタグラムは30代、40代以降のおばさんのSNSツールといっても過言ではありません。

というのもインスタグラムは特に友達同士申請のようなものが必要なわけではなく、日常の写真を投稿し、キーワードのみで写真や投稿を共有できる、つまり年代を特定しない不特定多数の人と手軽につながれるツールのため、はじめてスマホを使う中高年の方でも簡単に楽しめることが主な要因だと思われます。

以下の記事でインスタグラムの活用方法や使い方、検索機能についても詳しく紹介されているのでインスタグラムを使ってみたいと興味をお持ちの方はこちらの記事も参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 640790998
関連記事 インスタグラムの活用方法や使い方は?Instagramの検索機能も!

あなたはインスタグラムを上手に活用できていますか?今回は、今やコミュニ

インスタおばさんとは「痛い」投稿をするおばさんインスタ女子

インスタおばさんとは「痛い」投稿をするおばさんインスタ女子

では、インスタおばさんとはこういった30歳以降の中高年インスタ女子をすべてインスタおばさんと呼ぶかというと、そうではありません。インスタおばさんと呼ばれるのは30代、40代以降の「痛い」投稿をするインスタ女子のことをおもしろおかしく揶揄して「インスタおばさん」と呼ぶのです。

インスタおばさんの痛い投稿の特徴8つ

インスタおばさんの痛い投稿の特徴①アプリを駆使した自撮り

インスタおばさんの痛い投稿の特徴①アプリを駆使した自撮り

インスタおばさんの痛い投稿の特徴の1つ目は、「アプリを駆使した自撮り」です。最近は無料アプリで写真を簡単に加工できるようになりました。例えば動物の耳やひげを付ける、面白い髪形にする等様々なアプリがあります。自撮り加工写真を若者が投稿すると「可愛い」、おばさんが投稿すると「痛い」になってしまいます。

この他にも、「美肌効果」や「デカ目機能」「小顔機能」など美しく見せるための加工するアプリもあります。こういったアプリを駆使した自撮り写真を投稿すると「若作りが痛々しい」、「痛い」投稿認定されてしまうようです。自撮り写真は若者がやってこそ可愛げがあるので大人の女性は控えたほうがよさそうです。

写真加工の無料アプリについては以下の記事で詳しく紹介されていますので、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。

インスタおばさんの痛い投稿の特徴②流行のファッションでの自撮り

インスタおばさんの痛い投稿の特徴②流行のファッションでの自撮り

インスタおばさんの痛い投稿の特徴の2つ目は、「流行のファッションでの自撮り」です。若者に人気の流行のファッションに身を包んで流行りのメイクを施して自撮り写真を投稿、似合っていればよいのですが、得てして若者に人気のファッションやメイクは若者に似合うように作られています。

想像してください。40代の女性がミニスカートや胸元の大きくあいた服を着ていたら、若者さながらのメイクをしていたらどう感じますか?実際、違和感を感じる方が多く「若作りが痛々しい」「自分の母親と同じ年齢の人が自分と同じ格好しているのは気持ちが悪い」など辛辣な意見が勢ぞろいです。

過度におばさんっぽい恰好やメークをする必要はありませんが、年相応の恰好というものがあります。年相応の恰好で美しさを追及するほうがよっぽど潔く好感がもてます。

インスタおばさんの痛い投稿の特徴③ママの家族自慢

インスタおばさんの痛い投稿の特徴③ママの家族自慢

インスタおばさんの痛い投稿の特徴の3つ目は、「ママの自分や家族自慢」です。子育てママは子育てに追われていることが多いので、なかなかゆっくり自分の趣味に没頭したり、友達とおしゃべりしたりとストレスを発散する機械がありません。そこで有効なのがインスタグラムをはじめとしたSNSです。

しかし、これが自慢になると話は別です。よくあるのが子供の写真投稿です。「子供の入学式~」といって有名校の制服を着た姿を投稿したり、「発表会」といってオリジナルの凝ったドレスを投稿したり、「結局何が自慢したいの?子供が成績優秀ってこと?子供の洋服?」と反感が出ること間違いなしです。

他にも、「DIYで棚を作りました」という投稿で棚の上に置かれているブランドバッグばかりが目立ったり、「旦那様からのプレゼント」と高級レストランやブランドものを投稿するのも「金持ち自慢?」などと反感をかい、「痛い」認定されてしまうので、基本的に自慢は投稿しないことをお勧めします。

インスタおばさんの痛い投稿の特徴④謎のハッシュタグ

インスタおばさんの痛い投稿の特徴④謎のハッシュタグ

インスタおばさんの痛い投稿の特徴の4つ目は、「謎のハッシュタグ」です。インスタグラムの特徴である#ハッシュタグですが、このハッシュタグは非常に重要になります。ハッシュタグの後ろのキーワードをもとにほかのユーザーと写真を共有したり、ハッシュタグの後ろのキーワードで検索されることが多いからです。

しかし、インスタおばさん達はこのハッシュタグがうまく使えません。例えば、#今日は同期会#まさかの鉄板焼き#高すぎでしょ#まぁいいか、自分へのご褒美、といった感じに「ハッシュタグにする意味あるの?」と思ってしまうような文章になってたりします。

またハッシュタグで凝りすぎてド滑りしているケースも多々あるようです。ハッシュタグの付け方はセンスが問われるので気を付けましょう。

インスタおばさんの痛い投稿の特徴⑤彼氏とのラブラブ写真

インスタおばさんの痛い投稿の特徴⑤彼氏とのラブラブ写真

インスタおばさんの痛い投稿の特徴の5つ目は、「彼氏とのラブラブ写真」です。キスしている写真やプリクラ写真など若者の投稿でもイラッとするのにそれがおばさんとなればNG間違いなしです。誰がおばさんのイチャイチャ写真を見たいと思うでしょうか。

