Large thumb shutterstock 620709983

おすすめベースコート19選!でこぼこ/爪/栄養/塗り方/使い方/縦筋

更新:2019.06.21

日常で何気使用しているベースコート。爪を保護するのにもおすすめですが、トップコートと同じようにマニュキュアを塗るのに欠かせないネイルアイテムです。ここでは、ベースコートの役割やでこぼこした爪の表面にも効果的な塗り方、マニュキュアを持続させるための使い方などご紹介します。

ベースコートとは?

爪を保護して栄養を与えるもの

ベースコートの1つ目の役割は、爪を保護して栄養を与えることです。自爪にそのままネイルカラーを塗ってしまうと、色素沈着を起こしてしまったり、ダメージが直接自爪にいくため、ベースコートを塗って保護する必要があります。

また、美容成分を含むベースコートもあり、ベースコートに含まれるビタミンE等の成分が爪を健やかに保つのに役立ってくれます。ネイルカラーを塗らないときでもベースカラーを塗っておくだけで爪を保護したり、爪のケアができるんです。

爪表面のでこぼこや縦筋を補正するもの

2つ目の役割は、爪表面のでこぼこや縦筋を補正することです。ベースコートを塗ることで爪の表面を滑らかにすることで、ネイルをムラなく塗れます。また、乳白色などの色付きのものを使えば、気になる縦筋をしっかり補正することができます。ベースコートの塗り方一つでネイルの仕上がりが格段に変わってきますよ。

ネイルカラーの仕上がりをよくするもの

3つ目の役割は、ネイルカラーの仕上がりをよくすることです。ベースコートを塗ることで爪の色ムラが補正されるので、ネイルカラーの発色がよくなります。また、ネイルカラーを塗る際の刷毛の滑りがよくなったり、ネイルがより爪に密着することではげにくく持ちもよくなります。

ベースコートを塗る前のおすすめケアは?

①爪の形と長さを整える!ネイルファイルの使い方

まず初めに、爪の長さと形を整えましょう。爪の長さと形を整えるにはネイルファイルというやすりを使います。爪切りの代わりにこのネイルファイルを使うだけで、割れにくく丈夫なまま爪の形をきれいにキープできます。下記で使い方を詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

ネイルファイルの使い方

  1. 爪に対して45度の角度でネイルファイルを当てます。ネイルファイルは一定方向に動かしてサイドから長さを整えていきます。
  2. 爪の先端に対しては90度の角度でネイルファイルを当てて整えていきます。
  3. 最後にサイドに丸みをつけるように整えて完成です。

②甘皮とルーズスキンを処理する

次に甘皮とルーズスキンを処理していきます。甘皮とは爪と皮膚との境目にある薄い皮のことです。余分な甘皮があるとネイルを塗れる範囲が狭まり見た目も美しくないので、ネイルを塗る前に処理していきます。

ルーズスキンとは、甘皮の下にある薄い皮のことを呼びます。ルーズスキンを処理することで爪の表面のでこぼこが滑らかに整い、ネイルの持ちがよくなるというメリットがあります。下記で甘皮とルーズスキンの処理方法について説明しているので、参考にしてみてください。

必要なもの

  • キューティクルリムーバー
  • プッシャー
  • お湯を入れて手をつけられるような容器
  • ガーゼ
  • キューティクルニッパー
  • ネイルオイル

甘皮とルーズスキンの処理の方法

  1. キューティクルリムーバーを爪全体に塗ります。
  2. 38度くらいのお湯に指先を5分程度浸して甘皮をふやかします。
  3. プッシャーで甘皮を処理していきます。爪に対して45度の角度でプッシャーを当てて優しく押し出すようにしましょう。そうしているうちにルーズキューティクルもぽろぽろと浮かんできます。
  4. 湿らせたガーゼでルーズキューティクルをふき取ります。
  5. ささくれがある場合はニッパーで処理します。
  6. 最後にネイルオイルで爪全体を保湿します。

③バッファーで爪の表面のでこぼこを磨く

3つ目の段階は、バッファーで爪の表面のでこぼこを磨いて整えることです。バッファーとはスポンジで出来た爪のでこぼこを滑らかにする道具のことです。グリット数(目の粗さ)によって仕上がりに違いがあります。爪の表面を整えることで爪に自然な輝きが生まれたり、ネイルの持ちがよくなります。

