Large thumb shutterstock 645212389

視野が狭い人は世界が狭い?恋愛の特徴・視野が広い人との違い・改善法も

更新:2020.07.24

恋愛がうまくいかず、視野が狭いと言われ、悩んでいる男性や女性は多いのではないでしょうか。この記事では、視野が狭い人の特徴や、視野が狭い人と広い人の恋愛の特徴、改善方法、類語を紹介しています。視野が狭いのを改善したいという方は、ぜひ読んでみてください。

視野が狭い人の特徴7選

視野が狭い人の特徴①周りが見えない

まわりが見えない

視野が狭い人は、まわりが見えなくなってしまうのが特徴です。執着するのと同じで、ひとつのことにとらわれすぎてしまい、まわりが見えなくなります。周りの人が困っていても、自分がまわりの人の邪魔になっていても気づかないのが特徴です。

1つのことにとらわれてしまうのは、悪いことばかりではありません。まわりが見えなくなるのは困ってしまいますが、とらえ方を変えると、勤勉で努力家であるともいえます。職業によっては実力を発揮します。

視野が狭い人の特徴②自己中

自己中

視野が狭い人は、自己中心的な考え方をする人が多いのが特徴です。自分が一番正しいと思っているので、人の意見には耳を貸しません。人の意見を聞かないので、失敗が多く、要領が悪い人が多いです。そして、自分をなかなか曲げない頑固者であるのが特徴です。

視野が狭い人の特徴③固定観念に縛られる

固定観念に縛られる

視野の狭い人は、固定観念に縛られるのが特徴です。物事をこうでなくてはいけないと信じ切ってしまい、変化を受け入れるのが苦手です。ルールをしっかりと守るところは良いところですが、枠にはまりすぎてしまうのがたまに傷です。また、信頼できる人を見つけると、信じ切ってしまうこともあります。

視野が狭い人の特徴④真面目

真面目

視野が狭い人は、真面目な人が多いのが特徴です。物事に対して柔軟に対応することができず、仕事でも悩みでも、一人で抱えこんでしまうケースが多いです。まわりをきちんと見れば、手伝ってくれる人もいるのに、手伝ってほしいことを言えずに一人で抱え込みます。その結果、余裕がなくなってしまいがちです。

視野が狭い人の特徴⑤理想論

視野が狭い人は、理想論ばかり語ります。理想を信じて、それに向かって突っ走るので、現実が見えなくなり、壁にぶつかるとどうしていいのかわからなくなってしまいます。教科書通りに物事を考えるので、何かトラブルがあったときに、どう対応していいのかわからなくなります。

視野が狭い人の特徴⑥オタクに多い傾向

オタク

オタクは一つのものに執着するのが性質です。1つのことに執着するあまり、まわりが見えなくなり視野が狭くなっているという方も多いのではないでしょうか。オタク自体専門的で悪いことではないので視野が狭くならないように気をつけましょう。

視野が狭い人の特徴⑦専業主婦

専業主婦

専業主婦は家で、家事や育児に追われていて、自分の時間が撮りにくくなります。結果として、視野が狭くなりがちです。たまには家事や育児の手を休めて、自分のために時間を使い、視野が狭くならないように気をつけましょう。

視野が狭い人の恋愛の特徴10選

視野が狭い人の恋愛の特徴①すぐに別れる

視野が狭い人は、恋愛になると、恋人ができてもすぐに分かれてしまうのが特徴です。恋人ができても、なかなか長続きがしない、すぐに関係が終わってしまうという方は、もしかしたら、視野が狭くなっているのかもしれません。恋愛の時だけ、視野が狭くなりがちな人もいるので気をつけましょう。

視野が狭い人の恋愛の特徴②理想が高い

視野が狭い人は、恋人に対する理想が高すぎるのが特徴です。自分のことは棚に上げ、理想だけは高く、相手にはこうでなくてはいけないという絶対的な理想があります。ちょっとでも、ダメな部分や、理想と違うところが見えてしまうと、それだけで嫌になり、別れに発展していきます。

視野が狭い人の恋愛の特徴③臆病

臆病

視野が狭い人は、恋愛に対して臆病なのが特徴です。視野が狭い人は、基本的に人を信用できません。そのため、相手が裏切っていないか、浮気をしていないか気になってしまいます。相手にばれないように、こっそりとスマホをチェックしている人も多いでしょう。スマホチェックがばれて別れに発展していく人もいるはずです。

