INDEX

可愛い単語と感じる言葉やフレーズの特徴は?

フランス語の可愛い単語・フレーズの特徴①柔らかい発音が多い

女性

フランス語の可愛い単語・フレーズの特徴には柔らかい発音が多く、全体的に優しい響きのフレーズが多いでしょう。おしゃれなフランス語は、単語の響きも柔らかいものが挙げられます。

例えば「パピヨン」や「プティット」など、「パピプペポ」が付くものはポップで可愛らしい雰囲気ですよね。また、「マミムメモ」が付く単語も言葉の響きがマイルドになります。

それ以外にフランス語には、最後が「ン」または「ンヌ」で終わる単語も多く、全体的に柔らかく優しい響きの印象です。フランス語の特徴は、ことようなマイルドな響きが特徴です。

フランス語の可愛い単語・フレーズの特徴②濁音が少なく響きがきれい

女性

フランス語の可愛い単語・フレーズの特徴には、濁音の少なさも挙げられます。一般的に「ガギグゲゴ」や「バビブベボ」のような濁音は、力強くはっきりとしたイメージになります。

もちろんフランス語の可愛い単語にも濁音は存在しますが、どちらかというと濁音が少ない柔らかな響きの単語が多いでしょう。その為、言葉の響きもふわっとした印象になります。

反対に濁音が多く、強くかっこいい響きの言葉がドイツ語です。ドイツ語は全体的に力強い単語が多く、凛々しい印象ですよ!かっこいいドイツ語について知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

Small thumb shutterstock 654147535
関連記事 かっこいい・かわいいドイツ語の単語10選とフレーズ一覧 | 素敵な名前は?

ドイツ語には、かっこいい響きを持つ単語・フレーズをご存知ですか?獣の天

フランス語の自然に関する可愛い単語例

【自然編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例①スリズィエ

フランス語のきれいな響き・可愛い単語例、自然編の1つ目はスリズィエです。スリズィエは桜の木という意味です。桜は日本のイメージですが、フランスにも存在します。

和のイメージが強い桜の木ですが、フランス語にするとおしゃれなフレーズに聞こえますね。桜の花が好きな人や、春生まれの人はご自身のアドレスなどに使うのもおすすめです。

ちなみに桜の木に似た単語で、「サクランボ」は「スリーズ」と言います。こちらは日本語でもフランス語でも似たような言葉の響きになりますね。また、単に種類を問わず「花」という言葉は、「フルール」と言います。

【自然編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例②コクリコ

フランス語のきれいな響き・可愛い単語例、自然編の2つ目はコクリコです。コクリコとは「ヒナゲシ」という意味です。ヨーロッパ原産の植物で、フランス国旗の赤い部分はこのコクリコの花を表すと言われています。

花言葉は「恋の予感」、「いたわり」、「思いやり」などです。素敵な花言葉を持つ綺麗な花なので、前向きな意味を含んだ可愛い単語としてもおすすめできます。もちろん花そのものもきれいですね!

日本人になじみがあるものと言えば、スタジオジブリ作品の「コクリコ坂から」でしょうか。つまりこの作品名は、ヒナゲシ坂という意味にもなりますね。なんだかおしゃれで素敵な地名です。

【自然編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例③フイユ

植物

フランス語のきれいな響き・可愛い単語例、自然編の3つ目はフイユです。フイユはフランス語で「葉」を意味します。フィーユという発音で紹介されることもあります。

パイ生地を重ねたお菓子、ミルフィーユは「千の葉」という意味になります。パイ生地が何層にもなるような作り方を千枚の葉に例えて、このようなお菓子の名前になったと言われています。

千葉県はこれにちなんで、ミルフィーユを県のオリジナルお菓子に設定していますね!フイユを単独で使ってもいいですし、ミルフィーユのように数と合わせたり、「緑」や「赤い」といった色と組み合わせても使える単語です。

【自然編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例④シエル

女性

フランス語のきれいな響き・可愛い単語例、自然編の4つ目はシエルです。フランス語の発音だと、スィエルが近くなります。意味は「空」で、どこまでも広がる空のようにさわやかな印象ですね。

