INDEX

惚れた弱みとは?意味や使い方は?

惚れた弱みとは好きな相手に主導権を握られる状態を意味する

惚れた弱みとは、好きな相手に惚れてしまったせいで主導権を握られている状態を意味します。相手に惚れ込んでしまうと「嫌われたくない」「振られたら怖い」という思いから、相手の機嫌を伺って自分らしく振舞えないことがよくあります。そのためいつの間にか相手が優位に立ってしまい、恋愛で苦労する様子も指しています。

惚れた弱みの類語は惚れた欲目(よくめ)

惚れた弱みの類語として、惚れた欲目(よくめ)という言葉が挙げられます。惚れた欲目は惚れてしまったがために、相手の欠点も長所として捉えてしまう状況や、相手を実物以上に素晴らしい人物だと勘違いしてしまう状況を意味しています。惚れた弱みと惚れた欲目は、どちらも男性に対しても女性に対しても使える言葉です。

惚れた弱みの使い方①相手に惚れて怒るべきことを許してしまったときに使う

惚れた弱みの使い方の1つ目は、相手に惚れて怒るべきことを許してしまったときに使えるということです。例えば「惚れた弱みにつけこまれ、恋人の浮気を許してしまった」「大好きな彼氏に都合よく扱われ悔しいが、惚れた弱みで怒れずにいる」といった使い方ができます。

惚れた弱みの使い方②相手に惚れて自分らしく行動できないときに使う

惚れた弱みの使い方の2つ目は、相手に惚れて自分らしく行動できないときに使えるということです。例えば「気になる異性の前だと、惚れた弱みで自分らしく振舞えない」「彼女に惚れた弱みを握られ、自分の意見をいつも後回しにしてしまう」といった使い方ができます。

惚れた弱みを感じる心理とは?

自分の意見は二の次にしてしまっている心理

惚れた弱みを感じる心理

惚れた弱みを感じる心理として、まず自分の意見を二の次にしてしまっていることが挙げられます。大好きな恋人に嫌われたくなく、相手の意見を優先させたいという心理から、自分の意見を相手に伝えられないという人がいます。そんな人はふとした瞬間に、「惚れた弱みで自分の意見を蔑ろにしている」と感じるときがあります。

彼氏や彼女に振り回されていると感じる心理

惚れた弱みを感じる心理

彼氏や彼女に振り回されていると感じることも、惚れた弱みを感じる心理のひとつです。惚れた弱みにつけこまれやすい人は、相手のペースに合わせてしまいがち。最初は好きという気持ちが勝っていたもの、相手の発言や行動がエスカレートすると「惚れた弱みで彼氏や彼女に都合よく扱われてるかも…」と気づく人もいます。

惚れた弱みでしてしまう行動例3選

惚れた弱みでしてしまう行動①相手を甘やかしてしまう

惚れた弱みでしてしまう行動の1つ目は、相手を甘やかしてしまうことです。相手のことに好意を持ち過ぎて、惚れた弱みでわがままやお願い事を何でも聞いてしまう人がいます。例えば彼女が高価なアクセサリーをおねだりしたら買ってしまう、彼氏にお金を貸してくれとお願いされたら貸してしまうといったことが挙げられます。

惚れた弱みでしてしまう行動②相手の言いなりになってしまう

惚れた弱みでしてしまう行動の2つ目は、相手の言いなりになってしまうことです。惚れた弱みを握られやすい人は、片思い中の相手または付き合っている彼氏や彼女から、避けられたくない、突き放されたくないという心理があります。そのためどんな状況でも、相手のやりたいことに合わせてしまう傾向があります。

また、男性の中には惚れた弱みなど関係なく、元々の性格から恋人の言いなりになってしまう人もいるようです!こちらの記事には、奥さんや彼女の言いなりになってしまう男性の特徴がいくつかまとめられています。どういったタイプの男性が尻に敷かれやすいのか興味のある方は、ぜひこちらの記事もチェックしてくださいね。

Small thumb shutterstock 538654906
関連記事 尻に敷かれるの意味とは?奥さんや彼女の言いなりの男の特徴10選

尻に敷かれるとは、どんな意味があるのでしょうか。奥さんや彼女の言いなり

惚れた弱みでしてしまう行動③相手のために自分を犠牲にしてしまう

相手のために自分を犠牲にしてしまう

惚れた弱みでしてしまう行動の3つ目は、相手のために自分を犠牲にしてしまうことです。惚れた弱みにつけこまれやすい人は、相手のことを常に1番に考えます。そのため相手がどんな過ちを犯しても、「自分にも否があった」「自分があのときこうすれば、こんなことにはならなかった」と自分を責めてしまうことがあります。

また、片思い中の相手に一夜限りの相手にされて都合よく扱われても、恋人に浮気されて裏切られても、「好きだから」「嫌われたくないから」という理由で許してしまうことがあります。惚れた弱みにつけこまれた人は浮気で傷つきますが、それよりも好きな相手が自分から離れてしまう方がもっと嫌だと考える傾向があります。

片思い中の惚れた弱みの不安を解消する方法は?