視野が狭い人の恋愛の特徴④すぐキレる

キレる

視野が狭い人は、恋愛をすると相手にすぐにキレるのが特徴です。視野が狭い人は、基本的に自己中なので、相手に合わせることができません。デートの予定を組むときも、相手が行きたいところや、都合のいい時間を提示しても、それに合わせてくれません。結果として、思い通りにならないとすぐにキレます。

恋人同志になれば、喧嘩はつきものですが、一方的に理不尽な理由でキレられることが多くなると、恋人も嫌になってしまいます。その結果、別れてしまうことになります。

視野が狭い人の恋愛の特徴⑤ルール厳守

ルール厳守

視野の狭い人は、ルールを厳守する人が多いです。恋人と二人で決めたルールを守ることはいいことですが、人間ですので、絶対ということはありません。やむを得ない事情があり、ルールが守れなくても、視野の狭い人はすぐにキレます。そして、別れに発展していきます。

視野が狭い人の恋愛の特徴⑥相手に合わせない

相手に合わせない

視野の狭い人は相手に合わせることができません。上で紹介したように、デートの予定も相手に合わせることができないし、行先も気に入らない場所ならば、簡単に断ってきます。恋人は、常に自分中心な相手といると、自分の生きたいところもいけないので、段々と嫌気がさしてきてしまいます。

視野が狭い人の恋愛の特徴⑦共感しない

共感しない

視野の狭い人は、共感することができません。恋人と旅行に出かけて、きれいな景色をみても、美味しい食事をしても、自分が気に入らなければ、平気で批判をしてきます。一緒に景色を見て、「きれいだね」と共感をしてくれることはありません。

視野が狭い人の恋愛の特徴⑧ネガティブ

ネガティブ

視野が狭い人は、恋愛に対してネガティブなのが特徴です。恋人のことを基本的に信用できないので、ちょっとした変化にも敏感に反応して、「嫌われた」と思い込みます。自分が信用できないので、相手も自分のことを信用していないと思い込みます。考え方はネガティブで、悪い方へ悪い方へと考えます。

視野が狭い人の恋愛の特徴⑨話がつまらない

話がつまらない

視野が狭い人は、話がつまらないのが特徴です。恋人になっても、いつも狭い世界の話ばかりなので、似たような話ばかりだったり、いつも誰かの悪口だったりします。一緒にいる恋人は、会うたびにつまらない話を聞かされて、徐々に嫌気がさしてきます。

視野が狭い人の恋愛の特徴⑩執着する

視野が狭い人は、恋人に対して執着するのが特徴です。執着と言ってもいいかえると一途とも取れます。恋人ができると、常に恋人のことを考えて、恋人に執着するので、連絡が頻繁で会ったり、変に束縛されたりします。そして、避けられるとすぐに落ち込んでしまうネガティブさもあり、扱いづらく感じるでしょう。

視野が広い人の恋愛の特徴7選

視野が広い人の恋愛の特徴①一人の時間を大切にする

一人の時間を大切にする

視野が狭い人とは反対に、視野が広い人の恋愛の特徴は何でしょう。視野が広い人は、一人の時間を大切にするのが特徴です。視野が狭い人は、恋人ができると恋人と常に一緒にいないと不安になってしまいますが、視野が広い人は、一人の時間をきちんと大切にしています。

視野が広い人の恋愛の特徴②男女ともに他人と比べない

男女ともに他人と比べない

視野が広い人の恋愛の特徴は、恋人を他人と比べないことです。もちろん、理想と違うから駄目だといった考え方はなく、ありのままの相手を受け入れることができます。元カノや、元カレと比べたりすることはなく、相手の個性をきちんと尊重します。

視野が広い人の恋愛の特徴③男女ともに束縛しない

束縛しない

視野が広い人は、恋愛において男女ともに束縛をしないことが特徴です。男女ともに相手のことを尊重することができ、きちんと自分の時間も大事にしているので、束縛をすることはありません。男女ともに相手を信用しているので、常に一緒に居なくても平常心で暮らしています。

視野が広い人の恋愛の特徴④常に新鮮

視野が広い人は、恋愛においてもいつも新鮮であろうとします。ファッションも積極的に流行りを取り入れ、新しいことを楽しみます。行ったことのないところにデートで出かけたり、食べたことのないものを一緒に食べたりと、常に新鮮な気持ちを楽しんでいます。

視野が広い人の恋愛の特徴⑤感謝する

感謝する

視野が広い人は、男女ともに相手に感謝する気持ちを忘れません。恋人同士になると、ついつい感謝の気持ちも忘れがちになりますが、視野の広い人は、だれに対してもいつも感謝の気持ちを忘れないようにしています。お互いに感謝の気持ちを忘れなければ、恋愛もうまくいくでしょう。

