INDEX

1人バーベキューの魅力3選

1人バーベキューの魅力①自分のペースで焼肉を楽しむことができる!

1つ目の1人バーベキューの魅力は、「自分のペースで焼肉を楽しむことができる」ということです。1人バーベキューは、一緒に焼肉を楽しむメンバーがいないため一見寂しく感じられてしまいそうです。

しかし、反対に他の参加メンバーのことを考えなくて良いので、マイペースに焼肉を楽しむことができるとして人気を集めています。

バーベキュー(BBQ)は、人数が多ければ多いほどお肉や野菜を焼くタイミングや、一度に具材を焼く量、メンバーが飲むドリンクの心配など気を使うことも多いですが、1人であればそういったことも気にせずに、気兼ねなく焼肉を楽しむことができておすすめです。

1人バーベキューの魅力②焼肉に使う具材を自由に選ぶことができる!

2つ目の1人バーベキューの魅力は、「焼肉に使う具材を自由に選ぶことができる」ということです。1人バーベキューの場合、一緒にバーベキュー(BBQ)をするメンバーが嫌いな具材を入れないようにするなどの配慮が必要ありませんので、焼肉に使う具材を自由に選ぶことができ、量も好きなだけ食べることができます。

また、具材のバランス考えながら選んで焼く必要がないことも魅力の一つとなっています。このように、1人バーベキューなら自分好みにバーベキュー(BBQ)を楽しむことができておすすめです。1人バーベキューにおすすめな食材や食材の量については後ほどご紹介しますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

1人バーベキューの魅力③時間もコストもかからないので気軽に楽しめる!

1人バーベキューの魅力③時間もコストもかからないので気軽に楽しめる!

3つ目の1人バーベキューの魅力は、「時間もコストもかからないので気軽に楽しめる」ということです。多くのメンバーを呼んでのバーベキュー(BBQ)も楽しいですが、人数が多い分食材やドリンクなどの買い出しに時間がかかってしまいます。また、その分コストも増えてしまい、大掛かりなイベントになります。

しかし、他にメンバーがいない1人バーベキューであれば、バーベキュー(BBQ)を楽しむために必要な食材やドリンクは少なくて済みますので、コストもその分格段に安くすることができておすすめです。1人であれば、他のメンバーのことを考えなくて良いのでご自宅にある食材などで済ませてしまうという方法もあります。

1人バーベキューの食材5選

1人バーベキューの食材①BBQの定番!カルビやステーキなどの牛肉

1つ目の1人バーベキューの食材は、「牛肉」です。牛肉の中でも、特にカルビやステーキがおすすめです。まず、カルビについては、あらかじめ1人バーベキューを楽しむ予定の前日の夜に、ジッパー機能付きの袋に入れた状態でお好みのスパイスやニンニクなどを染み込ませておくと良いでしょう。

ステーキについては、食べやすさを重視する場合にはサイコロステーキ、アウトドア感溢れるワイルドな食べ方を楽しみたい場合には分厚いサーロインステーキを用意するのがおすすめです。分厚いサーロインステーキはそのままでは食べにくいので焼肉用のハサミを用意しておくと良いでしょう。

1人バーベキューの食材②肉汁や油がたまらない!豚肉

2つ目の1人バーベキューの食材は、肉汁や油がたまらなくておすすめな「豚肉」です。豚肉の中でも、1人バーベキューに特におすすめなのが豚トロと豚ロースです。豚トロは、豚の首のあたりにあるお肉のことです。お魚の中でも油が乗ったトロと同じような口当たりが良いとして人気のある部位となっています。

また、豚ロースについても厚みがあるお肉のため食べ応えが抜群でおすすめです。バーベキュー(BBQ)をする前日に、ショウガとオイスターソース、醤油を合わせて漬け込んでおくとより美味しくいただくことができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

1人バーベキューの食材③あっさりなのでたくさん食べられる!鶏肉

3つ目の1人バーベキューの食材は、あっさりしているのでたくさん食べられておすすめな「鶏肉」です。鶏肉の中でも、1人バーベキューにおすすめなのが鶏モモ肉と鶏せせり肉です。まず、鶏モモ肉については唐揚げにも使われる部位のお肉となっています。

あえて串に1つずつ刺して焼き鳥にすれば、バーベキュー(BBQ)感を演出することができておすすめです。また、鶏せせり肉については鶏肉の中でも特にあっさりしている部位で、レモンチキンのシーズニングをかけて焼くとよりさっぱりいただくことができますよ。

1人バーベキューの食材④エビやイカなどの魚介類はお酒にもぴったり!

