Large thumb shutterstock 31392109

固まったマニキュアを溶かす薄め液5選|ネイル液を復活させる代用品は?

更新:2019.06.21

気に入った色を見つけて買ったマニキュアがドロドロに固まった!フタはちゃんと閉めているのになぜ?そんな経験はありませんか?せっかく買ったのに捨てるのはちょっともったいないですよね。今回は固まったネイル液を溶かすおすすめの薄め液・薄め方と復活させる方法についてご紹介します。是非試してみてくださいね。

マニキュアが固まる・固まった原因は?

マニキュアが固まる・固まった原因①開封後の自然劣化

マニキュアが固まる・固まった原因の1つ目として、開封後の自然劣化についてご紹介します。マニキュアを使うためにフタを開けることで、マニキュアの成分が揮発してしまいます。使い方や保管に注意していても開封後時間がたつにつれ、マニキュア液は気体に変わってしまいドロドロになってしまうのです。

マニキュアが固まる・固まった原因②ボトルネックに固まったネイル液

マニキュアが固まる・固まった原因2つ目として、ネイルボトルネックでネイル液が固まることをご紹介します。ボトルネックについたマニキュア液がボトルネックで固まったために邪魔をしてしまい、きちんとフタが閉まらなくなるため揮発しやすくなってしまうのです。汚れを残すと隙間ができてしまうので要注意です。

マニキュアが固まる・固まった原因③直射日光

マニキュアが固まる・固まった原因の3つ目として、直射日光ついてご紹介します。日光が当たることによりマニキュアは、紫外線の影響を受けてしまい変色や劣化を進行させてしまいます。温度が高いとドロドロ化が進んでしまうので気をつけましょう。

マニキュアが固まる・固まった原因④気温が低い

マニキュアが固まる・固まった原因4つ目として、気温が低いことを紹介します。特にこれからの季節はだんだん寒くなってきます。気温が低くなると、ジェルネイルやマニキュアも固くなってしまいます。硬化が進むと伸びが悪くなってしまい、塗りにくくなる原因になってしまいます。保存に注意しましょう。

マニキュアが固まる・固まった原因⑤購入してから何年もたっている

マニキュアが固まる・固まった原因5つ目として、購入してから何年もたっているについてご紹介します。マニキュアも古くなれば劣化してしまいます。色落ちや分離をしたりドロドロに固まってしまうのです。分離したものは捨てることも考えたほうが良いかもしれません。目安は3年以内に使うようにしたいところです。

固まったマニキュアを溶かすおすすめの薄め液5選

①エナメルうすめ液NA|マニキュアを溶かすおすすめの薄め液

マニキュアを溶かすおすすめの薄め液の1つ目として、資生堂のエナメル薄め液NAをご紹介します。1978年から発売されている定番で人気の薄め液です。容器が柔らかく圧がかけやすいため、指で押してマニキュアに液を簡単に注入することができます。数滴でサラサラにでき、すぐ溶けるためコスパ面でも優秀です。

②ネイルラッカーシンナー|マニキュアを溶かすおすすめの薄め液

マニキュアを溶かすおすすめの薄め液2つ目は、「大人ネイル」のブランドOPIのネイルラッカーシンナーについてご紹介します。容量60mlというたっぷり入っているのが嬉しい所で、同ブランドのネイルと特に相性が良いです。完全に固まってしまっても、3~6滴垂らすだけで素早く滑らかになります。

ボトルは大容量でしっかり長持ちします。他の薄め液と比べると少し価格は高めですが、ネイルブランドの商品なので安心して使えます。さらにマニキュア以外に、固まってしまったネイル用のハケに対してもクリーニング目的で使用することができるので、とても便利で魅力的です。

③ポリッシュソルベント|マニキュアを溶かすおすすめの薄め液

マニキュアを溶かすおすすめの薄め液3つ目は、ネルパラのマニキュアうすめ液ポリッシュソルベントをご紹介します。容量50mlで価格も安くコスパ的に嬉しい一品です。スポイト形状になっていてボトルに注ぎやすく、3滴程でさらさらになり使いやすいのも魅力の一つです。たくさんマニキュアを持っている人におすすめ。

