Large thumb shutterstock 680926303

傷ついた言葉ランキングTOP10 |ネガティブな気持ちを癒す対処法も

更新:2019.06.21

ネガティブな気持ちにさせられる傷ついた言葉ランキングを紹介していきます。「こんなこと言われたら本当に嫌だな」と思うことは人に対して言わないようにしましょう。その一助にしてもらえたら嬉しいです。また嫌な気持ちを癒す対処法も併せて紹介していきます。



傷ついた言葉ランキングTOP10

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第10位|努力が足りない

努力が足りない

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第10位は「努力が足りない」です。頑張っているのを見てくれている人もいますし、自分自身でも努力が足りていないと思うことがある状況もあり得ますが、人から言われてしますとすごく嫌な思いをする言葉です。特に親しい人から言われるほどグサッとくる言葉です。

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第9位|可愛くない

可愛くない

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第9位は「可愛くない」です。女性であれば、可愛くないと言われるのはとても傷つくことでしょう。冗談っぽく使われることがある言葉ですが、相手が本気で言っているのが分かるととても傷つく言葉です。

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第8位|頭が悪い

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第8位は「頭が悪い」です。これも冗談っぽく言われることもありますが「お前は頭が悪いなあ」などと上司や先輩から言われると本当に傷つきます。もしかしたら上司や先輩が何も教えてくれていないのに、できないことでそういう言葉をかけられているかもしれません。

自分自身のその原因が思い当たらないような状態でこういう言葉をかけられると自分が傷つくだけでなく、相手に対する不信感も持ってしまうものですよね。

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第7位|センスがない


センスがない

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第7位は「センスがない」です。センスというのは例えばその仕事やその役割に対する向き不向きを指すわけですが、そういう言葉をかけられると自分が全否定されてしまったような気持ちになり本当に傷つきます。一生懸命やっているほどに言われると傷つく言葉です。

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第6位|親の顔が見たい

親の顔が見たい

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第6位は「親の顔が見たい」です。自分のことを言われているうちはまだ我慢ができますが、親のことまで言われると怒りと申し訳なさが混ざったような、本当に傷ついた気持ちになります。人に対しても絶対に言ってはいけない言葉の一つであると言えるでしょう。

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第5位|デブ

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第5位は「デブ」という言葉です。太っていること以上に「デブ」と誰かから言われてしまうと心に突き刺さるものです。相手を傷つける言葉として「デブ」という言葉は非常に威力がある言葉だと言えるでしょう。相手を少しでも思う気持ちがあるなら言ってはいけない言葉です。

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第4位|ブサ子

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第4位は「ブサ子」です。この言葉に限らず相手の容姿のことを卑下したようなあだ名は本当に心が傷つきますし、長く言われ続けるとその後の人格形成にも影響しかねない、とても嫌な言葉です。あだ名をつける時には相手が喜ぶようなあだ名を意識したいものです。


ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第3位|女と見ていない

女と見ていない

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第3位は「女と見ていない」です。これは男性が女性にかける傷つける言葉です。女性としては恋愛の相手と見てもらえるように相手の男性に気遣って一生懸命やってきても、この一言ですべてを否定されてしまいます。今までの努力をすべて流し去ってしまう恐ろしい言葉です。

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第2位|友達と思ってない

友達と思ってない

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第2位は「友達と思ってない」です。これは男女に関わらず信じていた人から少なくとも自分はそう思われていなかったという事実を突きつけられることは、非常に傷つく要素となります。こんなことは誰にも絶対に言われたくないものです。

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第1位|君を信じてない

君を信じてない

ネガティブな気持ちになる傷ついた言葉ランキング第1位は「君を信じてない」です。相手から信頼されていない、信用できる相手ではないと直接言われることはプライベートでもビジネスでも本当に傷つきます。

人生も行動も人格も、すべてが否定された気持ちに陥ってしまいます。たとえそう思って相手を傷つけない言葉を選びたいものです。

言われて傷ついた言葉を打ち消す気持ちを癒す対処法は?


