Large thumb shutterstock 651983035

刺し子とは?ふきんの作り方や初心者向けの簡単な模様の図案10選も

更新:2019.06.21

1針ずつ丁寧に刺していくことで丈夫な作品に仕上げていく刺し子に挑戦してみましょう。今人気の刺し子で作るふきんの簡単な作り方を紹介します。初心者と上級者のそれぞれにおすすめな伝統的な模様の図案も紹介します。作りやすいキットもチェックしてみましょう。

刺し子とは?

刺し子とは|日本に古くから伝わる伝統的な刺繍

刺し子とは、日本に古くから伝わる伝統的な刺繍の作り方の1つです。一針ずつ刺していく作り方の刺し子の模様はどれも伝統的なものばかりで、日本らしい古風さを感じることができます。その始まりは500年も前にさかのぼり、東北地方が発祥だと言われています。

刺し子とは|模様を細かく刺繍していくことでどんどん丈夫になる

刺し子は、模様を細かく刺繍していくことでどんどん丈夫になります。寒い東北地方の冬をしのぐ防寒の1つとして、衣服などに刺し子が用いられました。刺し子の作り方のおかげで丈夫な強い生地が出来上がるためです。また、当時は衣服の買い替えも容易ではなかったので長持ちさせると言う理由もありました。

刺繍していく模様にはそれぞれ意味があります。例えば、画像の「麻の葉」の模様は「子供の健やかな成長を願う」と言う意味が込められています。今では現代的なデザインも多く見かけるようになり、伝統的な意味を表さない模様も増えています。おしゃれな北欧柄や、動物や花などのモチーフも人気です。

刺し子ふきん作りに必要な材料は?

刺し子ふきん作りに必要な材料①さらし布・刺し子用ふきん生地

刺し子ふきん作りに必要な材料1つ目は、さらし布または刺し子用のふきん生地です。自分で図案を書いて刺し子ふきんを作るならさらし布がコスパも抜群でおすすめです。手芸屋さんで気軽に購入できます。初心者の方や自分で図案を書かない方は、図案入りの刺し子用ふきん生地を使います。

初めから図案の印刷されている刺し子用ふきん生地は、刺し子を終えたあと水に濡らせば図案が消えるようになっているものがほとんどです。仕上がりもきれいで使いやすいので、ぜひ活用しましょう。

刺し子ふきん作りに必要な材料②刺し子糸

刺し子ふきん作りに必要な材料2つ目は、刺し子糸です。刺繍糸やミシン糸などと違う特徴がある刺し子糸は、やはり刺し子に一番適している糸です。まず、光沢がないのでふきんに仕立てた時にヌメリやツヤ感が出ません。そして、刺繍糸のように糸を分けて使わずそのままの状態で刺していくことができます。

刺し子初心者の方はもちろん刺し子糸を使用するのをおすすめします。刺し子糸は長いので、途中で糸を変える手間も少なくて済みます。一方刺繍糸での代用も可能です。ツヤのある作品にしたいのか、どんな色合いで作りたいのか、完成した時のふきんの様子に応じて使い分けてみてもいいですね。

刺し子ふきん作りに必要な材料③刺し子針

刺し子ふきん作りに必要な材料3つ目は、刺し子針です。通常の縫い針に比べて糸を通す穴が大きいので、刺し子糸を通しやすいのが特徴です。また、長さがあるのでたくさん針を通して一気に引き抜く刺し子の縫い方がとてもやりやすくなります。

もちろん刺し子針出なく刺繍針や通常の縫い針でも代用できます。まずは手軽に試してみたいという方は、手持ちの針で試してみるのもいいですね。

刺し子ふきん作りに必要な材料④図案を布に書くためのペン

刺し子ふきん作りに必要な材料4つ目は、図案を布に書くためのペンです。チャコペンなど、布に印をつけやすいペンを使いましょう。もともと図案がプリントされているふきん布であれば必要ありませんが、自分好みの刺し子をしたいと考えているならぜひ用意しましょう。

人気なのはフリクションカラーズです。こちらのフリクションカラーズは、温まることで色が消えるのが特徴です。刺し子ふきんの最後に仕上げでアイロンがけをしますが、アイロンの熱で色が消えるのでとても便利と評判です。刺し子の図案を書くだけでなく、様々な手芸用に使っている方も多いです。こちらから購入できます。

刺し子ふきんの作り方は?

