INDEX

つけま・カラコン卒業は何歳くらいを目処にすべき?きっかけも

つけま・カラコン卒業の目処①不自然さを感じたとき

つけま・カラコン卒業の目処の1つ目は「つけま・カラコンに不自然さを感じたとき」です。簡単にデカ目を作れて目の色を変えられるカラコンですが、年齢とともに変化する肌に合わなくなってきてしまいます。具体的に何歳からカラコン卒業という年齢はありませんが、メイクに合っていないかも…と感じた時が目処です。

つけま・カラコン卒業の目処②可愛いからキレイに変わるとき

つけま・カラコン卒業の目処の3つ目は「可愛いからキレイに変わるとき」です。年齢とともに可愛いメイクからキレイなメイクの方が似合うようになってきます。そのときに可愛いメイクに合っている可愛いつけま・カラコンは合わなくなってくるのは当然のことです。

大人っぽいメイクに変えようかな…と感じたときがカラコン卒業の目処と言えるでしょう。すぐにカラコンなしのメイクは難しいと感じる方は、まずはナチュラル系カラコンに変えてみるといいでしょう。

つけま・カラコン卒業の目処③大人の男性に不評!

不評

つけま・カラコン卒業の目処の3つ目は「カラコンを付けた大人の女性は男性に不評」です。可愛くデカ目を盛れるつけま・カラコンですが、大人の男性の意見は「違和感がある」「不自然でキレイだと思えない」といったものが多いのです。

あなたが年齢を重ねるとともに、あなたの周りの男性も可愛いからキレイを求めるようになるようです。これを機に裸眼メイクにチャレンジしてみませんか?

つけま・カラコン卒業の目処④目にしんどさを感じたとき

目

つけま・カラコン卒業の目処の4つ目は「目にしんどさを感じたとき」です。年齢とともに、どうしても目の力は衰えます。若い時は何でもなかったのに、最近カラコンを入れると疲れる…そんな時は目があなたにSOSを出している証拠です。透明のコンタクトレンズに変えるか、メガネに変えて目を休めてください。

メガネになれていないという方は、以下のメガネ女子についての記事をぜひご覧ください。カラコンをやめてメガネにしてもキレイは作れますよ!

Small thumb shutterstock 742485433
関連記事 メガネ女子は確実にモテる!男性に絶対的好印象を与える方法15選!

一昔前のメガネ女子といえば、どこか田舎くさくて垢ぬけていない印象でした

つけま・カラコン卒業メイクの方法は?

つけま・カラコン卒業メイクの方法①デカ目になれる!ナチュラルメイク

つけま・カラコン卒業メイクの方法の1つ目は「デカ目になれるナチュラルメイク」です。今までカラコンに頼ってデカ目メイクをしていた方は、裸眼でデカ目を作るといってもなかなかピンと来ないかもしれません。しかし裸眼でもナチュラルでキレイな目が作れるんです。

コツはハイライトをキレイに入れることと、先に淡い色でアイラインを入れることです。詳しいメイク方法は、以下の動画を参考にしてください。ノーメイクの時よりも確実にデカ目になれて、目にも優しいナチュラルメイクをマスターして、カラコン卒業しましょう!

つけま・カラコン卒業メイクの方法②盛れる!アイライン・マスカラ

つけま・カラコン卒業メイクの方法の2つ目は「盛れるアイライン・マスカラ」です。つけま・カラコンがなくても、デカ目メイクができます。アイラインとマスカラも重要ですが、その前のアイシャドウをぼやかせるようにグラデーションを付けて載せることがポイントになります。目頭にはハイライト、目じりにはシャドウです。

アイシャドウのコツは、まつ毛とまつ毛の間を埋めて、肌色を見せないようにします。黒目の上だけ太めに引くのも忘れないでくださいね。マスカラは下地を使うことで長さもだしキープ力を上げましょう。詳しいデカ目の作り方は、以下の動画を参考にしてください。

つけま・カラコン卒業メイクの方法③カラコン無し大人メイク

つけま・カラコン卒業メイクの方法の3つ目は「カラコン無し大人メイク」です。カラコンをやめて可愛いからも卒業し、しっとりとした大人の女性のメイクを覚えましょう。大人メイクには、眉毛のメイクも重要になってきます。キリっと上がりすぎないように、ナチュラルな眉毛を目指しましょう。

目じりにオレンジ系のシャドウを広めに乗せて、少し腫れぼったい縛りにすると大人セクシーな目元が出来上がります。仕上げにブラウンを重ねて影を作るとデカ目効果があります。詳しいメイクの仕方は、以下の動画を参考にしてください。大人なメイクをもっと知りたいという方は、以下の記事も併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 599394182
関連記事 色気のある大人メイクの仕方は?今時チークと赤リップを使って脱童顔!

