Large thumb shutterstock 387570406

ベースメイクはメディアの下地がいい?!化粧崩れなしのおすすめ下地10選

更新:2019.06.21

綺麗な仕上がりになると評判のメディアのベースメイクはもう試してみましたか?化粧崩れしないと噂の化粧下地や、色白の肌に見せてくれるフェイスパウダーなどメディアには優秀なベースアイテムがたくさんあるんです!今回はメディアでおすすめのベースメイクアイテムを紹介しますので、ぜひチェックしてください。

メディアの下地がおすすめな理由って?

メディアのベースメイク・化粧下地の魅力①プチプラなのに崩れない!

魅力1

メディアのベースメイク・化粧下地の魅力1つ目は、プチプラなのに崩れないという点です。メディアの化粧下地は、皮脂やテカリを抑えてくれるほか、たるみや毛穴、小鼻の周りのヨレやすい部分も綺麗が続くのが特徴です。凹凸の気になる肌にも伸ばしやすいなめらかなテクスチャーなので、ムラにもなりにくいのが助かります。

オイルコントロールパウダーや毛穴カバーパウダーを配合し、一日中化粧もちが持続します。メディアの化粧下地は1,000円以下とプチプラで購入することができるにもかかわらず、まるでデパコス級の綺麗な仕上がりになれると口コミでも人気を集めています。

メディアのベースメイク・化粧下地の魅力②色白肌になれる!

魅力2

メディアのベースメイク・化粧下地の魅力2つ目は、色白肌になれるという点です。メディアのファンデーションやフェイスパウダーは、ツヤ肌にしてくれるタイプが多いのが魅力です。一日中メイクをしていると乾燥が気になる人でも、しっとりと潤いを与えて自然なツヤ感を演出し、肌をワントーン明るく見せてくれます。

毛穴や色ムラなどの肌悩みをしっかりとカバーしくすみを解消してくれ、白浮きしにくいため厚塗り感もなく、自然な色白肌へと導いてくれるのがメディアのすごいところです。

なかなか満足できるベースアイテムが見つからない方は、プチプラなのに崩れにくく色白でツヤのある肌に仕上がるメディアをぜひ試してみてください。それでは、メディアのおすすめの下地の特徴と上手な使い分け方法をご紹介しますので、今後の参考にしてくださいね。

使い分けたいメディアのおすすめ下地10選|①〜⑤クリーム5選

使い分けたいメディアのおすすめ下地①クリームファンデーション

使い分けたいメディアのおすすめ下地1つ目は、クリームファンデーションです。メディアのベースメイクアイテムの中でもとくに人気の高いアイテムです。ヒアルロン酸を配合した伸びの良いクリームタイプで、高保湿なためしっとりとしたツヤ肌に仕上げてくれるのが特徴です。

乾燥肌の方はもちろん、乾燥が気になる時期用として使い分けるのもおすすめです。化粧下地を塗らなくてもこれ1つでベースメイクを完結することもできるのでとっても便利です。

使い分けたいメディアのおすすめ下地①クリームファンデーション

  • 価格:25g・1,100円税抜き
  • 色:4色
  • SPF25・PA++
  • ヒアルロン酸配合
  • ハリのあるつや肌にしてくれる高保湿クリームファンデーション
  • 乾燥肌の方、乾燥する時期にもおすすめ

使い分けたいメディアのおすすめ下地②BBクリーム

使い分けたいメディアのおすすめ下地2つ目は、BBクリームです。毛穴やくすみ、シミなどをカバーしてくれるのに、ナチュラルな仕上がりになるBBクリームです。洗顔した後に、これ一つだけでベースメイクが完了するのが便利なポイントです。

チューブタイプで持ち運びしやすく、旅行やお泊りの時にも重宝します。保湿力もカバー力もありつつ、素肌感のある仕上がりになれるので、近所へのお出かけや休日のメイクとして使い分けるのもおすすめです。