広々としたきれいな空をイメージできる単語は、お店の名前やアドレス以外にも使えそうです。なお青空は「シエルブルー」、星空は「シエルエトワール」になります。

他の単語と組み合わせることで様々な言葉にアレンジできるので、是非お気に入りの空の様子を表現してみましょう!夕焼け空や曇り空、夜空などあらゆるバリエーションが楽しめます。

【自然編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例⑤ニュアージュ

雲

フランス語のきれいな響き・可愛い単語例、自然編の5つ目はニュアージュです。ニュアージュはフランス語で雲という意味になります。曇り空のように、どこかアンニュイでおしゃれな響きですよね。

フランスのパリは曇りの日が多いと言われています。とあるフランス人が飼っている猫の名前は、まさしく雲という意味のニュアージュなのだそうです。曇りの日にちなんだのか、それとも雲のようにフワフワだったのでしょうか?

ちなみにフランス語で天気を表す単語は、晴れが「ボー」または「ボー・タン」、「ベル・タン」など。雨が「プリュイ」と言います。どれもおしゃれできれいなフレーズですね。

【自然編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例⑥キャトルセゾン

手紙

フランス語のきれいな響き・可愛い単語例、自然編の6つ目はキャトルセゾンです。フランス語で四季という意味です。フランスも日本と同じように四季があります。

4つの季節を総称したのがキャトルセゾンで、それぞれの季節ごとに単語があります。春はプランタン、夏はエテ、秋はオトンヌ、冬はイベールです。

日本と同じようにフランスでも季節の移り変わりが楽しめると言います。四季を表すのはもちろん、お気に入りの季節ごとに素敵なフレーズを選んでみてもいいですね!

フランス語の動物に関する可愛い単語例

【動物編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例①シュエット

フランス語のきれいな響き・可愛い単語例、動物編の1つ目はシュエットです。シュエットとは、フクロウという意味ですが、もう一つ「素敵な」という意味も持っています。

フクロウと言えば日本でも縁起がいい動物として知られていますよね。「福」がやってくる、「不苦労」の当て字などから幸運を呼ぶと言われています。

そんなフクロウをフランス語にすれば、おしゃれできれいな響きの言葉になりますね。しかも「素敵な」という意味まであるので、二つの意味を込めて使ってもいいでしょう。

【動物編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例②ラパン

フランス語のきれいな響き・可愛い単語例、動物編の2つ目はラパンです。ラパンはフランス語でウサギという意味です。ピョンピョン跳ねる可愛いウサギは、フランス語でもキュートなイメージです。

ラパンと言えば日本では車の車名としても知られていますね。元々若い女性をターゲットにした車を開発しようというコンセプトの為、ウサギという可愛いネーミングにしたそうですよ。エンブレムもウサギです。

ちなみにこの単語に色の名前を加えると、「白ウサギ」や「黒ウサギ」なども表せます。白ウサギはラパンブラン、黒ウサギはラパンノアールという言葉になります。

【動物編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例③ポワソン

フランスのきれいな響き・可愛い単語例、動物編の3つ目はポワソンです。フランス語で魚という意味で、フランスではとある行事に関連する言葉でもあります。

日本ではエイプリルフールに嘘をつくというイタズラをしますが、フランスをはじめヨーロッパでは、この日に魚の形をしたお菓子を食べると言われています。これを「ポワソンダブリル」と言います。

魚型のお菓子はパイやチョコレートなど様々で、このシーズンにはあちこちのお菓子屋さんに魚のお菓子が並びます。エイプリルフールには真似してみてもいいですね!

