INDEX

鶏肉の消費期限は?賞味期限との違いは?

消費期限と賞味期限の違い

消費期限と賞味期限はどちらも美味しく安全に食べることができることを保障されている期限です。ではこの二つの違いは何でしょうか?

実は傷みやすい商品か傷みにくい商品かの違いなのです。傷みやすい商品には消費期限が、傷みにくい商品には賞味期限が定められています。ですので生の鶏肉は消費期限が定められています。

また、賞味期限は美味しく食べることができる期限で消費期限は安全に食べることができる期限という違いもあります。賞味期限が切れたものは安全の保証が無くなったということになりますので胃腸が弱い方は消費期限が切れたものは口にしないほうが賢い選択ともいえます。

鶏肉の消費期限

鶏肉の場合の消費期限というのは、この期間以内であれば安全に食べることが保障されているという意味を持っている期限のことです。

賞味期限と違い美味しく食べることができる期限という意味ではなくあくまでも安全の期限です。ですので、できれば買ってきてすぐに調理し食べることが理想となります。

もし買ってきてすぐに調理し食べることができない場合にはすぐに冷凍するというのもひとつの手になります。冷凍してしまえば生のまま保存する場合より長持ちさせることができます。

冷凍した鶏肉の消費期限は?

冷凍した場合の消費期限

生のまま鶏肉を保存しておくより冷凍してしまうほうが長持ちすることはわかりました。では鶏肉を冷凍した場合の賞味期限はどうなるのでしょうか。冷凍した鶏肉の場合は大体2週間が消費期限の目安とされています。長くても1ヶ月は食べることはできますが、2週間を越すと味が落ちてしまいます。

また、鶏肉を冷凍する場合は買ってきたその日がおすすめです。消費期限が切れてから冷凍しても消費期限は延びないので注意しましょう。

冷凍したことで解凍する際に腐食が進んでしまいますので冷凍するときは必ず買ってきてすぐにしましょう。冷凍するときはキッチンペーパーなどでしっかりと水分をふき取ってからにしましょう。水分が残っていると解凍したときに痛みやすくなる原因となります。

鶏肉に味をつけてから冷凍した場合の消費期限

鶏肉そのままではなく味をつけてから冷凍した場合、消費期限の目安が変わります。この場合の消費期限は大体3週間から4週間です。

味付けの際にお酒を多めに使用すると鶏肉独特の臭みが取れたり、やわらかくするだけでなくより長持ちしやすくなるので意識して少し多めに入れましょう。

解凍するときは自然解凍がおすすめです。解凍せず冷凍のまま火を通すと鶏肉の芯の温度が上がりきらず食中毒の原因にもなりかねませんので気をつけましょう。

消費期限を過ぎた鶏肉はいつまでなら食べられる?

消費期限切れ1日目と2日目はまだ大丈夫

消費期限が1日過ぎたからといっていきなり腐ってしまうなんてことはありませんのでまだ食べることができます。2日目も同様です。

ですが念のためぬめりや臭いが出てきていないかなどの異変の確認を忘れずに行いましょう。ぬめりや臭いを感じた場合には食べずに処分してください。

期限切れ2日目、ぬめりや臭いなど異変が無い場合でも調理の際、いつもよりしっかりめに火を通すようにしましょう。2日目以降で心配なときは煮物に使用したり少し小さめにカットするなどの工夫をするだけで格段に火を通しやすくなります。

臭いは消費期限切れ3日目からで4日~一週間のものはゴミ箱へ

鶏肉は他のお肉より水分が多いため2日目までは異変が無くても消費期限切れ3日目から腐り始めます。そのためぬめりや臭いが出てきますので3日目以降の鶏肉は絶対に食べずに捨てましょう。

3日目までは少し気になる程度だった臭いが4日目からは冷蔵庫中に充満するほどの異臭を放つようになります。一週間も置いておけば冷蔵庫を開けるたびに異臭がし、他の食品への悪影響が心配されますので3日目には処分するなど、早めに対処しましょう。

余った鶏肉で作れるレシピ5選

余った鶏肉で作れるレシピ①鶏肉ときのこのクリーム煮

1つ目は鶏肉が少なくてもしめじをたっぷりにしたり他の種類のきのこをいれてもおいしいクリーム煮です。少量から作れるのでもう一品欲しいときにぴったり。牛乳かクリームを使用するため、濃厚で満足感が高い一品です。どちらか片方だけでも十分美味しいのですが両方混ぜるとより深みが出て美味しさがアップします。

また牛乳や生クリームを使うことによって胸肉の場合でもふっくらジューシーに仕上げることが出来るのでパサパサにならず美味しく食べることが出来ます。隠し味に気持ち程度の味噌を入れるとなお美味しくなり、雑穀米との相性も格段にあがります。食パンやフランスパンとも合いますのでパンに乗せてチーズと一緒にどうぞ。

材料
  • 鶏肉
  • しめじやお好みのきのこ
  • 牛乳または生クリーム
  • コンソメ
  • パセリ(お好みで)


作り方
  1. 鶏肉ときのこを食べやすい大きさにカット
  2. 牛乳か生クリーム、コンソメを鍋に入れる
  3. カットした鶏肉ときのこも鍋に入れ弱火で煮込む
  4. お皿に盛りお好みでパセリを散らす

他にも鶏胸肉がパサパサにならずジューシーに仕上げる方法があります。下記の記事に詳細が載っていますのでぜひ参考にしてください。

Small thub shutterstock 604430852
関連記事 ブライン液の漬け込みで鶏むね肉がジューシーに?作り方とレシピをご紹介!

