INDEX

二十八宿とは?

二十八宿とは星座の区分を表わしたもの

二十八宿とは、天球を西の方向から東の方向へ28のエリアに不均等に別々に分けたものです。月が地球の周りを1周する間に通る28の星座の区分を表わしているものです。二十八舎とも呼ばれます。

二十八宿とは、天球を西の方向から東の方向へ28のエリアに不均等に別々に分けたもので二十八舎とも呼ばれることがあります。月が地球の周りを1周する間に通る28の星座の区分を表わしているものです。

二十八宿とは、天球を西の方向から東の方向へ28のエリアに不均等に別々に分けたものです。月が地球の周りを1周する間に通る28の星座の区分を表わしているものです。二十八舎とも呼ばれます。

二十八宿とは中国で誕生した歴注

二十八宿は、もともとは古代中国で天文学や占星術で用いられていました。その後インドに渡り日本に渡ってきたと言われています。インドに渡った際に宗教上の理由から「牛」の宿が除かれて二十七宿となったとされています。

そのため、時を経て中国に戻った際には本来あった二十八宿の天文学的意味はなくなり、暦に記載される日時や方位などの吉凶を占う意味がある歴注となっていたそうです。インドの占いとはどのようなものなのでしょうか。インドの占星術を知るために下の記事を参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 605765516
関連記事 東洋の星座占い・インド占星術とは?2018年の運勢は?結婚できるの?

インド占星術って知ってますか?東洋の占星術という星座占いなのですが、こ

4方位に分かれる二十八宿のそれぞれの意味は?

4方位に分かれる二十八宿①東方青龍

二十八宿は4方位に分かれ各方位を守る四神を基本として、さらに7つのグループに分けられています。4方位の1つめは東の方角に位置する「東方青龍」です。青龍は中国の伝説上の神獣であり長い舌を出した竜を表わしています。東方青龍は、角宿・亢宿・氐宿・房宿・心宿・尾宿・箕宿の7つのグループに分けられています。

二十八宿のそれぞれの意味
  • 角宿(すぼし)婚礼・開店・棟上げなどは吉。葬式は凶。
  • 亢宿(あみぼし)結納・婚礼・習い事始めなどは吉。不動産売買は凶。
  • 氐宿(ともぼし)婚礼・新改築・移転などは吉。水に近づく事は凶。
  • 房宿(そいぼし)旅行・祝い事全般などは吉。訴訟は凶。
  • 心宿(なかごぼし)神事・仏事・旅行などは吉。婚礼・出費にまつわる事は凶。
  • 尾宿(あしたれぼし)旅行・婚礼・移転などは吉。葬祭・布の裁断は凶。
  • 箕宿(みぼし)契約・種まき・水路の構築などは吉。婚礼・葬式は凶。

4方位に分かれる二十八宿②北方玄武

4方位に分かれる二十八宿の2つめは北の方角に位置する「北方玄武」です。玄武は、長い脚をした亀に蛇が巻き付いている形で描かれている事が多いです。亀の長寿と不死、蛇の生殖と繁殖を象徴しているものです。北方玄武は斗宿・牛宿・女宿・虚宿・危宿・室宿・壁宿の7つに分けられています。

二十八宿のそれぞれの意味
  • 斗宿(ひきつぼし)婚礼・不動産売買・後世に残る物を作る事・などは吉。土堀は大吉。
  • 牛宿(いなみぼし)旅行・移転・金銭に関することなど全てにおいて吉。
  • 女宿(うるきぼし)稽古始め・お披露目に吉。婚礼・訴訟・葬式は凶。
  • 虚宿(とみてぼし)習い事始め・学問始めに吉。婚礼・建築・葬式は凶。相談事は大凶。
  • 危宿(うみやめぼし)レジャー・壁塗り・出張などは吉。登山・高所作業・衣類の裁断は凶。何事も慎重さが必要な日。
  • 室宿(はついぼし)婚礼・神仏祭祀などは吉。葬式・遠出は凶。
  • 壁宿(なまめぼし)婚礼・新築・契約・改修・葬式などは吉。

4方位に分かれる二十八宿③西方白虎

4方位に分かれる二十八宿の3つめは西の方角に位置する「西方白虎」です。細長く真っ白な体をした虎の形の神獣です。西方白虎は、奎宿・婁宿・胃宿・昴宿・畢宿・觜宿・参宿の7つに分けられています。

