Large thumb shutterstock 203752900

社会人として大切なこと9選!新社会人の心構えや心得を面接で聞かれたら

更新:2021.04.28

新社会人として大切なことや社会人になるにあたっての心構えなどはご存知でしょうか。入社試験では面接だけでなく作文などもあり、そこでは社会人としてのマナーやあり方を聞かれます。社会人として大切なマナーや心構えなどご紹介します。

社会人として大切なこと4選【心構え】

心構え|社会人として大切なこと①口答えをなるべくしない

新社会人として心構えで大切なこと1つ目は「口答えしない」ことです。新社会人となると一人の社会人と言うことで学士絵とは違います。上司から言われることが、間違ったことでも口答えをするのはやめましょう。日本の企業と言うのは上司の意見が最も重要視されます。

新人の社会人が上司の意見に対して発言するのは、口答えと思われ生意気な新社会人だと思われます。そして、際ほどもお伝えしましたが、日本の企業としては上司の意見が最も重要視されます。新社会人が何を言っても聞き入れないということもよくあることで、正し発言も嫌われますので、なるべく控えましょう。

心構え|社会人として大切なこと②やるべき事を見つける

心構え新社会人として大切なこと2つ目は「やるべきことを自ら見るける」ことです。学生とは違い社会人になると、仕事を与えられますが、与えられた以上の仕事をしなくてはいけないというのが必要なこととなります。今の若者はこの考えが理解できないという方も多くいますが、今の時代はこの方法が正しいとされています。

やるべきことを自ら見つけることで、意欲のある社員だと思われいい結果に繋がることがあります。やるべきことが分からなければ、素直に聞くことをおすすめします。聞いても怒られることがありますが、聞かなければさらに怒られてしまいます。

心構え|社会人として大切なこと③自分の行動すべてに責任が生じる

心構えで新社会人として大切なこと3つ目は「自分の行動すべてに責任が生じる」ことです。社会人になると学生時代とは違い誰かが守ってくれることが少なくなります。自分の行動のミスは自分で責任を取るのが社会人としての当たり前のことです。

新人だから許されると思っていると社会人として成長しません。そんな甘い考えを持っていると後輩や部下ができた時に困ることとなります。自分の行動1つ1つに責任が付きまとうということを忘れないようにしましょう。

心構え|社会人として大切なこと④仕事を取り組む姿勢

心構えで新社会人として大切なこと4つ目は「仕事に取り組む姿勢」です。仕事に取り組む姿勢と言うのは仕事をするのにとても重要となってきます。仕事に対しての姿勢と言うのは仕事ができる人できない人関係なく求められることです。

いくら仕事が出来ても仕事に対しての取り組む姿勢がないと良い評価を受けることはできません。逆に仕事が少しできない程度でも仕事に対しての取り組む姿勢が良いと上司からの評価はよくなります。

社会人として大切なこと5選【マナー】

マナー編|社会人として大切なこと①時間を守る

新社会人として大切なことマナーについて1つ目は「時間を守る」ことです。社奇人となると時間を守ると言うのは何よりも大切なこととなってきます。時間を守るのは社会人としての当たり前に出来なければいけないことです。

仕事では集合時間や取引先への訪問時間など色々とありますが、予定された時間ピッタシに向かうのはとても失礼なことです。社会人ならば決められた時間よりも5分前には着いておくようにしましょう。

マナー編|社会人として大切なこと②言葉に注意する

新社会人として大切なことマナーについて2つ目は「言葉に注意する」ことです。社会人になると警護が当たり前の世界となります。そして、よく勘違いしているのが、正しい敬語と思って使っている言葉が実は失礼な言葉だったりします。

また、同期の方にもタメ口で話しかける人もいますが、同期の方にも仕事上では敬語で話しましょう。同期にタメ口で話をするのはいけない事ではありませんが、上司によってあまりいい顔をしない人もいます。仕事をしている時は部会がいには敬語などで話すようにしましょう。

マナー編|社会人として大切なこと③服装について

新社会人として大切なことマナーについて3つ目は「服装について」です。最近はやっているのが、ビジネスカジュアルと言うビジネスでもラフな服装で仕事をしても失礼にならないという服装ですが、ビジネスカジュアル自体流行っていますが、ビジネスカジュアルを受け入れられる企業はまだ少なくなっています。

ビジネスカジュアルは訪問先で失礼な服装になる可能性もありますので、基本新人の場合はビジネスーツを身につけ新社会人らしい服装で仕事しましょう。

マナー編|社会人として大切なこと④会社内のルールを守る

新社会人として大切なことマナーについて4つ目は「会社内のルールを守る」ことです。会社内のルールと言うのは各会社によって様々なルールがありますが、会社は会社内のルールがあるからこそ成り立っています。

一人がルールを守らなければ、会社内の雰囲気を乱しいい顔をされません。ルールと言うのは生きる上でどこにでも存在します。会社内のルールを守れるのが社会人として当たり前のことです。