刺し子ふきんの作り方①さらし布に図案を書き込む

刺し子ふきんの作りを紹介します。まず、さらし布に図案を書き込んでいきます。定規を使ってまっすぐ規則的に書いていくことが大切です。縫い代分の外枠を開けて、しっかり書き込んでいきましょう。さらし布にもともと図案が書かれている方はこの作業をする必要はありません。

刺し子ふきんの作り方②さらし布を中表にして縫い合わせる

刺し子ふきんの作り方2つ目は、さらし布を中表にして縫い合わせます。端の部分を縫い、余った布をカットします。この時上下の辺は縫わず片側だけ縫います。カットしたらまたひっくり返し、縫い目が内側に入るようにします。これで縫い始めの下準備は完了です。

刺し子ふきんを作る際の縫い合わせ方についてはこちらのサイトが参考になります。初心者向けに丁寧に解説されているのでぜひ参考にしてください。

図案付きの刺し子キットを使った刺し子ふきんの作り方【初心者向け】

刺し子ふきんの作り方・縫い方③布を重ねて針を刺していく

刺し子ふきんの作り方3つ目は、いよいよ布を重ねて針を刺していきます。図案の上に糸がしっかり乗るように丁寧に刺していきましょう。縫い始めの玉結びは布の間に隠します。縫い方は並縫いで、何針か糸を通して引き抜きます。引き抜いたら布がたるまないように指でしごいて伸ばすようにしましょう。

刺し子の指す順番にも気を配りましょう。まずは外枠を全て縫います。次に横の糸を先に全て刺し、次に縦の糸・斜めの糸というように規則正しく刺していくことがポイントです。こうすることで仕上がりの糸の雰囲気がとても綺麗に仕上がります。針の運び方や縫い方はこちらの動画で詳しく解説されています。

刺し子ふきんの作り方④全ての辺を縫い合わせる

刺し子ふきんの作り方4つ目は、全ての辺を縫い合わせます。刺し子ふきんの布の色にあった糸を使いましょう。縫って布の切れ端を隠してあげることで綺麗なふきんに仕上がります。手縫い用の木綿糸で縫うのがもっとも一般的です。

刺し子ふきんの作り方⑤アイロンをかけて仕上げする

刺し子ふきんの作り方5つ目は、仕上げです。まず刺し子ふきんを1時間ほど水にさらします。水にさらしたあとはしっかり干して乾かしてくださいね。仕上げにアイロンで綺麗にしわを伸ばしていきます。丁寧に伸ばしてあげることでより綺麗な仕上がりになります。これで刺し子ふきんの完成です。

刺し子ふきんのキットを数多く販売しているオリムパスのサイトで、詳しい刺し子ふきんの作り方を写真付きで紹介されています。ぜひこちらも参考にしながら、刺し子ふきんを作ってみてくださいね。

はじめてみよう手づくりレッスン…刺し子|オリムパス

【初心者向け】刺し子の簡単な模様の図案5選

【初心者向け】刺し子の簡単な模様の図案①段つなぎ

初心者向けの刺し子の簡単な模様の図案1つ目は、段つなぎです。ジグザグの段がつながった模様で、規則正しく縫う練習もできます。縦と横のまっすぐな線ばかりなので初心者の方でも挑戦しやすい図案です。小さな幅で作るのはもちろん、最初は大きめの模様で作るのもおすすめです。

まっすぐ規則正しく縫っていくのは根気も必要です。段つなぎの模様は最初の練習にもぴったりです。ふきんを作るのがハードルが高いと感じる方は小さいコースターから挑戦してみるのもおすすめです。こちらのサイトで図案を紹介されているので見てみてくださいね。

図案No.10 段つなぎ|いつものきもちで

【初心者向け】刺し子の簡単な模様の図案②矢羽根

初心者向けの刺し子の簡単な模様の図案2つ目は、矢羽根です。先ほどの段つなぎと違い、斜めの模様が加わるのが特徴です。矢羽根の模様には「魔除け」や「幸せを求める」という伝統的な意味もあります。意味を感じながらチクチク縫っていくのも刺し子の楽しみの1つですよね。

縦・横の糸と斜めの糸で色合いを変えてみるアレンジもおすすめです。好きな色味で色違いで作って、画像のようなランチョンマットに仕上げるのもとてもおしゃれですね。ティータイムがもっと楽しくなること間違いなしです。こちらのサイトで図案を紹介されています。ぜひ見てみてくださいね。

図案No.6 矢羽根|いつものきもちで

【初心者向け】刺し子の簡単な模様の図案③十字つなぎ

初心者向けの刺し子の簡単な模様の図案3つ目は、十字つなぎです。こちらも伝統的な刺し子の模様で、細かい十字つなぎは画像のような繊細な仕上がりになります。大きめに作ってシンプルに仕上げても素敵な模様です。階段状に端から刺していくのがポイントです。