使い分けたいメディアのおすすめ下地②BBクリーム

  • 価格:35g・1,100円税抜き
  • 色:3色
  • SPF35・PA++
  • 近所へのお出かけや休日のメイクとしておすすめ

使い分けたいメディアのおすすめ下地③メイクアップベースグリーン

View this post on Instagram

2018/10/13 * 最近の購入品。 * 以前から興味のあったグリーンのコントロールカラーを、信頼しているKaneboのメディアから選んでみました❤︎ * 肌荒れで頬が赤っぽくなっている部分が気になっていて、この"赤み消し"というワードに期待して使用しましたが、赤みは軽ーく補正してくれるのみで、グリーンをのせることで肌がパッと明るくなる下地でした◯ 思っていた効果とは、別の意味でよかったかなぁと🙆🏻‍♀️ * 肌のくすみを飛ばして、元のトーンよりワントーンアップする下地です。 白っぽいお肌目指したい方にはぴったりかなと思います☺️ 私的にはそういう下地ならこれでなくてもいいと思うので、おそらくリピはなしですが、お値段も800円ほどなのでお試しで買ってみるのもいいかもしれないです💡 * mediaのコスメってコンビニ限定でミニサイズが売られてますよね〜〜❤︎ あのサイズが本当に可愛いし、旅行にもぴったり。 大好きなメディアのクリームファンデもミニサイズあるので、試してみたい!て方はミニサイズも良きかも🌸 もちろんこのグリーンの下地もミニサイズあります◎ あ、コンビニはファミリーマート限定です🏪 今度色々買ってみよう😉 * #カネボウ #メディア #下地 #ベース #メイクアップベース #コントロールカラー #コントロールカラーベース #コントロールカラーグリーン #グリーン下地 #赤み消し #トーンアップ #くすみカバー #化粧品 #コスメ #プチプラ #プチプラコスメ #kanebo #media #base #makeupbase #controlcolor #greenbase #basemakeup #cosmetics #makeup #madeinjapan #green

A post shared by Rio (@rii__pom) on

使い分けたいメディアのおすすめ下地3つ目は、メイクアップベースグリーンです。グリーンの下地は、赤みやくすみを補整してくれるため、明るく透明感のある肌に見せてくれるのが特徴です。ファンデーションをつける前に塗るとくすみをなくしてワントーン明るい仕上がりにしてくれ、化粧もちもアップします。

赤みやほてりなどが気になる方の化粧下地としてぴったりですが、透明感をアップしたい場合や、色白肌に見せたい時に使うのもおすすめです。

使い分けたいメディアのおすすめ下地③メイクアップベースグリーン

  • 価格:30g・750円税抜き
  • 色:グリーン
  • SPF27・PA++
  • 赤みやほてり、くすみの気になる方。透明感アップや色白肌に見せたい時におすすめ

使い分けたいメディアのおすすめ下地④メイクアップベースオレンジ

使い分けたいメディアのおすすめ下地4つ目は、メイクアップベースオレンジです。オレンジの下地は、明るく健康的に見せてくれます。グリーンは赤みを抑えてくれる下地ですが、オレンジは青みのあるクマやくすみを隠してくれるのが特徴です。グリーンに比べると肌色に近く、白浮きも気になりにくいのが魅力です。

血色が悪く見えがちな方や、目の下にクマがあって疲れて見える方などにぴったりのアイテムです。くすみの気になるところだけではなく、お肌全体にも使うことができます。

使い分けたいメディアのおすすめ下地④メイクアップベースオレンジ

  • 価格:30g・750円税抜き
  • 色:オレンジ
  • SPF27・PA++
  • 青いクマやくすみにおすすめ。肌全体にも使える白浮きしないタイプ

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑤ラスティングベース

使い分けたいメディアのおすすめ下地5つ目は、ラスティングベースです。皮脂によるテカリやくずれを防いでくれるため、化粧もちを長持ちさせてくれるのが特徴です。凹凸のある肌にものばしやすいなめらかなテクスチャーの化粧下地で、大人特有のたるんだ毛穴や小鼻まわりの崩れも気になりません。

夏場の汗や皮脂の多い時期にテカリや化粧崩れ対策として使い分けるのもおすすめです。オイリー肌の方は通年用として、混合肌の方はヨレやすい部分にだけ重点的に使うのも最適です。

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑤ラスティングベース

  • 価格:30ml・900円
  • 色:ほんのり明るくピンクベージュ
  • SPF20・PA++
  • 皮脂・テカリ・化粧崩れ対策として

使い分けたいメディアのおすすめ下地10選|⑥〜⑩パウダー5選

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑥ホワイトニングパクトEX

使い分けたいメディアのおすすめ下地6つ目は、ホワイトニングパクトEXです。明るさアップパウダー配合で明るい仕上がりにしてくれるのが特徴です。水溶性コラーゲンや真珠エッセンスといった保湿成分を配合しているので、美肌効果もあるのが魅力です。さらに、くずれを防ぐフィットパウダーがテカリと崩れを防ぎます。

