INDEX

ライバル視の意味は?

ライバル視の意味は「敵対心を抱いた眼で視る」

敵対心を抱いた眼で視る

ライバル視の意味とは、「敵対心を抱いた眼で視る」ということです。何かにつけて、敵意をむき出しにし、相手を睨むことを言います。また、そのような人のことを言う場合もあります。

ライバル視の同義語はマウンティング

マウンティング

ライバル視の同義語は、マウンティングです。特に女性の間でよく行なわれている行為です。「マウンティング女子」は、テレビドラマの影響で一気に有名になった言葉でもあります。これは男性よりも女性の方が、圧倒的にマウンティング率が高いからです。それだけ、女性は仕事に対して、男性よりも必至だということでしょう。

マウンティング女子にターゲットにされると、逃れることが大変難しくなります。目立たたない攻撃が大変多くなる為、周囲の人たちにも気づいてもらえないパターンがたくさんあります。助けを求めにくい状況になることもあります。ターゲットにされると後が大変なので、気をつけましょう。

職場でライバル視してくる女の心理5選

仕事でライバル視してくる女の心理①プライドが高い

プライドが高い

仕事でライバル視してくる女の心理の1つ目は、プライドが高い、という心理です。どんなことがあっても揺るがない高いプライドを持っています。それだけ、自分自身の仕事や手腕に自信があるということです。また、そこへ辿り着くまでに大変な努力をしてきている、ということもあります。実績に裏打ちされた実力があります。

自他ともに認める実績がある為、プライドが高くなるのは仕方がないかもしれません。それまでに見えないところでも、大変な努力をしてきていることも事実です。想像以上の苦労をしてきている場合もあります。プライドを上手にくすぐる戦法を使うと、意外と仲間として認めてくれる場合もあります。近づき方を考えましょう。

プライドが高い人の心理や特徴、更には仕事の関わり方について、ご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ぜひ、あわせて、参考にしてみてくださいね。

仕事でライバル視してくる女の心理②自己顕示欲が強い

自己顕示欲が強い

仕事でライバル視してくる女の心理の2つ目は、自己顕示欲が強い、という心理です。自分が目立っていなければ気が済みません。すべての脚光は自分もだという強い思い込みもあります。そして、それらの脚光を浴びるだけの実力が自分にはある、という自信もあるのです。すべての人たちが自分に注目することを望んでいます。

多くの人たちが自分に注目することで、自信が持てるのです。みんなが注目するのは、自分に実力があるからだ、と自分に言い聞かせています。自信やプライドを保つ為に、自己顕示欲が強いという心理が働いています。上手におだてて目立つような状況を創り出してあげると、ターゲットにされることは少なくなるでしょう。

仕事でライバル視してくる女の心理③負けず嫌い

負けず嫌い

仕事でライバル視してくる女の心理の3つ目は、負けず嫌い、という心理です。自分は絶対に誰にも負けない、という強い信念のようなものがあります。その為の努力は惜しみませんし、人の倍以上の努力をしていることも事実です。その努力を自分でも認めている為、絶対に負けられない、という強い信念があります。

過去に辛酸をなめた、という経験があるのかもしれません。そのような辛い経験をいくつも乗り越えてきた人の中には、負けず嫌いになる人がいます。その為、自分が負けそうだと本能的に感じた人に対して、ライバル視をするのです。機会があれば苦労話を聞いてみると、心を開いてくれて、ターゲットにならないかもしれません。

負けず嫌いな性格の心理や特徴、長所や短所、更には対処法についてもご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、あわせて、参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 393880156
関連記事 負けず嫌いな性格の心理・特徴15選|長所・短所への言い換え方や対処法も

負けず嫌いな性格というのは、自己PRなどにおいても長所にも短所にもなる

仕事でライバル視してくる女の心理④自分が常に一番

自分が常に一番

仕事でライバル視してくる女の心理の4つ目は、自分が常に一番、という心理です。どんな状況でも常に自分が一番でないと気が済みません。一番になる為に、血のにじむような努力をしているのです。見えるところばかりではなく、見えないところでも弛まない努力を続けています。その為、一番でなければならないのです。

自分が一番であることは当然だと思い込んでいます。「これだけ努力しているのだから当然」という思いがあるのです。その為、その一番の座を奪いそうな人が現れると、誰よりもいち早く察知し、敵対心をむき出しにします。目立つ行動は控えるようにしましょう。できるだけ謙虚に振る舞うようにすると良いでしょう。

仕事でライバル視してくる女の心理⑤優越感に浸りたい

優越感に浸りたい

仕事でライバル視してくる女の心理の5つ目は、優越感に浸りたい、という心理です。敵だと認識した人を打ち負かした時の気分が最高だと感じるタイプの人です。相手の実力は関係ありません。とにかく自分が確実に勝てると感じた人に対して、敵対心をむき出しにし、完膚なきまでに打ち負かそうと全力を尽くします。