4つ目の1人バーベキューの食材は、「魚介類」です。魚介類は、お酒にも合いますので晩酌も一緒に楽しみたい方にぴったりな具材となっています。特に、エビやイカの足(ゲソ)がおすすめです。まずエビについては、殻がついたまま焼くと美味しくいただけておすすめです。

また、アルミホイルでエビ全体を包んだ状態で煮えるまで焼き、上からポン酢やバターを乗せるのもおすすめです。イカの足(ゲソ)については、あらかじめ塩をかけて漬けておくのがおすすめです。塩漬けにしたイカの足(ゲソ)は、炭火焼きとの相性が抜群ですのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

1人バーベキューの食材⑤とろとろした口どけがたまらない!マシュマロ

5つ目の1人バーベキューの食材は、「マシュマロ」です。1人バーベキューでのマシュマロの焼き方は以下の通りとなっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。以下のようにマシュマロを焼くことで、表面はサクッとして、中はとろとろした口どけになりとても美味しくておすすめですよ。

なお、1度バーベキューコンロに入れたマシュマロはもちろん、竹串も熱くなっていますので、必ず軍手を使うようにしましょう。また、マシュマロは少し茶色くなってきた段階で面を変えることもポイントの1つとなっています。

1人バーベキューでのマシュマロの焼き方
  1. マシュマロを竹串に1個から2個刺す。
  2. バーベキューコンロの上に竹串に刺したマシュマロを持ってきて火に当てる。
  3. 焦げ目がついてきたら面を変えていく。
  4. 全ての面に焦げ目がついてきたら完成!

1人バーベキューの食材の量は?

1人バーベキュー(BBQ)の食材の量①男性の場合は400gから500g

1つ目の1人バーベキュー(BBQ)の食材の量は、「男性の場合」の食材量です。男性の場合は、全ての具材を合わせて以下の量にすると各年代の男性が満足できるとされる平均的な具材の量になります。

なお、先ほどご紹介したマシュマロを加える場合には、全ての量から50g引くようにしましょう。また、ごはんも食べる場合にはお茶碗一杯分あたりの150gを目安に計算します。

男性の1人バーベキュー(BBQ)の食材量
  • 小学生・65歳以降:400g
  • 中学生から64歳まで:500g

1人バーベキュー(BBQ)の食材の量②女性の場合は250gから350g

2つ目の1人バーベキュー(BBQ)の食材の量は、「女性の場合」です。女性の場合は、1人バーベキュー(BBQ)で使う全ての食材の量を合わせて、以下の量に調整すると各年代の女性が満足すると言われる平均的な食材量になります。

女性の1人バーベキュー(BBQ)の食材量
  • 小学生・65歳以降:250g
  • 中学生から64歳まで:350g

なお、以下の記事ではバーベキュー(BBQ)に必要な持ち物が19種類紹介されています。1人バーベキュー(BBQ)を楽しもうと考えていらっしゃる方は、こちらの記事も参考にして準備をしてみてくださいね。

1人バーベキュー用のコンパクトグリル5選

1人バーベキュー用のコンパクトグリル①収納に便利なバーベキューコンロ

Amazonで商品の詳細を見る

1つ目の1人バーベキュー用のコンパクトグリルは、「フォールディングバーベキューコンロ」です。このフォールディングバーベキューコンロは、組み立てやすく、コンパクトに畳むこともできますので、バーベキュー(BBQ)初心者の方でも気軽に1人バーベキューを楽しむことができるコンパクトグリルとなっています。

また、収納用に持ち手がついたクリアケースも付属していますので、収納や持ち運びにも便利でおすすめです。サイズも1人バーベキューにぴったりとなっていますので、大人数でするバーベキュー(BBQ)のように広い場所を確保する必要もありません。

フォールディングバーベキューコンロ
値段(税込) 3,336円
サイズ 高さ:28cm、横幅:31.5cm、奥行き:23.5cm
重さ 1.8kg
メーカー名 尾上製作所(ONOE)

1人バーベキュー用のコンパクトグリル②安定感が抜群!ピラミッドグリル

Amazonで商品の詳細を見る

2つ目の1人バーベキュー用のコンパクトグリルは、「ピラミッドグリル」です。このピラミッドグリルは、安定感が抜群で、さらにポーチと同じサイズにまで小さく収納することができますので、収納にも便利でおすすめです。中央にメーカーロゴがついていたりとルックスも可愛らしく、女性からも人気を集めています。

