INDEX

薄っぺらい人とは?

薄っぺらい人とは中身のない人間のこと

中身のない人間のこと

薄っぺらい人とは、中身のない人間の事を指して言います。多くの場合、中身がない人間として周囲の人たちが判断するのは、知識の浅さでしょう。テレビやラジオなどで少し聞きかじっただけの知識を、さも自分は物知りであるかのように、周囲に吹聴する人のことを指して言います。

薄っぺらい人とは人生経験の浅い人のことでもある

人生経験の浅い人のことでもある

薄っぺらい人とは、人生経験の浅い人のことでもあるのです。しょっちゅう転職を繰り返したり、ひとつのことにじっくり腰を落ち着けて向き合えない人は、人生経験が浅くなります。すると、周囲の人たちから、「薄っぺらい人」と思われてしまいます。

薄っぺらい人の特徴13選

薄っぺらい人の特徴①人間ができてない

人間ができてない

薄っぺらい人の特徴の1つ目は、人間ができてない、という特徴です。周囲の人たちのアドバイスに耳を傾けたり、または忠告を真摯に受け止めることができません。更に、他人の立場に立って考えるということも苦手です。常に自分中心のものの考え方をします。これは人間ができていない証拠です。自分本位なのです。

忠告は非難と受け止める為、何を言っても聞く耳を持ちません。周囲の人たちは自分を憎んでいて、それできついことやうるさいことを言うのだという、受け止め方をします。本人が気づかない限り、周囲の人たちがどれだけアドバイスをしても、徒労に終わります。

薄っぺらい人の特徴②中身のない人間

中身のない人間

薄っぺらい人の特徴の2つ目は、中身のない人間、という特徴です。正真正銘の「空っぽ」です。将来のことは何も考えていません。今のこの瞬間が楽しければ、それで良いのです。それも楽しいと思うのは自分だけです。自分だけがすべての瞬間において楽しければ、それで良いと感じています。周囲の人も未来もそっちのけです。

常に自分が中心の世界に生きている為、先のことを考える頭もありませんし、想像力もありません。常に目の前のことだけなのです。このようなタイプの人間は10年先、20年先になって大きな苦労をすることになっても、「どうしてこんな事になったのだろう?」と不思議に思うだけで、自分の責任だとは感じません。

薄っぺらい人の特徴③知識が浅い

知識が浅い

薄っぺらい人の特徴の3つ目は、知識が浅い、という特徴です。テレビやラジオで少し聞きかじったことや、雑誌で偶然目にした知識を、周囲の人たちに吹聴して回ります。その態度は、「みんなは知らないだろうけれど、自分は知っている」という気持ちが前面に出ています。自分は物知りなんだ、という気持ちで溢れています。

ただし、更に突っ込んだ質問をされると、答えることはできません。更に深く調べたり、考えたりすることがないから知識そのものが浅いのです。そのようなことをする必要性も感じていません。文字通り「上っ面」の浅い知識だけしかないのです。その為、勝手な思い込みが入り込んでいる場合もあります。

薄っぺらい人の特徴④飽きっぽい

飽きっぽい

薄っぺらい人の特徴の4つ目は、飽きっぽい、という特徴です。すべてにおいて、「自分の楽しさ」が最優先です。その為、楽しくないと感じたり、楽しさが薄れてくると、すぐにやめてしまいます。楽しく感じる為の努力もしないので、すぐに簡単に飽きてしまうのです。そして、他の新しくて楽しい事を探し始めます。

自分が楽しくなくなると、周囲の人たちが楽しんでいたとしても、「これはもう面白くないからやめよう」と平気で言う人です。周囲の人たちの気持ちはお構いなしなので、水を差すようなことでも平気で言います。その場が白けてしまっても、空気を読めないので、まったく気になりません。

飽き性に向いている仕事や飽きっぽい性格の特徴と改善方法をご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

Small thumb shutterstock 416819719
関連記事 飽き性に向いている仕事11選!飽きっぽいのは短所?特徴と改善方法も!

時間を忘れて夢中になれる趣味や仕事に出会っても、徐々に飽き性な性格が現

薄っぺらい人の特徴⑤人生経験が浅い

人生経験が浅い

薄っぺらい人の特徴の5つ目は、人生経験が浅い、という特徴です。飽きっぽい為、ひとつのことに対して長続きしません。「3日持てば上出来」といっても過言ではないくらい、何も続かないのです。その為、人生経験が浅い状態になります。数々の困難を乗り越えた経験がない為、語れるような人生経験はしていないのです。

困難を乗り越えるなんて、馬鹿馬鹿しいと感じています。それが人生の何の役に立つのか、と思っているのです。努力や我慢をしなくても、人生は面白おかしく生きていける、という考えがある為、どれも長続きせず、人生経験が浅い状態になるのです。

薄っぺらい人の特徴⑥我慢強くない

我慢強くない

薄っぺらい人の特徴の6つ目は、我慢強くない、という特徴です。とにかく我慢することは大嫌いです。我慢することは苦痛でしかなく、我慢するくらいならすべてを手放してやめてしまいます。例えそれが自分の大好きなことであっても、我慢を強いられる状況になったら、いとも簡単に手放します。そしてなんとも思いません。

執着心というものがないのです。我慢することは、自分の人生にあってはならないことだ、とも感じているかもしれません。絶対に欲しいと思っているものを手に入れる為に、我慢をしなければならない状況になったら、「それならいらない」とあっさり言える人です。

薄っぺらい人の特徴⑦言葉が軽い

言葉が軽い

薄っぺらい人の特徴の7つ目は、言葉が軽い、という特徴です。「いいじゃん」や「平気、平気」、「なんとかなるって」などのように、すべての言葉の一言一句が軽いという特徴があります。誰かが深刻な相談をしている最中でも、「考えすぎだって」と、軽い言葉であしらってしまいます。本気でそう思っているからです。