④セシェリストア|マニキュアを溶かすおすすめの薄め液

マニキュアを溶かすおすすめの薄め液4つ目は、Secheのリストアをご紹介します。容量は14mlと少なく感じますが、有機溶媒のアセトンが入っていないのが素晴らしいところです。アセトンはほとんどの油脂に溶けるため、マニキュアを落とすのに最適です。しかし、手の脂まで落としてしまうため乾燥しやくなります。

アセトンが入っていないため手荒れしにくく、カラーの分離も促さず適切な粘度を保つことができます。適量は決まっておらず、「糸が引かなくなるまで」を基準に使うのがおすすめです。他の薄め液より仕上がりの粘度が良く、手荒れの心配もないことでリピーターの多い一品です。使いやすく爪にも優しいのは嬉しいです。

⑤ソルベントうすめ液|マニキュアを溶かすおすすめの薄め液

マニキュアを溶かすおすすめの薄め液5つ目として、DHCのソルベントうすめ液をご紹介します。見た目も可愛いボトルなので、マニキュアと一緒に置いても良いです。形状も特殊なチューブ型で、マニキュアのボトルに注ぎやすく誰でも簡単に使用することができます。容量は13mlですが、少量でさらさらにできます。

薄め液での薄め方の注意点

マニキュアを溶かすおすすめの薄め液での薄め方を5つご紹介しましたが、どの薄め液の薄め方でも共通する注意点があります。1つ目は「あまり入れすぎない」ことです。入れすぎることで色まで薄くなりツヤもなくなります。2つ目は、ボトルの口ギリギリまで入れると爆発する危険性があるので数滴たらすようにしましょう。

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品は?

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品①目薬

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品として、目薬についてご紹介します。マニキュアに目薬を数滴入れてかき混ぜます。あまりかき混ぜすぎると気泡が発生してしまうので混ぜすぎないようにしましょう。かき混ぜるのが心配な人は、目薬を数滴入れて溶けてきたらゆっくりと円を描くように振ります。

目薬で固まったマニキュアを溶かす薄め方で復活したという方もいれば、まったく効き目がなかったという方もいます。目薬が何故薄め液の代用になるのかという理由も現在は知られていないですが、目に入れるものなので、危険なものは入っていないのは確かです。

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品②化粧水

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品2つ目として、化粧水をご紹介します。マニキュアに数滴入れて溶かします。女性の場合、1本は持っていると思うので目薬より使いやすいはずです。日常的に使うもので代用出来るのでとても簡単にできますが、目薬同様に化粧水も専用に作られてないため変色しやすいです。

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品③ぬるま湯

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品3つ目は、ぬるま湯をご紹介します。目薬や化粧水のようにマニキュアに注いではダメです。固まったマニキュアの薄め方としてお湯を使ってネイルボトルを湯煎します。水分がボトル内に入ってしまうと、細菌繁殖や分離を引き起こしてしまうので必ずフタを閉めてから行います。

フタをきちんと閉めていても、湯煎しすぎると容器内に水分が発生してしまうので温める時間や温度には注意が必要です。お湯3:水7で約20秒ほど湯煎がおすすめです。しかし、湯煎はかなりリスクが高いので、湯煎で固まったマニキュアを復活させるのは最終手段として使用したほうが良いと思います。

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品④手で温める

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品4つ目は、手で温める事をご紹介します。気温が低くて固まったマニキュアを復活させるのにおすすめな方法です。手のひらで固まったマニキュアボトルを包み、そのまま左右にコロコロと転がします。薄め方と聞くと、振ってしまいそうですが振りすぎると気泡が発生しやすいです。

気泡の発生を防ぐために、上下に振ったりせず手のひらの中で左右にコロコロと転がすのが一番良いです。温めるというより、両手の体温で常温に戻すような感じをイメージしてしてみてください。室温で常温に戻すために置いておくのも良いです。温度ではどうにもならなくなったマニキュアには、紹介した薄め液を使用します。