④ネイルオイルとハンドクリームでマッサージする

最後に、爪にネイルオイルと手指全体にハンドクリームを塗りマッサージをしましょう。爪の保湿は二枚爪防止にもなりますし、手指全体の血行が良くなることでネイルの映える指先になります。また、マッサージによって新陳代謝が良くなるので健康な爪の育成にもつながります。

おすすめのベースコート19選

①保湿力と補正力抜群でおすすめ!CHANELラバーズ

1つ目のおすすめのベースコートはCHANELのラバーズです。高級感ただようパッケージが見ているだけでも幸せな気分になれますね。こちらのベースコートはアルガンオイルが配合されており、保湿力が抜群なうえ、爪を滑らかに整え、美しく健やかな爪に導く作用があります。

また、このベースコートはほのかにベージュに発色してツヤもよく爪のでこぼこや縦筋を補正してくれる効果もあるそうです。ネイルカラーを重ねなくても、これ一本で爪が十分美しく見えるベースコートなんですよ。CHANELのネイルは速乾性にも優れていることでも人気があります。

②おしゃれなニュアンスカラーがおすすめ!ukaカラーベースコートゼロ

2つ目のおすすめは、ukaカラーベースコートゼロです。ukaはオーガニックの原材料を含むナチュラルな製法で人気のブランドです。こちらの商品は1度塗りでベースコートに、4度塗りすればネイルカラーとして使えるという便利な商品なんです。

また、ビタミンEやビタミンCやオリーブつぼみエキスなどの美容成分がたっぷり含まれています。二枚爪や爪の縦筋が気になるなど爪が弱い方にピッタリです。もちろんベースコートの役割である色素沈着防止やネイルの持ちをよくするという機能もばっちりです。

③プロも使っている名品!OPIナチュラルネイルベースコート

3つ目のおすすめは、OPIナチュラルネイルベースコートです。ネイルサロンでプロも使用するOPIのベースコートです。爪の基本成分であるケラチンやアミノ酸が豊富に含まれており、爪をケアする機能に優れています。二枚爪や爪の乾燥、爪が割れやすい方でもこれを使ったら爪が割れにくくなったという口コミもあります。

④プチプラで種類が豊富!ネイルホリックベースコート

4つ目のおすすめは、ネイルホリックベースコートです。ネイルホリックはドラッグストアで購入できるブランドでとってもリーズナブルなんです。ベースコートにもカラーがあり透明なものや爪の色素を補正するピンクベージュのものもあります。リーズナブルな価格なので、2本買いして仕上がりを比べてみるのもありですね。

⑤速乾性に優れていておすすめ!レブロンクイックドライベースコートN

5つ目は、レブロンクイックドライベースコートNです。うっすら白っぽい色合いのベースコートですが、爪に塗ると透明になります。このベースコートはその名前の通り速乾性に長けていることが特徴です。速乾性だけでなく、色ムラやでこぼこを防止する機能もきちんとあります。

⑥弱った爪におすすめ!デュカートファイバーインベースコートⅡ

6つ目のおすすめは、デュカートファイバーインベースコートⅡです。こちらは弱い爪の補強に優れたベースコートです。爪の欠けや割れを防ぐためにナイロン繊維が配合されており、爪をしっかりと補強してくれます。また、パンテノールや加水分解コラーゲンといった保湿成分も入っているので爪を健やかに美しくしてくれます。

⑦ジェルで傷ついた爪におすすめ!ジェシカベースコートフォーダメージ

7つ目のおすすめは、ジェシカベースコート フォーダメージです。ジェシカはアメリカの人気のネイルブランドの一つです。こちらはジェルネイルやネイルカラーで傷ついてしまった爪の補強におすすめです。二枚爪になりやすい、われやすい爪の補強にも適しています。

⑧プチプラなのに自然なツヤ!コーセーノアベースコート

8つ目のおすすめは、コーセーノアベースコートです。このベースコートは一度塗りで透明に、二度塗りするとうっすらピンク色に発色して爪に自然なツヤが出ます。このベースコートだけでも爪を美しく見せることができますよ。また、300円以内のプチプラなのに速乾性に優れているというのもうれしいポイントですね。

⑨ネイル初心者さんにもおすすめ!オルビスベース&トップグロスコート

9つ目のおすすめは、オルビス ベース&トップグロスコートです。こちらの商品は、ベースコートとしてだけでなくトップコートとしても使えます。5種類ものネイルケア成分も配合されており、爪の保護や美しい爪づくりに役立つのはもちろん、トップコートとして使えばジェルネイルのような仕上がりを楽しめます。

