Large thumb shutterstock 524306575

粗塩風呂のやり方は?塩の量を学んで塩風呂に入浴しよう!

更新:2019.06.21

粗塩を入れたお風呂に入ったことはありますか?粗塩にはミネラルが豊富でデトックス効果や保温効果もあり、浄化もしてくれます。粗塩風呂のやり方は普通に入ったり、半身浴したりととても簡単です。今回は、その粗塩風呂のやり方や食塩の量などを詳しく教えます。ぜひ、参考にして下さい!

粗塩風呂の効果・効能5選

粗塩風呂の効果・効能①デトックス効果

粗塩風呂の効果・効能1つ目は、デトックス効果があることです。デトックスとは、体の中に溜まっている老廃物を出してくれる方法のことです。塩には発汗作用もあり、湯船に浸かることで汗と一緒に毒素などの有害物質も排出してくれます。

発汗作用は、岩盤浴と同じ程あると言われていて、自宅にいながら簡単にデトックス出来ます。このときかく汗は、通常のものと違いどろどろとした汗です。これは、アポクリン腺からの毒素を含んだ汗だからです。一日の終わりにどろどろとした汗をかいて、すっきりしましょう!

粗塩風呂の効果・効能②保温効果

粗塩風呂の効果・効能2つ目は、保温効果があることです。冷え性の女性の方は多いですが、冷え性に何も良い事はないですよね。そんな方は、湯船に粗塩を入れるだけで、血行が良くなり、手先や足先にもしっかりと血液が巡るようになります。そして体の芯まで温まることが出来ます。

また塩には発汗作用があり、それにより代謝も良くなり体が温かくなります。また塩に含まれるマグネシウムが肌をコーティングしてくれるので、熱を逃がさずさらに保湿・保温効果を高めてくれます。粗塩は乾燥肌の人にもコーティングしてくれますが、乾燥する時期には、しっかりとクリームなどで保湿することも大切です。

POINT

乾燥肌が気になる方は!

乾燥肌が気になる方は、粗塩風呂にスキムミルクを加えるとしっとりとしますよ!スキムミルクは塩と合わせることで相乗効果があり、さらにツルツルの肌になります。入れるスキムミルクの量は、大さじ4杯程度を湯船に混ぜて下さい。

粗塩風呂の効果・効能③むくみ解消効果

粗塩風呂の効果・効能3つ目は、むくみを解消する効果があることです。塩風呂は、保湿効果や発汗作用があるので、血行も良くなり、むくみも解消されます。また体内の水分のバランスも整えてくれたり、血液の量を一定にする効果もあります。また血行が良くなることで、筋肉の緊張がほぐれ、肩こりや腰痛なども軽減されます。

そして、粗塩風呂にはダイエット効果もあります。普通の塩よりも、粗塩にはミネラルがたくさん含まれていて、そのお風呂に入ることだけでミネラルが皮膚から吸収されます。また、代謝も良くなるので、基礎代謝の量が自然と増え、痩せやすく太りにくい体になります。

さらに効果を試したい方は、よく体を温めたあと、塩を手の平に取りそれを体に揉みこむように擦りこんでいきます。少しすると体から汗がたくさん出ます。そのあと湯船に入りリンパマッサージをすると、ダイエット効果が高まるそうです。

粗塩風呂の効果・効能④美肌効果

粗塩風呂の効果・効能4つ目は、美肌効果です。塩風呂は浸かることによって毛穴が開き、中の汚れや角質が自然に落ちていきます。そしてそれにより代謝が良くなり、美肌作用が高まります。塩風呂に入っている人は、ツルツルの磨かれたようにキレイな肌の人が多いですよね。

また、塩にはミネラルが多く含まれているので殺菌作用も高く、抗菌作用もあります。その殺菌能力は、気になる体臭や加齢臭にも効果があるそうです。女性の方だと臭いには敏感ですよね。気になる方は、ぜひ試してみて下さい。

POINT

美肌効果をさらに高めるには!

美肌効果をさらに高めたい方は、日本酒を加えましょう。日本酒には「コウジ酸」が含まれていて、美白効果があるそうです。女性には嬉しい効果ですよね。日本酒の量は、コップ1~2杯ほどでいいそうです!

粗塩風呂の効果・効能⑤浄化効果

粗塩風呂の効果・効能5つ目は、浄化効果があることです。粗塩には清める作用があるので、それを肌に擦りこむだけで邪気を払うことが出来ます。上手くいかなかった日や、何だかイライラする日、落ちこんだ日などは、粗塩風呂に入るだけで浄化され、気分を変えることが出来ます。

浄化効果は、新しいお湯の方が効果が高いそうです。頭までつかるとより浄化されるそうです。効果の有無は人によって感じ方が違うと思いますが、粗塩は体の中の老廃物を出すデトックス効果も高いので、たくさんの汗をかき、入浴後はスッキリすること間違いなしです。

粗塩風呂のやり方は?