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品⑤除光液

固まったマニキュアを復活させる薄め液の代用品5つ目は、除光液をご紹介します。固まったマニキュアの薄め方として、よく除光液を使うという話を聞いたことがある方も多いかと思います。マニキュアを落とすなら溶かせるのでは?というイメージがあるためです。

除光液は爪にかなりダメージを与える強いアイテムです。そんなダメージがある除光液を含ませたマニキュアを、爪に塗って使用することは身体に良くないです。除光液には揮発性の高いアセトンが入っています。除光液を入れすぎることで、揮発したアセトンの成分が行き場を失い瓶が爆発した例もあるので危険です。

薄め液の代用品で注意する薄め方について

薄め液の代用品についてご紹介しました。代用品は日用品が多く簡単に使用することができますが、危険性が高いため薄め液の代わりにずっと代用することはおすすめできません。どうしても薄め液が必要なのに、物が無いという緊急の時のみに使用することをおすすめします。

マニキュアの正しい保存方法は?

マニキュアの正しい保存方法①涼しい場所

マニキュアの正しい保存方法1つ目として、涼しい場所であることを紹介します。マニキュアが固まる原因にもあげましたが、直射日光は避けて涼しい場所で保管します。紫外線が当たると変色してしまったり劣化してしまう原因になってしまうためです。高温ではマニキュアが、ドロドロになるため暗い涼しい場所がおすすめです。

いくらマニキュアのボトルが可愛いからといって、部屋の中や窓際にボトルを飾ることはNGです。プロのネイリストさんの中では、マニキュアを保管する専用の冷蔵庫を使用している方もいるくらい保管温度は重要なことなのです。冷蔵庫も良いですが、コスメボックスや引き出しのある棚などで保管するのも良いです。

マニキュアの正しい保管方法②拭いてからフタを閉める

マニキュアの正しい保管方法2つ目として、使用後はボトルネックを拭いてからフタを閉めることを紹介します。そのまま閉めてしまうとマニキュアがボトルネックで固まってしまうおそれがあります。マニキュアを使った後は、必ず拭いて汚れを落としてからからフタを閉めます。

ボトルを拭くのにコットンを使用すると、繊維が付いて後が大変です。柔らかめのティッシュかキッチンペーパーを使用するのをおすすめします。除光液を少し付けて拭くと汚れが落ちます。ボトルネックやフタ以外に、マニキュアのハケ部分も除光液を付けたティッシュかキッチンペーパーで拭きとります。

マニキュアの正しい保管方法③マニキュアの使用期限

マニキュアの正しい保管方法3つ目として、マニキュアの使用期限について紹介します。マニキュアには、明確な寿命はないことがほとんどです。食べ物のように身体に影響があるような物ではないため、メーカーによっては定めていることもあるようですがほとんどは定められてはいません。

寿命がないといっても、色がくすんでいる・ドロドロして塗りにくい・瓶の中で分離している・乾きが遅いなどのマニキュアを使用することは正しい保管方法を用いても難しいです。マニキュアが今述べたような状態に至るまで、約2~3年かかります。それが寿命と考え、使用期限内のマニキュアを使用しましょう。

マニキュアについていろいろ書いてみましたが、マニキュアの収納方法を可愛く出来たら良いですよね。どんな方法があるか気になりませんか?下の記事にちょっと工夫した収納方法があるので、興味のある方は是非読んでみてくださいね。

マニキュアの薄め液の代用品について書きましたが、除光液にも代用品があるのを知っていますか?下の記事に詳しく載っているので、是非読んでみてください。困った時に役立つと思いますよ。

正しく使えばマニキュアを長持ちさせれる

マニキュアを開封することで、空気に触れ劣化していくのは止められません。しかし、正しい保管方法やちょっとした工夫で、固まったマニキュアも捨てずに使うことができたり長持ちさせることができるのです。せっかく気に入って買ったマニキュアです。固まって塗れないから捨てるのではもったいないです。

知らなければ無駄にしてしまいます。でも今回薄め液や代用品・薄め方について少しでも知ることができたとしたなら、これからは固まったマニキュアを上手に復活させて是非長く愛用していきましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。