Large thumb shutterstock 284539517

二股で選べない男性・女性の心理14選|罪悪感を抱える人に対処法も伝授!

更新:2021.06.03

本命の彼氏彼女はもちろん浮気相手も好きで、どちらかを選べないという二股をする人は一体どのような心理状況にあるのでしょうか。ここでは罪悪感を抱えながらも二股を続ける人の心理や、一人に選ぶときのポイントを紹介します。この記事を読んで、少しでも罪悪感から解放されてください!

一人に選べない二股男の心理7つ

一人に選べない二股男の心理①どちらも好き

まずは一人に選べない二股男の心理を紹介します。1つ目は「どちらも好き」です。どちらも選べないのは、どちらの女性も好きだからというとてもストレートな心理です。彼女にも浮気相手にもそれぞれ良いところがあって魅力的だからこそ、”好き”という気持ちが最優先されて選べないのです。

一人に選べない二股男の心理②どちらも本気で好きじゃない

2つ目の一人に選べない二股男の心理は「どちらも本気で好きじゃない」です。つまり彼女のことも浮気相手のことも本気で愛していないのです。告白されると断れないタイプの男性に多い心理で、求められたから付き合ったという程度でしか考えていません。彼女も浮気相手も呼び名が違うだけで同じような立場なのです。

一人に選べない二股男の心理③決断がめんどくさい

一人に選べない二股男の心理3つ目は「決断がめんどくさい」です。二股をする男にとって、どちらかを選ぶというのは結構大きな選択です。恋愛以外でも忙しい男性にとって、恋愛の場で余計な体力を使いたくないというのが本音です。つまり一人に選べない二股男は、どちらかを選ぶということに体力を使いたくないのです。

決断をしてどちらかと別れるときには、それなりに気遣いが必要になったりしますよね。「別れた後の後処理がめんどくさい」という心理が「決断することすらめんどくさい」という心理を誘発してしまっているのです。

一人に選べない二股男の心理④情がある

思い出

一人に選べない二股男の心理4つ目は「情がある」です。彼女とも浮気相手とも、それぞれと過ごした時間の中で情が湧いているので選べないという心理です。楽しかった思い出もあるでしょうし、別れたら相手が傷ついてしまうかもしれないと思うと選ぶということができなくなってしまうのです。

一人に選べない二股男の心理⑤一人になるのが怖い

5つ目の一人に選べない二股男の心理は「一人になるのが怖い」です。どちらかを選んでしまった後に、もし彼女と別れたら一人になってしまいますよね。二股男は自分が孤独にならないために、彼女を作る傾向があります。この場合彼女や浮気相手が複数人作ることで、孤独から遠い所に身を置いて安全策をとっているのです。

二股男が彼女か浮気相手かを選ぶということは、孤独になるリスクが高まるということです。一人になるのが怖いという心理から、一人に選ぶことができずズルズルと時間を過ごしていってしまいます。

一人に選べない二股男の心理⑥モテてる実感が欲しい

一人に選べない二股男の心理は6つ目は「モテてる実感が欲しい」です。彼女一人ではなく、他の女性からも求められることで、自分がモテてる実感が欲しくて選べないという場合があります。このタイプの二股男は、大体が自分に自信がないナルシストです。

自分に自信をつけるためのアイテムが女性の数で、複数の女性に囲まれることで自分がモテてると実感して調子に乗ります。常にモテてるという実感が欲しいために、彼女や浮気相手を作り続ける傾向があります。

一人に選べない二股男の心理⑦求めているものが違う

一人に選べない二股男の心理7つ目は「求めているものが違う」です。例えば彼女とは精神面を満たして欲しくて、浮気相手には体を満たして欲しいというように、彼女と浮気相手では求めているものが違うからこそ、一人に選べないという心理です。

彼女一人ではすべてを満たすことが無理と悟っているから二股しているので、一人に選ぶということは満たされないという感情を持ち続けるということになります。常に満たされていたい人は、彼女一人では満足できずに二股する傾向があります。

二股男は知ってか知らずか、彼女のことも浮気相手のことも”都合のいい女”というポジションに置いています。都合のいい、つまり便利な女の特徴をまとめた記事を紹介しますので、こちらも参考にしてみてください。