⑩1本で3通りの使い道!エッシースリーウェイグレイス

10個目のおすすめは、エッシースリーウェイグレイズというベースコートです。こちらの商品は、ベースコートとトップコート、さらに爪の強化剤としての3つの使い道があります。ベースコートとして爪の保護やネイルの発色をよくするのはもちろん、トップコートとして爪に輝きを出し、薄くなった爪の強化をしてくれます。

⑪乳白色が爪を美しく!アディクションザ・ベースコート

11個目はアディクション ザ・ベースコートです。乳白色の色合いが爪の色むらをカバーするのでネイルがむらなくきれいに仕上がります。これだけを素爪に塗っても自爪がきれいな人のような健康的な美しい爪になれます。速乾性とネイルの色もちの良さに優れているのもポイントです。

⑫いい香りもおすすめポイント!ジル・スチュアートリペアベースコート

12個目のおすすめは、ジル・スチュアート リペアベースコートです。ほんのりベージュ色に色づきこれ1本でも自爪が美しくみえます。爪のでこぼこをなくし、ネイルの発色と色もちをよくするだけでなく、爪の補強にも優れています。クリスタルフローラルブーケの香りとかわいらしいパッケージもおすすめポイントです。

⑬爪にやさしいのが嬉しい!ゾーヤアンカーベースコート

13個目のおすすめは、ゾーヤアンカーベースコートです。このベースコートは、爪に優しいベースコートとして支持されています。ネイルの色もちや発色をよくしたりするのはもちろん、ベースコートを塗っていれば、ネイルをオフしたあとの爪の黄ばみや乾燥による二枚爪を防いでくれます。

13個目のおすすめは、アディクション ザ・ベースコートです。このベースコートは、乳白色の色味が自爪を美しくみせてくれるだけでなく、爪の色ムラや表面のでこぼこを自然にカバーしてくれます。ネイルの色もちや発色ももちろんよくなりますよ。

⑭ワンコインで買えるのに補正力は抜群!ちふれベースコート

14個目のおすすめは、ちふれのベースコートです。この乳白色のベースコートは繊維が入っており、爪の表面のでこぼこや色むらをカバーしてくれネイルの発色や色もちをよくしてくれます。また、速乾性にも優れているんですよ。ワンコインで買えるプチプライスなので気軽に試せるのもいいですね。

⑮血色感のある爪になりたい人におすすめ!RMKベースコートN

15個めのおすすめはRMKベースコートNです。パープルピンクがかわいいこちらのベースコートは、実際に爪に塗ると自然な血色感と透明感のあるピンクになります。上にネイルを重ねずとも爪をきれいに見せてくれますよ。もちろんネイルを重ねても発色を邪魔せず、ベースコートとしての役割をきちんと果してくれます

⑯保湿成分を豊富に配合!エテュセネールガード

16個目のおすすめは、エテュセ ネールガードです。こちらのベースコートは、ベースコート本来の機能のほかに、極細ファイバー入りで爪を補強し、割れや欠けを防ぐハードナー機能と爪の黄ばみの防止やでこぼこの補正をするコンシーラー機能も兼ね備えているんです。

⑰これ1本爪を美しく!THREEネイルポリッシュベースコート

17個目のおすすめは、THREE ネイルポリッシュベースコートです。乳白色のカラーが爪に自然なツヤを与えてくれ、これ1本でも爪を美しくみせてくれます。まるで化粧下地のように爪の表面のでこぼこや色味を調整してくれるので、ネイルの仕上がりが格段に良くなります。

⑱爪の色味が気になる方におすすめ!ルナソルベースコートN

18個目のおすすめは、ルナソルベースコートNです。いちごみるくのようなカラーがかわいいベースコートは、爪の表面のでこぼこを滑らかに整え、色補正をする機能に優れています。その秘密は青みのある微粒子シアーライトピグメントを配合されていることです。これにより爪の色をより美しく爪を立体的に見せてくれます。

自然なピンク色が縦筋をカバーしてくれることや、爪のうるおいを逃がさないトリートメント成分が配合されている点も評価されている理由です。刷毛の塗りやすさや速乾性にも優れているので不器用な方やネイル初心者さんにもおすすめのベースコートと言えるでしょう。

⑲塗りやすさ抜群!Diorベースコートアブリコ

19個目のおすすめは、Dior ベースコートアブリコです。ナチュラルなベージュが美しいこちらのベースコートは塗りやすさと速乾性にとても優れています。コシのある刷毛で一度塗りで爪にキレイにベースコートを塗ることができます。

もちろんベースコートとしての役割もとても優れていて、爪に栄養を与え補強してくれるので乾燥による二枚爪や割れ、爪の欠けが気になる方にもおすすめです。爪に優しいアプリコットオイルを配合している点も嬉しいですね。

ベースコートのおすすめな選び方は?

