Large thumb shutterstock 609949679

ユダヤ人の見た目の特徴は?性格や見分け方・歴史&迫害理由とは

更新:2019.06.21

ユダヤ人の見た目の特徴を知っていますか?ユダヤ人の中にも白人やアラブ人のように見えたりなど、さまざまなタイプがあります。その中でもいくつかの点では見た目の特徴があります。また、ユダヤ人の性格や見分け方と共に歴史や迫害理由も解説していきます。



ユダヤ人とは?迫害された理由も

ユダヤ人とはユダヤ教徒であることか母がユダヤ人であること|白人にもいる

ユダヤ人

ユダヤ人とは、ユダヤ教徒であることまたは母がユダヤ人であることです。白人にもいますし、アーリア系の顔をした人もいて、見た目はさまざまです。ユダヤ人の国イスラエルの憲法には、実際に、ユダヤ人というのはユダヤ教徒であることまたは母がユダヤ人であることと、この定義が記載されています。

迫害、離散の歴史を歩んできたユダヤ人には、ユダヤ人としての一定のアイデンティティーが必要でした。イスラエルが独立宣言を行った1948年から、イスラエルはこのアイデンティティーを持つすべてのユダヤ人を新入植者として、イスラエルに受け入れています。

ユダヤ人は、頭の良い人が多く、ビジネスで成功している人たちが数多くいます。また、同胞意識が非常に強く、海外などで知らないユダヤ人同士がお互いに助け合っているのをよく見かけます。これは、ユダヤ人の性格的に迫害、差別、虐殺と多くの苦難を乗り越えてきた同胞に手を差し伸べるのは、当然と考えているからです。

ユダヤ人が迫害された理由はイエスキリストを抹殺したのがユダヤ人だから

ユダヤ人

ユダヤ人が迫害された理由は、イエスキリストを抹殺したのがユダヤ人だからです。さまざまな受難の歴史を歩んできたユダヤ人ですが、一番大きな受難はナチスによるユダヤ人の大虐殺でした。イエスキリストをローマ帝国に告訴し、銀貨30枚と引き換えにイエスをローマ帝国に売り渡したのもユダヤ人であるといわれています。

そして、イエスキリストを迫害して殺害したのもユダヤ人であることから、キリスト教徒の憎悪がユダヤ人に向いたのです。イエスキリスト没後、キリスト教はヨーロッパを中心に勢いを持って広がっていきます。そして、ミラノ勅令が313年に公布された後、キリスト教は公認となり大きな力を得るようになりました。

ナチスによるユダヤ人の大虐殺よりも前の太古の昔から、ユダヤ人は見た目は性格なども合わせ、迫害を受け続けてきました。しかし、ナチスによるユダヤ人の大虐殺よりもひどい迫害の歴史は今までありませんでした。ドイツではその頃、ユダヤ人の財産権や生存権などを奪う法律を可決させ、ユダヤ人の人権は失われていきます。

ユダヤ人が迫害された時に人道的に助けた杉浦地畝|歴史的出来事

ユダヤ人

ドイツでヒトラーによるユダヤ人の迫害、虐殺が本格化してくると、ユダヤ人は国外に逃亡するようになります。しかし、他国へ行く際に通過する国にビザが必要な国も多い現状がありました。ドイツの隣国リトアニアには多くのユダヤ人が逃げてきて、日本の通過ビザを発行してもらい日本経由で他国へ行きたい人が沢山いました。


その際のリトアニアの日本領事館員であった杉原地畝は、ユダヤ人に多くの日本の通過ビザを発行し、ユダヤ人を人道的に助けた人物です。日本の通過ビザ発給の基準は厳しいものでしたが、杉原地畝はほぼ無条件にユダヤ人たちを助けるためにビザを発行しました。

杉原地畝は、ほぼ無条件にユダヤ人にビザを発行することで、自分の地位が危うくなることになってもかまわないと決意を持って、ユダヤ人の迫害からの手助けをしました。杉原地畝のこの行いは、歴史的出来事として今も語り継がれています。戦後には杉原地畝はイスラエルから「正義の人賞」を受賞しています。

ユダヤ人の見た目・性格

ユダヤ人の見た目・性格|男性|特徴的な鼻など

ユダヤ人

ユダヤ人の男性の見た目は、特徴的な鼻にあります。鼻が高くて大きく、かぎ鼻やわし鼻の人が多いです。鼻の高さがないと、鼻の先端が下がる感じにはならないので、かなり鼻が高いというのが特徴になります。しかし、白人には鼻の高い人も多いので、ユダヤ人の見分け方として鼻だけでは難しいです。

