皆さんは鬼についてどこまで知っていますか?種類や名前、有名な鬼、女性の鬼、日本最強の鬼、妖怪の鬼、たくさんの鬼が日本にはいます。特に鬼の種類はたくさんありますので、一覧にしてわかりやすくまとめました。さあ、鬼の世界へ共に探検いたしましょう。

INDEX

  • 鬼とは?その正体は?
  • 鬼の色と種類と特徴は?
  • 鬼の種類と名前一覧
  • 女の鬼の種類と名前一覧
  • 日本最強の鬼は?
  • 有名な妖怪の鬼の種類は?
  • 「鬼」の入った慣用句・ことわざはどれくらいある?どんなものがある?
  • 鬼は怖くて親しみのある不思議な存在

鬼とは?その正体は?

鬼とは醜悪な形相と自在な怪力によって人畜に危害を与える妖怪・怪物

鬼は空想上の霊怪であり、人畜に危害を加える怪物です。醜悪な形相と、怪力が特徴で様々な種類があります。現在では鬼と呼ばれていますが、日本では昔、鬼は「もの」と呼ばれていました。

「もの」とは、怨念を持った霊、邪悪の怨念のことです。それがそのうち『この世ならざるもの』という意味の「隠(おぬ)」と呼ばれ、さらに現代のように「鬼(オニ)」という名前になりました。鬼という呼び名が定着したのは平安時代です。また、鬼の定義も種類も、時代や思想の流れによって変わっていきました。

鬼の正体は時代により変化していく恐怖の形

現在では「鬼」というと、頭に角が生えていて、金棒を持っていて、というように、ある程度の見かけが決まっています。しかしもともと鬼は、姿が見えず、人知を超える力を持つ、漠然とした恐ろしいものでした。鬼は私たちのそばにあるぼんやりとした恐怖が、時代により変化を遂げた姿だったのです。

「鬼」はもともと姿が見えないものでしたが、時代とともに鬼が仏教と結びつくことにより、仏教が考える地獄にいる鬼のイメージが根付いていきました。私たちがふっと頭に浮かぶあの鬼(大きな体や角)は、仏教の鬼の姿なのですね。

鬼の色と種類と特徴は?

鬼の色の種類は5色

鬼の色は、5色あります。何故5色かというと、仏教において5つの煩悩のことを、五蓋(ごがい)といい、その五蓋を鬼に当てはめているからです。ですから、鬼の色は1色毎に意味があります。

鬼の種類①赤鬼

赤色の鬼が表すのは、貪欲(とんよく)。人間の渇望・欲望で、すべての悪い心の象徴です。赤鬼が一番有名なのは、この鬼がすべての悪い心をあらわす最強の鬼だからでしょう。

鬼の種類②青鬼

青色の鬼が表すのは、瞋恚(しんに)。怒り・憎しみです。何かに過剰に怒り、他人を憎む煩悩ですね。怒りや憎しみがなければどんなに平穏な日々でしょう。青鬼は自分自身への恐怖の象徴なのですね。

鬼の種類③黄鬼(もしくは白鬼)

黄鬼(白鬼)が表すのは、掉挙・悪作(じょうこ・おさ)。浮ついた心や甘え、執着など、自身の心の有様を表します。黄色の鬼はしばしは白色ともされ、同じ意味を表しています。

鬼の種類④緑鬼