Large thumb shutterstock 453635980

自分と縁のあるツインソウルを確認する方法は?見分け方や出会う方法も

更新:2020.02.16

あなたは自分と縁のあるツインソウルの見分け方をご存知ですか?確認する方法があるのです。子ここでは特徴や出会う方法について、ご紹介してまいります。キーワードは「名前」「ほくろ」「似てる」です。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ツインソウルのランナーがチェイサーの元を離れる理由は?

ランナーがチェイサーの元を離れる理由①誰かを導く為

ランナーがチェイサーの元を離れる理由の1つ目は、誰かを導く為、という理由です。ランナーにもチェイサーにも、それぞれに導くと約束している人がいます。その人を導く時には二人三脚になる必要がある為、離れることがあります。

ランナーがチェイサーの元を離れる理由②学びの時

ランナーがチェイサーの元を離れる理由の2つ目は、学びの時、という理由です。ランナーにはチェイサーになる為の学びの期間がたくさん用意されています。その学びの期間は、ランナーが一人で乗り越えていかなければならない為、チェイサーの元を一旦離れます。

ランナーがチェイサーの元を離れる理由③自分の使命を果たす為

ランナーがチェイサーの元を離れる理由の3つ目は、自分の使命を果たす為、という理由です。ランナーにとっての使命とは、チェイサーになる為の実技試験のようなものです。試験ですから、当然ランナー一人で乗り越える必要があります。その為、一旦離れることがあります。

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方①雰囲気が似てる

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方の1つ目は、雰囲気が似てる、という特徴や見分け方です。これはあなた自身がそのように感じるケースもあります。また、周囲の人たちが「二人はなんとなく雰囲気が似てるね」と指摘するケースもあります。どちらのケースも、二人がツインソウルである可能性が高くなります。

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方②名前が似てる

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方の2つ目は、名前が似てる、という特徴や見分け方です。ここでの「名前」とはフルネームです。日本人なら読み方は違うけれど、漢字が同じであるケースも含みます。同じ魂を持っていると、魂の器となる肉体の名称を似たようなものにする事があります。ツインソウルの可能性があります。

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方③ほくろの場所

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方の3つ目は、ほくろの場所、という特徴や見分け方です。ほくろの場所が同じであったり、またはある特定の場所にあるほくろの数が同じである場合は、ツインソウルの可能性があります。ほくろはその人の運命や使命を示すサインです。サインが似ているのは同じ魂を持っている証です。

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方④考え方が似てる

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方の4つ目は、考え方が似てるという特徴や見分け方です。ツインソウルは同じ魂を分け合った仲です。その為、思考が大変似ているという特徴があります。同じものを見て同じ事を考えたり感じたりするというのは、魂が同じだからかもしれません。ツインソウルである可能性が高くなります。

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方⑤シンクロ率が高い

縁のあるツインソウルの特徴や見分け方の5つ目は、シンクロ率が高い、という特徴や見分け方です。ツインソウルは同じ魂を分け合った仲なので、同じ時に同じ行動をする事が多くなります。魂は二つに分かれていますが、本質的な部分は繋がったままだからです。シンクロ率が高いという事は、ツインソウルなのかもしれません。

ツインソウルには偽ツインソウルという人も存在します。その見分け方についてご紹介している関連記事がありますので、リンクいたします。ご覧ください。

ツインソウルと出会う方法や確認方法

ツインソウルと出会う方法や確認方法①自分の好きな場所へ行く

ツインソウルと出会う方法や確認方法の1つ目は、自分の好きな場所へ行く、という出会う方法や確認方法です。ツインソウルは同じ魂を分け合った仲ですから、思考や嗜好が大変似ています。好きな場所というのは魂がその場所を欲しているから、「この場所が好き」という感覚が生まれます。その場所に何かあるということです。

あなたが最も好きだと感じる場所を、何度も訪れてみましょう。すると、そこで出会う人が現れるかもしれません。何度も同じその場所で出会ったり、向こうから話し掛けてきたり、またはあなたが話し掛けたりなどのようなことで、ツインソウルかどうか確認することができます。

ツインソウルと出会う方法や確認方法②神様の領域へ赴く

ツインソウルと出会う方法や確認方法の2つ目は、神様の領域へ赴くという出会う方法や確認方法です。神様の領域というのは、神社仏閣は勿論、「御神体」となっている場所も含まれます。これらの場所には私たち人間が生活している場所とは世界が異なり、結界が張られています。その場所では魂が引き寄せやすくなっています。

ツインソウルと出会う方法や確認方法③ばったり出会う

ツインソウルと出会う方法や確認方法の3つ目は、ばったり出会う、という出会う方法や確認方法です。同じ人に何度もばったり出会うのは、それだけお互いの魂が引き寄せ合っているからと考えられます。また、同じ魂を共有していると、考えることや行動パターンが似通っている為、ばったり出会うという確率も高くなります。

同じ場所でなくても大丈夫です。ただ、ツインソウルと偶然ばったり出会う条件として、いつでも明るい時間帯であることが大切です。更に花の香りがするような場所や、あなたが好きな場所でばったり会う確率が高いなら、お互いの魂が引き寄せ合っている可能性が高くなる為、ツインソウルであると確認できるでしょう。

ツインソウルと出会う方法や確認方法④同じ趣味がある

ツインソウルと出会う方法や確認方法の4つ目は、同じ趣味がある、という出会う方法や確認方法です。同じ魂を二人で分け合うと、嗜好が似たようなものになります。嗜好がはっきり出やすいものは趣味です。趣味が同じであるという事は、それだけ嗜好が似通っているという事になり、ツインソウルであると確認できます。

