INDEX

記憶力がいい人の性格や特徴5選!診断ポイントは?

記憶力がいい人の性格や特徴①説得力がある会話をする

女性

記憶力がいい人の性格や特徴1つ目は、「説得力がある」という事です。記憶力が高い人というのは、論理的思考ができるという事もあり、物事を説明する時に人を納得させる事ができるだけのスキルを持ち併せています。それは、物覚えがいいという性格も関係しています。

また、相手に何かを聞かれたとしても、自分の意見に絶対に自信を持っているので、それも安心感があると言えます。記憶力がいい人は、説明する事も得意としているので、会話中に説明をダラダラする人とは違って、要点をまとめた状態で人に説明する事ができるという事もあり、説明が相手の頭にスッと入ってくるのです。

記憶力がいい人の性格や特徴②時間の使い方が上手い

時間

記憶力がいい人の性格や特徴2つ目は、「時間の使い方が上手い」という事です。時間の使い方が上手いというのは、仕事においても効率的に行動できるという事です。ちょっとした合間の時間を有効に使うべく、自然と体が動いているという事もあり、少ない時間でもより、多くの知識を身に着ける事も得意としています。

それもこれも、頭のいい人が「集中力が高い」という事も関係しています。集中力が持続しない人というのは、当たり前ですが仕事も効率的に行動できない傾向にあります。また、効率的に行動できるというのは、しっかりと休憩できるという事にも繋がります。しっかり休憩を取れれば、また仕事にも身が入りやすいと言えます。

記憶力がいい人の性格や特徴③判断力がある

女性

記憶力がいい人の性格や特徴3つ目は「判断力がある」という事です。頭がいい人というのは、頭の回転がいい分、的確な判断を素早く下せる傾向にあります。その判断を説明するだけの説得力もありますので、周囲の人も安心してその判断についていく事ができるのです。こういう上司である場合、部下も安心感が違うと思います。

記憶力がいい人の性格や特徴④応用力がある

女性

記憶力がいい人の性格や特徴4つ目は「応用力がある」という事です。応用力というのは、物覚えがいいだけでなく、ある程度の知識がなければ身につきません。しかし、記憶力がいい人は知識も豊富であり、臨機応変に対応するだけのスキルを持ち併せている事が多いので、難しい問題が立ちはだかったとしても、問題ありません。

探求心も旺盛なので、それも応用力を身につける原動力になっているのでしょう。多くの人が面倒な問題には関わりたくないと考えていると言えますが、その問題を経験しなければそれに対するスキルも身につかないと考えて事ができなければ、応用力を身に着ける事は不可能と言えます。

記憶力がいい人の性格や特徴⑤同じ失敗を繰り返さない

失敗77

記憶力がいい人の性格や特徴5つ目は、「同じ失敗を繰り返さない」という事です。仕事において、同じ失敗を繰り返すというのは、「仕事ができない」と思われても仕方のない事です。一度した失敗を生かし切れていない事が原因だと思います。記憶力がいい人は、失敗をした時点で、それを繰り返さない行動を始めます。

まず、その失敗した箇所をメモなどに書き留めたり、なぜ失敗してしまったのかその原因を考えます。その失敗に対して、しっかりと反省をするという事です。ここに、仕事がデキル人の特徴や性格についての記事がありますので、併せて読んでみて下さい。記憶力がいい人と通じる部分があると思います。

記憶力が悪い人の特徴は?記憶力がいい人との違いは?

記憶力が悪い人診断①すぐに誰かに頼る癖がある

女性

記憶力が悪い人の特徴1つ目は、「すぐに誰かに頼る癖がある」という事です。小さな問題であっても、自分が面倒に感じた事は、すぐに誰かの力を借りようとする癖がある人が多いのも特徴です。自分で解決できるようになるには、やはり自分の力でやってみようと思う所から始まると思います。

また、経験した事は必ず自分に身につきます。逆を言えば、自分でやらなかった事はすぐに忘れてしまうという事です。そうなれば、同じミスを繰り返す事にもなってしまいます。こういう場合、脳は意識して記憶しようという気がない事も原因の一つと言えます。こういう人は、重要な仕事を任せるのが怖いと思われがちです。

記憶力が悪い人診断②思い出す事がないので重要な仕事を任せるのが怖い

思い出す

記憶力が悪い人の特徴2つ目は、「思い出す回数が少ない」という事です。記憶力が悪い人の多くは、勉強にしても仕事にしても記憶しようという気がない人はまず、いないと思います。では、なぜ記憶力が悪いと言われてしまうのでしょうか?それは、思い出す訓練をしていない事が原因かもしれません。

記憶というのは、覚えるだけでなく頭の引き出しからその記憶を呼び戻すという事も大事になってきます。その繰り返しにより、徐々に脳に記憶されていくのです。その為、その時の知識をメモに書き留めるだけでは、経験不足という事になります。記憶を引き出す訓練をしていく中で、本当に記憶した事になるのです。

ここに、記憶力が悪い人の特徴や診断方法をまとめた記事がありますので、この記事を参考に記憶力を鍛えて勉強や仕事の効率化を図るヒントにしてみて下さい。

記憶力がいい人に向いている仕事は?

