INDEX

意地悪な人の心理7選!職場の人や上司はなぜ意地悪なの?

【職場の人や上司】意地悪な人の心理①認められているのが気に入らない

それでは職場の人や上司が意地悪されている人必見の、意地悪な人の心理を紹介していきます。まず1つ目は「認められているのが気に入らない」です。会社で認められている人に対しての嫉妬心から、意地悪しているということです。会社で評価の高い人が意地悪されているときは、嫉妬心が隠れている場合があります。

仕事ができる人はもちろん、コミュニケーション能力が高く人望がある人や社内でモテる人も対象になり得ます。意地悪している人の深層心理には、自分も認めてもらいたいという思いがあるのかもしれません。

【職場の人や上司】意地悪な人の心理②認められたい

意地悪な人の心理2つ目は「認められたい」です。自分が認められていないと感じると、認められないのが気に入らなくて意地悪してしまうという心理です。自分のことを認めて欲しくて意地悪してしまうのです。好きな人に意地悪してしまうという小学生のような感覚に近いかもしれません。

意地悪な人にとって何らかの理由で特別な存在だからこそ、認められたくて必死になってしまうのです。もちろんライバル心から特別に思われることもあります。

【職場の人や上司】意地悪な人の心理③優位に立ちたい

意地悪な人の心理3つ目は「優位に立ちたい」です。自分の方が力があると見せつけて、意地悪の対象者より自分の立場を上に置きたいという心理です。上司が自分に力があることを見せつけたくて意地悪することもありますし、同僚が優位に立ちたくて意地悪することもあります。

優位に立ちたくて意地悪する人は、プライドが高く負けず嫌いな性格を持つ傾向があります。自分が優位に立っていないと気が済まない人も多いので、自分の立場を揺るがすような人に意地悪してしまうのです。パワハラレベルの意地悪をする上司は、自分の立場を見せつけたいと思っていることがあります。

【職場の人や上司】意地悪な人の心理④困らせたい

意地悪な人の心理4つ目は「困らせたい」です。困っている顔を見るのが好きな人は、困らせたいという思いで意地悪をすることがあります。「何が楽しいんだろう」と疑問に思う人もいると思いますが、人を困らせて喜ぶ人も世の中にはいるのです。困っている顔が見たいだけなので、スルーされることに弱い傾向があります。

【職場の人や上司】意地悪な人の心理⑤邪魔をしたい

意地悪な人の心理5つ目は「邪魔をしたい」です。足を引っ張って邪魔をしたいという心理で意地悪をする人もいます。嫉妬心から邪魔をして意地悪する人もいますし、ただ邪魔をしたいだけで意地悪する人もいます。邪魔をすることで、自分に構ってもらいたいと思っている可能性もあります。

【職場の人や上司】意地悪な人の心理⑥自分は幸せだと感じたい

意地悪な人の心理6つ目は「自分は幸せだと感じたい」です。”人の不幸は蜜の味”と言いますが、まさに人の不幸を見て自分は幸せだと感じたいという心理で意地悪する人もいます。意地悪することで不幸になっていく人を見て、自分の方が幸せだと感じられることに味をしめて意地悪を繰り返す傾向があります。

人に意地悪することでしか幸せを感じることができないほど、職場以外の場面ではあまり幸せを感じることがないのかもしれません。リア充と程遠い人ほど、人の不幸見たさに意地悪しがちな傾向があります。

【職場の人や上司】意地悪な人の心理⑦存在が気に入らない

意地悪な人の心理7つ目は「存在が気に入らない」です。見た目や性格が問題なのか、生理的な問題なのかは人それぞれですが、意地悪の対象者の存在が気に入らなくて意地悪する人もいます。そこにいること自体気に入らなくて、意地悪している可能性があります。どこかで恨みを買ってしまい、意地悪されていることもあります。

存在が気に入らなくて意地悪する人は、職場から追い出したくて意地悪することもあるので、意地悪が結構強めな傾向があります。なぜ気に入らないのかを聞いても、「全部!」と答えられてしまうかもしれないので、改善のしようがないのが問題です。

意地悪な人の特徴は?

意地悪な人の特徴①意地悪な顔つきをしている

次は、意地悪な人の特徴を紹介します。1つ目は意地悪な顔つきをしているです。意地悪な顔つきと言うのは、目がつりあがっていて口角が下がっているような顔つきです。意地悪な人の顔を想像してみると、大体そういった顔が思い浮かぶのではないでしょうか。人の内面は、顔に出てしまいがちです。

意地悪なことを考え、意地悪なことをする人は、自然と目がつりあがり、口角が下がって意地悪な人の特徴とも言える顔つきになってしまうのです。

意地悪な人の特徴②プライドが高い

意地悪な人の特徴2つ目は「プライドが高い」です。意地悪な人はプライドが高いという特徴をもっています。プライドが高いからこそ、嫉妬心や優位に見せたいという心理が働いて意地悪してしまうのです。プライドの塊のような人ほど意地悪しがちで、逆にプライドがあまりない人は意地悪をあまりしない傾向があります。

プライドが高い人との付き合い方は、なかなか難しいですよね。下の記事ではプライドが高い人の心理や特徴をまとめていますので、プライドが高い人との付き合いの参考にしてみてください。

意地悪な人の特徴③自己中心的

意地悪な人の特徴3つ目は「自己中心的」です。意地悪な人は、自分の思いを貫いて意地悪してしまうので、自己中心的な特徴があります。自己中だからこそ、相手の迷惑や状況を考えずに意地悪できてしまうのでしょう。そもそも他人を思うことができれば、意地悪はしないはずです。自己中だからこそ意地悪できると言えます。

自己中な人の特徴は、下の記事でまとめてあります。自己中な人とはどういった人なのかを知ることで、対処法も見つかるはずですので、ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 678594811
関連記事 自己中な人の特徴は我慢ができない人?自己中な人の特徴15選をご紹介!