複数の趣味が同じであるならば、同じ魂を分け合った仲である確率は大変高くなります。また、同じ趣味でも楽しいと思う特徴が同じであるなら、なおさらツインソウルである可能性は高くなるでしょう。ツインソウルである二人が出会う為に、趣味を通じて、お互いの魂同士が互いを引き寄せ合った、という可能性も高くなります。

ツインソウルと出会う方法や確認方法⑤同じ場所に行った事がある

ツインソウルと出会う方法や確認方法の5つ目は、同じ場所に行った事がある、という出会う方法や確認方法です。同じ魂を分け合った仲ですから、嗜好は自然と似たようなものになります。赴く場所も嗜好が大きく影響しますから、同じ場所に行った事があるという場所が多ければ多いほど、ツインソウルの可能性は高くなります。

場所だけでなく、時期的にも大変似ているなら、ますます同じ魂を分け合った仲、という確率は高くなります。約束をしていたわけでもないのに、似たような時期に同じ場所を訪れるという偶然は、そう多くはありません。二人がツインソウルである可能性は、きわめて高いと考えて良いでしょう。

ツインソウルのランナーがチェイサーの元に戻る条件は?

ランナーがチェイサーの元に戻る条件①導きが完了した

ランナーがチェイサーの元に戻る条件の1つ目は、導きが完了した、という条件です。ツインソウルにはそれぞれ自分が導くと決めている人が存在しています。その人を自分が決めた使命に導く際には、その人にぴったりくっつく形でガイド役を勤めます。この期間中は、他の人と同時に歩みを進めるようなことはありません。

その人が自分で決めてきた使命まで導くことが完了したら、そこでランナーのガイドとしての役目は完了します。すると、ランナーはガイドとしての役目を終えた為、ツインソウルであるチェイサーの元に戻ることができます。そこで、次の使命を果たすタイミングが訪れるまでとどまり、共に人生の歩みを進めていくのです。

ランナーがチェイサーの元に戻る条件②ひとつの使命の完遂

ランナーがチェイサーの元に戻る条件の2つ目は、一つの使命の完遂、という条件です。ランナーにもチェイサーにもそれぞれ、いくつかの使命があります。それぞれの使命に向き合う際には、いったん離れることになっています。それぞれの使命にお互いが干渉しないようにするためです。その使命は自分で完遂する為のものです。

自分が決めてきたひとつの使命が完遂すると、ランナーはチェイサーの元へ戻ります。そして、ランナーの魂がチェイサーの魂に完了報告を行ないます。チェイサーはランナーにとって先生のような役目も担っている為、ランナーが完遂した使命の完了報告を受け取り、ランナーが次の使命を果たす為のアドバイスを行ないます。

ランナーがチェイサーの元に戻る条件③学びの終了

ランナーがチェイサーの元に戻る条件の3つ目は、学びの完了、という条件です。ランナーにはたくさんの学びが用意されています。それは、ランナーがチェイサーになる為の学びの機会です。この学びは、ランナーが自分で経験し、必要なことを学び取っていかなくてはいけません。それがチェイサーになる為の条件だからです。

学びが完了すると、ランナーはチェイサーの元へ戻ります。そしてチェイサーにどんな経験をし、どんなことを学んできたのかを報告します。チェイサーはランナーがそこで何を学ばなければならないのかを知っています。必要最低限の学びを学びきれていなかった場合には、再びランナーを同じ学びの旅へと旅立たせるのです。

ランナーがチェイサーの元に戻る条件④共同で使命を果たす時

ランナーがチェイサーの元に戻る条件の4つ目は、共同で使命を果たす時、という条件です。ツインソウルには共同で使命を果たすという機会があります。その使命は一人で完遂させることは難しい為、魂の繋がりが強いツインソウルがペアとなって完遂させるというものです。その使命の内容はガイド役が多くなっています。

共に同じ使命を果たす時には、ランナーがチェイサーの元へ戻ります。使命を果たす為にメインで動くのはチェイサーです。ランナーはチェイサーの補佐役となって、ランナーが使命を果たす手助けをします。この時、ランナーはチェイサーの使命の果たし方やガイドの仕方などを学び、チェイサーの為の経験も同時に積みます

ランナーがチェイサーの元に戻る条件⑤チェイサーの学びが終了した時

ランナーがチェイサーの元に戻る条件の5つ目は、チェイサーの学びが終了した時という条件です。チェイサーにも学びの期間が設けられています。チェイサーの学びの期間とは、次の段階へ進む為の学びです。チェイサーの学びは困難を極める為、そばにランナーがいると学びに集中できなくなり、足手まといになってしまいます。

チェイサーが学びの期間に突入している間、ランナーは邪魔にならないように遠くに離れています。その間、ランナーはチェイサーになる為の自分の学び期間と向き合っています。チェイサーの学びの期間が完了すると、チェイサーの魂がランナーの魂に合図を送ります。その合図を受け取ったランナーはチェイサーの元へ戻ります。

ツインソウルのチェイサーとランサーが再会する時について、詳しくご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

ツインソウルの確認は思考や嗜好が大変似ている

ツインソウルは同じ魂を分け合っている仲です。その為、思考や嗜好が大変似ているという大きな特徴があります。趣味が同じ、考え方や感じ方が同じ、雰囲気が大変似ている、といったこれらの点は、ツインソウルである可能性が窮めて高いと言えるでしょう。これらを参考に、あなたも自分のツインソウルを探してみてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。