一人に選べない二股女の心理7つ

一人に選べない二股女の心理①欲求を満たしたい

続いて一人に選べない二股女の心理を紹介します。まず1つ目は「欲求を満たしたい」です。例えば彼氏には買ってもらえないブランド品を浮気相手に買ってもらったり、豪華な旅行に連れて行ってもらったりなど、彼氏では満たしてもらえない欲求を浮気相手に満たしてもらっているパターンです。

二股をするのは、自分の欲求を満たし続けていたいからです。男性と違って、女性の場合は金銭的なことも絡んできています。彼氏がお金に余裕のある人なら、浮気相手にはお金を求めませんが、彼氏がお金に自由がきかない人なら、浮気相手にお金を求めるというものです。

一人に選べない二股女の心理②ちやほやされるのが好き

2つ目の一人に選べない二股女の心理は「ちやほやされるのが好き」です。男性から常にちやほやされていたい女性は、選べない二股女になりがちです。とにかく周りの男性に優しくされて、甘やかされていたいという欲求が強いのです。このタイプの女性は、一人の男性では満足できないので一人に選べないのです。

ちやほやされたい人の心理は下の記事で詳しく紹介しています。下の記事を読めば、ちやほやされたいという心理に隠された思いが見えてくるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

一人に選べない二股女の心理③断れない

一人に選べない二股女の心理3つ目は「断れない」です。言い寄られれば断ることができないので、気がつくと二股してしまっていて、”NO”が言えないのでどちらかを選ぶこともできません。流されやすいので、別れを決意したとしても結局流されて別れることができず、男性から離れていかないことには二股は解消されません。

断れない女性は、二股女になり下がるだけではなく、男性からただの”セフレ”として都合よく扱われている可能性があります。一人に選べないで二股しているのに、結局浮気相手にとってセフレでしかないというのは悲しいですよね。下の記事を読んでセフレを作る男性の心理を知っておくと良いかもしれません。

一人に選べない二股女の心理④自分が満たされていればそれでいい

4つ目の一人に選べない二股女の心理は「自分が満たされていればそれでいい」です。男性のことはおかまいなしで、自分の欲求さえ満たさていればいいというとても自己中心的な心理です。相手を気遣うこともできず、自分のことしか考えていないので、どちらかを選ぶことはできません。

しかしこのタイプの二股女は、彼氏や浮気相手のどちらかが自分の欲求を満たしてくれないとなると、あっさり切り捨てることができます。自己中心的で残酷なのが、このタイプと言えるでしょう。

一人に選べない二股女の心理⑤刺激が欲しい

一人に選べない二股女の心理5つ目は「刺激が欲しい」です。彼氏との関係がマンネリ化してしまうと刺激欲しさに二股してしまった女性は、二股によって得た刺激がクセになってしまい二股という環境を壊すことができません。常に刺激に飢えているので、彼氏にバレないように二股していることが刺激的で楽しいのです。

彼氏とのマンネリが原因で、二股をしている女性には、下の記事がおすすめです。彼氏とのマンネリを打開して、二股女を卒業するためにぜひチェックしてみてください。

一人に選べない二股女の心理⑥罪悪感が気持ちいい

6つ目の一人に選べない二股女の心理は「罪悪感が気持ちいい」です。Mっ気のある女性に多い心理で、二股することで芽生えた罪悪感を”気持ちいい”と感じてしまっています。彼氏や友達に言えない道理から外れた行為に気持ち良さを感じてしまっているので、一人に選べず二股を続けてしまうのです。

一人に選べない二股女の心理⑦求められているんだから仕方ない

一人に選べない二股女の心理7つ目は「求められているんだから仕方ない」です。一人に選べないで二股していることを開き直っている心理です。彼氏以外の男性にも求められているから二股していると、ある意味二股を正当化しています。来るもの拒まず去るもの追わずのタイプなので、求められている以上は二股を続けます。

二股で相手を一人選ぶ時のポイントは?

