INDEX

たらこ唇のおすすめメイク方法は?似合う色も!

たらこ唇に似合うリップの色①ベージュベースがおすすめ

色んなリップ

たらこ唇の人におすすめのリップの色はベージュベースの色です。唇に塗る色は、濃い色だと唇が小さく見えて薄い色だと唇が大きく見えます。さらにパール入りやリップやグロスは唇が立体的に見え、マットなリップは唇が平面的に見えて目立ちにくくなります。

たらこ唇がコンプレックスだという人は、メイクをする時に少し薄めの色のリップか、またはベージュベースのリップにすると、顔の肌の色になじんで唇の存在感が少し薄れてたらこ唇という印象を消すことができるのです。たらこ唇に悩んでいるという人はぜひ試してみてください。

たらこ唇に似合う口紅の色②赤もたらこ唇を魅力的に見せる

赤い口紅を塗る女性

たらこ唇が気になるけどベージュベースのリップや口紅はどうも味気なく感じてしまうという人は、マット系の深い赤を唇に差してみるという方法があります。厚い唇は、一般的にセクシーな印象を与えやすい唇なのでさらにそこに大人の女性の色気が出せるマットな赤が加わるとよりセクシーな印象になります。

唇全体に赤を塗ってしまうと唇が際立ちすぎてしまいますので、内側から外側に向かって色を薄くするように口紅を塗る方法を使うと唇の厚みもあまり気にならないようになります。なぜマット系がおすすめなのかというと、マット系はグラデーションを作りやすいからです。

たらこ唇に似合うメイク方法①厚みを活かして魅力的な形を作ろう

リップメイク

たらこ唇を活かした唇メイクの仕方を紹介します。ポイントとして、ぽってりした唇の厚みを活かすことが大事です。まず道具を用意しましょう。必要なのはライナー、リキッドリップです。

ライナーは唇よりもワントーン暗めの色を用意するとより唇を魅力的に見せることができます。リキッドリップは思わず視線が向いてしまうような可愛いレディピンクを用意しましょう。この2つで唇を魅力的に作ることで、コンプレックスだった唇がたちまち魅力ポイントに変わるのです。

たらこ唇に似合うメイク方法②口角を引き締めるのを意識して

唇が印象的な女性

たらこ唇を魅力的に見せる方法のポイント2つ目は、上下の唇の口角を引き締めて奥行きを演出することです。引き締めてライナーを塗ることで、たらこ唇のぽってりした輪郭を引き締めて立体感を演出してセクシーな唇になります。

口角を引き締めた後、唇よりワントーン暗めのライナーを唇の輪郭をなぞるように塗ってください。ライナーの長さは口角より少し短めに塗りましょう。これでライナーの役目は終わりです。いよいよ仕上げのリキッドリップを使って魅力的な唇を作っていきます。

たらこ唇に似合うメイク方法③仕上げはリキッドタイプのリップで

リップグロスとコスメ

たらこ唇を魅力的に見せるポイント3つ目はリキッドリップです。リキッドリップを唇全体にのせます。仕上げにチップでリキッドリップをこすりすぎないように表面をスッと撫でましょう。光の筋が唇に流れるようなイメージをすると効果的です。

レディピンクのリキッドリップがぷるっとした魅力的なたらこ唇を作ってくれるのです。たらこ唇を魅力的に見せたいという人は、ぜひワントーン暗めのライナーとレディピンクカラーのリキッドリップを用意して唇に奥行きを出すようなメイクを意識してみてください。

関連記事として、女性の唇は厚いほうがいいのか、薄いほうがいいのかどちらがいいのかをまとめた記事を紹介します。魅力的な唇を作りたいときにぜひ参考にしてみてください。

たらこ唇がコンプレックスな方に|薄く見せるメイク方法は?

たらこ唇を薄く見せるメイク方法①まずは必要な道具を用意しよう

ナチュラルな色のコスメ

たらこ唇がセクシーということは知ってるけど、できれば唇を薄く見せて、たらこ唇を隠したいという人にぴったりのメイク法を紹介します。まずはたらこ唇の存在感を消すために必要な道具を用意してください。

用意するものは、コンシーラーまたは明るい色のファンデーションと自分の唇の色に近いリップライナー、そして赤すぎない自分の唇の色に近いナチュラルカラーの口紅です。この3つの道具でコンプレックスであるたらこ唇を隠して魅力的な唇を作っていきましょう。

コンプレックスのたらこ唇を薄く見せるメイク方法②唇の色味を整えよう

ファンデーション

たらこ唇を薄く見せるメイク法ポイント1つ目は、コンシーラーやファンデーションで唇の色味を抑えるということです。パフで唇にファンデーションかコンシーラーをなじませてください。この時のなじませ方は、唇と肌の境界線のあたりにファンデーションやコンシーラーをのせてぼやかすというイメージです。