優越感に浸ることで、自信が抱えているストレスを発散している、という見方もできなくはありません。「勝った!」という思いが、自分の心の中にあるもやもやした感情を晴らしてくれるのです。ただし、これは一時的なものですから、またすぐにもやもやした感情が湧いてきます。すると、次のターゲットを探します。

職場でライバル視されやすい人の特徴も5選

仕事でライバル視される・されやすい人の特徴①表情豊か

表情豊か

仕事でライバル視される・されやすい人の特徴の1つ目は、表情が大変豊かである、という特徴です。喜怒哀楽の感情が素直に表情に出る人は、ターゲットにされやすい人になります。がっかりしたりショックを受けた時の表情を見ることで、相手は大きな満足感を得ることができるからです。また、ストレス発散にもなっています。

それなら、がっかりしたり、ショックを受けた時に、反対に怒りの表情をすれば良いのかというと、それがそうでもありません。それはそれで、また相手に敵対心を抱かせ、更に悪い状況を招く結果になりかねないのです。ターゲットにされてしまったら、精神面を鍛えるチャンス、とでも捉えるしか方法はありません。

仕事でライバル視される・されやすい人の特徴②入ったばかり

入ったばかり

仕事でライバル視される・されやすい人の特徴の2つ目は、その職場や部署に配属されたばかり、という特徴です。仕事に慣れていない為、何かにつけて失敗をしてしまったり、仕事の処理が遅くなったりします。そのような状態の人はつぶしやすい為、ターゲットにされる可能性が大変高くなります。

これはどうしようもないことです。仕事は慣れれば自然と速くなります。ですが、ライバル視がひどくて、仕事に支障をきたす場合には、上司に相談するなり、仕事を変えるなりの対策を取るようにした方が良いでしょう。反発すると煽る結果になってしまい、もっと仕事に支障をきたすような状況になってしまいかねません。

仕事でライバル視される・されやすい人の特徴③人気者

人気者

仕事でライバル視される・されやすい人の特徴の3つ目は、人気者である、という特徴です。これは男性からも女性からも人気者になっている人です。人気者であるということは、言い換えるなら大変目立っているということです。目立つ人は確実にターゲットにされやすくなります。また、この場合は大変陰湿になります。

人気者の人は目立った形で敵対心を抱くと、自分も周囲から敵意を向けられる可能性が高くなります。そのようなことになると自分が損をすることになるので、かなり陰湿な方法で、つぶしにかかってきます。その人にだけ大切な連絡が来なかったり、仕事終わりの飲み会に誘ってもらえなかったりといったことが起こるでしょう。

仕事でライバル視される・されやすい人の特徴④努力家

努力家

仕事でライバル視される・されやすい人の特徴の4つ目は、大変な努力家である、という特徴です。自分も大変な努力家なので、同じタイプの人は見つけやすいのです。努力をしているということは、近い将来自分を追い抜いてしまうかもしれません。常に一番でありたいという気持ちが強い為、ターゲットにされてしまうのです。

努力をすることは決して悪い事ではありません。ただ、同じ努力をするなら、「あなたのようになりたいので、仕事を教えて下さい」などのように、相手の優越感をくすぐるような形で先手を打つと良いでしょう。敵対心を抱かれるのではなく、味方につけてしまえば良いのです。上手に近づくと、仕事のやり方を教えてもらえます。

仕事でライバル視される・されやすい人の特徴⑤嫌な顔をしない

嫌な顔をしない

仕事でライバル視される・されやすい人の特徴の5つ目は、嫌な顔を絶対にしない、という特徴です。どんな時でも笑顔で対応していると、ターゲットにされてしまう可能性が高くなります。いつもニコニコしているのが気に入らないのです。思い切り困らせてやりたい、という思いが湧いてきて、ターゲットにされてしまいます。

笑顔でいることは決して悪いことではありません。それを理由にしてターゲットにする方がどうかしているのです。いつも笑顔でいるあなたには、たくさんの見方がいるはずです。周囲の人たちに助けを求めると良いでしょう。あなたにたくさんの強い見方がいることがわかれば、向こうもそれ以上手出しはできなくなります。

ライバル視をしてくる女性は場合によっては味方につけると良い

味方につけると良い

ライバル視をしてくる女性は、決して仕事ができないわけではありません。むしろ、大変仕事ができる優秀な人なのです。このような人は敵に回すと厄介ですが、味方につけると、大変心強い人になってくれます。困っているとすぐに助けてくれるからです。また、効率の良い仕事のやり方も教えてくれます。

上手に近づいて、味方につけてしまいましょう。その人の手腕は素晴らしいのですから、そこを思い切り褒めてください。そしてあなたが大変尊敬しているということを、少々大げさに相手に伝え続けましょう。すると、頑なだった相手の心も溶けてきて、あなたを仲間だと認識してくれるようになります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。