専用のポーチもついていますので、改めて専用のケースを購入する必要もありません。テーブルの上でも使うことができるコンパクトグリルですので、便利でおすすめです。ぜひゲットしてみてくださいね。

ピラミッドグリル
値段(税込) 5,076円
サイズ 縦幅・横幅:19cm、高さ:15cm
重さ 1kg
メーカー名 ロゴス

1人バーベキュー用のコンパクトグリル③1人用!コンパクトBBQグリル

Amazonで商品の詳細を見る

3つ目の1人バーベキュー用のコンパクトグリルは、「コンパクトバーベキューグリル」です。このコンパクトバーベキューグリルは、折りたたむとA4用紙と同じくらいのサイズになることからバッグパックにも入る1人用コンパクトグリルです。

このため、1人バーベキューに加えてツーリングも楽しみたい方にもぴったりとなっています。また、重さも960gしかないため、他の同じサイズのバーベキューグリルと比較すると、とても軽くなっています。組み立ても左右を開くだけですので簡単で、好きな時にすぐに1人バーベキューを始めることができておすすめです。

コンパクトバーベキューグリル
値段(税込) 5,900円
サイズ 縦幅:21.3cm、横幅:29cm、高さ:26cm
重さ 960g
メーカー名 Kemekoキャンピングシステム

1人バーベキュー用のコンパクトグリル④焚き火台にも!ミニBBQコンロ

Amazonで商品の詳細を見る

4つ目の1人バーベキュー用のコンパクトグリルは、「ミニBBQコンロ」です。このミニBBQコンロは、焼き網を取り外すだけで焚き火台としても使うことができておすすめです。また、畳んだ時の厚みも6cmしかなく、組み立てた時のサイズも世界最小とコンパクトさが追求されています。

また、高さを3段階に分けて変えることができることから、調理する食材に合わせて簡単に火加減を調整することが可能です。さらにダッチオーブンも使うことができ、小さくてもさまざまな使い方を楽しむことができるコンパクトグリルとなっています。

ミニBBQコンロ
値段(税込) 3,280円
サイズ 横幅:20cm、縦幅:22cm、奥行き:19cm
重さ 1.6kg
メーカー名 camping moon

1人バーベキュー用のコンパクトグリル⑤綺麗に使い続けられる!ユニセラ

Amazonで商品の詳細を見る

5つ目の1人バーベキュー用のコンパクトグリルは、「ユニセラ」です。このユニセラは、丸ごと洗うことができることから、長く綺麗に使い続けることができておすすめです。また、地面だけでなくテーブルなどの台の上においても安定感があり、いろいろな1人バーベキューのスタイルに対応することができます。

また、食材を焼くことのできる火を準備するまでも時間がかからず、着火性の良い炭を使えばバーベキュー(BBQ)に慣れていない方でも簡単に火を起こすことができておすすめです。

ユニセラ
値段(税込) 7,900円
サイズ 縦幅:17cm、横幅:25cm、高さ:19cm
重さ 約1.85kg
メーカー名 ユニフレーム(UNIFLAME)

1人バーベキューの場所4選

1人バーベキュー(ソロバーベキュー)の場所①お手軽!ご自宅のお庭

1箇所目の1人バーベキュー(ソロバーベキュー)の場所は、「ご自宅のお庭」です。ご自宅のお庭であれば、移動の必要がないため1人バーベキュー(ソロバーベキュー)に使うものさえ揃っていればすぐに1人バーベキュー(ソロバーベキュー)を始めることができ、お手軽でおすすめです。

また、ドリンクや食材を冷やすためにクーラーボックスなどに保管する手間もかからずおすすめです。ただし、煙が出ますので近隣住宅との距離があまりない場合は避けた方が良いでしょう。また、すぐ隣に他の人が住んでいるマンションやアパートなどの場合も迷惑になりますので、他の場所で楽しむようにしましょう。

1人バーベキュー(ソロバーベキュー)の場所②思いっきり満喫!キャンプ場

1人バーベキュー(ソロバーベキュー)の場所②思いっきり満喫!キャンプ場

2つ目の1人バーベキュー(ソロバーベキュー)の場所は、「キャンプ場」です。キャンプ場であれば、ご自宅のお庭で1人バーベキュー(ソロバーベキュー)をする時は違って、近所迷惑などを気にすることなく思いっきりバーベキュー(BBQ)を満喫することができます。

