INDEX

段取りが悪い人の特徴10選!いい人との違いは?

段取りが悪い人の特徴①1つのことにしか集中できない

仕事

段取りが悪い人の特徴1つ目は、1つのことにしか集中できないということです。段取りが悪い人は、複数の物事を同時に進めることができません。同時に進めようとしても、どちらかが疎かになったり、忘れていたなど残念な結果になってしまいます。

1つのことに集中することはとてもよいことですが、あまりにも融通が効かないと周りに迷惑がかかってしまいます。段取りがいい人のサポートがないと、仕事がなかなか進みません。

段取りが悪い人の特徴②優先順位をつけることが下手

仕事

段取りが悪い人の特徴2つ目は、優先順位をつけることが下手ということです。段取りが悪い人は、仕事の優先度をつけることが苦手です。例えば、納期が近い緊急度が高い仕事を任されても今進めている仕事を終わらせてからと後回しにしてしまいます。

効率がいい人は複数の仕事に対し、時間がかかりそうな仕事や納期が近い仕事などを順位付けします。効率が悪い人は仕事のボリュームに限らず、先に着手した仕事から順番に進めようとします。これでは仕事量も雲泥の差ですよね。

段取りが悪い人の特徴③効率よく時間配分できない

効率のよい朝

段取りが悪い人の特徴3つ目は、効率よく時間配分できないということです。例えば、朝の準備を例えましょう。朝するべきことは洗顔、歯磨き、着替え、朝食、時事チェック、女性だとメイクなど多数あります。この一連の行動に対し、うまく時間配分しなければ遅刻してしまうでしょう。

段取りが悪い人はうまく時間配分ができないため、朝ギリギリになってしまったり、遅刻してしまいます。一方段取りがいい人は、朝の身支度を効率よく進め、余裕を持って家を出ることができます。1日の始まりから差が生まれているということですね。

段取りが悪い人の特徴④メモのとり方が下手

メモ

段取りが悪い人の特徴4つ目は、メモのとり方が下手ということです。段取りが悪い人はメモをしっかりとることはできますが、メモのとり方に問題があります。それは本来メモする理由は重要事項を忘れないようにするためや、早く物事を覚えるためにします。

段取りが悪い人は目的を見失い、メモをとることだけに精一杯になってしまいます。そのため大事なことをメモし忘れたり、メモがぐちゃぐちゃになる傾向にあります。段取りがいい人は目的意識をしっかり持ってメモするため、物事を覚えることも早いです。

段取りが悪い人の特徴⑤予定を立てることが苦手

女性

段取りが悪い人の特徴5つ目は、予定を立てることが苦手ということです。段取りが悪い人はスケジュール管理ができない、下手な傾向にあります。1日に複数の予定を入れようとしても、時間に無理のある内容だったり、予定が後ろ倒しになってしまいます。

段取りがいい人は、用事一つ一つにかかる時間や移動時間、疲労度など細かい内容を考慮することができます。予定が複数あるのにストレスフリーで無理なく計画を進めることができるということです。予定の進め方にも体の負担が全く違いますね。

段取りが悪い人の特徴⑥すぐパニックになる

パニック

段取りが悪い人の特徴6つ目は、すぐパニックになるということです。段取りが悪い人は冷静さを失い、パニックになるという特徴があります。想定外の出来事が起こってしまうと、思考停止になり、更に段取りが悪くなってしまうという悪循環になります。

想定外の出来事が起こると、人は誰しも冷静さを失ってしまいます。段取りがいい人は、パニックになりそうな時は一旦深呼吸するなどして冷静さを取り戻そうとします。少しの工夫でかなり効率に差がつきます。

段取りが悪い人の特徴⑦仕事内容を理解していない

仕事

段取りが悪い人の特徴7つ目は、仕事内容を理解していないということです。この特徴は、効率がいい人も当てはまることがあります。自分の任された仕事をきちんと理解していないと、効率どころか仕事を進めることもできません。仕事をきちんと理解できれば、仕事を効率よく進めることができるでしょう。

段取りが悪い人の特徴⑧時間を有効に活用できない

時間

段取りが悪い人の特徴8つ目は、時間を有効に活用できないということです。仕事や、やるべきことがある時にちょうどスキマ時間ができても段取りが悪い人はその時間を使おうとはしません。スキマ時間ができたらその時間をぼーっと過ごし、結果ギリギリになって焦るということになります。

段取りがいい人はスキマ時間ができたらその時間を効率よく使って、仕事などを片付けてしまいます。そして残った時間を自分の時間に当てるなど、有効に過ごすことができます。1日はは24時間しかありません。その時間をどれだけ効率よく使い、自分の幸福度をあげることができるか差が生まれてしまいます。

段取りが悪い人の特徴⑨注意力のバランスが悪い

注意力がない

段取りが悪い人の特徴9つ目は、注意力のバランスが悪いということです。段取りが悪い人は不注意が多いか、丁寧過ぎます。不注意が多い人は、不注意が災いして失敗してしまい、やり直しに時間がかかるという無駄な時間を過ごしやすいでしょう。逆に丁寧過ぎても時間がかかり、無駄な時間を過ごしやすいです。

段取りがいい人は注意力をバランスよく使うことができます。普段は最低限の注意をし、失敗しやすいところや、大事な要点ごとに細心の注意を払うことができます。注意がなさ過ぎても、あり過ぎてもいけないということですね。

段取りが悪い人の特徴⑩片付けができない

掃除

段取りが悪い人の特徴最後の10こ目は、片付けができないということです。部屋、デスクの上、カバンの中など、段取りが悪い人は物を整理整頓することができません。どこに物を置いたのかわからないため、必要な時にすぐに出すことができません。

段取りがいい人は、必要なものをきちんと整理をし、不要なものを処分しています。日常生活や普段の生活から段取りの良し悪しは変わってきます。どうしてもやる気が起きないという時は下の記事でやる気の出し方を紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

段取りが悪い人からいい人になるには?

