Large thumb shutterstock 396735082

怖い彼氏、すぐ怒る彼氏との付き合い方。恐怖を感じたら見直したい対処法

更新:2020.07.21

皆様の彼氏はすぐ怒る彼氏ですか?男らしくていつも隣にいてくれる頼りになる彼氏。そんな大好きな彼氏が怖いと感じることってありませんか?ちょっとしたことですぐ怒る彼氏、すぐにイライラする彼氏、暴言を吐く彼氏。怖いと思う理由は様々でしょうが、そんな彼氏との付き合い方を学んでみましょう。

彼氏が怖いと感じる理由

ちょっとしたことですぐ怒る

怒る男性

怖い彼氏としてあげられるのがすぐ怒る彼氏です。そんなことで?と思うようなちょっとしたことですぐ怒る彼氏を怖いと感じる女性は多く、いつ感情を爆発させて怒るのかと怖い思いをしながら過ごしている女性は多いです。そのような彼氏との付き合い方にも悩んでしまっているようです。

いつもイライラしている

イライラしている

いつも何かにイライラしている彼氏も女性に怖いという印象を与えています。何かイライラさせてしまうようなことをしたのかとビクビクしながら一緒にいてはせっかくのデートも楽しくないですよね。何をするにも怒らせてしまったらどうしようと怖い思いをしながら行動しなければいけず、疲れてしまいます。

大声で怒鳴られる

怒鳴る男性

すぐ怒る彼氏にありがちなのが、大声ですぐ怒鳴るということです。怒られるだけでも怖いのに、男性に大声で怒鳴られたら怖いなんてものじゃないですよね。どんなことがあっても怒鳴られたくはないですし、怖い思いはしたくないので委縮してしまう女性は非常に多いです。

暴言を吐かれる

頭を抱える女性

例え冗談だとしても暴言を吐く男性はやはり怖いと感じてしまいます。すぐ怒る彼氏が大声で怒鳴る、暴言を吐くなんてことがあったら付き合い方がわからずパニックになってしまいますよね。彼氏を怒らせないように極力刺激しないように付き合ってても楽しくないのではないでしょうか?

POINT

冗談でも暴言を吐かれると傷つくのは普通です

暴言を吐かれて落ち込む女性に「冗談だよ、そんなことでいちいち落ち込むな」という彼氏を時々見ますが、暴言は言葉の凶器です。たとえ冗談でもひどい言葉は心を傷つけられます。「こんなことで落ち込む私が悪い」と自己嫌悪に陥らなくてもいいのです。

すぐ怒る彼氏の心理は?

感情的なタイプの男性

殴る男性

すぐ怒る彼氏は感情的なタイプの男性が多いです。感情を抑えることができず、ふとしたきっかけで火山のように怒りを爆発させる男性は怖い印象を持たれます。さらに定期的に感情を爆発させないと気が済まないので、ちょっとしたことでもすぐにイライラして文句を言います。時には理不尽な理由で怒りをぶつけてくることも。

理不尽に怒っても許してくれる彼女に甘えている

甘える男性

すぐ怒る彼氏は彼女に甘えている場合もあります。どれだけ理不尽な理由で怒っても、どれだけ怖い思いをさせても彼女なら優しく許してくれるという思いから感情のままに怒りをぶつけている可能性もあります。怖い思いをしているなら今後の付き合い方を見直したほうがいいでしょう。

普段のストレスをぶつけている

ストレス

普段のストレスをぶつけているとは、率直に言うと八つ当たりをしているということです。すぐ怒る彼氏の中には外ではとても人格者で穏やかな人として生活しているパターンが少なくないです。このようなタイプの男性は普段感情を押し殺して生活している分、八つ当たりができる相手に理不尽な怒りをぶつけているのです。

いつも情緒不安定

落ち込む男性

すぐ怒る彼氏の特徴として情緒不安定があげられます。常に何かに恐怖を感じていて、怒鳴り散らし怒りをぶつけることでその恐怖心や弱さを隠そうとしているのです。また相手に自分が強いことを誇示するためにわざと怒ることで、自分が優位に立とうとしている感情の現れでもあります。

育った家庭環境が影響している可能性も

家族

あまりにも激しい感情を露わにする男性は、今まで育ってきた環境が影響を及ぼしている可能性があります。例えば幼少の時常に恐怖にさらされていた、常にパニック状態の落ち着かない家庭で育った、子供の時に受けるはずの愛情を受けられなかった、という場合は感情の起伏が激しい子供に育ちやすい傾向にあります。

あまりにもひどい場合はカウンセリングも視野に入れて

男女

あまりにも感情の起伏が激しい場合、カウンセリングが必要な場合もあります。特に急に怒りっぽくなった、仕事のことで常にイライラするようになった、喜怒哀楽が異常に激しいといった場合は休養が必要な場合もあります。カウンセリングというと敷居が高いイメージがありますが2人で行ってみようと軽く提案してみては?

