Large thumb shutterstock 593480600

【LINE】返信が遅いけど返ってくる男の心理5選|既読が遅い理由も

更新:2022.03.29

LINEにおいて返信が遅いけど返ってくるという男性の心理はどのようなものなのでしょうか。ここでは、既読が遅い理由や、返事が返って来ない、または遅くなった際の理由についてもご紹介して参ります。更に、好きな人と続く為のLINEでの注意点についても見て参ります。



【LINE】返信が遅いけど返ってくる男性の心理5選

返信が遅いけど返ってくる男性の心理①仕事が忙しい

仕事が忙しい

返信が遅いけど返ってくる男性の心理の1つ目、仕事が忙しい、という心理です。男性の優先順位と、女性の優先順位は大きく異なります。女性の場合は特に恋愛中は相手の男性のことが中心になります。ですが、男性はそれが例え恋愛中であったとしても、優先順位は常に仕事なのです。彼女になることはほぼありません。

男性の仕事の状況をある程度把握しておくと良いでしょう。また、仕事に夢中な男性は大変貴重な存在でもありますから、男性を信じて、ペースを合わせると良いでしょう。

仕事で忙しい彼が連絡しない心理や、LINEの頻度・内容についてご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

返信が遅いけど返ってくる男性の心理②返事に困っている

返事に困っている

返信が遅いけど返ってくる男性の心理の2つ目は、返事に困っている、という心理です。男性からの返信が遅い、と感じる前に、あなたが男性に対してどんな内容を送っているのか、振り返ってみてください。返事に困るような内容を送っていないでしょうか。早く返事を返してもらいたいなら、それなりの技術が必要です。

男性がすぐに返事を返したくなるような内容にしましょう。返事に困るような内容にすると、どんな風に返したら良いのかと迷ってしまい、返信が遅くなります。最悪、返信が返って来ない、というパターンになる可能性もあります。

返信が遅いけど返ってくる男性の心理③一人になりたい

一人になりたい

返信が遅いけど返ってくる男性の心理の3つ目は、一人になりたい、という心理です。男性は仕事で忙しくしている時間が大変多い為、一人になりたいと感じることが大変多くなります。一人になってその日一日の感情や仕事上での出来事などを消化するのです。女性の場合は誰かに話すことで解消しますが、男性の場合は違います。

返信が遅いけど返ってくるのは、男性が一人になりたいと感じているからかもしれません。男性の場合は誰かに話すことで解消するのではなく、自己解決す方がストレスを感じなくて良いのです。性格をよく把握し、合わせてあげるようにしましょう。

返信が遅いけど返ってくる男性の心理④あなたに合わせている

あなたに合わせている

返信が遅いけど返ってくる男性の心理の4つ目は、実はあなたのペースに合わせている、という心理です。返信が遅いけれど返ってくる、と感じる前に、あなた自身のペースを振り返ってみてください。あなたはどれくらいの頻度やペースで送っていますか?男性の中には、相手の女性にペースを合わせてくれる人もいます。


男性からLINEで連絡が入ったら、すぐに返信を返してみましょう。もし、男性からもすぐに返信が返って来たなら、返信が遅いけど返ってくるのは、あなたのペースに合わせているから、という事になります。

返信が遅いけど返ってくる男性の心理⑤マイペース

マイペース

返信が遅いけど返ってくる男性の心理の5つ目は、実は大変なマイペース、という心理です。男性の場合には大変マイペースな人が多くいます。このようなタイプの人は、LINEなどの返信も大変遅くなりがちです。人に合わせようという気持ちが全くなく、常に自分のペースで全ての物事を進めます。これはLINEも同じです。

このタイプの男性は、あなたの方で急かすと余計に遅くなる傾向があります。逆のことをしたくなる、という特徴もあわせ持っているからです。そういう人なのだと言うつもりで付き合う方が良いでしょう。

マイペースな人の性格や特徴、更にはのんびり屋の長所や短所をご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

最初は早かったLINEの既読が遅くなった理由5選

LINEの既読が遅くなった理由①面倒くさい

面倒くさい

LINEの既読が遅くなった理由の1つ目は、面倒くさい、という理由です。仕事で忙しいという事もあるでしょう。また、他の趣味などで忙しいという場合も考えられます。どちらにせよ、LINEを見る事さえも面倒くさい、と感じていると、LINEの既読が遅くなったりします。他のことに自分の時間を使いたいからです。