段取りが悪い人からいい人になるには①目標意識をしっかり持つこと

ゴール

段取りが悪い人からいい人になるには1つ目は、目標意識をしっかり持つことです。段取りが悪い人はどうしても脱線しがちで、時間の使い方が下手です。なぜ脱線してしまうのかと途中で邪魔が入ったり、こだわりが入ってしまうからです。

全て完璧ではなくてもよいので、要点をまとめた完成を目指しましょう。目標に到達するために、これだけは外せないという要点を最初にピックアップすることをおすすめします。

要点をまとめておけば、邪魔が入っても安心して途中で中断することもできます。そして、どうしてもこだわりを入れたい!という時は一旦完成した後に手を加えることができるでしょう。時間的にも精神的にも余裕が生まれるでしょう。

段取りが悪い人からいい人になるには②片付けをする

デスク

段取りが悪い人からいい人になるには2つ目は、片付けをすることです。段取りが悪い人は身の回りがとても汚いです。そして、掃除という方法はただ場所をキレイにするだけではなく、精神的にもいい影響があります。

掃除は段階を踏んで徐々にキレイになって行きます。掃除によって段取りをとる練習をすることができるということです。最初は下手でも徐々に改善できるでしょう。時間設定など制限を持たせることによって更に効果を望めるでしょう。

段取りが悪い人の特徴を持つ部下の仕事の改善方法は?

段取りが悪い部下の仕事の改善方法①ToDoリストを作らせる

DoToリスト

段取りが悪い部下の仕事の改善方法1つ目は、ToDoリストを作らせるという方法です。仕事はやるべきことが例外を除き、ある程度流れは決まっています。ToDoリストを習慣化させることで、自然と段取りがいい人に変化していきます。まずはToDoリスト作りを作らせることで、仕事ができる部下へ変えていきましょう。

段取りが悪い部下の仕事の改善方法②コミュニケーションをとってみる

仕事

段取りが悪い部下の仕事の改善方法2つ目は、コミュニケーションをとってみることです。部下にも色々な性格があります。マイペースな性格や、後回しにしてしまう性格、気が小さい性格などです。

まずは進捗状況を確認しないことには始まりません。段取りが悪いなと感じた部下には積極的にコミュニケーションをとり、アドバイスをしていきましょう。アドバイスも段取りの悪さが改善してきたら徐々に減らすことで、あなたの負担も軽減されていくでしょう。

段取りが悪い人の特徴を持つ彼氏や彼女とのデートのコツは?

段取りが悪い彼氏や彼女とのデートを成功させる方法①デート内容を明確に

デート

段取りが悪い彼氏や彼女とのデートを成功させる方法1つ目は、デート内容を明確にすることです。段取りが悪いとイライラしてしまっては、楽しいはずのデートも楽しめません。

そこで、どんなデートをするのか、何を目的とするのかテーマを立ててみてはいかがでしょうか。ポイントを明確にし、あとは流れに任せるとデートを楽しめるのではないでしょうか。

段取りが悪い彼氏や彼女とのデートを成功させる方法②気持ちを伝える

男女

段取りが悪い彼氏や彼女とのデートを成功させる方法2つ目は、気持ちを伝えることです。「こうしてくれたら嬉しいな」と段取りが悪い彼氏、彼女に改善を促すのです。反対に「〜してほしい」と言ってしまうと、相手が負担に感じてしまい、改善には向かわないでしょう。「嬉しい」という気持ちを強調することが大切です。

段取りが悪い人の特徴を持つ夫や妻に家事を効率的にしてもらうコツは?

段取りが悪い夫や妻に効率よく家事をしてもらうコツ①役割分担する

夫婦

段取りが悪い夫や妻に効率よく家事をしてもらうコツ1つ目は、役割分担することです。段取りが悪いと相手のせいばかりにしていては、離婚の危険もあります。どちらかに負担がある場合は、負担を軽減できるように役割分担しましょう。

コツは、ゴミ出し担当など、役割をざっくりさせると相手もわかりやすいでしょう。夫婦は助け合いが大事です。困った時はきちんと相談しましょうね。

段取りが悪い夫や妻に効率よく家事をしてもらうコツ②メモを活用する

夫婦

段取りが悪い夫や妻に効率よく家事をしてもらうコツ2つ目は、メモを活用することです。どうしても不慣れな作業だと段取りが悪くなりがちです。そんな時はポイントをまとめたメモを家のわかりやすいところに貼ることでそのポイントを参考に家事をするでしょう。口で注意すると衝突しがちなので、メモの力を借りましょう。

段取りが悪い人はコツを掴めば効率よくすることができます!

改善

段取りが悪く、時間の管理が下手な人は少し工夫することで改善することができます。時間の使い方を覚えてもらうことで、段取りがいい人になることでしょう。やみくもに段取りが悪いと決めつけてしまうことだけはやめましょうね。最後により効率的に物事を考え進めていくために、以下の関連記事も参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 78883285
関連記事 合理的な人の特徴や性格15選!効率的な判断や考え方で生きるには?

合理的な考え方をする人は、どういった性格や特徴をしているのでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。