Large thumb shutterstock 521701180

くちゃくちゃ食べる人の原因は?クチャラーの直し方や注意の仕方も

更新:2020.07.19

今回は、「くちゃくちゃ食べる人の原因」をテーマに、クチャラーの直し方や注意の仕方などについても併せて紹介していきます。自覚がある場合にはまだいいのですが、自覚なくやっている場合、慎重に対策を講じる必要があります。また、なぜクチャクチャと音が鳴ってしまうのかについても言及していきます。

くちゃくちゃ食べる人の原因は?

くちゃくちゃ食べる人の原因①口が無意識に開く

男性

くちゃくちゃ食べる人の原因1つ目は、「食べている時に無意識に口が開いてしまう」という事です。食べ物を食べる際に、口が開いた状態だと当たり前ですが、口を開け閉めする度に音が漏れてしまいます。それが、人には「クチャクチャ」という不快な音に聞こえてしまうのです。

基本的に、音が漏れないようにするには、口を閉じた状態で物を食べます。その為、口を開けて食べる癖がある人は、口を開けずに食べるという事を習慣付ける事で、クチャラーを卒業できます。まずは、その癖を自覚する事が最も大事なポイントです。

くちゃくちゃ食べる人の原因②口呼吸している

男女

くちゃくちゃ食べる人の原因2つ目は、「口呼吸している」という事です。よく、普段でも口を開けた状態でいる人っていますよね?この多くは、無意識にこの状態になっている事も多いんです。食べる際に口呼吸をしている場合、息ができなくなってしまうので、自然と口を少し開けた状態で食べる事になるのも原因です。

くちゃくちゃ食べる人の原因③鼻づまりや蓄膿症

鼻水

くちゃくちゃ食べる人の原因3つ目は、「鼻づまりや蓄膿症」が原因であるという事です。鼻が詰まっていると、自然と口での呼吸となってしまいます。しかし、蓄膿症などというのは、体質によるものも多くありますので、一度その治療に専念してみるというのもいいかもしれません。

その治療が完了すれば、自然とくちゃくちゃ食べるという癖も直っているかもしれません。もし、蓄膿症や鼻炎、風邪など鼻が詰まる病気である場合には、まずは早めに治療するという事が功を奏すと言えます。それも癖を自覚する事で、早めに対策を講じる事ができます。

くちゃくちゃ食べる人の原因④なぜか誰にも注意してもらえなかった

男女

くちゃくちゃ食べる人の原因4つ目は、「誰にも注意してもらえなかった」という事が原因であるという場合です。くちゃくちゃ食べるというのは、小さな頃からの癖であるという事も少なくありません。しかし、なぜか親からもスルーされて今に至るという事あると思います。クチャラーとは、幼少期の躾も影響します。

幼い頃であれば、本来ならば親が注意して直させるというのが当たり前なのですが、なぜか誰にも注意してもらえなかった事で恥をかく事もあるのです。小さな頃であれば、早めに対処できた事でも時間が経てば経つほど、直すのに時間が掛かってしまうというのも否めません。

くちゃくちゃ食べる人の原因⑤骨格的な問題

女性

くちゃくちゃ食べる人の原因5つ目は、「骨格的な問題」が原因となる場合です。顎の構造など骨格的に噛み合わせに影響を与えているような場合には、くちゃくちゃ食べるという事も少なくありません。また、歯並びもクチャラーには影響を与えてしまいます。この場合には、矯正なども視野に入れた方がいいかもしれません。

ここに、クチャラーの原因と対処法をわかりやすく紹介している記事がありますので、この記事を参考にしてみて下さい。クチャラーで悩んでいる人もこの癖を自覚し、きっと、解決に糸口が見つかるはずです。

くちゃくちゃ食べるのを直す方法は?

くちゃくちゃ食べる直し方①口を開けて食べないよう意識する

女性

くちゃくちゃ食べるのを直す方法1つ目は、「口を開けて食べないよう意識する」という事です。口を開けて食べるというのが、クチャラーのそもそもの原因です。その為、口を開けて食べないように自分で意識するというのが一番効果的な直し方です。また、普段から口を開けたままにするという事がないようにしましょう。

くちゃくちゃ食べる人の多くは普段から鼻呼吸をしている傾向にあり、常に口を開けているという事も少なくありません。そうなれば、風邪やインフルエンザの時期などは自らウイルスを体内に入れているも同然です。また、風邪予防の意味合いもあります。ぜひ風邪対策の一つとして、口を開けたままにしないよう意識しましょう。

くちゃくちゃ食べる直し方②鼻呼吸を意識する

呼吸

くちゃくちゃ食べるのを直す方法2つ目は、「鼻呼吸を意識する」という事です。普段から口呼吸をしているという場合、寝ている時も口呼吸をしている事になるので乾燥の時期などは、喉を痛めてしまう事も多々あると思います。また、口呼吸は、自然と食べる時の咀嚼音が外に漏れてしまう事にも繋がります。

そういう意味でも、鼻呼吸の良さは一目瞭然だと思います。もし、無意識に口呼吸してしまっていたという場合には、自覚して鼻呼吸できるよう心がけましょう。自分ではどうする事も出来ないという場合には、専門の医療機関で医師の判断を仰ぐというのも時には、必要だと思います。

くちゃくちゃ食べる直し方③クチャラーとは姿勢を正す事で改善する

姿勢

くちゃくちゃ食べるのを直す方法3つ目は、「姿勢を正す」という事です。なぜ、姿勢が関係すのでしょうか?猫背の人は自然と前のめりの姿勢になってしまい、それにより食べ物が口の中で前の方に行ってしまいがちになるという事も多いのも事実です。その為、食べ物が口のすぐ近くに来てしまい自然と口が開いてしまうのです。

