INDEX

xoxo(oxox)の読み方や意味とは?

xoxo(oxox)の読み方|特に読み方はない!

外国人からのメールやインターネット上でxoxo(oxox)という文字を見たことがある人も多いかと思いますが、これは「hugs and kisses」(ハグズ アンド キスィズ)と言います。xoxoは言葉ではなく絵文字として使われるので、実際の読み方は特にありません。

英語ではhugs and kissesはハグとキスの複数形ではありますが、日本語で「ハグズ アンド キスィズ」は言いにくいため「ハグ アンド キス」と単数形で読まれることの方が多いです。

また日本でも有名なアメリカのドラマ「Gossip Girl(ゴシップガール)」では、そのままスペルで「エックス オー エックス オー」と読んでいる場面もあるので、自分の言いやすい呼び方で呼ぶのが良いです。

xoxo(oxox)の意味|英語ならではのスラング「ハグ&キス」

xoxoの意味

xoxo(oxox)はhugs and kissesと呼ばれていますが、これはハグとキスをする2人の鳥瞰図(ちょうかんず)から連想されて使われるようになりました。oはハグをしている様子を表し、xはキスをしているキスをしている様子を表したもので、ハグやキスが当たり前の欧米人ならではの絵文字です。

このハグ&キスはその意味の通り、送信者が受信者に対してハグやキスをするということを表しています。このハグやキスには日本でもよく使われる意味の「恋人や異性に対しての好き」という気持ちに加え、敬愛や支持、慰めの意味も込められています。

\ POINT /

鳥瞰図(ちょうかんず)とは?

鳥瞰とは飛ぶ鳥が空から地上を見下ろすように、高い場所から広い範囲を見下ろすという意味があります。鳥瞰図は上から見下ろした様子を図形化したもののことで、ハグやキスをしている2人を上から見下ろした時にoやxのように見えることを意味します。

xoxo(oxox)の使い方は?

xoxo(oxox)の使い方|メールや手紙などのテキストで使われる

xoxo(oxox)は日本人もよく使う顔文字と同じ働きをするので、メールや手紙、FacebookなどのSNSで使われることが多いです。主に文末に付けて親しみや慰めを表しますが、よく日本人の間で好意があるのか無いのかというテーマに挙げられる「♡」とは違い、超特別という絵文字では決してありません。

xoxo(oxox)の使い方|①「愛してる」の代わりのxoxo

使い方①

xoxo(oxox)の使い方1つ目は、「愛してる」の代わりのxoxoです。「愛してる」という言葉は日本人には恥ずかしい言葉ではありますが、欧米人は日常的によく使う言葉です。友達との電話を切る時や離れて暮らす家族との別れ際、夫が仕事へ出かける時には「I love you」と決まって言います。

この「I love you」はメールやSNSでもそのまま「I love you」と書くこともありますが、日本語でも文字より顔文字の方がカジュアルなのと同じでxoxoの方がカジュアルな印象を与えます。何か用事があってメールやカードを送ったりする時には、xoxoやxxxを使う人が多いです。

「I love you」の代わりのxoxo
  • Ok! Then see you later! xoxo (Ok!じゃあまた後でね!)
  • Have a good day at school! xoxo(学校でよい一日を!)
  • Good night baby. xxx(おやすみベイビー。)

xoxo(oxox)の使い方|②慰める時のxoxo

使い方②

xoxo(oxox)の使い方2つ目は、慰める時のxoxoです。親しい人から悲しい出来事を聞いた時、英語では「I'm sorry」を使うことが多いです。「I'm sorry」は「ごめんなさい」という意味がありますが、気の毒に思う気持ちを表す時にも使われ、私は分かってるよという印象を与える言葉です。

この「I'm sorry」を使う時にはxoxoを一緒に使って、寄り添う気持ちを表現することが多いです。お気の毒にという言葉と一緒にハグやキスで慰めるということを表しており、「早く元気になってね」という意味を込めたりもします。

慰める時のxoxo
  • Oh, really? I'm sorry... xoxo(え、本当?それは残念だね...)
  • I'm sorry for what happened to you. xoxo(そんなことが起こったなんてお気の毒に。)
  • I know you want it... I'm sorry. xoxo(あなたが欲しいのは分かってるけど...残念だね。)

xoxo(oxox)の使い方|③喜びを表現するxoxo

使い方③

xoxo(oxox)の使い方3つ目は、喜びを表現するxoxoです。欧米ではスポーツで優勝した時や学校の卒業式には、みんなでハグをして喜ぶ姿を見ることができます。さらに、久しく会っていなかった人との再会にはキスをする姿も珍しくありません。