社会人として大切なことを面接で聞かれたら

社会人として大切なことを面接時に質問や作文で出た時の例文①信頼を得る

女性

社会人として大切なことを面接時に質問や作文で出た時の例文1つ目は「信頼を得る」ということです。社会人にとって信頼を得るというのは欠かせないことで必要となってきます。仕事は1人でするものではなく、集団でするからこそ出来上がるものです。

信頼がなくては、1つの物事に取り組むことができず仕事が成り立ちません。信頼を得る大切さを理解し面接や作文でアピールすることが大切となってきます。

社会人として大切なことを面接時に質問や作文で出た時の例文②責任を持つ

社会人として大切なことを面接時に質問や作文で出た時の例文2つ目は「責任を持つ」ことです。上記でもご紹介しましたが、社会人になると新社会人でも行動1つ1つに責任が付きまといます。仕事と言うのは「新人だから」「分からないから」と言う理由で、許されるという世界ではありません。

面接や作文では責任を持つ大切さについて話すと評価がよくなっています。ただし、仕事での責任を言うのは、実際に仕事をしてみないと分からない事が多くあります。憶測で責任とは何かと考えるのではなく経験を活かした話をしましょう。作り話の場合、痛い所を付かれると黙ってしまうこととなります。

社会人として大切なことを面接時に質問や作文で出た時の例文③会社への貢献

社会人として大切なことを面接時に質問や作文で出た時の例文3つ目は「会社への貢献」です。社員として働く方は基本自分の生活のために働きますが、会社と言うのは会社に貢献してくれる人材を探しています。貢献してくれない社員と言うのはブラック人材とみなされます。

仕事への貢献はとても大切なことなので、貢献する意思を伝える必要があります。例文としては「自分が過去に経験したことを活かせる」「自分の得意な強みとなる部分を活かせる」などおすすめです。貢献に対しての回答を出すのは難しいですが、自分のことを分析して、会社の求めるものが分かれば自然と出てきます。

社会人になるとはどのようなこと?

新社会人になるにあたって気を付ける事①学生とは違う

新社会人になるにあたって気を付ける事1つ目は「学生とは違う」ということです。上記でもご紹介してきた通り、仕事と学生と言うのは全く違うものです。仕事には責任が付いてきます。また、勉強のように自分のやることが準備されている訳ではありません。

社会人になった日から学生だった頃を比較したり、学生のような考えは捨てましょう。社会では学生のような考えを持っていると「甘え考え」「社会が分かっていない」などと言う言葉が返ってきます。学生は学生、社会は社会という違いを理解しましょう。

新社会人になるにあたって気を付ける事②仕事とプライベートを分ける

新社会人になるにあたって気を付ける事2つ目は「仕事とプライベートを分ける」ことです。新人時代に多くあるのが、仕事とプライベートを分けることができず、仕事にプライベートな問題を持ち込んできます。仕事は仕事という考えを持つべきです。

プライベートで嫌なことがあると仕事に影響する方がいますが、仕事でプライベートなことを持ち込むのは仕事の作業効率が落ちます。また、仕事と言うのは一人でしている訳ではないので、他の方にも迷惑となります。仕事とプライベートの違いを敷かk理と分けて考えましょう。

新社会人になるにあたって気を付ける事③受け身にならない

新社会人になるにあたって気を付ける事3つ目は「受け身にならない」ことです。新社会人になると何をしていいのかわからなくなる方が多くいます。新社会人になり立ての頃は、分からないのが当たり前です。ですが、分からないから放置するのと、自ら動くのでは評価や技術の上達が全く違います。

受け身にならず積極的に何事にも取り組みましょう。ただし、何事にもと言いましたが、苦手な分野にはあまり積極的にするのはNGです。積極的に行くだけでなく、仕事をこなせるのことも重要となってきます。

新社会人になるにあたって気を付ける事④新社会人の心得

新社会人になるにあたって気を付ける事や心構えに必要なことは「新社会人の心得」です。新社会人の心得と言いうのはとても重要となっています。新社会人としての気持ちや考えを無くしてしまうと信頼が無くなってしまったり、仕事をしにくい環境を作ってしまいます。新社会人の心得を忘れないようにしましょう。

新社会人になるにあたっての心構えやマナーを知ろう

新社会人になるにあたっての心構えやマナー、新社会人としての気を付けなければいけない事など参考になったでしょうか。新社会人は学生時代と一緒のような考えをしていますが、仕事と学生は全く違います。仕事では責任と言うものが付きます。社会人としての大切なことを知りましょう。

新社会人になるにあたって大切なことなど面接や作文で問われますが、的確に答えると問題はありません。面接や作文では、今までの強みになる経験を活かしたことを答えることをおすすめします。面接でのマナーなども知っておくとさらに好印象となります。社会人として大切なことを身につけておきましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。