リーズナブルな鶏むね肉はさまざまな調理法が紹介されていますが、弱点はパ

余った鶏肉で作れるレシピ②鶏肉とキャベツのさっぱり蒸し焼き

2つ目はお肉を食べたいけどカロリーが気になる...なんてときにおすすめの一品です。鶏肉がカロリー控えめなだけでなく、一緒に野菜もたくさん摂ることができるためローカロリーなのに満腹感、満足感ともに感じることができます。

レモンドレッシングやしそドレッシングにすればさっぱり感が増すため食欲があまり無いときでもあっさり食べることができおすすめです。

キャベツとねぎだけでなくブロッコリーやレタス、ほうれん草などお好みの野菜でも代用できるため冷蔵庫の余り物だけで作ることができ家計に優しい一品です。

材料
  • 鶏肉
  • ねぎ
  • 刻み生姜
  • キャベツ
  • コンソメまたは鶏がらスープの素
  • お好みのドレッシング
作り方
  1. フライパンにねぎと刻んだ生姜を入れ炒める
  2. そこに食べやすい大きさにカットしたキャベツと鶏肉を入れる
  3. お好みでコンソメか鶏がらスープのもとを入れ蒸し焼きにする
  4. お皿に盛りお好みのドレッシングをかける

余った鶏肉で作れるレシピ③鶏肉と大根の煮物

3つ目は冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめな鶏肉と大根の煮物。こちらも少量から作ることができるためもう一品足りないときにおすすめです。作り方のポイントは一旦やわらかくなるまで煮込んでから味をつけもう一度煮込むことです。この一手間を加えるだけで味のしみ具合が格段に変わります。

お好みで刻みねぎや七味をかけるだけでちょっとしたお酒のおつまみにもなります。豚バラ大根よりもヘルシーなのでついつい食べ過ぎちゃう人気レシピです。

材料
  • 鶏肉
  • 大根
  • しょうゆ
  • 砂糖
  • 生姜(お好みで)
  • ねぎ(お好みで)
  • 七味(お好みで)
作り方
  1. 一口大にカットした大根と鶏肉を鍋に入れる
  2. 具材が浸るくらいの水をいれ1度煮込む
  3. 具材がやわらかくなったらしょうゆ、砂糖、お好みで生姜を入れ味を調える
  4. 味が染み込むまでもう一度煮込む
  5. お皿に盛りお好みでねぎや七味をかける

他にもお弁当におすすめな鶏肉を使ったレシピがあります。下記の記事に詳しく掲載されていますのでこちらもあわせて参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 566232874
関連記事 鶏肉を使うお弁当の人気&簡単レシピは?おすすめのおかずも!

鶏肉は唐揚げや照り焼き等、お弁当のおかずとして大活躍の食材です。和洋中

余った鶏肉で作れるレシピ④ごろっと鶏肉の麻婆豆腐

4つ目はいつものひき肉から余りものの鶏肉に変えるだけで一気に満足感たっぷりのおかずに大変身させることができる麻婆豆腐です。ごろっとした大きめの鶏肉が大人から子供まで大満足のうれしいメインおかずです。

モモ肉だけでなく胸肉やささみでも美味しく作ることができます。ナスやエリンギなどを入れても美味しく簡単にかさ増しできるので余ってる鶏肉の量が少なくても安心です。

一見手間がかかりそうに見えますが、市販の麻婆豆腐の素を使えばいつもの麻婆豆腐に鶏肉を加えるだけととても簡単ですのでぜひおためしあれ。

材料
  • 鶏肉
  • 豆腐
  • 麻婆豆腐の素
  • ねぎ(お好みで)
作り方
  1. 少し大きめにカットした鶏肉をフライパンで炒める
  2. 麻婆豆腐の素、水を入れ軽く煮込む
  3. 豆腐をいれとろみ粉でとろみをつける
  4. お皿に盛りお好みでネギなどの薬味を添える

余った鶏肉で作れるレシピ⑤胸肉でも美味しいバンバンジー

5つ目はささみ肉の変わりに余った胸肉を使うだけの簡単バンバンジーです。胸肉はささみ肉に質感がとても似ているため違和感無く美味しく作ることができます。もちろんモモ肉でも美味しく作れます。モモ肉で作る場合はちょっとジューシーさが増すので育ち盛りのお子さんにはぴったりです。

胸肉を茹でるお湯に前もって鶏がらスープの素で味をつけておけば野菜を付け足すだけで美味しい野菜スープを作ることもでき簡単にもう一品を増やすこともできます。余った胸肉で作ることができるので買いすぎてしまっても安心です。また、ささみ肉よりも胸肉のほうがお財布にも優しいので普段から家計に嬉しい一品ですね。

お皿に盛り付けるときにレタスを敷いてから盛り付けるとより一層華やかな見た目になります。レタスを巻いて食べるとさっぱり感が増すためいくらでも食べられます。

材料
  • 鶏肉
  • きゅうり
  • 鶏がらスープの素
  • ゴマドレッシング
  • ミニトマト
作り方
  1. 鶏肉を茹で食べやすい大きさに手で裂く
  2. 千切りにしたきゅうりと裂いた鶏肉をボールに入れる
  3. 鶏がらスープの素、ゴマドレッシングを入れ和える
  4. お皿に盛りミニトマトを添える

鶏肉の消費期限が過ぎてしまったら2日以内に食べきる

鶏肉の消費期限が切れてしまっても2日目までならしっかり火を通すことによって美味しく食べることができますが、3日目からは腐り始めますのですぐに処分することをおすすめします。

また、量が多くて食べきれない場合には先に味をつけて冷凍しておくと3週間~4週間程度長持ちさせることが出来ますのでおすすめです。

解凍するときはなるべく自然解凍させましょう。自然解凍が間に合わなかったときは加熱する際、弱火でじっくりと火を通すと長時間過熱しても硬くなりにくいのでぜひお試しくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。