物覚えがいい人が向いている仕事①営業や接客

店員

記憶力がいい人が向いている仕事1つ目は、「営業や接客」です。このような仕事に必要なのは、相手の名前や性格、顔などを覚える事です。これらを覚えておけば、対応する際にもスムーズに接客ができると言えます。また、相手からしてみても、自分の事を覚えていてくれたというのは嬉しいものです。

同じ商品を買うにしても、自分の事を理解している人から購入したいという人の心理を利用した売り方もできるはずです。相手を信用させる為にも、記憶力いいというのはそれだけ役に立つという事です。それも物覚えがいいからこそできるのです。

物覚えがいい人が向いている仕事②医者

医者

記憶力がいい人が向いている仕事2つ目は「医者」です。医者というのは、あらゆる知識を身につける必要があるという事でもお分かりいただけると思います。また、その患者さんに一番合った治療法を提案していくにしても、知識や経験がなければできないと言えます。その為、ただ勉強ができればいいというわけではありません。

より、多くの患者さんと向き合い、多くの経験をしていく中でより多くの知識を身につける必要があるという事です。飽くなき探求心を活かして、より多くの知識を身につけたいという気持ちこそが、医者の原動力になっていると言えます。物覚えがいいというのは、必ずしも頭が良いというわけではないという事です。

物覚えがいい人が向いている仕事③裁判官

裁判

記憶力がいい人に向いている仕事3つ目は、「裁判官」です。裁判官の最大の仕事は、その後の人生を左右してしまうような罪を裁く事です。容疑者や被害者、弁護士などの意見を総合して、慎重な判断をしなければいけません。その判断力も記憶力のいい人であればそんなに難しい事ではないと言えます。

また、人の意見に左右されず、冷静に判断を下す場面が多いと言えますので頭を使うという事はもちろん、メンタルも強くなければいけません。法で人を裁くというのは、人一倍精神的に強くなければできないと言えます。ここに、物覚えがいい頭のいい人に向いている仕事をまとめた記事があるので、併せて読んでみて下さい。

記憶力がいい人の周囲の印象は?

頼れる存在

職場

記憶力のいい人の周囲の印象というのは、「頼れる存在」という事です。記憶力のいい人の多くは、知識や経験も豊富でピンチの時に頼れる存在であるという事も少なくありません。何かしらのトラブルが起こった時というのは、多くの人が焦って、冷静にならなければいけない場面でもパニックになってしまいがちです。

しかし、記憶力のいい人がいれば、その場を冷静に収めてくれます。その為、いざという時にも頼りになる人と思われている傾向にあります。物覚えがいい人は、それだけ経験や知識が豊富であるという事です。

ピンチの時はなくてはならない存在

男性

記憶力のいい人は、判断力にも長けています。その為、何かトラブルがあったとしても的確な指示で部下を動かし、自分自身もその解決に向けて行動する事ができます。このような人が上司であった場合、部下も安心してその判断に従う事ができますよね。

たまに、面倒な場面で逃げる上司がいますが、それに比べると部下と上司との信頼度という面での差は歴然です。このような上司である場合、部下との連携ができていない事で更なるトラブルを引き起こす危険性もあります。ここに、無能な上司との付き合い方についての記事があるので、併せて読んでみて下さい。

Small thumb shutterstock 226425211
関連記事 無能な働き者の特徴15選|やる気のある無能な上司への対処法は?

今回は「職場にいる無能な働き者は怠け者とは違う」という事を、やる気のあ

記憶力が悪い人が記憶力がいい人になるために実践したいこと10選!