生きていく中で、「物事について深く考える」という事は経験してこなかったのでしょう。意図的にそのような状況を避けてきた、という見方もできるでしょう。考えることが苦痛だと感じている為、言葉自体も大変軽くなるのです。

薄っぺらい人の特徴⑧いつもふらふらしている

いつもふらふらしている

薄っぺらい人の特徴の8つ目は、いつもふらふらしている、という特徴です。会いたくなって連絡を取ろうとしても、居場所が掴めない、という事が多くあります。一箇所に留まるという事ができないのです。これは飽きっぽいという性格の特徴が影響しています。一箇所に長くいると飽きてしまう為、ふらふらしています。

言い換えるなら、それだけ友人が多く、居場所に困らない、という見方もできなくはありません。ですが、その友人はみんな同じタイプのような人間ばかりです。「類は友を呼ぶ」という言葉のとおり、同じ薄っぺらい人ばかりが集まっています。

薄っぺらい人の特徴⑨見た目が軽い

見た目が軽い

薄っぺらい人の特徴の9つ目は、見た目が軽い、という特徴です。服装が派手で、着方もだらしなく、耳にはピアスを複数つけている、という見た目です。また、服装にこだわりも特にない為、会うたびにセンスもコロコロ変わる、という特徴があります。

薄っぺらい人の特徴⑩「どうでもいい」が口癖

「どうでもいい」が口癖

薄っぺらい人の特徴の10個目は、「どうでもいい」が口癖になっている、という特徴です。深く物事を考えたり、時間をかけて一つのことと向き合ったりすることが、大変苦手です。その為、「どうでもいい」が口癖になっています。実際に本気で、「どうでもいい」とも思っています。

薄っぺらい人の特徴⑪責任感がない

責任感がない

薄っぺらい人の特徴の11個目は、責任感がない、という特徴です。「責任」という言葉に、大変敏感に反応します。これは「責任」という言葉が嫌いだからです。「責任」は「面白い」や「楽しい」と対極にある言葉だと思っています。責任を持つことは辛く苦しいことだという固定観念がある為、責任感がありません。

薄っぺらい人の特徴⑫感情のコントロールができてない

感情のコントロールができてない

薄っぺらい人の特徴の12個目は、感情のコントロールができてない、という特徴です。感じるままに生きている為、感情のコントロールはできていない、という状態です。また、感情のコントロールをする必要もないと思っています。その方が、面白おかしく人生を歩んでいくことができると思っているからです。

感情のコントロールの方法や、気持ちの訓練方法などをご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

薄っぺらい人の特徴⑬定職についていない

定職についていない

薄っぺらい人の特徴の13個目は、定職についていない、という特徴です。責任感もないわけですし、我慢したり、努力をしたりすることも嫌いですから、定職に就けるはずがありません。根無し草のようにふわふわした生活を送っています。多くの場合、生活費は両親に面倒を見てもらっています。

中身のある人と薄っぺらい人の違いは?

中身のある男性とない男性の違い①定職の有無

定職

中身のある男性とない男性の違いの1つ目は、定職に就いているか、いないか、という違いです。定職に就いている人はそれだけ様々な場面で、色々な人たちと交流しています。人との交流は人間に深さと広がりを与えてくれます。また、人を見る目も養われる為、中身のある男性になっていきます。

中身のある男性とない男性の違い②知識量

知識量

中身のある男性とない男性の違いの2つ目は、知識量です。分からないことはそのままにしておかないで、自分で調べる、という事を繰り返していると、自然と知識量は増えていきます。すると、幅広い分野で多くの知識が蓄積され、中身のある男性になっていくのです。

中身のある男性とない男性の違い③責任感の有無

責任感

中身のある男性とない男性の違いの3つ目は、責任感の有無です。責任感がある人は、自分の足でしっかり立っています。そうしないと、周囲の人たちに迷惑をかけてしまうからです。また、責任を持つことが楽しいことも、自分の経験から知っています。この責任感が、中身のある男性として成長させてくれます。

薄っぺらい人にならない方法は?

薄っぺらい人にならない方法①本をたくさん読む

本をたくさん読む

薄っぺらい人にならない方法の1つ目は、本をたくさん読む、という方法です。本は知識の宝庫です。また、読むだけで通常ではできない経験を、疑似体験することもできます。更に本を読むことは、想像力を高めてもくれますから、周囲の人たちの立場に立った考え方や感じ方もできるようになります。

薄っぺらい人にならない方法②小さな目標をたくさん作る

小さな目標をたくさん作る

薄っぺらい人にならない方法の2つ目は、小さな目標をたくさん作る、という方法です。例えば、「1週間タバコを吸わない」や「1ヶ月はこの仕事でがんばる」のように、短い期間で区切った目標を立て、そこまでは努力をしましょう。期間をどんどん延ばしていくことで、努力や粘り強さが養われていきます。

薄っぺらい人にならない方法③中身のある人をお手本にする

中身のある人をお手本にする

薄っぺらい人にならない方法の3つ目は、中身のある人をお手本にする、という方法です。お手本になる人を一人立ててください。そして、その人の真似をしましょう。話し方や服装など、目に見えるところから順番に真似をしていくことで、その人と同じ思考や行動を取るようになり、中身のある人になっていきます。

薄っぺらい人は思い出と呼べるものがほとんどない

薄っぺらい人は思い出と呼べるものがほとんどない

薄っぺらい人は、自分の過去を振り返った時、思い出と呼べるものが何一つありません。印象に残っているものが何もないのです。これは、大変寂しい生き方です。思い出を作る為に生きることで、中身のある人間になることができるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。