片思い中の惚れた弱みの不安を解消する方法①恋愛だけに熱中し過ぎない

片思い中の惚れた弱みの不安を解消する方法の1つ目は、恋愛だけに熱中し過ぎないことです。片思い中の相手が好きであるほど、まわりが見えなくなりがちです。そのため一度冷静になって恋愛から遠ざかってみましょう。恋愛以外に自分のやるべきことが見え、惚れた弱みでのめり込んだ相手への意識を違う方向に向けられます。

例えば片思い中の相手のことを考えていた時間を、自分の将来について考える時間や、友人や職場の同僚、家族と過ごす時間に充ててみることをおすすめします。そうすることで「恋愛や片思い中の相手だけが、自分の人生の全てではないんだ」ということに気づき、惚れた弱みの不安を解消することができるはずです。

片思い中の惚れた弱みの不安を解消する方法②都合のいい人にならない

片思い中の惚れた弱みの不安を解消する方法の2つ目は、都合のいい人にならないことです。片思い中の相手が惚れた弱みにつけこんで、わがままを言ったり体だけの関係を求めたりしてくるときがあります。この場合は「そういうのは付き合ってからの話ね」と、毅然とした態度で断ることをおすすめします。

というのは相手の要望を断って惚れた弱みを握らせないことで、こちらにも恋愛の主導権があることを示せるからです。ちなみに相手の要望ばかり聞いていると、付き合わなくてもわがままを聞いてくれる人として、恋人になれず都合よく扱われ続けてしまうこともあります。好きだからと、相手の要望に応え過ぎるのは要注意です!

片思い中の惚れた弱みの不安を解消する方法③自分の時間も大切にする

片思い中の惚れた弱みの不安を解消する方法の3つ目は、自分の時間も大切にすることです。これまで片思い中の相手に惚れた弱みで振り回されてきたと感じている方は、自分が楽しい、嬉しいと感じることをしましょう。そうすることで徐々にのめり込み過ぎた恋愛感情を忘れられ、片思い中の惚れた弱みの不安を解消できますよ。

自分の時間を大切にする方法として、趣味に打ち込むことが挙げられます。ですが中には、趣味がないという方もいるはずです。そんな無趣味の方に読んでいただきたいのが、こちらの記事。ここには20代、30代のおすすめの趣味がまとめられています!どれも簡単にはじめられるものばかりなので、ぜひ参考にしてください。

Small thumb shutterstock 403536004
関連記事 20代・30代女性の趣味おすすめランキング20選!家でできる/おしゃれ

20代30代の女性にうってつけな趣味に興味はありませんか?趣味があると

付き合っている時の惚れた弱みを解消する方法は?

付き合っている時の惚れた弱みを解消する方法①対等な関係を築く

付き合っている時の惚れた弱みを解消する方法の1つ目は、対等な関係を築くことです。惚れた弱みを握られると上下関係ができてしまいます。上下関係ができると上の立場の者が、惚れた弱みにつけこんでわがままを言うことがあります。惚れた弱みを握られて辛い思いをしないためにも、対等な関係になるよう心掛けましょう!

ちなみに対等な関係を築く方法として、お互い嫌なことは嫌とはっきり言うことが挙げられます。例えば恋人の深夜の呼び出しが多くなったり、お金を貸してとお願いが多くなったりしても、自分が嫌と思えばはっきり断りましょう。そうすることで相手にも嫌われたくないという気持ちが生まれ、平等な関係が築けるといえます。

付き合っている時の惚れた弱みを解消する方法②文句を言うべきところは言う

付き合っている時の惚れた弱みを解消する方法の2つ目は、文句を言うべきところは言うことです。先ほどもお伝えしたように対等な関係を築いて惚れた弱みを解消するには、相手にされて嫌なことを伝えることが大切です。さらに怒りといった伝えづらい負の感情も、相手にきちんと伝えて感情表現することも肝心になってきます。

惚れた弱みを握られている方の中には、相手の浮気や過剰な束縛、度重なる遅刻やドタキャン、わがままについて、本当は文句を言いたいのに好きな気持ちが邪魔して許してしまっている方がいるかもしれません。ですがこういった怒りの感情もきちんと伝えて相手に分かってもらうことで、惚れた弱みを解消することができます。

付き合っている時の惚れた弱みを解消する方法③自分の意見も尊重する

付き合っている時の惚れた弱みを解消する方法の3つ目は、自分の意見も尊重することです。恋人が「今の服装は好みじゃないからこんな服装を着て欲しい」「仕事をセーブして自分との時間をもっと作って!」と要求してきたとしましょう。そこで全ての要求を受け入れてしまうと、恋人の立場が上になり惚れた弱みを握られます。

惚れた弱みを握られると、相手のわがままがエスカレートして関係が悪化するため注意が必要です。それゆえ相手の要求についてじっくり考え、自分はどう思うのか考えてみましょう。自分の服装を変えたら満足なのか、仕事をセーブしたら幸せになれるのか考え、NOという答えが出れば相手にもできない気持ちを伝えるのです。

惚れた弱みを握られて辛いときは自分を大切にしよう!

今回は惚れた弱みの意味や使い方、惚れた弱みの解消方法などお伝えしました!惚れた弱みを握られて辛いときは、自分の意見を尊重することや、都合のいい人にならないことが大切です。惚れた弱みの辛さを解消したい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。