可愛い大人メイクの仕方や童顔から抜け出す色気のある可愛いメイクについて

つけま・カラコンなしでもナチュラルで可愛く見える裸眼メイクのコツ5選

ナチュラルで可愛く見える裸眼メイクのコツ①陰影をつける

ナチュラルで可愛く見える盛れる裸眼メイクのコツの1つ目は「まぶたに陰影をつける」です。日本人の顔立ちは平ら気味なので、影を加えてあげることでデカ目効果が出ます。しかし、極端な暗い影だけを入れると、くらぼったい印象になるだけなので逆効果です。明るい色から乗せていって、グラデーションを作りましょう。

シャドウにもいろいろなカラーがありますが、大人ナチュラルな裸眼メイクにおすすめなのは、ブラウン系のアイシャドウです。明るく仕上げたい方はオレンジ系もいいでしょう。あまり赤い色のアイシャドウだと酔っているように見えてしまうので気を付けてくださいね。

また、同じブラウン系のアイシャドウでもイエローベースかブルーベースかで色身は違ってきます。興味のある方は以下の記事を併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 574717297
関連記事 イエローベースに似合うアイシャドウ17選|イエベ春/イエベ秋/プチプラ

イエローベースに似合うアイシャドウは何色?あなたの肌に似合うアイシャド

ナチュラルで可愛く見える裸眼メイクのコツ②下のアイラインは薄め

ナチュラルで可愛く見える盛れる裸眼メイクのコツの2つ目は「下のアイラインは薄めにひく」です。「つけま・カラコン卒業メイクの方法②盛れる!アイライン・マスカラ」でご紹介した通り、上のアイラインはまつ毛とまつ毛の間を埋めて、肌色を見せないようにするのがコツですが、逆に下はアイラインを薄く仕上げます。

下のアイラインも濃く仕上げてしまうと、不自然なデカ目になってしまいます。大人ナチュラルな可愛いメイクの仕上げるには、目の周りをアイラインでくっきり囲ってしまわない湯注意してください。描いても、薄い色合いでぼやかせて仕上げるようにしましょう。

ナチュラルで可愛く見える裸眼メイクのコツ③周りをぼかす

ナチュラルで可愛く見える裸眼メイクのコツの3つ目は「周りをぼかす」です。先程、アイシャドウにグラデーションを付けて陰影をつける方法をご紹介しましたが、アイラインもはっきりくっきりとさせずに、黒いラインで引いた後輪郭部分をブラウンで仕上げることをおすすめします。

それでもまだくっきり感が出てしまい不自然な印象になってしまうときには、濃いめもブラウンのアイシャドウを上から乗せてぼやかせてみてください。このように、濃いメイクよりもナチュラルメイクの方が手間も時間もかかります。しかし、男性ウケはとても良いのでぜひチャレンジしてみてください。

ナチュラルで可愛く見える裸眼メイクのコツ④マスカラで盛る

ナチュラルで可愛く見える盛れる裸眼メイクのコツの4つ目は「マスカラで盛る」です。ビューラーでしっかりとまつ毛を持ち上げて、つけまを付けずにマスカラで仕上げましょう。この時、下まつげにぬるマスからは、ほんのりにするようにしてください。下まつげまでしっかり盛ってしまうと不自然な仕上がりになります。

マスカラを塗るときは、先にマスカラ下地を塗るようにしましょう。仕上がりもキープ力も断然違います。また、マスカラを塗るときダマになってしまったり、まぶたに付けてしまったりと上手に塗れないという方は、以下の動画を参考にしてください。塗り方のコツさえつかめば、マスカラは怖くないですよ!

ナチュラルで可愛く見える裸眼メイクのコツ⑤濃い色を使わない

ナチュラルで可愛く見える裸眼メイクのコツの5つ目は「濃い色を使わない」です。ご紹介してきた方法でメイクをしたのに、裸眼メイクのはずなのに濃い仕上がりになってしまった、ナチュラルさがない、カラコンに勝てない…そんな風に感じる場合は、チョイスしているカラーが濃すぎる可能性があります。

陰影は必要ですが、あまり肌の色に合っていない濃すぎるカラーですと、底だけ浮いてしまいパンダの目のようなくっきり感が出てしまいます。黒で来いと感じる方はこげ茶に、こげ茶で濃いと感じる方は茶に変えてメイクしてみてください。同じメイクでも印象がガラッと変わるはずですよ!

カラコン卒業!大人メイクを目指そう

いかがでしたでしょうか?つけま・カラコンを手放せなかったあなたも、大人ナチュラルなキレイメイクをしてみたくなったのではありませんか?普段はカラコンをするという方も、時には目を休めてあげてください。ぜひ裸眼メイクにチャレンジしてみてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。