怖い彼氏との上手な付き合い方

冷たい態度をとるのが効果的

背を向ける女性

すぐ怒る彼氏に対して優しく対応したり、理不尽なことでもすぐに謝っていると自分の感情をぶつけても受け止めてくれると思い、八つ当たりに似た態度を常にとるようになります。あまりにも理不尽なことは謝らない、冷たい態度をとる、時には無視をするのも付き合い方としては大切です。

すぐ怒る彼氏と同じように感情的にならない

女性の上半身

すぐ怒る彼氏と一緒に自分も感情的に怒ってしまっては火に油を注ぐが如く、さらにヒートアップしてしまいます。すぐ怒る彼氏が怖くても自分は冷静な態度で話をするようにしましょう。それだけで彼氏も落ち着きを次第に取り戻すはずです。

ダメなことはちゃんと叱ってあげる

怒る女性と男性

時にはしっかりと叱ってあげるのも付き合い方としては必要なことです。そんなことで怒ってはいけない、人に怖い思いをさせてはいけない、怒鳴っても何も変わらないということを教えてあげるだけで、もしかしたら態度を改めてくれるかもしれません。

素直に怖いということを伝える

楽しそうに会話する男女

本音を言ったらまた彼氏を怒らせてしまうかもしれない、余計なことを言ったら怖い思いをするかもしれない。そんな思いから素直な気持ちを言えない女性は多いです。しかし自分のせいで怖がっているということに気づいていない可能性もあります。縁があって付き合った2人、怖いという思いを伝え話し合ってみましょう。

すぐ怒る彼氏の怒る理由を考えてみる

考える

すぐ怒る彼氏にお悩みの方は一度自分の行動に怒らせる要素がなかった、イライラさせるようなことはなかったか考えてみるのも大切なことです。もし思い当たるようなことがあるならば、その点を反省し今後の付き合い方について2人で話し合ってみましょう。

POINT

自己嫌悪に陥ってはいけない

女性の中には「自分が至らないから」「自分が全部悪いから」「怒鳴られるのは自分に責任があるから」と、自己嫌悪に陥っている方もいます。しかし例え至らないところがあったとしても、感情的にすぐ怒る彼氏にも非はあります。必要以上に自分を責めたり過小評価をしないようにしましょう。

付き合いに疲れたら別れるのも選択肢に入れて

別れ話

感情的に怒りをぶつけてくる彼氏に怖い思いをして、今後の付き合い方に悩んでいるようなら一度距離をおくか別れることも視野に入れたほうがいいでしょう。実際に別れないとしても、別れることを視野に入れればすぐ怒る彼氏に対しての今後の付き合い方も見えてくるはずです。

すぐ怒る彼氏が怖いなら別れる選択も必要

怖い彼氏と付き合い続けるメリットを考える

悩む女性

すぐ怒る彼氏と今後付き合い続けるメリットは何か冷静に考えてみるのもいいでしょう。彼氏が怒らないように、イライラしないように気を使い、時には怖い思いをしながら過ごしていくことに対してどれだけのメリットが自分にあるのか感情を抜きにして客観的に考えるのも時には必要です。

POINT

今の気持ちを紙に書きだして整理をしてみて!

紙とペンを用意し今の思いを箇条書きで書き出してみましょう。そうすることで自分の気持ちと状況を客観的に見ることができ、今後の付き合い方のヒントが見えてくるはずです。悩んでいる女性は是非実践してみてください。

すぐ怒る彼氏は今後の人生に必要な存在なのか?

結婚

付き合っている彼氏とそろそろ結婚を考えている女性もいらっしゃるでしょう。しかし結婚を決める前にすぐ怒る彼氏と今後何十年も共に過ごすことができるのか?怖い彼氏が隣にいる人生は果たして幸せになれるのか?もう一度冷静に考えてみることも大切です。

自分の心に素直になる

笑う女性

彼氏を怖いと感じても、一緒にいるメリットが見いだせなくても、今後の人生に必要か問われて素直に頷けなくても実際に別れるとなると躊躇してしまいますよね?そういう場合は自分の心に素直になりましょう。別れたら彼氏が可哀想、周りに何か言われるかもしれないという思いは置いといて自分の心の声に耳を傾けてください。

別れを切り出す勇気も必要

叫ぶ女性

すぐ怒る彼氏に別れを切り出すのが怖いと思う女性も多いと思いますが、別れたいと思うなら勇気をだして別れを切り出すのも今後の人生では必要なことです。別れ話をすることで感情を爆発させる事が予想されるなら友達についてきてもらう、二人きりではなく外のお店で話をするようにしましょう。

すぐ怒る彼氏、怖い彼氏の付き合い方は冷静でいること

男女

すぐ怒る彼氏、常にイライラしている怖い彼氏と付き合うのは精神的にとても負担がかかります。それでも、その怖さに勝るくらいの魅力があるのでしょう。それならば、すぐ感情的になる彼氏とは対照的に自分はいつも冷静でいるように心がけましょう。時には冷静に指摘してあげることで少しづつ状況は改善していくはずです。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。