Large thumb shutterstock 203055040

ブートニアとは?結婚式の新郎用の生花ブートニアの簡単な作り方は?

更新:2020.02.14

結婚式で新郎が胸元に付けるブートニアについてご紹介しています。ブートニアには、どのような由来やエピソードがあるのでしょうか。また生花を使った簡単なブートニアの作り方や、素敵なデザインのおすすめの新郎のブートニアについても解説しています。

ブートニアとは?

ブートニアとは新郎の胸元に付けるお花のこと

ブートニアとは、結婚式で新郎が胸元に身につけるお花のことです。新郎が結婚式でタキシードを着るときに、左胸元につけているお花がブートニアです。基本的にブートニアは、花嫁である新婦のブーケと同じお花を用いて作られます。ブーケとブートニアは、両方そろって一つと考えるのが一般的でしょう。

ブートニアのはじまりはプロポーズのエピソード

ブートニアの由来をご存じでしょうか。ブートニアのはじまりは、プロポーズのエピソードにあります。ヨーロッパの古くからの言い伝えですが、ある朝一人の男性が愛する女性にプロポーズするために、朝露を浴びた美しいお花を庭で摘みました。それをリボンでまとめてブーケにして、女性の家へと向かいます。

そして、女性は男性からのプロポーズを受け入れ、花束を受け取りました。そして、「yes」の答えの証として、その花束の中のお花の一輪を、相手の男性の胸に添えてあげたと言います。その男性の胸へと添えられたお花が、ブートニアの始まりです。だから、ブーケとブートニアはセットで、同じお花が使われているのですね。

また、次の記事では手作りブーケの簡単な作り方についてご紹介しています。おしゃれで可愛いブーケを手作りして、素敵な結婚式にしたいですね。ぜひ次の記事を参考に、自分で結婚式のブーケを手作りしてみましょう!

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料は?

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料①お花やグリーン

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料の1つ目は、まずは材料となるお花とグリーンです。お花だけで作られることもありますが、グリーンも合わせて作られることで、より華やかな印象に仕上がります。

これらのお花は、前項でもご紹介した通りブーケと同じ花材で作られます。花嫁のブーケのミニチュア版のようにして作られるのがブートニアです。

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料②ワイヤー

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料の2つ目は、ワイヤーです。ブートニアは、材料であるお花やグリーンをそのまままとめて胸ポケットに挿しているわけではありません。しっかりとワイヤーが付けられて固定されたものが胸元に添えられています。このワイヤーがしっかりとしたブートニアを作るためにはとても重要です。

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料③フローラルテープ

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料の3つ目は、フローラルテープです。フローラルテープは、ブートニアのワイヤーを隠すために使われるテープです。ご紹介している写真のように、さまざまな色合いのテープがあります。これを巻くことにより、一つの茎のように見えるという特徴があります。

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料④リボン

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料の4つ目は、リボンです。ブートニアには、お花やグリーンのほかに、リボンも付けられます。そのまま結ばれることもあれば、独特の形にまとめられて結ばれることもあります。ブートニアのリボンも、ブーケに使うリボンと同じ種類を使います。

リボンの選び方については、ブーケのお花の雰囲気はもちろん、新郎新婦の衣装の色合いや、会場のコーディネートにもよります。フラワーコーディネーターと相談して、素敵なリボンを付けるといいでしょう。

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料⑤ペンチやハサミなど

結婚式の新郎用の生花ブートニアの材料の5つ目は、ハサミやペンチです。花材自体をカットするのにも使いますし、束ねるためのワイヤーをカットするのにも必要です。工具もしっかり揃えて手作りに臨みましょう。

また、次の記事ではキャンディブーケの作り方についてご紹介しています。さまざまなお菓子をひとつにまとめて、ブーケのように可愛いらしくアレンジしたものがキャンディブーケです。ハロウィンや誕生日などで、子どもたちが大喜びしそうなアイテムですね。ぜひ作ってみてください。

結婚式の新郎用の生花ブートニアの簡単な作り方は?

