Large thumb shutterstock 570190234

クリアファイルでかわいいマスクケースの作り方は?100均マスクポーチも

更新:2019.06.21

寒くなってきたこの頃、マスクを使う頻度が増えたという方が多いでしょう。最近はマスクを持ち歩く方が増えており、マスクケース・ポーチが人気です。そこで今回は意外と簡単に作れる手作りマスクケースの作り方や、ザ・ダイソーやSeriaの100均マスクポーチまでご紹介します。

かわいいマスクケースの作り方は?

マスクケースは手作りできる

なかなかかわいいマスクケースが売っておらず、ハンドメイドで作りたいけれど難しそうと思っている方は多い傾向にあります。ですが型紙や材料をしっかりと準備すれば、実は簡単にマスクケースが作れてしまうんです。簡単な作り方のおすすめは2種類あります。そこで今回はその2種類の作り方をご紹介していきます。

ひとつ目のおすすめの作り方はクリアファイルでマスクケースを作ることです。比較的安価に抑えられるうえ、カラーや模様を好きなもので作るとかわいいものが作りやすいというメリットがあります。また、100均でも揃えやすいマスキングテープやシールなどでアレンジもしやすいのでおすすめです。

ふたつ目のおすすめの作り方は布でマスクポーチを作ることです。こちらはミシンを使ってイチから作っても簡単ですが、なかなか時間がないという方はポーチはできているものを使用して、上からワッペンや好きな布を縫い付けてもかわいいマスクポーチになります。市販のものをうまく利用して手作りできるので簡単ですよ。

用意する物はこれ!クリアファイルケースと布ケースの場合

作るマスクケースの種類によって準備する物が変わってきますのでそれぞれご紹介していきます。まずはクリアファイルのマスクケースですが、お好みのクリアファイルとテープ、型紙、油性マジックを使用します。型紙は厚手の紙に寸法を書いたもので大丈夫です。また、テープはマスキングテープなどでもOKです。

布で作るマスクポーチの場合は、お好みの布、チャコペン、ミシン、ジップ、定規を用意してください。準備できるならば、裏地用の布もあると厚みがしっかり出るのでおすすめです。また、既製品のものからつくるマスクポーチの場合は、ポーチ、お好みの布やワッペン、ソーイングセットがあるとよいでしょう。

どちらの作り方にも共通して、定規とハサミが必要となりますので準備しましょう。また、布で作るマスクポーチの場合は、アイロンがあると仕上がりが綺麗になるのであるとより良いでしょう。

100均で材料は買える

上記にもありますが、準備する物はほとんどがザ・ダイソーやSeriaなどの100均で揃えることができるものばかりです。特にクリアファイルは透明のものからカラーのもの、イラストや模様がついているものなど幅広く取り扱っているので種類が豊富です。マスクケースをお手軽に作ることができるのでぜひ活用しましょう。

また、マスクポーチを作る際にも100均は強い味方です。布ははぎれを組み合わせてもかわいいですし、手ぬぐいを使って作ると風合いが変わってそれもオシャレなのでおすすめです。大判の薄手のハンカチやランチョンマットなどから型を切り取ってマスクケースを作ってもいいので、種類が豊富です。

また一口に100均といっても、ザ・ダイソーやSeriaなど店舗によって扱っている品が違うので、自分のお気に入りを探すことも作る前の楽しみです。ぜひ、材料をそろえる段階からマスクポーチの手作りをたのしみましょう。 

作り方とあると便利なもの

まずはクリアファイルで作る作り方ですが、画像のような型紙をベースにし、この通りに油性マジックでクリアファイルに型をとってその通りに切ってから、折っていきます。そのあと、接着する部分を用意したテープで留めて完成です。作ることが初めてでも、型紙さえしっかり作っておくと簡単に作ることができます。

次に布で作るマスクポーチですが、こちらも図案通りにチャコペンで型を取り、余白を約1cmほど残して切り取ります。その後、チャコペンでなどった部分をミシンで縫っていきます。この時にジップを付ける部分から先に縫っていき、ジップが裏になるように折りこんでから、残りの部分を後から縫うと作りやすくなります。

裏地をつけてマスクポーチを作る際は、図案通りに切った表地と裏地を合わせて先に縫っておきましょう。表地と裏地を縫い合わせる場合は、余白を1.5~2cmほど作って切り取るのがポイントです。裏地と合わせた後にさらに縫っていくので、余白は忘れずに多めにとってから切り取りましょう。

大きさの目安はコレ!