そこで、ユダヤ人の男性の見た目での見分け方でわかりやすいのは、キッパと呼ばれるユダヤ教の信者がかぶる小さな帽子をかぶっていることです。とても小さな帽子なので、かぶるというより頭のてっぺんにのせる形で、落ちないようにピンで留めています。性格的には、男性は頭が切れてビジネスで成功している人が多いです。

キッパをかぶっていれば見た目からユダヤ人の特徴として見分けることが出来ます。また、ユダヤ人の中でも「ハシディズム派」の人々は、このキッパの上に黒い帽子をかぶっています。そして、この黒い帽子と一緒に黒いスーツを着ています。また、ユダヤ教の指導者はキッパの上にタリートと呼ばれる白い布で頭を覆います。

ユダヤ人の見た目・性格|女性

ユダヤ人

ユダヤ人女性の見た目ですが、男性よりも見分け方が難しいと言えます。なぜなら、ユダヤ人の特徴的な鼻は、女性は男性ほど目立たないからです。ですので、ユダヤ人女性の見た目だけでユダヤ人と断定するのは、男性のようなキッパをかぶるなどの風習がないので、難しいです。白人の風貌の人もいます。

ユダヤ人女性の性格ですが、イスラエル在住のユダヤ人女性は、とても自立しています。なぜなら、イスラエルでは女性でも18歳から約2年間の兵役が義務となっており、ここで強固な精神が作られるからです。また、自立しているだけでなく、ユダヤ人女性はフレンドリーで他の人たちの手助けを積極的にする優しい性格です。

ユダヤ人女性の年配の人たちの性格も、兵役に行く若い女性のように他の人たちの手助けを積極的にして優しい人が多いです。特に年配の人は、数々の歴史を乗り越え、ナチスの迫害から逃れて生き延びた人たちです。自分が辛い経験を積んでいる人たちは、他の人にも優しくできるのですね。


ドイツ人は見た目ではない部分で見分けていた?

ドイツ人はユダヤ人を名前で見分けていた|さまざまな見分け方

ユダヤ人

ドイツ人は、ユダヤ人を見た目ではない部分での見分け方として、姓をチェックしていました。ユダヤ人の姓としては、オッペンハイマー、グロスマン、アインシュタイン、シュタイン、ストラスバーグ、フリードマン、ホフマン、ローゼンベルグ、ワインスタインなどがあります。これらの姓は聞いたことがあると思います。

元々、ユダヤ人には姓がなかったのですが、18世紀の欧州で人々に税金を課す過程において、姓名の両方があるほうが管理しやすいことから、ユダヤ人に姓をつけるように強要しました。このユダヤ人の姓ですが、勝手に好きな姓を名乗ることが許されたわけではありませんでした。

響きと意味の良い姓には、高額な許可料金を課しました。高額な姓の中には、バラの谷という意味を持つローゼンタールや純金という意味を持つファインゴールドなどがあります。高額な許可料金を支払えないユダヤ人は、肌が浅黒いという意味を持つシュバルツや、小さいという意味を持つクラインなどがあてられました。

ドイツ人はユダヤ人の男性を割礼でチェックしていた

ユダヤ人

ドイツ人は、ユダヤ人を見た目ではない部分での見分け方として、男性を割礼でチェックしていたということがあります。これは見た目などの外見からではわかりません。

ユダヤ人の男性は男性器に割礼をする習慣があるため、こちらを基準にチェックしていました。今では、ユダヤ人とわからないように自分の子供に割礼をしない人もいます。

ドイツ人はユダヤ人にダビデの星をつけさせて見分けていた

ユダヤ人

ドイツ人は、ユダヤ人を見た目ではない部分での見分け方として、ユダヤ人に黄色のダビデの星をつけさせて見分けていました。ダビデの星とは、ヘキサグラムと呼ばれる六芒星(ろくぼうせい)になります。正三角形をひとつ書いたところに、反対向きに正三角形を書いた形がダビデの星になります。


ナチスは第二次世界大戦時にユダヤ人に強制的に黄色のダビデの星をつけさせました。これにより、白人やアーリア系などの見た目や鼻だけでは判断が難しい見分け方を、ダビデの星でする方向になったわけです。

日本人とユダヤ人の共通点・見た目の違い

日本人とユダヤ人の共通点|体格が小柄

ユダヤ人

日本人とユダヤ人の共通点ですが、お互い体格が小柄なことが多いと言うことです。こちらはアーリア系か白人かによりも変わってきますが、白人系でない場合は、ユダヤ人は男性女性共に小柄な人が多いです。