たらこ唇の人は人より唇の輪郭が大きいため、たらこ唇に見えるのです。その輪郭を小さくするためにぼやかしていきましょう。自分の理想の唇の形に近づけるようにぼやかしてください。

たらこ唇を薄く見せるメイク方法③実際の唇の輪郭より小さくリップを引こう

唇の輪郭を囲む

たらこ唇を薄く見せるメイク法ポイント2つ目は唇の実際の輪郭より小さめに縁取りをするということです。元の唇の色に近いリップライナーを、厚い唇の輪郭通りではなく少し内側に塗って縁取りをしましょう。

特にボリュームがある唇の上下の真ん中はより小さく縁取ることがポイントなのです。対して口角のあたりは小さく縁取りすぎてしまうと違和感があるので、普段通り縁取るか普段より若干小さめに縁取ってください。こうすることでたらこ唇のぽってりとした厚みが目立たなくなります。

たらこ唇を薄く見せるメイク方法④リップラインの中央を塗りつぶす

たらこ唇を薄く見せるメイク法ポイント4つ目は、ナチュラルカラーの口紅でリップラインの内側を塗りつぶすことです。内側を口紅で塗りつぶすことで唇の厚さをナチュラルにカバーすることができます。このとき、塗りつぶしに使う道具はリップブラシがおすすめです。

スティックタイプの口紅だと塗りつぶすのが難しいですし、それにリップブラシで塗りつぶすことによって口紅にムラが出にくく、よれも生じにくいのでとてもやりやすいのです。塗りつぶすときはリップブラシをぜひ使ってみてください。

コンプレックスのたらこ唇を薄く見せるメイク方法⑤唇の影を隠そう

たらこ唇を薄く見せるメイク法ポイント、最後はコンシーラーで唇の周りの陰影を消すことです。厚い唇は、薄い唇の人より唇の周りに影ができやすく、その効果もあってたらこ唇が目立ってしまいコンプレックスになってしまうのです。

ミラーを見ながら、唇周りの影になっている部分にコンシーラーを塗って影を隠しましょう。特に唇の中心の下ははっきりとした影があるのでしっかりとコンシーラーを塗って影を隠してください。こうすることで、唇の厚みがカバーされて薄い唇を演出することができます。

関連記事として、唇を魅力的にできるポイントであるティントリップの使い方を詳しく解説している記事を紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 631027340
関連記事 ティントリップの正しい使い方って?ぷるんとした唇で女子力を上げよう!

ティントリップって知っていますか?口紅やグロスと何が違うのでしょうか?

たらこ唇は自力で治せる?たらこ唇を治すトレーニング方法3選

厚いたらこ唇を自力で治すトレーニング①口呼吸から鼻呼吸に変えよう

深呼吸する女性

化粧でカバーすることができるのは分かったけど、たらこ唇をもとから治したいという人は、自力でたらこ唇を治してみませんか?もちろん遺伝で唇が厚いという人は、薄くするためのプチ整形が必要ですが、たとえばその唇の厚さが一過性のものだったら治せる可能性があるのです。

たらこ唇を自力で治す方法の1つ目は、口呼吸から鼻呼吸に変えることです。ずっと口呼吸をしていると、前歯が前に出て顎が引っ込んで唇が前に出てしまい、唇が目立ってしまいます。意識して鼻呼吸に変えることで、多少それが改善できるのです。

睡眠時は無意識で口呼吸になってしまうということがあるかもしれないので、寝る前に口呼吸にならないように口にテープを貼っておくなどをして対策をしましょう。口呼吸をしてしまっているという人は、意識して鼻呼吸に変えてみてください。

厚いたらこ唇を自力で治すトレーニング②唇の運動をして改善しよう

唇をケアする女性

たらこ唇を自力で治すトレーニング2つ目は、唇運動です。唇運動をすることで口元の筋肉が鍛えられてたらこ唇が薄くなる効果が期待できるのです。まずは上下の唇を口の中に巻き込んで入れましょう。

その巻き込んだ唇を上下の歯で軽く抑えながら口角を上げる、たったこれだけです。これを毎日続けることで、コンプレックスだったたらこ唇を薄くできるなら嬉しいですね。毎日必ず鏡の前でこの唇運動を続けて理想的な薄い唇を手に入れましょう。

厚いたらこ唇を自力で治すトレーニング③ペットボトルを使ってトレーニング

ストローで吸う女性

たらこ唇を薄くするトレーニング法3つ目はペットボトルトレーニングです。500ミリリットルの、丸みのあるペットボトルを用意してください。ペットボトルの口を、口に力を入れたままくわえて空気を吸い込みます。そしてそのまま空気を吐き出します。この動作を1セットとし、朝と夜合わせて40回を目安としましょう。

たらこ唇をメイクで魅力的にして新しい自分に!

たらこ唇を薄くする方法をメイクだけでなくトレーニング法までご紹介しました。自分のたらこ唇をより魅力的にセクシーに見せたいという人も、たらこ唇を薄く見せたいという人もぜひ記事のメイク法を試してみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。