恋は盲目といいます。彼氏ができてうれしいのもわかりますが、大人の女性であれば、節度をもって浮かれすぎないことをお勧めします。

インスタおばさんの痛い投稿の特徴⑥年齢にそぐわない行動の投稿

インスタおばさんの痛い投稿の特徴⑥年齢にそぐわない行動の投稿

インスタおばさんの痛い投稿の特徴の6つ目は、「年齢にそぐわない行動の写真」です。例えば、激安飲み放題の居酒屋でどんちゃん騒ぎしている写真だとか、ファーストフードにいる写真を投稿するなどです。もちろん、激安飲み放題やファーストフードに行ってはいけない、といっているわけではありません。

しかし、大人の女性のイメージは「品がある」「スマートで格好いい」です。30代や40代の大人が若者さながらの行動をしてこのイメージを崩すような投稿をすると「大人のくせに何やってるの?」「若者ぶってバカみたい」と反感を買ってしまいます。痛い投稿をしないためにはこのイメージを崩すような投稿を避けましょう。

インスタおばさんの痛い投稿の特徴⑦自作ポエムを載せて投稿

インスタおばさんの痛い投稿の特徴⑦自作ポエムを載せて投稿

インスタおばさんの痛い投稿の特徴の7つ目は、「自作ポエムを載せて投稿」です。インスタグラムの機能で写真にテキストを載せて投稿することもできます。きれいな風景写真を撮って思わず気分がノッテしまいポエムを載せるという行為に至ったのでしょう。

一見クリエイティブに見えますが、あくまで自己満足に過ぎず30代や40代のいい大人がやると「精神年齢が低そう」「自分に酔ってそう」という風にみられ、これまた「痛い」認定されてしまうのです。

インスタおばさんの痛い投稿の特徴⑧個人情報を流出する

インスタおばさんの痛い投稿の特徴⑧個人情報を流出する

インスタおばさんの痛い投稿の特徴の8つ目は、「個人情報を流出する」です。例えば、「近所を散歩」と自撮りした写真に住所が特定できる情報が移っていたり、友人の個人情報をコメント欄に記載したりと、軽い気持ちの投稿にも個人情報が映りこんでいる可能性があります。

個人情報が犯罪につながる現代社会です。女性の場合は、特にストーカー被害などにもつながります。個人情報の流出には十分気を付けないといけません。

痛い投稿をしないために気をつけたいこと4つ

痛い投稿をしないために気をつけたいこと①若者の真似をしない

痛い投稿をしないために気をつけたいこと①若者の真似をしない

痛い投稿をしないために気をつけたいことの1つ目は、「若者の真似をしない」です。前章の「インスタおばさんの痛い投稿の特徴」でもご紹介しましたが、若者さながらの行動をすると「痛い」ととられます。「インスタおばさんの痛い投稿の特徴」の1つ目、2つ目と6つ目がこれです。

あくまで大人のイメージは「品がある」「スマートで格好いい」というものであるということを忘れず、若者さながらの自撮り写真は控え大人の節度をわきまえこのイメージからはずれない範囲での投稿を心がけましょう。

痛い投稿をしないために気をつけたいこと②自慢をしない

痛い投稿をしないために気をつけたいこと②自慢をしない

痛い投稿をしないために気をつけたいことの2つ目は、「自慢をしない」。「インスタおばさんの痛い投稿の特徴」の3つ目と5つ目がこれに相当します。基本的に人の自慢というのは見ていて気持ちいいものではありません。まして分別のあるいい大人です。いつでも謙虚な気持ちでインスタグラムを楽しみましょう。

痛い投稿をしないために気をつけたいこと③いいねのために行動しない

痛い投稿をしないために気をつけたいこと③いいねのために行動しない

痛い投稿をしないために気をつけたいことの3つ目は、「いいねのために行動しない」です。「インスタおばさんの痛い投稿の特徴」の4つ目のハッシュタグはこれに相当します。ハッシュタグを謎に長くして検索に引っ掛けてもらおうという発想が根底にあるのです。

また、最近よく見る光景ですが、インスタ映えするところにわざわざ出向いていって写真を撮るというのもこの「いいねのための行動」の一つです。「たまたま行った場所の光景が素敵だったので写真を投稿した」、ですとか「おいしいものを見つけたので投稿した」であればよいのです。

しかし、インスタ映えする場所に30代、40代のいい大人が行って若者に交じってインスタ映えする写真をとってそれを投稿するというのは「痛い」ですね。

痛い投稿をしないために気をつけたいこと④個人情報を流出しない

痛い投稿をしないために気をつけたいこと④個人情報を流出しない

痛い投稿をしないために気をつけたいことの4つ目は、「個人情報を流出しない」です。これは、知らず識らずのうちにやってしまっている可能性があります。「インスタおばさんの痛い投稿」の8つ目がこれに当たります。

自分の情報の流出はもちろんですが、他人の情報を流出してしまっている可能性もあります。インスタグラムは特に自分の友人だけではなく、不特定多数の人がみるので個人情報の流出には細心の注意を払うようにしましょう。

痛い投稿に気を付けて脱インスタおばさんでインスタグラムを楽しみましょう

以上、インスタおばさんの特徴や痛い投稿をしないための注意点をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。元来インスタグラムは手軽に楽しめて、色々な情報を不特定多数の人と楽しめるとても便利で楽しいツールです。楽しく使ってインスタグラムライフを楽しみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。