INDEX

受け取りましたの敬語は?|同僚編

同僚編|ビジネスでの受けとりましたの敬語①受け取るにますをつける

ビジネス

同僚編での受けとりましたの敬語1つ目は、受け取るに「ます」をつけることです。丁寧語になると「受け取ります」となります。主体はどちらでもなく、話している人が「です」や「ます」をつけて、丁寧に表現する言葉となっています。この「受け取ります」はどんな場面でも使うことができる言葉です。

同僚編|受けとりましたの敬語①受け取るにですをつける
  • ○○課長宛ての電話伝言を受け取りました。
  • 取引先の○○会社からの郵便は受け取りましたか?

同僚編|ビジネスでの受けとりましたの敬語②受け取るの謙譲語Ⅱ

ビジネス

同僚編での受けとりましたの敬語2つ目は、受け取るの謙譲語Ⅱです。「受け取る」を謙譲語Ⅱで表現するとなると、「拝受する」や「賜る」といった表現になります。この謙譲語Ⅱというのは、相手を特定せずに自分の動作を丁重に言う場合の言葉となっていますが、謙譲語ⅠとⅡの特徴を合わせ持っている言葉でもあります。

同僚編|受けとりましたの敬語②受け取るの謙譲語Ⅱ
  • 貴社のカタログを拝受します。
  • 大変貴重なご意見を賜り、ありがとうございます。

受け取りましたの敬語は?|上司や取引先編

上司や取引先編|受けとりましたの敬語①尊敬語の場合

ビジネス

上司や取引先編での受けとりましたの敬語1つ目は、尊敬語の場合です。自分よりも目上の人が受け取るという場面では、尊敬語を使った「受け取る」の表現が必要となってきます。尊敬語では、「お受け取りになる」や「お納めになる」が適しています。受け取り手に渡すという意味で使うのが、一般的となっています。

しかし注意してほしい場合があります。「メールをお受け取りいたしました」という表現は、主体が自分であるにも「受け取る」を丁寧に言う場合に使われている場合があります。間違いではないという意見もあるのですが、賛否両論であるためビジネスシーンでの使用は避けた方がよい表現であると言えます。

上司や取引先編|受けとりましたの敬語①尊敬語の場合
  • ○○をお受け取りくださって、ありがとうございます。
  • ささやかなものですが、どうぞお納めくださいませ。

上司や取引先編|受けとりましたの敬語②謙譲語の場合

ビジネス

上司や取引先編での受けとりましたの敬語2つ目は、謙譲語の場合です。この「受け取る」という言葉でよく使われているのが謙譲語です。この「受け取る」を謙譲語にすると、「いただく」や「頂戴する」といった表現になります。この「頂戴しました」はどんな取引先であっても使うことができる言葉です。

付き合いが長い取引先の人や、よくメールなどでやり取りする取引先の人である場合は、「いただきました」という表現であっても失礼には当たらないので問題ありません。「頂戴いたします」という言葉は、二重敬語になるためビジネスでの使用は避けましょう。

上司や取引先編|受けとりましたの敬語②謙譲語の場合
  • お忙しい中、ご返答をいただきましてありがとうございます。
  • ありがたく頂戴します。(お納めくださいの返答として使用)

上司や取引先編|受けとりましたの敬語③受け取るの丁寧な動詞

ビジネス

上司や取引先編での受けとりましたの敬語3つ目は、受け取るの丁寧な動詞です。この「受け取る」という言葉よりも丁寧な動詞となるのが、ビジネスでよく使われている「受領する」という言葉なのです。この「受領する」という言葉には、「重要なものを受け取る」という意味が込められています。

上司や取引先編|受けとりましたの敬語③受け取るの丁寧な動詞
  • 本日、契約書を受領しました。
  • 本年度の会費を受領いたしました。

相手が受け取ったことを確認する時に使う敬語は?

相手が受け取ったことを確認する時に使う敬語①お受け取りになりましたか

ビジネス

相手が受け取ったことを確認する時に使う敬語1つ目は、お受け取りになりましたかです。相手が受け取ったかどうかを確認したいという場合は、「受け取る」の尊敬語である「お受け取りになる」という質問の言い回しに変えることができます。

相手が受け取ったことを確認する時に使う敬語①お受け取りになりましたか
  • 受付でお配りしている資料はお受け取りになりましたか?

相手が受け取ったことを確認する時に使う敬語②尊敬語に変える

ビジネス

相手が受け取ったことを確認する時に使う敬語2つ目は、尊敬語に変えることです。「受け取りましたか」という言葉の語尾を柔らかく表現する場合には、「お受け取りになりましたでしょうか」という言い回しに変えて使うこともできます。

さらに丁寧な言い回しに変えるのであれば、「お受け取りくださいましたでしょうか」といった風に、「お~くださる」という尊敬語を使った言い回しにすると、より丁寧な印象で相手に伝えやすくなりますよ。

相手が受け取ったことを確認する時に使う敬語②尊敬語に変える
  • 荷物はお受け取りくださいましたでしょうか?