①表面のでこぼこ補正や爪の保湿など機能でベースコートを選ぶ

1つ目は、ベースコートの機能別で選ぶことです。おすすめのベースコートの項目で紹介した商品たちは、爪の縦筋や色合いの補正や保湿・美容成分配合など様々な特徴があります。自分の爪の状態にあった機能に特化しているベースコートを選ぶとよいでしょう。

②ベースコートのカラーで選ぶ

2つ目は、ベースコートのカラーで選ぶことです。乳白色や薄いピンク等の色付きのベースコートは1本使いで素爪が美しくみえますし、透明のものはツヤ感を与え上から重ねるネイルの色に響くことがありません。自分の好みや上から重ねるネイルの色に合わせてカラーも選ぶとよいでしょう。

おすすめなベースコートの塗り方は?コツはある?

塗り方のコツ①刷毛についたベースコートをボトルの口でしごいて落とす

まず1つ目の塗り方のコツは、刷毛についたベースコートをボトルの口でしごいて落としましょう。刷毛に沢山のベースコートの液がついていると塗りムラができたり、乾くのにも時間がかかりますので、最初に刷毛に付ける液は少量になるようにします。

塗り方のコツ②爪の中央から両端の順にベースコートを塗る

2つ目の塗り方のコツは、爪の中央、両端の順番にベースコートを塗っていくことです。根元から先端に向かってテンポよく塗ることを心がけましょう。この塗り方でベースコートが均一に塗れ、美しい仕上がりになります。

塗り方のコツ③爪の先端にベースコートをもう一度塗る

3つ目の塗り方のコツは、爪の先端にベースコートをもう一度塗ることです。爪の先端のみにベースコートを重ねる理由は、爪の先端が一番ネイルが剥げやすい部分だからです。この塗り方をしっかりやっておくと、ネイルの色もちが格段によくなりますよ。

塗り方のコツ④塗る部分を自分の体側に向ける

4つ目の塗り方のコツは、爪の塗る部分を自分の体側に向けて塗るということです。爪の両端を塗るときは塗る部分を自分の体側に向きを変えながら塗りましょう。この塗り方をすると刷毛を持つ手が安定しますし、キレイにベースコートを塗れます。

ベースコートとトップコートの違いは?

①トップコートは爪の表面に光沢を出してバリアを作る役割がある

1つ目の違いは、ベースコートと違ってトップコートは、ネイルをした爪の上から重ねることで光沢を出してバリアを作る役割があるということです。ネイルの上からトップコートをするのとしないのとではツヤ感が全く違います。最近ではジェルネイルのようなぷっくりとした仕上がりになるトップコートもあります。

また、ネイルを剥がれにくくするバリアとしての役割もあります。トップコートをすることでネイルの色もちがよくなります。また、トップコートを塗ることで紫外線からネイルを守ることでネイルの変色を防いでくれます。

②ベースコートは弱い爪やでこぼこ爪などのトラブルにも対応できる

2つ目の違いはベースコートには弱い爪や爪のトラブルにも対応できるという点です。ジェルネイルやネイルカラーを繰り返していると爪は乾燥し薄くなったり、割れてしまったり、二枚爪になったりとトラブルがあります。ベースコートはトップコートと違い美容成分や保湿成分を含んでいるものがあり、爪のケアができます。

おすすめのベースコートを使ってきれいな爪を目指そう!

今回は、おすすめのベースコートやベースコートの塗り方を中心に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ベースコートといっても、価格も色々、機能も美容成分を含んだものや色やでこぼこの補正に優れたものまで様々な種類があります。自分の予算と求める機能のバランスがよいものを選んで使ってみてくださいね。

ここに、ベースコートと合わせて使うトップコートのおすすめをまとめた記事と、綺麗にネイルを塗るためのコツをまとめた記事を載せましたので、ベースコート選びと一緒に参考にしてみてくださいね。これらの記事を読んで自分できれいなネイルができるようになりましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。