【動物編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例④リュスィオール

フランス語のきれいな響き・可愛い単語例、動物編の4つ目はリュスィオールです。リュスィオールとは、フランス語でホタルという意味になります。幻想的で美しい虫ですよね。

ホタルと言えば初夏に美しい水がある自然の中に生息し、ピカピカと体を光らせる虫として知られています。きれいな生き物で、かつ少し変わった言葉を選びたいなら虫の名前を使ってみてはいかがでしょうか。

ホタルのように美しく光り輝きたいという意味を込めてもいいですね。きれいな光や素敵な明かりをイメージできる単語なので、そういったお店の名前を連想してもいいかもしれません。

【動物編】フランス語のきれいな響き・可愛い単語例⑤パピヨン

フランス語のきれいな響き・可愛い単語例、動物編の5つ目はパピヨンです。パピヨンはフランス語で蝶という意味です。パピヨンという名前の犬種も存在しますが、これは耳の形が蝶の羽に似ていることからこう名付けられたと言われています。

パピヨンは半濁音が続くせいか、ポップで可愛らしいイメージの言葉に聞こえますね。もちろん蝶という単語自体も綺麗なイメージなので、蝶のように可憐な印象の言葉と言えます。

蝶単体だけでも使えますが、ここに他の単語を組み合わせてもいいですね。例えば色を表す単語と組み合わせれば、「黒い蝶」や「青い蝶」と言ったフレーズにもなります。

フランス語の抽象名詞の可愛い単語例

【抽象名詞編】フランス語の素敵な響き・可愛い単語例①アスピラスィオン

女性

フランス語の素敵な響き・可愛い単語例、抽象名詞編の1つ目はアスピラスィオンです。少々長い単語ですが、意味は「あこがれ」になります。

「何かに憧れている」という言葉は、とても前向きで希望が持てる単語ですね。きれいな響きで意味も素敵なので、何かに使いたい時には是非おすすめです。

また、フランス語の中でも一般的によく使われる言葉ほど知られていない為、お店の名前などほかと被らないネーミングにしたい時にも使えるでしょう。

【抽象名詞編】フランス語の素敵な響き・可愛い単語例②ボヌール

カップル

フランス語の素敵な響き・可愛い単語例、抽象名詞編の2つ目はボヌールです。ボヌールとはフランス語で「幸福」や「幸せ」という意味になります。

こちらもポジティブで希望が持てる単語ですね。フランス語の可愛い単語で明るく前向きな言葉を使いたい時は、ボヌールというフレーズを選んでみましょう。

これだけだと短い単語なので、何か別のフレーズと組み合わせてもいいですね。例えば「小さな幸せ」や「ささやかな幸せ」といった言葉にしてみてもいいでしょう。

【抽象名詞編】フランス語の素敵な響き・可愛い単語例③シュシュ

フランス語の素敵な響き・可愛い単語例、抽象名詞編の3つ目はシュシュです。日本でなじみがあるシュシュと言えば女性が使うヘアアクセサリーですよね。

ヘアアクセサリーとしてのシュシュもフランス発祥の言葉ですが、元々は「お気に入りの」や「素敵な」、「可愛い」と言った意味を持つ言葉です。

このような話し言葉が何故ヘアアクセサリーの名称になったのかは不明です。しかし可愛らしくおしゃれな響きを持ち、意味も素敵な言葉なので色々と使えそうですね。

フランス語の形容詞の可愛い単語例

【形容詞編】フランス語のおしゃれな響き・可愛い単語例①ファンタスティク

カップル

フランス語のおしゃれな響き・可愛い単語例、形容詞編の1つ目はファンタスティクです。意味は「素晴らしい」で、何かを褒めたり称えたりする際に使える言葉ですね。

英語でも「ファンタスティック」と言われるように、フランス語でもほぼ同じ発音になります。「素晴らしいもの」、「素晴らしいこと」などは、あらゆる分野で使えそうですね。

例えばお店の名前に使ってもいいですし、商品名などにも使えそうなフレーズです。おしゃれで素敵な響きに、いい意味を持つフレーズは色々なシーンで役立つでしょう。

【形容詞編】フランス語のおしゃれな響き・可愛い単語例②ジョワイユ

乾杯

フランス語のおしゃれな響き・可愛い単語例、形容詞編の2つ目はジョワイユ、または ジョワイユーズです。意味は「(物事が)楽しい、喜ばしい」という意味になります。

フランス語の形容詞を使う際は、明るくポジティブな言葉を選ぶのがおすすめです。「楽しい」や「喜ばしい」といった単語は、前向きな意味を持つので使いやすいですね。

また、形容詞はほかの単語と組み合わせて使うのもおすすめです。お店の名前に使うなら「楽しいお店」や「楽しい家」などのフレーズにするのもいいでしょう。

【形容詞編】フランス語のおしゃれな響き・可愛い単語例③ミニョン

フランス語のおしゃれな響き・可愛い単語例、形容詞編の3つ目はミニョン、またはミニョンヌです。意味は「可愛らしい」で、まさしく可愛い単語というイメージですね!