またこちらの記事では、体調を気遣うメールで使える言葉についてご紹介しています。目上の人にたいしての敬語や返信方法などについてご紹介していますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 552542431
関連記事 体調を気遣うメールで使える言葉18選|目上の人への敬語や返信方法も

体調を気遣うメールで使える言葉は「お体に気を付けて」だけ?目上の人への

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文は?

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文①確かに受け取りました

ビジネス

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文1つ目は、確かに受け取りましたです。この「確かに受け取りました」は、同僚や同じ立場の人にたいしてはもちろんのこと、長い取引先の人や親しい仲である取引先の人であれば使える表現となっています。この「確かに受け取りました」のほうが親近感をわきますよね。

なるべく早くメールを受け取ったことを相手に伝えることが大切となるため、受け取ったら早めに返しましょう。こちらの例文はとりあえずのメールではありますが、丁寧さがあるので「受け取った」ということを伝える言葉には十分であると言えます。

さらに、このメールを送った後に、あまり時間をおかず内容の踏み込んだメールを送ることができれば、さらに好印象になるはずです。

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文①確かに受け取りました
  • メールを確かに受け取りました。ありがとうございます。まずは受け取り確認のみにて失礼いたします。

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文②確かにいただきました

ビジネス

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文2つ目は、確かにいただきましたです。何度もメールをやり取りするような関係の相手であるならば、堅苦しくない表現で「確かにいただきました」という言葉を使うのが、ビジネスでは使いやすい表現であると言えます。

さらに、初めてメールを送る相手にも使うことができる丁寧な言葉でもあるので、「いただきました」も、「受け取りました」という言葉と同じ使い方でつかいましょう。

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文②いただきました
  • メールを確かにいただきました。

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文③受領いたしました

ビジネス

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文3つ目は、受領いたしましたです。この「受領いたしました」という表現は、一番ビジネスのなかでオーソドックスな言い回しであると言えます。取引先の人にはもちろんのこと、目上の人にも使うことができる言い回しであり、ビジネス向けでよく使われる言い回しでもあります。

この「受領いたしました」という言い回しは、受領書という言葉があるように、元々は金銭の受け取りをする際に使われていた言い回しであったようです。それが転じて「重要な書類を受け取る」という意味に変わり、受領印や受領証などの言葉としても使われているのです。重要なものを受け取った時に使う表現です。

重要なものを受け取った場合に使われている表現となっているため、なるべく早く受け取りを伝えるべきであると言えます。重要なものを送った相手も、受け取ったかどうか心配になっていることと思いますので、一刻も早く返事を送ることができるように、メールの文面も早めに作成できるように想像するのも大切です。

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文③受領しました
  • 契約書の押印並びに送付いただき、誠にありがとうございました。本日、契約書を受領いたしました。
  • いつもお世話になっております。お願いしました書類は、本日確かに受領いたしました。迅速なご対応をいただきまして、ありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文④拝受しました

ビジネス

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文4つ目は、拝受しましたです。立場や職種によってこの「拝受しました」と言う言葉をみたことある方も多いのではないでしょうか。この「拝受しました」という言葉は、重要な取引先の相手や目上の人に使う言い回しです。

この「拝受しました」を「受領いたしました」という言い回しに変えることによって、丁寧な上にへりくだった謙譲語の言い回しでもあるのです。この「受領しました」は、オーソドックスな言い回しであっても、謙譲語としてしっかりと表現されているため、下手に「拝受しました」を多用せずここぞというときだけ使いましょう。

受け取りましたの敬語を使ったメールの例文④拝受しました
  • サンプル3点を拝受しました。お送り頂きました商品サンプルをもとに、提案を進めてまいりたいと思います。
  • 次回のミーティングの資料を拝受しました。こちらで配布の用意をいたします。当日は、どうぞよろしくお願いいたします。
  • 先日は大変お世話になりました。本日、貴社よりサンプルと資料を拝受しました。ご対応いただき誠にありがとうございました。拝見させていただき、こちらより連絡いたします。よろしくお願いいたします。

受け取りましたの類語は?