自己中な人の特徴は、自分中心に物事を考え、我慢ができない人です。誰にも

意地悪な人の対処や付き合い方5選!

意地悪な人の対処や付き合い方①関わらない

次に意地悪な人の対処や付き合い方を紹介します。1つ目は「関わらない」です。意地悪されても完全に無視して関りを絶ちます。もちろん仕事上必要なやりとりはあると思いますので、最低限の付き合いだけにとどめましょう。関わらないことで、意地悪な人の興味を削ぐ対処法です。

職場の上司だと、自分が関わりたくなくても関わらざるを得ない状況に追い込まれることもありますよね。そもそも意地悪をする上司は無能で使えない上司である可能性が高いです。下の記事で、無能な上司の対処法を見つけてみるのも良いかもしれません。

Small thumb shutterstock 396735082
関連記事 無能な使えない上司の特徴10選!やる気のない管理職の対処法は?

あなたの職場に無能な上司はいませんか?使えない上司と一緒に働くだけで、

意地悪な人の対処や付き合い方②意地悪に負けない態度をとる

意地悪な人の対処や付き合い方2つ目は「意地悪に負けない態度をとる」です。意地悪されて沈んだ態度を見せてしまうと、意地悪な人の思うつぼです。意地悪な人は沈んでいるところが見たくて意地悪している可能性があるので、意地悪されても何もなかったような顔をしていれば意地悪な人の興味を削ぐことができるはずです。

もちろん「やめてください」と毅然とした態度をとれるのであれば、負けない態度を見せるのも良いでしょう。しかしやりすぎると意地悪な人を怒らせて逆効果になる可能性もあるので、毅然とした態度をとるときは周りに人が多くいるときを狙うのがコツです。意地悪な人が意地悪であることを周りに知らしめるのです。

意地悪な人の対処や付き合い方③とりあえず持ち上げる

意地悪な人の対処や付き合い方3つ目は「とりあえず持ち上げる」です。意地悪な人はプライドが高いという特徴があるので、そういうタイプの人のことはとりあえず褒めて持ち上げることで、意地悪をやめてくれる可能性があります。「さすが」「すごい」などの言葉で気持ちよくさせて良好な関係を持つ付き合い方です。

意地悪な人の対処や付き合い方④笑顔で対処する

意地悪な人の対処や付き合い方4つ目は「笑顔で対処する」です。意地悪されても笑顔で返すことで、「あなたの意地悪じゃびくともしません」ということを伝えます。意地悪しても笑顔で返されると、意地悪のし甲斐がなくなっていってしまいます。相手が意地悪することに飽きるまで笑顔を返すという対処法です。

意地悪な人の対処や付き合い方⑤味方を作っておく

意地悪な人の対処や付き合い方5つ目は「味方を作っておく」です。意地悪されたときや、意地悪な人と対立したときに備えて自分の味方を数人作っておく対処法です。意地悪されて職場での評価が下がったときなど、フォローしてくれる相手を見つけましょう。味方が多ければ多いほど、意地悪な人を孤立させることができます。

意地悪な人のことを気にしない方が良い?因果応報の末路とは?

意地悪な人のことは気にしない

意地悪な人に意地悪をされれば、どうしても気になってしまいますよね。意地悪な人を気にすれば気にするほど、無駄なエネルギーを消費してしまいます。意地悪な人が気にしないのがベストです。意地悪な人は自ずと因果応報の道をたぐり寄せていると思うようにすれば、意地悪な人を気にすることがなくなっていくでしょう。

意地悪な人がたどる因果応報の末路

意地悪な人を気にしないために、意地悪な人がたどる因果応報の末路を紹介します。自分の行いが回りまわって自分に返ってくるというのが因果応報です。意地悪をすれば、その行いは意地悪な人に返っていくのです。

自分が気に入らないからと意地悪をし続けた職場の人が、”意地悪な人”というレッテルを貼られて職場全体から無視され、居づらくなって退職する羽目になったという末路があります。他にも自分の地位をアピールするためにパワハラをしていた上司が、パワハラを訴えられて退職に追い込まれるというのもあります。

因果応報の詳しい意味については、下の記事で紹介しています。わかりやすく説明してありますので、意地悪な人がたどる因果応報な末路がイメージしやすくなるはずです。

意地悪な人に無駄なエネルギーを使わない

意地悪な人は、周りの意見をあまり聞かないので、こちらの言葉が届かないことが頻繁にあります。理不尽なことと思う人もいると思いますが、言っても響かない人に何を言っても無駄です。無駄なエネルギーを使わず、意地悪と上手に付き合っていく方法を見つけましょう!上手に付き合っていけば、心も体も楽になりますよ!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。