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑥ホワイトニングパクトEX

  • 価格:11.5g・1,200円(詰め替え900円)税抜き
  • 色:4色
  • SPF21・PA++
  • 明るさアップパウダー、水溶性コラーゲン、真珠エッセンス(加水分解コンキオリン)、フィットパウダー
  • 明るい仕上がりにしたい時におすすめ

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑦モイストフィットパクトEX

使い分けたいメディアのおすすめ下地7つ目は、モイストフィットパクトEXです。しっとりなめらかにお肌にフィットするパウダーファンデーションです。きめ細かなうるおい感が続くのが特徴です。毛穴やシミ、くすみをカバーし、明るく厚塗り感のない仕上がりが叶います。粉っぽくなりなくない方に最適です。

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑦モイストフィットパクトEX

  • 価格:11g・1,100円(詰め替え800円)税抜き
  • 色:4色
  • SPF12・PA++
  • 粉っぽくならない潤いのある仕上がりを望む方におすすめ

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑧BBパウダー

使い分けたいメディアのおすすめ下地8つ目は、BBパウダーです。パウダータイプのBBクリームで、これ1つで簡単にベースメイクが仕上がります。もちろんベースメイクの仕上げのフェイスパウダーとして化粧直しにも便利です。カバー力もありながら厚塗り感がなく明るい素肌感のある仕上がりになるのが特徴です。

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑧BBパウダー

  • 価格:10g・1,000円税抜き
  • 色:3色
  • SPF25・PA++
  • パウダータイプのBBクリーム
  • 単品使い、ベースメイクの仕上げや化粧直しとしておすすめ

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑨フェイスパウダーAA

使い分けたいメディアのおすすめ下地9つ目は、フェイスパウダーAAです。フェイスパウダーは、ふわっと軽い繊細な粉質なので、キメ細やかな仕上がりにしてくれるのが特徴です。気になる毛穴や小じわを自然にカバーしてくれるので、ベースメイクの最後に使うのがおすすめです。

Tゾーンなどのテカリが気になる部分を先に軽く押し当てるように乗せていくと、化粧崩れが気にならず透明感が持続します。ルースパウダータイプなので、パフにパウダーを取った後は手の甲で一旦馴染ませてから使うと粉飛びが気になりません。

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑨フェイスパウダーAA

  • 価格:20g・1,300円
  • 色:1色
  • SPF18・PA++
  • きめ細やかな仕上がり、ベースメイクの仕上げにおすすめ

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑩ブライトアップパウダー

使い分けたいメディアのおすすめ下地10個目は、ブライトアップパウダーです。いろいろな色の微粒子パウダーが混ざり合った固形タイプのフェイスパウダーです。お肌に乗せると白浮きする事なく、赤みやくすみをカバーして透明感を叶えてくれます。ベースメイクの仕上げに使うと化粧崩れを防いでくれる効果があります。

使い分けたいメディアのおすすめ下地⑩ブライトアップパウダー

  • 価格:3.0g・1,000円税抜き
  • 色:2色
  • SPF15・PA+
  • 化粧崩れを防ぎ、透明感をアップ。ベースメイクの仕上げにおすすめ

下地の正しい使い方

下地の正しい使い方①クリームは丁寧に伸ばすのがポイント

クリーム

下地の正しい使い方1つ目は、クリームです。塗りすぎると油分が多くなってヨレやテカリの原因になるため適量を守って使いましょう。赤みやシミが気になるところは重ねて塗るのがおすすめです。目元や小鼻の周りは手に残ったクリームを丁寧に伸ばし、崩れやすい部分は最後にパフで抑えるのも綺麗に仕上がるポイントです。

下地の正しい使い方②パウダーはパフの使い方が大事

パウダー

下地の正しい使い方2つ目は、パウダーです。基本は専用のパフの広い部分にパウダーをつけて、頬の内側から外側に向けてやさしく馴染ませていきます。小鼻など毛穴の気になる部分にはパフの角を使って丁寧に馴染ませると綺麗に仕上がります。ふんわりとナチュラルに仕上げたい場合には、ブラシを使うのがおすすめです。

崩れ知らずのメディアの下地で一日中綺麗をキープしよう!

美肌

ここまでメディアの化粧下地などのベースメイクアイテムについて詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?メディアはプチプラにもかかわらず、デパコス並みの綺麗な仕上がりにしてくれることがわかりました。化粧崩れなしで色白肌になりたい方は、ぜひメディアを試してみてくださいね。

人気の高いメディアのクリームファンデーションについて口コミや使い方を紹介した記事や、コンシーラーを詳しく紹介した記事がありましたので、ぜひあわせてご覧ください。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。