しかしながら、ユダヤ人で若い世代の場合、小柄でも男性女性共に体力的に非常に優れています。と言うのは、男性女性共に18歳から兵役が義務なので、見た目は小柄で私たちと大差がなくとも、運動能力が非常に高いです。

日本人とユダヤ人の見た目の違い|髪の毛の質や瞳の色

ユダヤ人

日本人とユダヤ人の見た目の違いは、髪の毛の質や瞳の色です。ユダヤ人の髪の毛は柔らかくかなり細いことが多いです。また、全くの直毛の人はかなり少なく、直毛に見える人でも生え際あたりの産毛はほんのりとカールしていることが多いです。

日本人とユダヤ人の瞳の色も明らかに違います。ユダヤ人はアーリア系の人たちは茶色の瞳の人たちが多いです。茶色と言っても明るめの茶色なので、日本人でも瞳の色が茶色に近い人がいますが、ユダヤ人の茶色の色とは異なっています。

アメリカなどに住んでいるユダヤ人の中には、白人系の人も多く、彼らの瞳の色はブルーであったりしますので、私たち日本人とは見た目は異なります。下記の記事では、イスラエル人の男女の性格や特徴をご紹介しています。合わせてご覧下さい。

日本とかかわりの深いユダヤ人

日本とかかわりの深いユダヤ人|ピアニストのレオ・シロタ

ユダヤ人

日本とかかわりの深いユダヤ人の一人目は、ウクライナ出身のピアニストのレオ・シロタです。レオ・シロタは5歳の時にピアノをはじめ、いくつかの音楽院で学んだ後、1904年にウイーンに留学します。そして、そこで一流のピアニストの師事を受けた後、1929年に日本へやってきます。

その後、レオ・シロタは約15年間日本に滞在し、多くの日本人ピアニストたちにテクニックを伝授してきました。第二次世界大戦の後には、アメリカに渡り、素晴らしいテクニックを駆使して、数多くの名曲を音源に残しています。特に、レオ・シロタは沢山の曲のレパートリーを持ち、ショパンの全曲を音源に残しました。

アメリカでの音源の録音の際、アルトゥールルビンスタインは、レオ・シロタのあまりにも高い演奏技術に感銘を受けたといわれています。音源を録音した後に再編集には時間がかかったため、その時代にレオ・シロタの演奏力が評価されることはなく、近年になりレオ・シロタのピアニストととしての実力が評価されました。

日本とかかわりの深いユダヤ人|日本国憲法作成に関与したベアテ・シロタ

ユダヤ人

日本とかかわりの深いユダヤ人の二人目は、日本国憲法作成に関与したベアテ・シロタ・ゴードンです。ベアテ・シロタ・ゴードンの父は、前述のピアニストのレオ・シロタです。5歳で両親と共に初来日した後、父の仕事の都合で日本滞在は半年だけの予定でしたが、ヨーロッパでのユダヤ人迫害の流れから、日本滞在を続けます。

ベアテ・シロタ・ゴードンは、東京のインターナショナルスクールで教育を受け、英語、ロシア語、ラテン語、フランス語、ドイツ語、そして日本語を約10年間の日本滞在で習得していました。ベアテ・シロタ・ゴードンの語学能力の高さが、日本国憲法作成の仕事を得る大きなチャンスになりました。歴史的に大きな出来事です。

ベアテ・シロタ・ゴードンがアメリカ留学中に第二次世界大戦が起きて、日本に滞在している両親と連絡が取れなくなってしまいました。そして、戦争終了後、ベアテ・シロタ・ゴードンは職を得て日本へ帰る計画を練り、見事にGHQの民放局の職を得て日本へ帰ります。そして語学力を生かし、日本国憲法の作成に関与しました。

ユダヤ人の見た目だけでなく性格や特徴迫害の歴史も知ろう

ここまでユダヤ人の見た目、性格、特徴などについてご紹介してきました。また、特徴や迫害の歴史などを合わせて説明してきました。このようなことを知ることにより、世界を大局的に見ることができるようになります。

グローバル化が進む現代において、色々な知識を持つのは大切なことです。アメリカなどを訪れる場合、そこでユダヤ人に会う可能性は多いですし、知識として知っておくとフレンドリーさが増します。下記の記事はイスラエルの名物料理を紹介しています。名物料理を知ることもユダヤ人と打ち解けやすい入り口になりますよ。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。