大きさの目安として、一般的に売っているマスクケースを参考にするのが良いでしょう。また、マスクケースを作るのでマスクそのものの大きさに合わせ、何枚ほど持ち歩くのかによって余白を作って多めに入るように作るのもよいでしょう。一般的には3枚ほど持ち歩く方が多い傾向にあるので、適度に余白を持って作りましょう。

最近は、マスクケースにポケットティッシュも入れられる作りのものもあるので、一緒に持ち歩きたいという方はそちらを参考にしましょう。マスクポーチの方で、ほかのものも一緒に入れたいという方は仕切りを作って作るのがおすすめです。その際には寸法が少し変わりますので注意しましょう。

マスクケースのデザイン案13選

薄型のマスクケースと作り方

マスクケースのデザイン案1つ目は、薄型のマスクケースです。持ち歩きに便利な薄型マスクケース、マスクポーチは人気です。作り方も簡単で、布でもクリアファイルでも作ることができます。

マスク入れの部分を上下に作って真ん中で折るタイプにすることで型紙も楽に作ることができます。また、左右の端を縫う、貼るだけで作ることができるのでおすすめです。

材料も100均で揃えることができるものがほとんどなので、初めてで不安という方も気軽にマスクケースを作りやすいことも嬉しいポイントです。モノトーンなどシンプルなものならばザ・ダイソー、オシャレに作るときはSeriaと使い分けると買い物も楽しいでしょう。

模様と無地の組み合わせ

マスクケースのデザイン案2つ目は、模様と無地の組み合わせです。模様と無地の生地を使ったマスクポーチはおしゃれ度も高く、マスク以外にも小物を入れてもかわいいと人気です。

マスクのみならば上記と同じく薄型のタイプが持ち運びに便利でバックの中にもいれやすいのでおすすめです。ジップ部分はシンプルなものからかわいいものまで幅広くあるので布に合わせて決めましょう。

ジップも100均で揃えることができるので、費用を抑えたい方におすすめです。たくさんの種類から選びたいという方は、手芸屋さんで購入するのが良いでしょう。ジップのカラーもたくさんあるので、作る前からワクワクすること間違いなしです。

フラワー柄のマスクケース

模様と無地の組み合わせでは、フラワー柄が特に人気です。主張が強すぎない柄なので、女性が持ち歩きやすく、さっと取り出した時にかわいいと注目されている柄です。手作りの際には花柄を意識してもよいでしょう。

折りたたみタイプ

折りたたむタイプのマスクケースはジップやボタンの取り付けがないので簡単に作ることができるのが魅力です。クリアファイルで作る場合でも、布で作る場合でも一枚のままで端だけ縫う(貼る)と完成するので簡単です。総柄でかわいい手作りケースができるのも魅力です。

一枚ずつ取り出せるタイプ

繰り返し使えるウエットティッシュの蓋を使って作るタイプです。こちらは作る際に蓋の部分に穴をあけて縫いつけたり剥がれないように貼ったりという作業が必要なので、少し上級者向けです。個包装になっていないマスクでも清潔に一枚ずつ出すことができます。

ザ・ダイソーやSeriaにもウエットティッシュの蓋は販売されています。また、子供用品売り場にもキャラクターのものが販売されているので、デザインによって使い分けましょう。