相手がどんなことに興味があるのかリサーチすると良いでしょう。男性の興味のある内容で送ると、既読も早くなり、同時に返信も早くなるかもしれません。

LINEの既読が遅くなった理由②LINEが苦手

LINEが苦手

LINEの既読が遅くなった理由の2つ目は、LINEが苦手、という理由です。最初は早かったLINEの既読が遅くなったのは、本当はそもそもLINE自体が苦手だったという理由が考えられます。苦手なりにも最初は頑張ってくれていたのですが、やっぱり苦手意識が消えず、既読さえも遅くなっているのかもしれません。

LINE以外の別の連絡手段も確保しておきましょう。男性に一度聞いてみると良いかもしれません。LINEが苦手だという答えが返ってきたら、別の手段で連絡を取り合うように話し合いましょう。

LINEの既読が遅くなった理由③後で見るつもり


後で見るつもり

LINEの既読が遅くなった理由の3つ目は、後で見るつもり、という理由です。LINEが来ているのは分かっているけれど、今はじっくり見て返信を返している場合ではない、という時があります。そのような場合は後で見て返すつもりだったのですが、そのままうっかり忘れていて遅くなった、という事もあるでしょう。

相手の忙しさや状況を把握しておくと良いかもしれません。他のことで多忙な場合は、どうしてもLINEは後回しになってしまいます。「そんなのぱっと見て、返してくれれば良いのに」というのは、あくまであなたの考え方です。

LINEの既読が遅くなった理由④安心している

安心している

LINEの既読が遅くなった理由の4つ目は、安心している、という理由です。すぐに内容をチェックしなくても大丈夫だという安心感があるのかもしれません。ある程度付き合いが長くなると、男性はこのようなところで手を抜くようになります。もうそんなに必死にならなくて良い、と感じるのです。

安心感があるのはあなたを信じているサインでもあります。あなたも男性を信じて、良い方向へ考えるようにすると、既読が遅くなることも、あまり気にならなくなるでしょう。

LINEの既読が遅くなった理由⑤興味が失せた

興味が失せた

LINEの既読が遅くなった理由の5つ目は、興味が失せた、という理由です。これが一番怖い理由になるかもしれません。文字通り、あなたに興味がなくなった、という意味です。他に好きな人ができたのかもしれませんし、または、他に夢中になる趣味などが見つかったのかもしれません。仕事に夢中になっている事もあります。

一度、きちんと話し合う機会を作った方が良いかもしれません。根気よく連絡を続けて、きちんと会って話がしたい旨を伝えましょう。そして、本人に直接確認しましょう。

返信が遅いけど返ってくる人の脈ありサイン3選

返信が遅いけど返ってくる人の脈ありサイン①好きな人にはスタンプや絵文字

好きな人にはスタンプや絵文字

返信が遅いけど返ってくる人の脈ありサインの1つ目は、好きな人にはスタンプや絵文字、顔文字を送ってくる、というサインです。スタンプや絵文字、顔文字は、自分の感情を相手にわかりやすく伝える為のツールです。自分の感情を相手にきちんと伝えたいと思うのは、それだけ相手に気持ちがあるからです。

スタンプや絵文字、顔文字が効果的に使われている内容なら、あなたに脈があるサインです。あなたも効果的なスタンプや絵文字、顔文字を使って送ってあげると良いでしょう。相手は自分の気持ちが伝わっていると感じ、更に送ってきてくれます。

返信が遅いけど返ってくる人の脈ありサイン②会話が続く


会話が続く

返信が遅いけど返ってくる人の脈ありサインの2つ目は、返信は遅くても会話が続く、というサインです。どれだけ返信が遅くても、会話がきちんと続いている場合は、あなたに脈があります。返信が遅いのは、相手に何らかの事情があるのでしょう。仕事が忙しいとか、どのような内容で返そうかと考えていたとか等です。

会話が続くという事は、あなたのことやあなたとの会話に興味があるという事です。本人はもっと早く返事を返したいと思っているのかもしれません。しばらく様子を見て、相手に合わせてあげると良いかもしれません。

返信が遅いけど返ってくる人の脈ありサイン③恋の駆け引き

恋の駆け引き

返信が遅いけど返ってくる人の脈ありサインの3つ目は、恋の駆け引き、というサインです。これは男性がよく使う方法です。返信をわざと遅らせて、あなたの気を惹こうとしているのです。あなたの反応を見ている、という場合もあります。それだけあなたに脈があり、あなたの気持ちを自分に向けたいという気持ちがあるのです。

返信が遅くなった理由を一度聞いてみると良いでしょう。大した理由が返って来ない場合は、恋の駆け引きをしている可能性大です。あなたが明確に気持ちがあることを表すと、返信が遅くなることはなくなるでしょう。