記憶力がいい人になるために実践したいこと①良質な睡眠を取る

睡眠

記憶力がいい人になるために実践したいこと1つ目は、「良質な睡眠を取る」という事が大事です。そして、できるだけ8時間以上睡眠時が取れるようにするとより、高い効果を得る為には大事な事です。睡眠不足というのは、記憶力を高めるという事に一番大きなダメージを与える事に繋がるからです。

夕食を就寝の3時間前には済ませておく事で、スムーズに入眠できる事に繋がります。また、眠る前に、スマホを見る癖があるという人は良質な睡眠を取る事を阻害してしまうので、できるだけ眠る前には、スマホやパソコンを見るというのは避けましょう。

記憶力がいい人になるために実践したいこと②新しい事を学ぶ

学ぶ

記憶力がいい人になるために実践したいこと2つ目は、「新しい事を学ぶ」という事です。頭を使わなければ、記憶力を高める事はできません。頭を使うのに一番最適なのが、新しい事を学び始めるという事です。記憶力を向上させる為に、過去に学んだ事を再度、始めてみるというのもいいかもしれません。

記憶力がいい人になるために実践したいこと③いつもと違う行いをする

女性

記憶力がいい人になるために実践したいこと3つ目は、「いつもと違う行いをする」という事です。いつもとは違うタイムスケジュールで行動してみるというのもいいですし、初対面の人が集まる場所に出掛けてみるというのもいいでしょう。習い事を新たに始めれば、それだけで脳に刺激を与え、活発にする事ができます。

記憶力がいい人になるために実践したいこと④ストレスを溜めない

ストレス

記憶力がいい人になるために実践したいこと4つ目は、「ストレスを溜めない」という事です。ストレスを多く抱えてしまうと、必然的に記憶力を低下させてしまう事に繋がってしまいます。日々、忙しい毎日を過ごしているという人は、たまには何もしない日を意識して設けるのもおすすめです。

記憶力がいい人になるために実践したいこと⑤腸内環境を整える

食事

記憶力がいい人になるために実践したいこと5つ目は、「腸内環境を整える」という事です。腸内環境を整える事が記憶力と関係あるのか?と感じた人も多いと思います。しかし、記憶力というのは、腸内環境と密接な関係性があり、腸内環境が整っているかどうかで記憶力の優秀さに影響を及ぼすと考えられています。

記憶力がいい人になるために実践したいこと⑥瞑想をする

瞑想

記憶力がいい人になるために実践したいこと6つ目は、「瞑想する」という事です。瞑想には、脳を傷つけるストレスを抑止する効果があると言われています。また、瞑想により、脳への血流の増加がある事もわかっています。毎日、10分程静かな環境で何も考えずに目を閉じる事で、脳に得られる効果は高いと言えます。

記憶力がいい人になるために実践したいこと⑦ストレッチと有酸素運動

ストレッチ

記憶力がいい人になるために実践したいこと7つ目は、「ストレッチと有酸素運動を取り入れる」という事です。有酸素運動というのは、短気的、長期的両面で記憶力を高める効果が得られる事がわかっています。週2回の1時間以上のストレッチで効果を得られますので、忙しい人にも取り入れやすいですよね。

記憶力がいい人になるために実践したいこと⑧パズルで集中力を高める

パズル

記憶力がいい人になるために実践したいこと8つ目は、「パズルで集中力を高める」という事です。パズルというのは、短時間集中するには、もってこいと言えます。また、パズルはストレス緩和にも一役買っている事がわかっています。

記憶力がいい人になるために実践したいこと⑨ウォーキングを取り入れる

ウォーキング

記憶力がいい人になるために実践したいこと9つ目は、「ウォーキングを取り入れる」という事です。週に3回、ウォーキングを取り入れるというのは、気分転換にもなるという事もあり、ストレス緩和にも効果を得られる方法だと言えます。また、忙しい人は、通勤で階段を意識して使用したり、一駅歩くなどしてみましょう。

記憶力がいい人になるために実践したいこと⑩食べ過ぎに注意する

食事

記憶力がいい人になるために実践したいこと10個目は、「食べ過ぎに注意する」という事です。食べ過ぎは、記憶力低下になってしまうという事がわかっています。よく、ストレス発散にたくさん食べるという人がいますが、実はこれは逆効果になってしまう事もあるので注意しましょう。

ここに、ストレスフリーな生き方をするヒントをまとめた記事がありますので、物覚えがいい人の生き方をヒントに、ゆるくストレスのない生活を送ってみましょう。

記憶力がいい人の良い生活習慣を真似て記憶力を良くしよう

今回は、「記憶力がいい人の特徴や物覚えがいい人の生活習慣」などについても紹介してきましたが、いかがでしたか?記憶力がいい人の多くは、案外規則正しい生活習慣を送っているという事も少なくありません。その為、記憶力がいい人の習慣を真似るというのもおすすめです。ぜひ実践してみて下さい。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。