そういう意味でも、姿勢を正して食べるというのは、くちゃくちゃ食べる癖を直すだけでなく、日々の生活にも影響してきます。例えば、姿勢を良くするだけで腰痛を緩和したり、首の痛みを緩和したりします。姿勢というのは、骨格にも影響を及ぼしますので、正す意識をする事はすべてに通じる部分があるという事です。

くちゃくちゃ食べる直し方④口にたくさん入れない

料理

くちゃくちゃ食べるのを直す方法4つ目は、「一度にたくさんの量を口に入れない」という事です。口の中一杯に食べ物を入れてしまうと、自然と口が開いた状態でしか噛めないという状況に陥ってしまいます。くちゃくちゃ食べる人というのは、口が開いた状態である事も多いんです。

その為、口が半開きの状態で、咀嚼する事でくちゃくちゃ食べるという状況を作り出してしまうのです。そういう意味でも、一度にたくさんの量を口の中に詰め込むという事はないようにしましょう。そうする事で、しっかりと口を閉じた状態で食べ物を噛む習慣が身に付きます。

くちゃくちゃ食べる直し方⑤周囲に指摘してもらう

指摘

くちゃくちゃ食べるのを直す方法5つ目は、「気付いた時に周囲に指摘してもらう」という事です。人からその都度、注意されるというのは耐えがたい屈辱のように感じる人もいると思います。しかし、これもあなたがこれから先、恥をかかない為の訓練です。人に注意するというのは、相手もできればしたくないと思います。

その為、注意してもらうのはできれば身近な人、例えば家族や恋人などにお願いするのがいいでしょう。そうする事で、気兼ねなく注意できるだけでなく、一緒にいる時間が長い人にお願いした方が自分で意識して直そうと思う回数も増えると思います。嫌かもしれませんが、指摘してくれた事を真摯に受け取りましょう。

ここに、人に不快感を与えてしまう事も多い「爪を噛む」という癖の直し方について紹介している記事がありますので、なぜそのような癖が出てしまうのか参考にする為にも併せて読んでみて下さい。

くちゃくちゃ食べる人への注意の仕方は?

くちゃくちゃ食べる人への注意の仕方①同じ事をするのも対策の一つ

食事

くちゃくちゃ食べる人への注意の仕方1つ目は、「同じ事をして、相手に気付かせる」という事です。直接言いにくいという場合には、どうしたら相手にその事を気付かせる事ができるかを考えてみましょう。同じ事をした上で、相手にそこを指摘された場合には、すかさず「同じ事しているよ」と言ってみるのもいいでしょう。

しかし、人によっては途端に怒りだす人もいますので、そこは注意する必要があります。あくまで、親しい間柄である事が大前提となります。しかし、無意識にやっている場合には、そこに気付かせる事もできますので、効果的な方法だと言えます。

くちゃくちゃ食べる人への注意の仕方②たとえ話で自覚させる

会話

くちゃくちゃ食べる人への注意の仕方2つ目は、「たとえ話で相手に気付かせる」という方法です。「身近な人にくちゃくちゃ食べる人がいて嫌なんだよね」という風に、架空の人物を例えに出して、話をするというのもいいでしょう。人によっては、それだけでは気付かないという人もいるでしょう。

しかし、それで「自分の事かもしれない」という風に気づかせる事ができる可能性も高いと言えます。そこで気付いてもらえれば、この方法は成功です。それにより、相手が直そうとする努力が見られた場合には、一緒にその癖を直す手助けをしてあげるというのもおすすめです。

くちゃくちゃ食べる人への注意の仕方③クチャラーにはストレートに注意する

指摘

くちゃくちゃ食べる人への注意の仕方3つ目は「くちゃくちゃ食べる人にストレートに指摘する」という事です。くちゃくちゃ食べるというのは、常に一緒にいる人にとっては我慢できない物であるという事も少なくありません。その為、その我慢が限界に達した時に、ストレートに注意する事で改善する余地があるかもしれません。

ストレートに注意するというのは、最初は勇気が必要な事もあるかもしれませんが、その時に「あなたの事を想って言っている」という事を伝えてあげる事で、相手もあなたの意見を無下にはしないでしょう。もし、相手と一緒に頑張って直したいという場合には、なぜそうしたいのか伝えてあげましょう。

ここに、クチャラーの実態について、まとめた記事がありますので、併せて読んでみて下さい。くちゃくちゃ食べる事がなぜ、人に不快感を与えてしまうのかわかると思います。

クチャラーとは?くちゃくちゃ食べる人の原因や注意の仕方、直し方!

くちゃくちゃ食べるのは自分で意識する事で早く直せる

今回は、「くちゃくちゃ食べる人の原因や直し方」を中心に、注意の仕方などクチャラーの周囲にいる人の対処法などについても紹介してきましたが、いかがでしたか?クチャラーの多くは、自覚なくやっている人がほとんどですので、どうやってその癖に気付いてもらうかが争点になってくると思います。

しかし、むやみやたらに注意してしまえば、相手も怒ってしまうという事になってしますので、そういう意味でも慎重に対処しなければいけない事はお分かりいただけたと思います。また、その原因を探り、その根本的な解決に向けて一緒に直していくというのもおすすめです。まずは、本人がその癖を自覚する事が大事です。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。