二十八宿のそれぞれの意味
  • 奎宿(とかきぼし)婚礼・棟上げ・井戸掘り・祭事などは吉。開店・新規・訴訟・交渉は凶。
  • 婁宿(たたらぼし)契約・旅行・婚礼の相談などは吉。改革・訴訟は凶。衣類を裁断すると寿命が伸びる。
  • 胃宿(えきえぼし)開店・移転などは吉。葬式・衣類裁断は凶。
  • 昴宿(すばるぼし)祝い事・新規開店・神仏祈願などは吉。家の増改築・争いごと・衣類裁断は凶。
  • 畢宿(あめふりぼし)婚礼・神事・契約・棟上げなどは吉。仕入れ・投資・返済出費は凶。
  • 觜宿(とろきぼし)入学・転居・神仏祭祀などは吉。開店・新規事業は凶。投資をすると家財を失う。
  • 参宿(からすきぼし)旅行・販売・仕入れ・開業などは吉。転居・新しいこと・賭け事は凶。

4方位に分かれる二十八宿④南方朱雀

4方位に分かれる二十八宿の4つめは南の方角に位置する「南方朱雀」です。中国の伝説上の神鳥で尾が長く炎を連想させるような朱色の羽が特徴です。南方朱雀は、井宿・鬼宿・柳宿・星宿・張宿・翼宿・軫宿の7つに分けられています。

二十八宿のそれぞれの意味
  • 井宿(ちちりぼし)婚礼・神事・建築・不動産売買などは吉。葬式・争いごと・治療開始は凶。人に施した福が戻ってくる日。
  • 鬼宿(たまおのぼし)二十八宿の中で最も画が高い日。式典・一般的な祝い事が吉。ただし婚礼は凶。
  • 柳宿(ぬりこぼし)物事を断るのに吉。婚礼・新規事業・葬式は凶。
  • 星宿(ほとおりぼし)改築・療養始め・運転始めなどに吉。婚礼・祝い事・葬式は凶。
  • 張宿(ちりこぼし)新築・就職・婚礼・開業は吉。種まきは大吉。樹木を切る・衣類裁断は凶。
  • 翼宿(たすきぼし)旅行・出張・建築・土木などは吉。婚礼すると離婚する。祝い事・祭り事は凶。何事も控えめにする。
  • 軫宿(みつかけぼし)地鎮祭・落成式・祝い事などに吉。旅行は凶。衣類裁断すると火の難に遭う。

二十八宿と六曜や十二直との違いは?

六曜は6個の星で吉凶を表わす

六曜とは、ろくよう・りくようと読み二十八宿と同じく歴注の1つです。二十八宿は28の区分に分かれているのに対して六曜は大安・仏滅・先負・友引・先勝・赤口の6つに区分されそれぞれの意味を持っています。

カレンダーの日付や曜日の他によく見ると書かれている文字がありませんか。それが六曜であり現代でも冠婚葬祭や大切な行事の日取りを決める際に重要視されています。

六曜それぞれの意味
  • 先勝(せんしょう)午前中は吉、午後二時より六時までは凶
  • 友引(ともびき)朝は吉、昼は凶、夕方は大吉。葬式は友を引き寄せると言い伝えがあり基本行わない。
  • 先負(せんぶ)午前中は凶、午後は吉。
  • 仏滅(ぶつめつ)六曜の中で大凶日。仏事以外は基本行わない。
  • 大安(たいあん)六曜の中で最も吉日。何事においても吉日。
  • 赤口(しゃっこう)死を連想するものに注意する日。午前11時頃から午後1時頃まで吉でそれ以外は凶。

十二直は12個の星で吉凶を表わす

十二直は、じゅうにちょくと読み二十八宿や六曜と同じく歴注の1つです。二十八宿は28個の星、六曜は6個の星に分かれているのに対して十二直は12個の星に区分されそれぞれの意味を持っています。

吉凶を決める時に六曜を使うことが最近では一般的ですが、より細かく吉凶を判断できる十二直の方がよく当たるとも言われています。特別大切なお日柄をより細かく決めたい時には、六曜と合わせて十二直も必ず見るという方も多いようです。