彼氏・彼女か浮気相手か選ぶ時のポイント①別れて失うものの量で決める

次は一人に選べない二股をしているけれど罪悪感に苦しんでいるという人に、一人に選ぶ時のポイントを紹介します。1つ目のポイントは「別れて失うものの量で決める」です。彼氏・彼女と別れたとき、浮気相手と別れたとき、それぞれにどれだけ失うものがあるか考えてみましょう。

「親友が彼氏と仲が良いから、浮気相手を選んだら親友と縁が切れてしまうかもしれない」など、失うものの量を比べてみたときに、自分にとって失うものが大きいと思った方を選ぶのです。どちらを好きかという気持ちで比べるわけではないので、意外と楽に決めれるかもしれません。

彼氏・彼女か浮気相手か選ぶ時のポイント②我慢できない欠点がある方を切る

彼氏・彼女か浮気相手か選ぶ時のポイント2つ目は「我慢できない欠点がある方を切る」です。両方の欠点を思い浮かべてみてください。その時に、ここだけは我慢できないと感じた欠点を持つ方と別れるのです。例えば、彼女はキレイ好きだけど、浮気相手の部屋は汚部屋で耐えられないというなら彼女を選ぶという方法です。

彼氏・彼女か浮気相手か選ぶ時のポイント③罪悪感が強い方を選ぶ

3つ目の彼氏・彼女か浮気相手か選ぶ時のポイントは「罪悪感を強い方を選ぶ」です。彼氏・彼女と一緒にいるときと、浮気相手と一緒にいるときではどちらが罪悪感が強いでしょうか。どちらかと一緒にいるときに、一緒にいない方に抱く罪悪感の強さを、二股を解消するポイントとして考えてみると良いでしょう。

罪悪感が強いということは、そっちの方への気持ちの方が強いということです。どうせなら大切にしたいと思える気持ちが強い方を選びたいですよね。

彼氏・彼女か浮気相手か選ぶ時のポイント④結婚できる方を選ぶ

彼氏・彼女か浮気相手か選ぶときのポイント4つ目は「結婚できる方を選ぶ」です。実際に結婚するかしないかは別として、どっちとなら結婚ができるか考えてみるのも、一人に選べないときに有効です。例えば、彼氏は高収入だけど、浮気相手は夢を追いかけてほぼニートという状態だったら、彼氏の方が結婚できそうですよね。

男でも女でも、自分が結婚相手に求める条件に近い人と一緒にいた方が、将来的に良いはずです。結婚相手に求める条件を書き出してみて、相手に当てはめてみると良いかもしれません。これと言って結婚相手に求める条件が思い浮かばない人は、下の記事が参考になるかもしれません。ぜひ読んでみてください。

二股をかけられた男性・女性の対処法は?

二股をかけられた男性の対処法

最後に二股をかけられた時の対処法を男女別に紹介します。まず二股をかけられた男性の対処法は「別れを前提に話し合う」か「気づかないフリを押し通す」の2つです。別れを前提に話し合う場合は、話し合った結果別れてしまうこともあります。その場合は、二股女は何度も繰り返すと思って諦めてください。

話し合うときは、”どうして二股をしたのか”、”これからどうしたいのか”の2点を相手の女性に突き付けると良いでしょう。「浮気相手と別れる」という答えをもらったなら、本当に別れたことを確認できるまでは信用しないとハッキリ言っておくことをおすすめします。

気づかないフリを押し通す場合は、女性が答えを出すまではプライドを捨てて彼女に尽くす必要があります。もしかしたら浮気相手が離れていくかもしれないという希望はありますが、常に不安定な精神状態になる恐れがあることを覚悟しておいてください。

二股をかけられた女性の対処法

次は二股をかけられた女性の対処法を紹介します。「女を磨いて選ばれる努力をする」か「話し合って別れる」という2つの対処法があります。女を磨いて選ばれる努力をする場合は、男性にとって”手放したくない”と思われるようにします。一番という立場になるためにありとあらゆる女磨きをして選ばれるのを待ち続けます。

話し合って別れるという方法をとる場合は、まず相手に二股の事実を自分は知っていることを告げます。頭に思い浮かんだ質問を相手に投げつけ、スッキリして未練を残さず別れる方法です。二股男が未練がましいことを言っても、一度二股をした男は何度でも繰り返すことを常に頭に入れて流されないようにしましょう。

二股をする心理は理解されない

どんなに罪悪感を感じていても、二股をするという心理は誰にも理解されません。二股は感情のコントロールができない人が陥ってしまうものだからです。しっかり自分をコントロールして、二股を卒業しましょう!”二股男””二股女”のレッテルを張られたとしても、名誉挽回のチャンスはありますよ。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。