返信が遅いけど返ってくる人の脈なしサイン3選

返信が遅いけど返ってくる人の脈なしサイン①文字のみ

文字のみ

返信が遅いけど返ってくる人の脈なしサインの1つ目は、文字のみ、というサインです。好きな人にはスタンプや絵文字、顔文字などを使って返信を返してくれます。ですが、脈が全くない場合には、大変そっけない文字だけの返信を返してきます。スタンプや絵文字、顔文字を使って自分の感情をあなたに伝える気がないからです。

返信が遅いけど返ってくる人の脈なしサイン②質問系の内容がない

質問系の内容がない

返信が遅いけど返ってくる人の脈なしサインの2つ目は、質問系の内容のメッセージが来ない、というサインです。あなたが伝えたことにだけ、端的に返事を返すような内容は、あなたに脈がないと考えて良いでしょう。質問系の内容は、それだけあなたに興味があるというサインなのです。それがないのは興味がないのです。

返信が遅いけど返ってくる人の脈なしサイン③始まりは自分から

始まりは自分から

返信が遅いけど返ってくる人の脈なしサインの3つ目は、送信の始まりはいつでも自分から、というサインです。脈があるなら、相手からも自主的に連絡が送られてきます。ですが、送信がいつでもあなたから始まっている場合には、連絡がなくなったらそのまま自然消滅をさせようという気持ちのあらわれなのです。

返信の遅い人にやってはいけないこと3選

返信の遅い人にやってはいけないこと①返って来ない理由を聞く

返って来ない理由を聞く

返信の遅い人にやってはいけないことの1つ目は、返って来ない理由を聞く、という事です。「どうして返事をすぐに返してくれないの?」という事は絶対にやめましょう。男性には男性なりの理由があります。また、女性と男性では優先順位も大きく異なります。男性の優先順位はどんな時でも仕事なのです。

返信の遅い人にやってはいけないこと②長文

長文

返信の遅い人にやってはいけないことの2つ目は、長文の内容を送る、という事です。長文の内容を送ると、読むだけで疲れてしまいます。すると、返信を送る気持ちが消え失せてしまいます。内容はできるだけ、簡潔明瞭にして送るようにしましょう。

返信の遅い人にやってはいけないこと③頻繁な連絡

頻繁な連絡

返信の遅い人にやってはいけないことの3つ目は、頻繁に連絡を送る、という事です。鬱陶しいと感じられてしまいます。返信が遅いのは、男性なりの理由があるからでしょう。また、催促をされると束縛されているような気持ちになり、相手に嫌な思いをさせることになります。

返信が遅くて不安だという方は、占い師に相談してみましょう。相手があなたのことをどう思っているのかや、今後どうすればいいのかなど、様々なアドバイスをもらえますよ。直接会いに行くのが難しいという方は、電話占いが便利です。ぜひ利用してみてくださいね。

電話占いとは

電話占いは、スマートフォンなどの携帯電話を通して占い師に相談できるサービスです。対面式の占いとは違い、占い師の元を訪ねる必要がないため、好きな場所から好きな時間に占ってもらうことができます。毎日通う時間がないという方でも、気軽に利用することができますよ。

創業10年以上の電話占いサイト「ヴェルニ」には、占術が豊富で優れている占い師が1000名以上所属しています。登録料だけでなく、通話料もかかりません。電話以外にメールでも鑑定してくれるので、後でアドバイスをじっくり読み返すこともできます。初回鑑定は最大5000円分無料なので、まずは登録してみましょう!

返信が遅いけど返ってくる男性は仕事が忙しいのかもしれない

仕事が忙しいのかもしれない

返信が遅いけど返ってくる男性は、仕事が忙しいのかもしれません。男性の優先順位は常に、どんな時でも仕事なのです。それは、大好きな彼女がいても変わることはありません。仕事優先であることを理解した上で、信じて待つという事も大切なことなのです。

【PR】Amazonプライム会員は豊富な特典盛り沢山!

定期的に Amazonを利用している方は、プライム会員サービスの利用がおすすめです。

Amazonプライム会員のオトクな特典

  • プライム商品のお急ぎ便・日時指定便が無料
  • 対象商品の配送料が無料
  • 追加料金なしでVODサービスや音楽配信サービスが使い放題
  • プライム会員限定でタイムセールの先行利用ができる
  • 一部の商品を限定価格で購入できる

これだけのサービスが月額たったの500円(税込)で受けられます。

買い物だけでなく、音楽や映画・ドラマなどのエンタメが自由に楽しめるのも大きな魅力です。

Amazonプライムの詳細をチェック
●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。