外にもポケットタイプ

外にもポケットが付いているタイプは、マスクだけでなくメイク用品や衛生グッズも一緒に入れることができるので便利です。手作りのマスクポーチを作り慣れたころに作ってみると案外簡単に作ることができるのでおすすめです。

かわいいキャラクターのポーチ

やはりキャラクターは世代を問わず人気な柄です。クリアファイルで作るときでも元々の柄を生かして作りやすいので手作りを始める作品としては挑戦しやすいデザインでしょう。ザ・ダイソーやSeriaといった100均にもキャラクターデザインはありますし、クリアファイルでも作ることができるので活用しましょう。

ボタンタイプのマスク入れ

布タイプのマスクポーチで折りたたむタイプにボタンをつけるだけなので簡単に作ることができるデザインです。100均でも大ぶりのボタンやかわいいボタンがたくさんあるのでデザインを考えているときから楽しんで作れます。

マチありマスクポーチタイプ

マチありタイプのマスクポーチはクリアファイルでは作りにくいので布タイプで手作りすることがおすすめです。上記にもありましたが、メイク用品や衛生用品など用途が違うものと一緒に入れることができるので、ポーチを一つにまとめたい方におすすめです。

総柄のマスクポーチ

柄は総柄を選んで作ることでデザインもえらびやすく、また、出来上がりもきれいに見えるのでおすすめです。また、バランスの取れたマスクケースが作りやすくなるので、おすすめのデザインです。ザ・ダイソーやSeriaにも総柄の材料はたくさんあるのでうまく活用して作りましょう。

ザ・ダイソーやSeriaの100均グッズで手作りマスクケース

形ができているものを使って作るタイプのマスクケースは、簡単なのに自分好みに作ることができるのでおすすめのデザインです。100均や好きなシール、マスキングテープを使ったケースが手軽に作ることができると人気です。

ジップロックタイプのマスクケース

ラミネートされた生地や撥水加工された生地を使って、ジップロック風に作ったマスクケースです。濡れる心配もないので個包装されていないものでも入れやすいデザインになっています。

フォルムがかわいい巾着タイプ

かわいくマスクを持ち歩くなら巾着タイプがおすすめです。コロンとしたシルエットがかわいいうえに作り方も簡単なのでおすすめのデザインです。紐も色々な種類があるので、自分好みに作りやすいデザインです。

100均のおすすめマスクケースは?

Seriaのおすすめマスクケース

Seriaのおすすめマスクケースは、ティッシュも入るマスクケースです。どちらも持ち歩くという方が多かったり、お子さんに持たせるときに忘れずティッシュも持っていけると人気を呼んでいます。

ザ・ダイソーのおすすめマスクケース

ザ・ダイソーおすすめのマスクケースは、シンプルなボタンタイプのケースです。クリアファイルのような質感なので軽いうえに丈夫なところが魅力です。薄くて持ち運びに便利ですが、入る枚数が少ないので注意しましょう。

マスクケースの活用法は?

ピルケースとしても活躍する

マスクケースはピルケースとしても活用できます。特に、錠剤はピルケースだと1錠ずつとりだしてケースに入れなければいけませんが、マスクケースであればそのまま持ち歩くことが出来るのでおすすめです。

マスク入れだけじゃなくティッシュも入れられる

マスク入れはサイズが大きいのでポケットティッシュであればふたつ持ち歩くことができます。寒い季節や風邪が流行っている季節にはポケットティッシュ入れとしても使うことができます。

自分好みのかわいいマスクケースを使おう

ケースに入れてマスクを変える習慣もつけよう

マスクケースに入れてマスクを持ち歩くことでかわいいマスクケースに癒されつつ、マスクを午後には変えることで清潔さも保たれて風邪予防になります。また、人にうつさない二次感染被害も減らすことができます。これからインフルエンザなども流行ってくるので、マスクケースでマスクを持ち歩く習慣をつけましょう。

また、手作りの大きさの目安やマスクケースの作り方のレシピ、マスクを購入する際の安いおすすめ商品などは下記の記事を参考にしましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。