ちなみにフランス語の単語には、可愛いを意味する言葉が多くあります。例えば「シュシュ」も「可愛い」という意味を持ちますが、こちらは話し言葉限定です。

その他にも美しさを兼ね揃えた可愛さは「ジョリー」。表情や態度に対する可愛さを表すには「エマーブル」、素敵で可愛いを意味する「ジャンティーユ」などの言葉もあります。微妙に意味合いが異なるので、目的に合わせて選んでみてくださいね。

アドレスやお店の名前に使うフランス語の可愛い単語を選ぶポイントは?

アドレスやお店の名前にフランス語を使うポイント①わかりやすい単語を使う

ノート

アドレスやお店の名前にフランス語を使うポイントは、わかりやすい単語を使う事です。フランス語は言葉によって発音が難しかったり、長いフレーズで覚えにくかったりします。

特にお店の名前に付ける時には、なるべく覚えやすく言いやすい名前の方がいいですよね。複雑な言葉の方がかっこいいと思うかもしれませんが、なるべくシンプルな単語を選ぶといいでしょう。

しかし、あまりにシンプル過ぎると他のお店の名前や他人のアドレスと被ってしまう場合もありますよね。名詞と形容詞を組み合わせるなど、シンプルかつ独自性あるものを選んでください。かっこいいフランス語の単語については、こちらの記事もどうぞ!

Small thumb shutterstock 519799885
関連記事 かっこいいフランス語の単語25選|おしゃれで素敵な言葉・フレーズは?

かっこいいフランス語の単語や言葉を集めてみました!おしゃれで素敵なフレ

アドレスやお店の名前にフランス語を使うポイント②下品なスラングを避ける

女性

アドレスやお店の名前にフランス語を使うポイントで必ず注意しなければいけないのが、下品なスラングを避けるという事です。フランス語にも、いわゆる汚い言葉のスラングというのは存在します。

日本人が聞くときれいな響きに聞こえても、フランス語では汚い言葉なので注意しましょう。いくつか挙げると、「メールド」は「糞!」や「畜生!」と言ったニュアンスになってしまいます。

また、「ピュタン」というのは「売春婦」を意味する言葉で、話し言葉ではこちらも「糞!」に近いニュアンスです。一見汚いフレーズには聞こえない言葉ですが、何かに使うにはおすすめできないので注意しましょう。

アドレスやお店の名前にフランス語を使うポイント③文法や意味は正しく使う

花束とコーヒー

アドレスやお店の名前にフランス語を使うポイントで大切なのが、文法や意味の正しい使い方です。フランス語は日本語と異なる文法なので、単語だけを組み合わせても間違った使い方になってしまうかもしれません。

例えば「白ウサギ」という単語は「ラパンブラン」と言いますが、ラパンがウサギでブランが白なので、日本語とは文法が逆になりますよね。日本語にすると「ウサギ・白」という並びになります。

特に複雑な言葉になるほど文法も難しくなるので、注意しましょう。また、言葉の意味と使われ方が異なる単語もあります。必ず正しい意味を調べてから使ってくださいね。

フランス語の可愛い単語やきれいな言葉を覚えよう!

フランス語はどこかおしゃれできれいな響きの多い、素敵な言葉というイメージがありますよね。可愛い単語も多いので、お店の名前やアドレスなどにも活用できます。

自然や動物などを表す単語の他に、抽象名詞や形容詞の素敵な言葉もご紹介しました。お気に入りの単語を組み合わせて、おしゃれなフランス語を使いましょう。

今回ご紹介した単語は、フランス語の中でも特に響のきれいな素敵なフレーズです。フランスの可愛い単語を覚えて、素敵な言葉を活用してみてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。