視野が広い人の恋愛の特徴⑥男女ともに信頼する

視野が広い人は恋愛において、男女ともに相手を信頼するのが特徴です。相手を信じているので、浮気を疑ったり、嫉妬をしたり、束縛をするようなことはありません。

視野が広い人の恋愛の特徴⑦男女対等な関係

男女対等な関係

視野の広い人は、恋愛において、男女ともに常に対等な関係でいようとします。恋愛は男女のどちらかが主導権を握ってしまったり、二人の関係のバランスが崩れると、関係もギクシャクしたものになってしまい、お互いにストレスをためていくことになります。対等な関係でいられると恋愛はうまくいくでしょう。

恋愛は努力だけでは、なかなかうまくいくものでもないのが現実です。ここは、運に任せてみることも大事です。開運に興味のある方は、以下の記事も合わせてごらんください。

視野が狭いのを改善する方法は?

改善する方法①視野が狭いことを認識する

認識する

視野が狭いのを改善するには、まずは、自分が視野が狭くなっていることを認識することが大事です。視野が狭い人は、自分の視野が狭くなっていることを受け入れられません。認識することができれば、抜け出すのは簡単です。

改善する方法②相手の立場に立つ

相手の立場に立つ

視野が狭いのを改善するには、相手の立場になって物事を考えられるようになりましょう。自分が正しいという気持ちをいったん後ろにしまって、相手がどう思っているのか、自分が逆の立場だったらどう思うのか考えてみましょう。相手の気持ちを想像する癖をつけていきましょう。

改善する方法③まわりを見る

まわりを見る

視野が狭いのを改善するには、まわりを見る癖をつけましょう。自分さえよければいいという考えは捨てて、まわりを見て困っている人はいないか、邪魔になっていないか常に意識できるようにしましょう。まわりをきちんと見る癖がつくと、自然と気配りもできるようになります。

改善する方法④話を聞く

話を聞く

視野が狭いのを改善することには、人の話をきちんと聞けるようになりましょう。自分だけが正しいと思うのではなく、まずは、相手の言葉をきちんと受け止め、相手が何を想っているのか、

どうしてそう考えるのかを想像してみましょう。自分の考えを曲げなくてもいいのです。まずは相手の考え方も間違ってはいないと受け入れる事が大事です。

改善する方法⑤落ち着く

落ち着く

視野が狭いのを改善するには、キレそうなときは一度、落ち着くようにしましょう。深呼吸をして、リラックスして、冷静になって自分の置かれた状況を考えてみましょう。カリカリしても何も解決はしません。キレても相手に不快感を与えてしまうだけです。

改善する方法⑥経験を積む

経験を積む

視野が狭いのを改善するには、経験を積むことが大事です。視野が狭い人は、新しいことにチャレンジするのが苦手です。しかし、いろいろな経験を積む事で、視野を広げていくことができます。恐れずにチャレンジして経験を増やしていきましょう。

視野が狭いの類語

視野が狭いの意味は世界が狭い

視野が狭いとは、住む世界が狭いという意味を表しています。物事に対しての見方が一方的であり、軽蔑を込めた言葉でもあります。続いて類語を紹介します

類語①井の中の蛙

視野が狭いの類語に「井の中の蛙大海を知らず」という言葉があります。子の類語は、井戸の中にいる蛙は、狭い世界にいて、大きな海を知らないという意味です。また、視野の狭い人のことを井の中の蛙と表現することもあります。

類語②タコツボ化

タコツボ化

視野が狭いの類語に、タコつぼ化という言葉があります。この類語の意味は、狭い世界にいて、外との接触が少ないことを言います。視野の狭い人は、変化を恐れ、外の世界と広くかかわろうとしないのでこう呼ばれます。

類語③何が何でも

何が何でも

視野が狭いの類語には「何が何でも」という言葉があります。視野が狭い人は、まわりが見えなくなり、ひとつのことに執着して何が何でもという気持ちになることも多いでしょう。

類語④耳をふさぐ

耳をふさぐ

視野が狭いの類語には「耳をふさぐ」という言葉があります。視野が狭い人は、自分の考えだけが正しいと思っているので、他人の意見に耳をふさぎがちになっていませんか。

視野を広げて恋愛を楽しもう!

今回は、恋愛がうまくいかず、視野が狭くなってしまっている方に、視野が狭い人の特徴や、恋愛の特徴、改善方法を紹介しました。視野が広くなると、恋愛ももっと楽しくなるのではないかと感じた人も多いでしょう。これからは、視野を広くして、恋愛をもっと楽しみましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。