このように欧米では喜びをハグやキスで表現する文化が根付いているので、手紙やメールでも喜びを伝える時にはxoxoを使う傾向があります。「I give you a big hug.(or kiss)」(大きなハグをあげる)という文章よりも簡単に表すことができるので、文章ではxoxoが便利なのです。

喜びを表現するxoxo
  • Wow! I'm happy for you. xoxo(おー!私もすごく嬉しいよ。)
  • Congratulations! xoxo(おめでとう!)
  • You did it! xoxo(よくやった!)

xoxo(oxox)の使い方|④感謝を表現するxoxo

使い方④

xoxo(oxox)の使い方4つ目は、感謝を表現するxoxoです。欧米にはハグの文化がありますが、主なハグをするポイントは出会った時と別れ際です。どちらも愛を込めてする行為ですが、「自分のためにわざわざ時間を割いてくれてありがとう」という気持ちも含まれています。

そんな欧米人は感謝の手紙やメールの時には、ハグやキスを込めてxoxoを付けます。直接「I wish I could give you a hug.」(ハグできたらな)と文章を送るよりも、簡単にハグをしてあげることができるのです。

感謝を表現するxoxo
  • Thank you for inviting me! xoxo(招待してくれてありがとう!)
  • I'm very thankful for your help. xoxo(あなたの助けには感謝してます。)
  • I can't express how thankful I am. xxx(どれだけ感謝しているのか表現できません)

xoxo(oxox)は誰に向けて使うもの?

xoxo(oxox)は誰にでも使える!

xoxo(oxox)はハグとキスと意味するので、日本人であればせいぜい使えて恋人同士もしくは夫婦間だと思う人が多いかと思います。しかし欧米ではハグもキスも広い使われ方をするので、パートナーに限って使われるスラングではありません。

恋人へのメールはもちろん使えますが、家族へのメッセージや友達へのクリスマスカードなど、様々な場面で使われています。男性から女友達に使われることは比較少ないですが、家族間、恋人同士、同性の友達同士もしくは女性から男友達では使われる頻度が高いです。

xoxo(oxox)はカジュアルな場面で使おう!

xoxo(oxox)は誰に対しても使えるスラングではありますが、フォーマルな場で使うことはおすすめできません。相手との距離が近かったり、プライベートで仲が良かったりする人限定で使うようにすると良いでしょう。

xoxo(oxox)は女性に使う人が多い!

xoxo(oxox)は、男性よりも女性に使う人が多い傾向にあります。日本でも女性の方が顔文字や絵文字を使うことが多いですが、女性の方が男性よりも細かい気遣いや感情表現ができるものです。もちろん男性でもxoxoを使う人はいますが、直接「I love you」と書いたりする人の方が多いです。

xoxo(oxox)以外のオシャレな英語のスラングは?

オシャレな英語のスラング①「OMG」

OMG

xoxo(oxox)以外のオシャレな英語のスラング1つ目は、OMGです。OMGは「Oh My God」の略で、英語でよく使われるスラングの一つです。OMGとは日本語で「マジかよ!」「ウソ!」という意味で、日本人の間でも「オーマイガー!」とそのまま使われる言葉でもあります。

OMGの使い方
  • OMG! Are you serious?(ウソ!本気なの?)
  • What? Did you beat the boss? OMG!(え?ボスを倒したの?マジかよ!)
  • OMG! I can't believe that! (ウソでしょ!信じられないよ!)