十二直それぞれの意味
  • 建(たつ)開店・移転・婚礼などは大吉。土木工事や物を動かす事は凶。
  • 除(のぞく)掃除・種まき・治療は吉。婚礼・旅行・お金を貸す事は凶。
  • 満(みつ)婚礼・お祝い事は大吉。土木工事・土を動かす作業・鍼灸は凶。
  • 平(たいら)物事が平等に円満に成立する日として婚礼は大吉。川や土を掘る埋める作業は凶。
  • 定(さだん)物事が定まる日として縁談・結納は吉。旅行や訴訟は凶。
  • 執(とる)婚礼・お祝い事・増改築は吉。旅行・お金に関する事は凶。
  • 破(やぶる)訴訟・談判事は吉。婚礼・お祝い事など神仏の祭祀は凶。
  • 危(あやぶ)控えめなお祝い事は吉。何事も危険を伴う日で旅行・開店などは凶。
  • 成(なる)何事も成功する日として特に結納は大吉。訴訟・談判事は凶。
  • 納(おさん)買い物・収穫・新築は吉。婚礼・お見合い・葬式は凶。
  • 開(ひらく)婚礼・開店・建築は吉。葬式・不浄事は凶。
  • 閉(とず)閉じ込める日として建墓・壁の穴ふさぎは吉。お祝い事は全て凶。

二十八宿からみた結婚に良い日の選び方は?

一般的なカレンダーで見る結婚に良い日は2個

結婚の日取りを決めるのにお日柄というものはとても気になるものです。今現在で最も一般的なカレンダーを見て結婚に良い日の選び方は、六曜を重視することが多いです。大安・仏滅・先負・友引・先勝・赤口と6つあるの中で特に良いお日柄は、大安と友引と言われています。

六曜で見る結婚に良い日
  • 大安(大吉)1日中なにをするにしても良い日。最も吉日。
  • 友引(吉)大安の次に吉日。午前中と夕方は吉ですが昼間は凶なので注意してください。
  • 先勝(吉)午前中は吉、14時~18時は凶。午前中から午後をまたがってする結婚式には問題ありません。
  • 先負(吉)何事も急ぐと負けるという意味があり、午前中は凶で午後からは吉です。
  • 赤口(凶)何事も凶と言われる日。11時~13時のみ吉。
  • 仏滅(凶)六曜の中で最も凶とされる日。結婚の日取りとしては避けた方が良い日です。

二十八宿カレンダーで見る結婚に良い日は16個

二十八宿カレンダーを見て結婚に良い日は、角宿・亢宿・氐宿・房宿・尾宿・斗宿・牛宿・室宿・壁宿・婁宿・胃宿・昴宿・畢宿・張宿・翼宿・軫宿と16個もあります。

ただし、二十八宿で結婚の日取りが良いとされていても六曜や十二直で明らかに日取りが良くないとされている日は、なるべくなら避けた方が良いです。一番良い日取りの決め方は、六曜、十二直、二十八宿の順番で見ていくとより結婚式によい日取りを決定することに繋がります。

その他に結婚や大切な日取りを決める時にこの日は避けた方が良いという日があります。建築に関することを一切忌むべき日とする三隣亡ですが、新しい家庭を築く結婚も例外ではありません。何事も成就せずに悪い結果だけを招く日の不成就日。二十八宿で良い結果でもこの二つの日は避けたほうが無難です。

日蓮宗カレンダーで見る結婚に良い日は15個

日本の仏教の宗旨の1つの日蓮宗では、二十八宿の中から牛宿を除いた二十七宿で吉凶を判断します。二十八宿カレンダーとありながら実際は二十七宿なのです。本来の天文学的意味合いが強い二十八宿が時代と共に吉凶を判断する占いの意味合いが強くとなったことを表わしているとも言えます。

その為、牛宿を除いた二十七宿の日蓮宗カレンダーを見て結婚に良い日を選ぶと、角宿・亢宿・氐宿・房宿・尾宿・斗宿・室宿・壁宿・婁宿・胃宿・昴宿・畢宿・張宿・翼宿・軫宿と15個になります。

カレンダーを確認して結婚に良い日の選び方はわかりましたが、最近は結婚前の結納をしないという人が増えているようです。結納をしない理由の中にどうしたらよいのかわからないという人もいます。いまいちわからない結納について下の記事を参考にどのようなものかを知りましょう。

二十八宿の意味を知り役立てましょう

二十八宿という言葉の意味はわかりましたでしょうか。今まで耳にしたことがなく始めて聞いた言葉という方も少なくないと思います。最近のカレンダーは二十八宿どころか六曜も記載されていないカレンダーが多いです。必要がないと言ってしまえばそうなのかもしれませんが知識として知っておくことは無駄ではありません。

手相占いや星占いが好きという女性はとても多いです。それと同じように二十八宿からもその日したら良い行動や気を付けた方がいい行動などを知ることができます。今まであまり興味がなかった二十八宿の意味を知り毎日の生活に役立てましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。