受け取りましたの類語①受け取る行為の場合

ビジネス

受け取りましたの類語1つ目は、受け取る行為の場合です。この「受け取りました」という言葉を受け取る行為の場合には、少し違った言い回しで使われます。

受け取りましたの類語①受け取る行為の場合
  • 受け取・受容・受け容れ・領収・受入・受取・受容れ・受取り・請取・受領・納受・収受・受け入れ

受け取りましたの類語②ものを受け取るさまの場合

ビジネス

受け取りましたの類語2つ目は、ものを受け取るさまの場合です。この「受け取りました」と言う言葉の類語では、ものを受け取るさまの場合では、また違った言い回しが使われています。

受け取りましたの類語②ものを受け取るさまの場合
  • 頂いて・賜って・頂き・貰って・貰い・賜り・受けて・受け取り

受け取りましたの類語③差し出されたものを自分のものにする場合

ビジネス

受け取りましたの類語3つ目は、差し出されたものを自分のものにする場合です。自分に差し出されたものを受けとり、自分のものにする場合には、この「受け取りました」という表現とはまた違った言い回しが使われています。

受け取りましたの類語③差し出されたものを自分のものにする場合
  • 引き取り・引取り・引取・受け取り・受取り・受取・引き受け・引受け・引受・受け

受け取りましたの類語③拝領

ビジネス

受け取りましたの類語4つ目は、拝領です。この拝領は、貴人などかなりのお偉い人からものを受け取ったときに使われている言葉です。この受け取りましたという言葉とは似ているようで、状況によって使うべき言葉なので、間違えた使い方をしないようにしましょう。

シーン別での受けとりましたの敬語とは?

資料の場合は「確かに受け取りました・拝受・受領いたしました」

ビジネス

資料の場合は「確かに受け取りました・拝受・受領いたしました」という受けとりましたの敬語を使います。ビジネスでは、資料などの書類やデータを受け取る場合がありますよね。そういったときに使われるのが、「確かに受け取りました・拝受・受領いたしました」という言い回しなのです。

この「受け取りました」や「受領いたしました」という言い回しはどんな場合であっても使うことができますが、「拝受しました」という言い回しは相手と状況によって使うべき言い回しでもあります。「確かに」という言葉は、相手に確実に資料を受け取ったということを表すので、これも積極的に取り入れたい言葉です。

さらに、ゆっくりと確認する場合には、「受け取り確認のみで失礼いたします」という風な文章を相手に送るのも大切です。また受け取った資料を確認した場合には、「確認しました」や「拝見しました」といった文章をいれるのが最適です。どちらの表現でも丁寧に表すことができますよ。

ファイルの場合は「受け取りました・受領いたしました・拝受しました」

ビジネス

ファイルの場合は「受け取りました・受領いたしました・拝受しました」です。ファイルといえば、主にメールに添付されたデータなどのファイルが主になりますが、添付されたファイルがしっかりと届いたか、送り主にとっては知りたいところですよね。

そのため、きちんと受け取った場合には、「受け取りました」や「受領いたしました」と言う言葉をつかいましょう。相手によってや場合によっては「拝受しました」という言い回しが適切になる場合もあります。さらにファイルの場合は、ファイルを受け取ったこと、ファイルの内容をみたことを伝えることも大切です。

「ファイルを受け取り確認しました」という文章や、「ファイルを拝受し、拝見させていただきました」といった文章を相手に送ることによって、相手にたいしての配慮がうかがえる表現であると言えます。

郵便物などの場合は「拝受しました・受領いたしました・拝領しました」

ビジネス

郵便物などの場合は「拝受しました・受領いたしました・拝領しました」です。郵便などで受け取った場合には、「確かに受け取りました」といった風に使いましょう。ビジネスで荷物を受け取ったときには、「受領いたしました」や「拝受しました」という言い回しであれば、問題なく使うことができます。

またプライベートで荷物を受け取った場合は、「受領いたしました」や「いただきました」といった言い回しであればつかうことができます。あまり丁寧な言い回しすぎると、堅苦しくなるので注意しましょう。さらに「拝領」という言葉がありますが、これはプライベートでもビジネスでも関係なく使います。

とはいってもこの「拝領しました」という言い回しは、相手が貴人などかなりのお偉いさんの場合のみです。ビジネスなどで使う方もいるとは思いますが、「拝領しました」というよりは「受領いたしました」のほうが最適な言葉であると言えます。

受けとりましたの敬語を使ってみよう!

いかがでしたでしょうか。今回は、「受け取りました」の敬語についてご紹介しました。相手によっては言い回しが変わってくるので、今回ご紹介したのを参考に、是非使ってみてくださいね。またこちらの記事では「末筆ながら」という言葉の使い方や意味についてご紹介しているので、是非こちらもご覧ください。

Small thumb shutterstock 593480990
関連記事 「末筆ながら」の使い方や意味とは?お礼のビジネスメールの例文22選

日本のビジネス文書などで使用される「末筆ながら」にはしっかりと意味があ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。