粗塩風呂のやり方①塩を選ぶ

粗塩風呂のやり方1つ目は、塩選びです。塩にも種類が色々ありますが、美容効果などが欲しい方は「粗塩」を選んで下さい。粗塩とは、まだ精製されていない塩のことで、ミネラルを多く含んでいます。このミネラルが、肌にはとても良いのです。粗塩はスーパーなどでも手軽に手に入れることが出来ます。

粗塩風呂のやり方②食塩の量は30g~50g

粗塩風呂のやり方2つ目は、食塩の量は30g~50gぐらいを目安に試してください。塩の入れる量は、人によって肌質が違ったり、また合わない場合もあり一概には言えません。最初は少なめから初めて、後はお好みで増やしたりして下さい。

粗塩が準備出来たら、あとは湯舟に入れて浸かるだけです。粗塩風呂の入り方は、以下の順番の通りです。湯船に入る時間は大体10分~20分程ですが、お好みで調節して下さい。また、入浴の前後は水分補給をするよう心掛けて下さい。

粗塩風呂の入り方

  1. 粗塩を湯船に入れたら、粒が無くなるまでしっかりと混ぜて溶かす。
  2. 塩が溶けたら湯船に10分程浸かり一旦シャワーで流す。
  3. もう一度湯船に10分程浸かる。
  4. 最後にシャワーでしっかりと塩を流す。

POINT

効果をさらに高めるために!

効果をさらに高めるには、38度~40度ほどのぬるま湯に浸かって下さい。ゆっくりと体の中から温まることで、全身がリラックスし、皮脂腺が活性化します。また、副交感神経も優位になるので、入眠もスムーズに出来ます。また、アロマオイルを3~5滴ほど湯船に加えるとさらにリラックス効果があります。

粗塩風呂のやり方③頻度は毎日ではなく週2~3日

粗塩風呂のやり方3つ目は、頻度は毎日入るのではなく、週2日~3日のペースで入る方が、効果が高いそうです。入り過ぎると、肌へ負担がかかり逆効果になることもあります。半身浴にしてゆっくりと入るのも良いですが、発汗作用があるので、途中で水分補給を必ずして下さい。

粗塩風呂のやり方④半身浴もおすすめ

粗塩風呂のやり方4つ目は、半身浴です。熱いお湯ではなく、ぬるま湯にして半身浴でゆっくりと入るのも効果的です。ただし、ぬるま湯にすることで、さらに発汗作用と保温効果を高めるので、半身浴の途中でも、水分補給を必ずして下さい。

また、長風呂が好きという方も多いと思いますが、塩風呂は長く入ると体力が奪われて疲れてしまうこともあります。塩風呂のときは、ほどほどの時間でやめておくのがベストです。また長時間入ると、肌が乾燥する場合もあるので、乾燥肌の人は短めに切り上げましょう。

粗塩風呂の注意点は?

粗塩風呂の注意点①皮膚疾患や敏感肌の方は医師と相談

粗塩風呂の注意点1つ目は、皮膚疾患や敏感肌の方は事前に医師と相談することです。敏感肌の人の中には、粗塩の刺激が強く感じる方もいます。また、皮膚疾患がある人は、粗塩を使用していいか判断することが出来ないので、必ず事前に医師に相談しましょう。また、傷がある人はしみるので、おすすめ出来ません。

粗塩風呂の注意点②入浴の前後は水分補給

粗塩風呂の注意点2つ目は、入浴の前後は水分補給をすることです。粗塩風呂は発汗作用があり代謝も良くなりますが、体内の水分が失われやすくなります。お風呂から出て倒れたりするのを防ぐためにも、入浴の前後はしっかりと水分を摂取しましょう。また、入浴前に水分補給するとデトックス効果も高まります。

粗塩風呂の注意点③その日の内にお湯を捨てる

粗塩風呂の注意点3つ目は、粗塩風呂はその日の内にお湯を捨てることです。粗塩風呂は塩の濃度が濃いので、そのままにしておくとステンレスや鉄の風呂釜が、サビたり故障の原因になることもあります。入浴した後は、キレイに塩を洗い流しましょう。また、追焚きは故障に繋がるので、しないように気を付けて下さい。

粗塩風呂でデトックス効果を楽しんで!

いかがでしたでしょうか。粗塩を入れたお風呂には、デトックス効果や美肌効果、さらにはダイエット効果など様々な効果がありますね。岩盤浴や、温泉に行くには面倒だったり、高い入浴剤を毎日使うのもお財布に痛いですが、粗塩だったらスーパーでも安く手に入るので便利ですよね。

デトックス効果も高く、岩盤浴と同じ量の汗を家で出せるのなら、とてもお手軽ですよね。やり方も簡単で、粗塩を入れるだけで、あっという間にたくさんの効果があるお風呂が出来上がります。入浴の前後には必ず水分補給をして、ゆっくりと粗塩風呂を楽しんでキレイになりませんか。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。