グラデーションの糸を使って色鮮やかに仕上げるのもおすすめです。布の色をネイビーにして、白い糸で刺しても印象が変わるのでぜひやってみてくださいね。詳しい図案はこちらのサイトで紹介されています。

花ふきん 「十字つなぎ」(図案あり)|zuccaさんの備忘録

【初心者向け】刺し子の簡単な模様の図案④菱青海波(ひしせいがいは)

初心者向けの刺し子の簡単な模様の図案4つ目は、菱青海波(ひしせいがいは)です。伝統的な「青海波」という模様を菱形にした図案です。「菱」には「無病息災」「子孫繁栄」という意味があり、「青海波」には「平穏と安定」という意味があります。いつまでも平穏に子供達の健康を願うという意味が込められています。

すっきりとした印象で、交差するところがないので初心者の方でも作りやすい模様です。通常の青海波模様は円形ですが、菱型にすることでまっすぐ刺しやすくなっています。こちらのサイトで図案を紹介されているのでぜひ見てみてくださいね。

花ふきん菱青海波(図案あり)|zuccaさんの備忘録

【初心者向け】刺し子の簡単な模様の図案⑤格子

初心者向けの刺し子の簡単な模様の図案5つ目は、格子です。段つなぎや十字つなぎが難なくできるようになればスラスラと刺していくことができます。ポイントは、1針の幅を一定に揃えることです。簡単な模様ですが、刺し子の「一定に刺す」というポイントを練習することができます。

色味を工夫すればとてもおしゃれな模様に変身するのも格子の特徴です。画像のように外枠と格子模様の糸を変えるだけでもとても現代的でおしゃれですよね。こちらのサイトで図案を紹介されているのでぜひ見てみてください。

図案No.8 格子|いつものきもちで

【上級者向け】刺し子の簡単な模様の図案5選

【上級者向け】刺し子の簡単な模様の図案①北欧テイストの鍋

上級者向けの刺し子の簡単な模様の図案1つ目は、北欧テイストの鍋です。可愛い鍋が規則的に並んだ模様はまさに現代的な刺し子の模様です。鍋の色味を変えて楽しんでみてもいいですね。キッチンで使うふきんにぴったりで、使うのがもったいなくなるほど可愛い仕上がりです。

図案を作成された方の刺し子ふきんの仕上がりがとても丁寧で美しいです。赤と黒の糸が鮮やかで、はっきりとしています。刺し子に慣れてきたらぜひ作りたい模様です。

【上級者向け】刺し子の簡単な模様の図案②七宝つなぎ

上級者向けの刺し子の簡単な模様の図案2つ目は、七宝つなぎです。刺し子の伝統的な模様で、「刺し子ふきん」と言われて思い浮かべる方も多い模様の1つです。七宝は仏教の世界で貴重な7つの宝のことを意味しています。この七宝つなぎは「世界中の宝」「無限に続く子孫繁栄」という意味があります。

そういった意味のおかげで家紋などに取り入れられることも多く、目にすることもとても多い模様です。他にも「角七宝」と呼ばれる角ばった七宝模様の刺し子もあります。七宝つなぎの図案はこちらのサイトで紹介されているので、ぜひ参考にしてください。

図案No.2 七宝つなぎ|いつものきもちで

【上級者向け】刺し子の簡単な模様の図案③麻の葉

上級者向けの刺し子の簡単な模様の図案3つ目は、麻の葉です。縦・横・斜めと縦横無尽に縫われ、中心に花の軸がある鮮やかで美しい伝統的な模様です。中心部分の花の軸を縫うのが難しかったり、ワンランク上のスキルが養われる図案になっています。

「麻のようにまっすぐ丈夫に育ちますように」と願いを込めて赤ちゃんの洋服に用いられることが多かった伝統的な模様です。赤ちゃん用のおくるみやブランケットなどの大作に挑戦するならぜひ取り入れてみたい模様の1つです。詳しい図案はこちらのサイトで紹介されています。

花ふきん 縫いあがりました♪(図案あり)|zuccaの備忘録

【上級者向け】刺し子の簡単な模様の図案④花文

上級者向けの刺し子の簡単な模様の図案4つ目は、花文です。グラデーションのある糸で刺したり、糸の色の組み合わせを考えたりとアレンジの幅が広い模様です。斜めに広がる花びらがとても美しいですね。画像のように大きく刺して印象的にしたり、細かく刺して規則的に並べたりと縫い方も様々です。