バーベキュー(BBQ)などをすることを前提に作られた場所ですので、炊事場が整っていたり、トイレが設置されていたりと快適な環境で1人バーベキュー(ソロバーベキュー)を楽しむことができますよ。人目が気になる場合は平日に予約を入れるのがおすすめです。

また、最近では1人バーベキュー(ソロバーベキュー)と合わせて、一人でキャンプを楽しむソロキャンプをする人も増えています。以下の記事では、ソロキャンプに必要な装備や初心者の楽しみ方などが紹介されていますので、興味のある方はこちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 478716574
関連記事 ソロキャンプに必要な装備は?おすすめの道具や初心者の楽しみ方も

一人でも楽しめるソロキャンプが話題です。道具や装備さえ揃えれば、初心者

1人バーベキュー(ソロバーベキュー)の場所③ゆっくり楽しむ!海辺や川辺

1人バーベキュー(ソロバーベキュー)の場所③ゆっくり楽しむ!海辺や川辺

3箇所目の1人バーベキュー(ソロバーベキュー)の場所は、「海辺や川辺」です。海辺や川辺であればのんびり景色を見ながらゆっくり1人バーベキュー(ソロバーベキュー)を楽しむことができておすすめです。また、キャンプ場とは違ってオフシーズンであれば静かにじっくりお肉やお魚を楽しむことも可能です。

ただし、海辺や川辺の場合は、場所によっては火の取り扱いが禁止されているスポットもありますので、事前に必ずチェックするようにしましょう。

1人バーベキュー(ソロバーベキュー)の場所④グランピングスポット

4箇所目の1人バーベキュー(ソロバーベキュー)の場所は、「グランピングスポット」です。グランピングスポットとは、ご自身でバーベキュー(BBQ)に必要なアイテムを持参することなく、キャンプよりもより贅沢な空間でキャンプを楽しめるスポットのことです。

ソロキャンプにも人気なスポットですが、日帰りや1人で利用することができるグランピングスポットもあります。1組ずつテントが用意されていますので、人目を気にする必要もありません。少し違ったバーベキュー(BBQ)を楽しんでみたいという方はぜひチャレンジしてみてください。

1人バーベキューならではの楽しみ方は?

1人(ひとり)バーベキューならではの楽しみ方①ちょこっとバーベキュー

1つ目の1人(ひとり)バーベキューならではの楽しみ方は、短時間だけ楽しむ「ちょこっとバーベキュー」です。大人数でバーベキュー(BBQ)をする際には、パーティー感覚でされる場合が多いですので、半日などそれなりの時間が必要になります。

しかし、1人(ひとり)バーベキューでは、自分がしたい時間だけバーベキュー(BBQ)を楽しめますので、短時間の間だけバーベキュー(BBQ)を楽しむという楽しみ方ができます。ご自宅のお庭や火を使うことができる海辺や川辺のみとなりますが、気軽に楽しめますので気が向いた時にランチ代わりにもできます。

1人(ひとり)バーベキューならではの楽しみ方②こだわりを追求する

2つ目の1人(ひとり)バーベキューならではの楽しみ方は、「こだわりを追求する」という楽しみ方です。この楽しみ方は大人数でバーベキュー(BBQ)をする場合には、1人(ひとり)のこだわりを押し付けることになってしまうので難しい楽しみ方です。

しかし、1人(ひとり)バーベキューの場合には、他のメンバーを気にする必要がありません。このため、本当はこだわりがある部分を追求しながらバーベキュー(BBQ)を楽しむことができます。バーベキュー(BBQ)にこだわりがある方にとってはストレスフリーでおすすめの楽しみ方です。

1人バーベキューにチャレンジしてみよう!

この記事では、1人(ひとり)バーベキューの魅力や、1人(ひとり)バーベキューにおすすめの場所などについてご紹介しました。いかがだったでしょうか。1人(ひとり)バーベキューであれば、マイペースにバーベキュー(BBQ)を楽しむことができますので、ゆっくりBBQを楽しんでみたいという方にぴったりです。

また、1人(ひとり)バーベキューには、時間やコストがかからないことから手軽に楽しむことができるなどさまざまなメリットがあります。ぜひ今回ご紹介したさまざまな情報を活かして、1人(ひとり)バーベキューにチャレンジしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。