オシャレな英語のスラング②「LOL」

LOL

xoxo(oxox)以外のオシャレな英語のスラング2つ目は、LOLです。LOLは「Laughing Out Laud」の略で、「大声で笑う」という意味があります。日本語の文末に付ける(笑)と同じように使うことができるスラングです。

このLOLは(笑)からも想像できる通り単に「笑う」という意味で使うこともできますが、皮肉として笑う時や失笑の時にも使われることもあります。そのシチュエーションで笑いの意味が変わるので、広い場面で使うことができます。

LOLの使い方
  • What do you mean? lol(どういう意味?)
  • You're crazy! lol(どうかしてるよ!)
  • That's terrible. lol(それはひどいね)

オシャレな英語のスラング③「BFF」

BFF

xoxo(oxox)以外のオシャレな英語のスラング3つ目は、BFFです。BFFは「Best Friend Forever」の略で、「一生の友達」という意味があります。日本でも最近若者を中心に使われるようになってきており、特にSNSではよく見かけるようになりました。

BFF
  • You're a true BFF!(あなたは一生の友達よ!)
  • Can you come to the party with me as my BFF?(親友として私と一緒にパーティーに来てくれない?)
  • BFF keeps you to get out of trouble.(親友はトラブルから遠ざけてくれます。)

オシャレな英語のスラング④「24/7」

24/7

xoxo(oxox)以外のオシャレな英語のスラング4つ目は、24/7です。24/7は「twenty-four seven」(トゥウェンティフォーセブン)という読み方で、24時間週7日(1週間ずっと)ということを表しています。要するに「24時間365日、いつでも」と言いたい時に使われるスラングです。

24/7の使い方
  • I'm working 24/7.(私は四六時中働いています。)
  • I'd love to help you 24/7!(いつでも助けるよ!)
  • This store is open 24/7.(このお店は24時間年中無休です。)

オシャレな英語のスラング⑤「gotcha」

Gotcha

xoxo(oxox)以外のオシャレな英語のスラング5つ目は、gotchaです。gotchaは「I've got you」のフランクな言い方で、「わかった!」「やってやった!」という意味があります。書き言葉としては非公式ではありますが、若者を中心にカジュアルなメールで使われることが多いです。

gotcha
  • 'You should be there at 6pm!' 'Gotcha!'('6時にはそこに居た方がいいよ!' '分かった!')
  • Ah Gotcha! You can't get away from me!(捕まえた!私からは逃げられないよ!)
  • Gotcha! It's just a joke!(引っかかった!ただの冗談だよ!)

【番外編】YOLOの意味や使い方は?

【番外編】YOLOの意味|「人生一度きり!」

YOLOはxoxoと同じく英語のスラング中でもよく使われる言葉で、「You Only Live Once」を略したものです。You only live onceとは「人生一度きり」という意味があり、何でもできる現代の世の中を楽しむのにぴったりのスラングです。

YOLOは2011年に、カナダのラッパーであるドレイクが「The Motto」で使用したのがきっかけで世界中に広まりました。しかし既に古いイメージがついてしまっているので、略さずに「You Only Live Once」と書く方がカッコいい印象を与えられる場合も多々あります。

またここに、アメリカ英語のことわざや名言についての記事を載せておきます。You only live onceの他にもアメリカならではの素敵な格言があるので、ぜひこちらも参考にしてみてください!

Small thumb shutterstock 444923386
関連記事 アメリカ英語のことわざ・名言24選!素敵な・面白い言葉・格言は?

アメリカ英語のことわざ・名言・格言と言われて思いつくものはどれでしょう

【番外編】YOLOの使い方|使い方は様々!

YOLOの使い方

YOLOの使い方は絵文字の使い方をしたxoxoとは違い、様々なシチュエーションで使うことができます。SNSではそのまま「#YOLO」とタグ付けしたり、失敗してしまったことや終わってしまったことを「YOLO」と正当化したりすることもできます。

YOLOの使い方
  • 'I'd never do that!' 'YOLO!'('私にはできないよ' 'やるしかないでしょ!')
  • It cost me a lot but YOLO, right?(結構高かったけど、どうしても欲しかったんだからいいでしょ?)
  • You should try it! YOLO!(やってみるべきだよ!人生一度きりなんだから!)

xoxo(oxox)を使ってみよう!

いかがでしたか?xoxo(oxox)はSNSで使える感情表現だということを分かって頂けたのではないでしょうか。英語にはxoxoをはじめ、たくさんのスラングやカジュアルな表現があるので、ぜひ色んなスラングを知ってカッコよく使えるようになりましょう!

またここに、英語のスラングであるマザーファッカー(motherfucker)についての記事を載せておきます。スラングはうまく使えばカッコよくもなりますが、使い方を間違えるとトラブルのものになってしまうものです。ぜひこちらの記事を参考にして、スラングを正しく使えるようになりましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。