中心に向かって集まる糸の雰囲気が、とても綺麗でうっとりする刺し子に仕上がります。ランチョンマットやふきんなどのサイズで作るのがおすすめです。こちらのサイトで詳しく図案を紹介されています。

図案No.4 花文|いつものきもちで

【上級者向け】刺し子の簡単な模様の図案⑤角亀甲

上級者向けの刺し子の簡単な模様の図案5つ目は、角亀甲です。規則的な六角形が並び、花のように広がるそれぞれの角が集まりとても可愛い模様になっています。画像のように細かく丁寧に刺していけば、とても美しい刺し子ふきんに仕上がります。

角亀甲はどんどん重なる糸によって明らかになっていく模様の美しさが楽しめます。縫い進めている時も楽しい刺し子は、刺し始めから刺し終わりまでじっくり集中することができますね。角亀甲の詳しい図案はこちらのサイトで紹介されています。

花ふきん「角亀甲」(図案あり)|zuccaさんの備忘録

おすすめの刺し子キット5選

おすすめの刺し子キット①オリムパス:伝統柄のコースター

おすすめの刺し子キット1つ目は、オリムパスの伝統柄のコースターです。伝統的な模様のコースターを5枚作ることができます。刺し子初心者の方には特におすすめです。短時間で仕上がるので、刺し子の練習にもぴったりです。刺し子糸・刺し子布・刺し子針・説明書・皿付き指抜きがセットになっています。

刺し子キットなら、刺し子に必要な材料がすべて入っているのでとても便利です。刺し子のコースターはとてもおしゃれなので、来客時に出しても喜ばれますね。こちらの刺し子キットは税抜1,600円(定価)です。

おすすめの刺し子キット②オリムパス:七宝つなぎのランチョンマット

おすすめの刺し子キット2つ目は、オリムパスの七宝つなぎのランチョンマットです。伝統的な模様の七宝つなぎを使って、おしゃれでモダンなランチョンマットが作れます。七宝つなぎの他にも伝統的な模様のランチョンマットのシリーズが数多くあります。

こちらのランチョンマットの刺し子キットは刺し子糸・刺し子布・刺し子針・説明書・皿付き指ぬきがセットで税抜1,800円(定価)です。キットだと図案がすでに書かれているので、気軽に刺し子ができますね。

おすすめの刺し子キット③オリムパス:七宝つなぎのふきん

おすすめの刺し子キット3つ目は、オリムパスの七宝つなぎのふきんです。初心者の方でも挑戦しやすい大きな図案でおすすめです。さらし布を買う必要もなく図案を書き込むこともないので下準備も簡単ですね。刺し子糸・さらし木綿布・刺し子針・説明書がセットで税抜1,200円(定価)です。

おすすめの刺し子キット④オリムパス:桔梗と麻の葉の刺し子クッション

おすすめの刺し子キット4つ目は、オリムパスの桔梗と麻の葉模様の刺し子クッションです。刺し子で作ったクッションはとても丈夫で、長く使い続けることができます。実用性もありインテリアにも映える刺し子のクッションはとても重宝しますね。鮮やかな中心の桔梗がとても魅力的です。

じっくり刺し子の作品作りに取り組みたい時におすすめです。クッションの中綿は自分で用意する必要がありますが、100均でも販売されているので手軽に揃えられますね。刺し子糸・刺し子布・刺し子針・説明書・皿付き指ぬきのセットで税抜2,800円(定価)です。

おすすめの刺し子キット⑤オリムパス:北欧モチーフの花ふきん

おすすめの刺し子キット5つ目は、オリムパスの北欧モチーフの花ふきんです。伝統的な模様はもちろん現代的な模様の刺し子にも挑戦したい方におすすめです。可愛い花の模様の刺し子ふきんを作ることができます。色とりどりの鮮やかな刺し子糸が可愛らしいですね。

とても可愛い模様なので、ふきんはもちろんクロスやインテリアに使うのもおすすめです。刺し子糸が4色・さらし木綿布・刺し子針・説明書がついて税抜1,200円(定価)です。

伝統的な刺し子の模様で素敵なふきんを作ってみよう!

刺し子の作り方やおすすめの図案を紹介しました。チクチク1針ずつ丁寧に刺していくことで完成する刺し子の作品は、どれも丈夫で長く使い続けることができます。ぜひ日本の伝統的な刺し子の模様や、現代的なおしゃれな模様で刺し子ふきんを作ってみてくださいね。

刺し子の他にも、刺繍や手縫いなど針と糸を使って簡単に作れる小物やキットを紹介している記事があります。1針ずつ刺していく楽しみにぜひ触れてみてくださいね。合わせて読んでみてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。