嫌な言葉で傷ついた心を癒す対処法①相手にとっては何気ない一言と割り切る

相手にとっては何気ない一言と割り切る

嫌な言葉で傷ついた心を癒す対処法として、相手にとっては何気ない一言と割り切ることが挙げられます。相手が自分を傷つけようと言っているのではなく、何気ない一言で何とも思っていないと割り切れば、傷ついた言葉も何でもないものだと思い直すことができるようになります。

人に言われたことを気にし過ぎないことが大切です。相手が思っていることと自分の受け止め方には大きな差異があるものなのです。下記の関連記事にはそんな人の目を陰口を気にしないコツや地震をつける方法が詳しく紹介されていますので、こちらも併せて読んでみてください。強いメンタルが習得できることでしょう。

嫌な言葉で傷ついた心を癒す対処法②思い込みで立ち直る

嫌な言葉で傷ついた心を癒す対処法として、思い込みで立ち直ることが挙げられます。一旦ネガティブな思い込みをしてしまうと、中々そのネガティブな感情は拭えなくなってしまうものですが、それを打ち消すことを何回も口に出して呟いてみたり、紙に書きだすことで自分の中に逆の思い込みが芽生えて足り直ることがあります。

泣くから悲しいのか、悲しいから泣くのかという話になってきますが、どちらも正しいと思います。そのため、敢えてネガティブな感情を打ち消す思い込みをする努力を一定時間続けることで逆の思い込みができ、それが良い方向に気持ちを持っていくことに繋がっていくのです。

嫌な言葉で傷ついた心を癒す対処法③スポーツに打ち込む

嫌な言葉で傷ついた心を癒す対処法として、スポーツに打ち込むことが挙げられます。スポーツに打ち込んでいる間はスポーツに集中できるので傷ついた心を癒す手段としてはうってつけの方法です。特にハードなスポーツだと、そのスポーツをしている間は他のことを考える余裕がなくなります。

スポーツだけではなく、例えば楽器やカラオケでも同じ効果が得られることでしょう。とにかく何かに集中をして、ネガティブな思考が芽生える時間を減らしていくことで、嫌な気持ちを癒す有効な対処法となっていくことを覚えておきましょう。

嫌な言葉で傷ついた心を癒す対処法④友達に相談する

友達に相談する

嫌な言葉で傷ついた心を癒す対処法として、友達に相談することが挙げられます。友達に相談すると、友達の言葉に勇気づけられると同時に、友達に自分の気持ちを吐き出すことで気持ちがすっきりする効果が得られます。特にしっかり相談に乗ってくれる友達に相談すると、より高い癒しの効果が得られることでしょう。

逆に自分が傷ついた言葉によってネガティブな気持ちになっている時だけ相談に乗ってもらうのではなく、普段から自分も友達の相談相手になっておくことで、自分が癒して欲しい時に相手が相談に乗ってくれて、癒してくれるようになりますので、そういうコミュニケーションを常日頃から意識しておくと良いでしょう。

嫌な言葉で傷ついた心を癒す対処法⑤ボランティアをする

嫌な言葉で傷ついた心を癒す対処法として、ボランティアをすることが挙げられます。ボランティアをすることは、非日常を体験することにも繋がりますし、もしかしたら相手を思いやる気持ちを持つことで「自分がこんな小さなことで落ち込んでる場合じゃない」と思えるかもしれません。

ボランティアはされた相手が喜び、している方も成長ができるものが望ましいと思いますが、お互いにそこがずれてしまうようなボランティアもありますので、そういった状況に陥らないように注意が必要です。下記の記事がその参考になるかと思いますので、こちらも併せて読んでみてくださいね!

人に言われて傷ついた言葉を誰かにかけないようにしよう

人に言われて傷ついた言葉は誰かを傷つける言葉でもあります。そういった気配りができるようになるなら、傷ついた言葉はそれに気付かせてくれて、自分を成長させてくれた貴重な財産だと言えるのかもしれません。

人を傷つけるような人間にだけは、なりたくないものですよね。ここで紹介した内容を胸に、優しさを人に向けてもらえたら嬉しいです!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。