結婚式の新郎用の生花ブートニアの簡単な作り方

結婚式の新郎用の生花ブートニアの簡単な作り方をご紹介します。コツさえ押さえていれば、生花ブートニアは簡単に手作りすることができます。ぜひ試してみてください。また、ブートニアの作り方やリボンの結び方をまとめている分かりやすい動画もご紹介しています。合わせてご覧ください。

結婚式の新郎用の生花ブートニアの簡単な作り方

  1. 花材を茎を約1センチ程度残してカットします。カットしたら、少しの間水に浸しておきましょう。それと一緒に、小さくカットしたコットンも浸しておきます。
  2. 花材をワイヤリングします。1センチほど残した茎にワイヤーを通しておきます。
  3. 茎のカットした部分にコットンを巻き付けるように固定し、さらにその上からフローラルテープを巻き付け、そのままワイヤー全体をフローラルテープで巻きます。
  4. 花材すべてのワイヤリングが終わったら、アレンジしてまとめます。
  5. 次にリボンを付けます。リボンを好みの形や結び方にアレンジして、これもワイヤーを通しておきます。
  6. まとめたら全体を覆うように、またフローラルテープを巻き付けます。
  7. 最後にフローラルテープの上からリボンを巻き付けたら完成です!

結婚式の新郎用の生花ブートニアの付け方・結び方

新郎の結婚式のブートニアを作ったら、あとはしっかりと付けるだけです。実はこのブートニアの付け方にはコツが要ります。基本的にはご紹介しているようなブートニアホルダーやブートニアピンを用意します。これに茎の部分を挿し、襟の部分を挟んで留め、襟の裏側からピンで花を固定します。

また、ブートニアホルダーを使わない場合には、襟の裏側から2本のピンを使ってブートニアを固定します。これにもコツが要りますが、何度か練習すると付けられるようになるでしょう。

新郎におすすめのおしゃれなブートニア5選!

新郎におすすめのおしゃれなブートニア①ミモザのブートニア

新郎におすすめのおしゃれなブートニアの1つ目は、ミモザのブートニアです。ネイビーのジャケットに、黄色のミモザがとても映えていますね。これだけカラフルな黄色を合わせるのはとても珍しいですが、とても素敵な仕上がりです。

新郎におすすめのおしゃれなブートニア②ピオニーのブートニア

新郎におすすめのおしゃれなブートニアの2つ目は、ピオニーのブートニアです。ピオニーとは芍薬のことです。大輪のピオニーは女性らしくとても素敵な印象です。新郎の胸元の小さなピオニーも、とてもおしゃれで素敵ですね。紫色のリボンが、大人っぽさをさらに強調しています。

新郎におすすめのおしゃれなブートニア③野の花のブートニア

新郎におすすめのおしゃれなブートニアの3つ目は、野の花のブートニアです。たくさんの小さな小花とグリーンが使われている、とても可愛いらしいリングブーケです。お揃いのブートニアも、とてもおしゃれな仕上がりですね。

新郎におすすめのおしゃれなブートニア④秋色ブートニア

新郎におすすめのおしゃれなブートニアの4つ目は、秋色のブートニアです。これは、ドライフラワーが使われています。褪せたような色合いがとても素敵な仕上がりですね。生花のブートニアも素敵ですが、ドライフラワーもおしゃれで珍しいおすすめのアイテムです。

新郎におすすめのおしゃれなブートニア⑤定番なバラのブートニア

新郎におすすめのおしゃれなブートニアの5つ目は、定番のピンクのバラを用いたブートニアです。ピンクと白のバラに、グリーンが差し込まれたとても素敵な色合いのブーケで、とても花嫁らしいスタイルのラウンドブーケに仕上がっています。

濃淡のピンクとグリーンのコーディネートが、とてもバランスのいい素敵な雰囲気のブートニアに仕上がっていますね。定番ですが、結婚式らしいとてもおすすめのデザインです。

また、次の記事では手作りのガーランドの作り方をご紹介しています。結婚式の飾り付けアイテムとしても活躍するガーランドですが、とても簡単に作ることができます。ぜひ、次の記事を参考になさってください。

新郎のブートニアをおしゃれに手作りしよう!

新郎用のブートニアの意味合いや、ブートニアを作るのに必要な材料、そして作り方やおしゃれなブートニアの種類についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。素敵なデザインのブートニアがたくさんあり、花嫁のドレスやブーケとも合わせながら決められることも分かりました。

ブートニアはブーケと異なり、意外と簡単に仕上げることができますから、結婚式準備に余裕があるうという方はぜひ手作りされてみてはいかがでしょうか。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。